ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


    (C)Romix Image / Shutterstock

    〝タピオカブーム〟がハンパない。若年層を中心に大人気のタピオカドリンク。東京・原宿周辺には30以上の店舗が密集し、どの店も行列ができるほどにぎわっている。ネット上ではタピオカを飲む活動のことを〝タピ活〟と呼び、ハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿するまでが定番だ。

    【関連】“片手ドリンク流行”と報じたフジテレビに非難殺到「勝手にブーム作るな!」 ほか

    ツイッターの口コミ数をみると、タピオカに関する投稿が2018年から急増しています。ブームの火付け役と見られているのが、生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ『台湾甜商店』(タイワンテンショウテン)です。昨年8月に東京・新宿店がオープンすると、流行に敏感な若者がこぞって来店し、口コミで評判になりました。インスタ映えするのもウケているのでしょう」(エンタメ誌記者)

    一方、ブームの裏側ではさまざまな問題も取り沙汰されている。中国では14歳の女性が長時間にわたりタピオカを摂取し、腹痛と便秘で病院に運ばれたことがニュースになった。タピオカの噛みごたえを良くするために添加物を加える業者もあるようで、大量摂取すると消化器官機能が損なわれる危険性もあるという。

    ネット上では、

    《日本でもいつ病院送りになる人が現れるか分からない。飲み過ぎ注意!》
    《やばっ! うちら学校帰りに毎日飲んでるわ》
    《添加物入ってるのか、知らなかった》

    など、心配する声が広がっている。

     

    異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

    言っちゃなんだが炭水化物のかたまり

    また、食感もよく見た目もゼリー状であることから、ヘルシー食品と勘違いしている人も多く、気が付いたら短期間で激太りしてしまったという人も後を絶たない。

    「タピオカの原料はキャッサバという芋の一種で、原産地は南米です。キャッサバには有毒成分である〝シアン化合物〟が含まれているため、毒抜き処理が必要で、生食状態では日本に輸入することは禁止されています。中には品質の悪いものもあるのですが、ドリンクとして飲んだ場合、良し悪しを見極めるのは困難ですね。また、芋の主成分は炭水化物ですから、代謝の落ちた大人が気軽に飲み続けたら、簡単に太りますよ」(食品アドバイザー)

    最近では、飲み終わったタピオカドリンクカップがあちこちにポイ捨てされ、地域住民や商店街からの苦情も増えているという。また、景観を乱すだけでなく、ネズミなどが大量発生するリスクも高いことから、自治体関係者の一部からは〝禁止条例〟を検討する声も上がっているとか。

    タピ活もいいが、自身の健康に十分留意して、ポイ捨てしないなどルールを守って楽しみたいものだ。

     

    【画像】

    Romix Image / Shutterstock


    (C)Romix Image / Shutterstock


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」】の続きを読む



    人をバカにするのは良くない。これはどんな人であっても理解できる人間の摂理であり、マナーであるわけですが、いかんせん「ネット」という社会においては相手の配慮を行いづらく、そもそもそれが良いとされるという風潮もあってか、本心を言い合うことが多く結果的に否定的なコメントが寄せられてしまいます。そんな中にこちらの反論が話題です。

    タピオカをばかにするやつは・・・

    タピオカをばかにするのは、オタクを馬鹿にされて傷つくのと同じ。

    このような考え方が話題となっております。たしかにそうなのかもしれません。とはいえ、そもそもインターネットという社会は、オタク中心の社会であり、そんな言葉をぶつけ合う場所が「2ちゃねる」であったことを踏まえると、女子高生や若者の文化が到底受け入れられる状況は生まれづらい。

    ところが、時がたち、平成から令和へ。
    そして2ちゃんねるから、SNSTwitterインスタ)の時代となると状況は変わり、インターネットオタクだけのものではなく、一般的なものになります。


    結果的に、圧倒的なマジョリティーであったオタクが、いつの間にかマイノリティーに。

    いやマイノリティーではなく、オタクが一般的になりすぎて、大人も子供も女子高生も、当たり前のように普段から「ゲーム」をし「ネットスラング」を使い「ユーチューブ」を愉しむ。

    もはやオタクと区別することが難しくなってしまったと言ったほうが正しいのかもしれません。

    こちらの小学生の発言も正論だと話題になりましたが

    そんな中で特定の文化をバカにするのは、確かに時代遅れであるのかもしれませんね。



    画像が見られない場合はこちら
    タピオカを「バカ」にするヤツらへの反論が「正論すぎる」とネットで話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【タピオカを「バカ」にするヤツらへの反論が「正論すぎる」とネットで話題に】の続きを読む


    日本を代表するグルメマンガ美味しんぼ』は、アニメ化だけでなくドラマ化も何回もされている。

    とくに初期は美味しんぼの影響により美食家が増えたと言っても過言ではない人気で、主人公山岡士郎が作る料理はどれも美味しそうなものばかりだ。

     

    ■厚切りとんかつは貧しい時代の後遺症?

    その中でも意外だったのが、4巻で山岡が偏食の男性に食べさせるために作ったカツ丼用の『とんかつ』。作中で山岡は、「とんかつに使う豚肉の厚さは5ミリが限度。それ以上厚くするのは日本が貧しかったころの後遺症」と断言しているのだ。

     

    ■実際に試してみた

    しかし日本が貧しかった頃からさらに年月が過ぎたいまでは、名店のとんかつは厚切りが多い。でも、美味しんぼが言うぐらいなのだから厚さ5ミリのほうが美味しいのかも?

    実際のところを調査するべく、近所の良心的な肉屋で5ミリの厚さに切った国産豚を調達。

    それ以外にも山岡が使用していたごま油で揚げ、それ以外の本物の食材も揃えて作ってみることにした。


    ■かつ3品を調理

    作ったのは5ミリ厚の『とんかつ』と、山岡が偏食の男性に食べさせていたカツ丼の上にのせる『かつ煮』と『カツカレー』。この3つどれも厚切りよりも美味しかったら、美味しんぼで紹介される料理は現代でも通用すると言っていいだろう。

     

    ■とんかつを実食

    まず1つめのとんかつを試食。ごま油の香りは非常に良いのだが…悲しいことにソースとの相性が最悪。

    人気のとんかつ店はラードでコクを出したり、チェーン店は植物油であまり香りのない油を使っているが、肉が薄いためごま油の香りがどうしてもソースとカツのバランスを悪くしてしまっている。


    ■かつ煮は絶品!

    お次の『かつ煮』は、とんかつとうってかわって猛烈にウマい! ごま油と和風のつゆ、卵の相性が素晴らしい

    しっかり衣につゆが染み込んでいるので肉が薄いのもとくに気にならず、これでカツ丼を作っても間違いなく激ウマになるだろう。

     

    ■カツカレーもなかなかの味

    3品目の『カツカレー』は、カレーの風味がごま油の香りを消してしまうのだが、肉が薄いぶんごはんとルーの組み合わせの邪魔をせず、なかなかウマい。

    さらにいい豚肉を使ったのでスプーンでカツが切れるため、カツカレーに使う厚さとしては最適だと感じた。ただ、油はラードにしたほうがさらにコクが出て美味しいと思う。

     

    ■とんかつは油も重要

    結論としては、厚さ以外にも使う油がかなり重要だと感じた。ごま油を使うなら、かつ煮やねぎ塩かつなど、和風の味付けにしないとどうしても違和感が出てしまう。

    また、厚さはそのまま食べるなら間違いなく厚切りのほうが美味しいので、かつ丼カツカレー用にするなら最適である。

    残念ながら厚切りは貧しいときの後遺症ではなかったが、新しい発見があった美味しんぼとんかつ厚さ論、料理好きはぜひ一度試してみてほしい。

    ・合わせて読みたい→【コラム】鼻血騒動から半年、『美味しんぼ』を読み返す…「唯食論」に感動

    (取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

    美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…】の続きを読む


    チコちゃん
    14日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマである「なぜ飛行機は白い?」がネットで注目を集めている。思い浮かべる飛行機は確かに色が白いが、なぜそうなのか。そこには合理的な理由があった。

     

    ■「お得だから」

    気になるチコちゃんの回答は「お得だから」という。機体の色を白にすることで、受けられる恩恵があるという。

    ジェット機登場以前の飛行機は、戦闘機以外は金属むき出しのまま。ジェット機は強い日差しやチリの影響で、金属疲労を起こしやすい。機体を保護するためペイントをすることになった。

    ペイントの中でも、白が1番コストパフォーマンスがいいことから白を選択しており、もし別の色を塗る場合には、発色を良くするために白を塗ってから別の色を重ね塗りするため、2倍以上のコストがかかると説明した。

    また、重さにも大きく影響するという。白だけを塗った場合、白ペンキの250kg増量だけですむが、別の色を塗る場合はさらに250kg増加する。東京からロンドンまでの燃料費で考えると250kg重くなることで、5万5千円増えるようだ。

    「白は太陽光を反射するため、冷房のコストが下がる」「サビやオイル漏れといった機体の以上目立ちやすく整備もしやすい」等、様々な恩恵を受けることができると解説した。

     

    ■納得の声

    多くの飛行機が白である理由を聞いたネット民からは多くの納得の声が集まった。




     

    ■約3割は飛行機が苦手

    白くすることで、様々な工程で楽をすることができるという飛行機だが、乗ることに苦手意識を持っている人もいる。しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「飛行機について」調査を実施したところ、「苦手」と答えたのは全体の28.6%だった。

    飛行機が白いことによっておける恩恵はかなり大きいようだ。これからもチコちゃんには分かりやすい解説を期待したい。

    ・合わせて読みたい→山口達也に似てる? 『笑ってコラえて』登場のパイロット志望大学生がイケメンすぎる

    (文/しらべぇ編集部・Aomi

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
    対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)

    チコちゃんが「飛行機がなぜ白いか」を解説 合理的な理由に納得の声相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【チコちゃんが「飛行機がなぜ白いか」を解説 合理的な理由に納得の声相次ぐ】の続きを読む



     東池袋で自動車が暴走、母親と3歳の女の子が亡くなり、10人が重軽傷を負った痛ましい事故。13日、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が運転操作を誤った過失運転致死傷の疑いで捜査を進めている警視庁が、本人立ち会いのもと実況見分を行った。

     午前10時前、捜査員たちが現場で手を合わせ始まった実況見分。事故を起こしたのと同じ車種の車に飯塚元院長が乗り込み、事故当時と同じルートをたどりながら確認作業は進んだ。目を引いたのは、車から降りてきた飯塚元院長の足取りだ。事故当時、足を痛めていたとも報じられていたが、この日も両手に杖を持ち、ぎこちない足取りで現場に脚を運び、母子が亡くなった交差点にやってくると、深々と頭を下げた。


     注目されたのは、この警視庁の対応だ。滋賀県大津市保育園児2人が亡くなり、14人が重軽傷を負った事故のケースでは現場がブルーシートで覆われていたが、今回は一連の流れが数多くのメディアの前で行われた。このことについて、"見せしめのようではないか"、との見方もある。この点について、AbemaTVAbemaPrimeふかわりょうは「"元院長"という呼び方も含めて、ひっかかる点がいろいろある」、慶應義塾大学若新雄純准教授も「途中からニュースを見た人の中には何の院長なのかも分からない人もいると思う。色々な配慮がなされてはいるのだろうが、逆にニュースを見ている人たちに対しても、事故を起こした本人に対しても"雑"な印象を受ける」と、警察とメディアの対応に疑問を投げかけた。
     

     ジャーナリスト佐々木俊尚氏は「元警察担当記者としては、過去の事件・事故の捜査の流れから考えて、そんなに不自然ではない。ブルーシートで隠すのは、要するに手錠をかけた状態を見せることが人権上問題だと言われ続けているからだ。警察としては逮捕していないので、手錠もかけていない。だから隠す必要はないというロジックだ。ただ、昔は警察と記者クラブの相互信頼のもと、手錠をかけた様子をガンガン見せていた。それがロス疑惑の時、手錠をした三浦和義さんをカメラの前で歩かせて以降、新聞社やテレビ局が警察批判をするようになった。警察からすれば"あんたたちがやってほしいというから見せていたのに、急に批判するのは何事だ"ということで止めることにした。一方、警察が絶対に言わないことだが、組織としては世論をメチャクチャ気にしている。今回、"上級国民だから逮捕しない"と批判されたことに対し、若干の忖度をして見せたという可能性もなくはない」と指摘した。

     また、メディアの対応については「過去に"元メンバー"という肩書があった。逮捕されてはいないから容疑者は付けられない、ただ"さん付け"するには倫理的に考えてどうかという場合、無理やりそのような肩書きを付けるのが現状だ。もう一つ、メディアに問題があると思うのは、報道バイアスだ。交通事故を起こした人の年齢別の統計を見ると、実は圧倒的に多いのは16~19歳。80歳以上は実はそれよりは少ない。今、全国各地で起きた高齢者による事故をことさら報じることによって、そうした増えているように見せてしまっている。そして我々の側にも、高齢者がいきなり車を飛ばすということに対する、得も言われぬ不気味さ、拒否反応も我々の中にあるような気がする。だからいたずらに高齢者の免許は取り上げる、という話にいかない方がいいと思う」との考えを示した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)
     

    ▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

    両手に杖の飯塚元院長…大衆の面前での立ち会い実況見分に”見せしめ”との声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【両手に杖の飯塚元院長…大衆の面前での立ち会い実況見分に”見せしめ”との声も】の続きを読む

    このページのトップヘ