ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


     ロシアW杯のグループリーグ初戦。日本はコロンビアを2-1で破り、貴重な勝ち点3をもぎとった。「歴史的快挙!」と日本中が勝利に湧くなか、「まったく喜べない」「むしろ苦痛」というひねくれた(?)人たちがいる。サッカーに無関心なわけでなく、あえて“アンチ日本代表”を公言してはばからない彼らの声を拾ってみた。

    「日本代表は格下の挑戦者って立場なのに、ピッチ上の立ち振る舞いだけは一流ってのが鼻につく。見当違いの方向にシュートして大げさに悔しがったり、相手のファウルに身振り手振りで『ホワイ?』みたいに抗議したり。ワールドカップに出るのが当たり前になってから、謙虚な姿勢が消えた気がする」(39歳・飲食)

     点数の入りづらいサッカーという競技の性質上、長い膠着状態でフラストレーションがたまり感情が表に出たり、貴重な得点シーンで喜びを爆発させるパフォーマンスは普通のことだと思うが……。ゴールを決めた後も自陣に戻っていく、元代表の中田英寿のスタイルに影響されている気もする。

    「うるさい。とにかくうるさい。渋谷のスクランブル交差点でハイタッチする奴らも、得点シーンで抱き合う奴らも、『ニーッポン、ニーッポン、オウオウ、オウオウオウ』と声を張り上げる奴らも、みんなうるさい。あと、カビラ兄弟の『ニィッーポォゥン!』っておなじみのイントネーション。イライラに拍車をかける」(42歳・製造)

     パブリックビューイングやスポーツバーではおなじみの光景だが、テレビ画面で観ていると、確かに冷めた視点で見てしまうことはある。が、こればかりは現場で観戦している人たちだけが持ちうる一体感なので、足を運んでみてくださいというほかない。

    「テレビなんか特にそうだけど、日本人ならW杯で代表を応援して当然! って空気がたまらなくイヤ。対戦相手のほうが好きなチームならそっちを応援してもいいじゃんって思う。あ、でもバラエティ番組でこの時期によく見かける、“対戦国と国際結婚した夫婦”を取り上げるのはつまらんからやめればいいのにと思う」(40歳・医療事務)

     卑屈さが滲み出たコメントの数々ではあるが、もちろん彼らはコロンビア戦もテレビで観戦している。それぞれ感想を求めるも、アンチだからこそ、誰よりも熱心にアラを探しているという印象が多かった。一つ、見方として気になったものを取り上げよう。

    「全体的に小さくまとまっている気がしてつまらない。やっぱり日本代表にはスベリ芸のようなネタが欲しい。岡野の一人スルーパスや、中田のスルーパスに追いつけない城、ペチペチとノートラップのパスにこだわる遠藤、すぐに転ぶ柳沢の軽自動車性能とか」(45歳・出版)

     今回の大会では格下が格上を破る、もしくは引き分けに持ち込むケースが多い。が、それは戦術が洗練され、強豪国と弱小国の格差が縮まったことから生じていると見ることもできる。観戦しているぶんには、個性があったほうが楽しめるが、「小さくまとまっている」は、それだけ日本のサッカーが強くなった証ともいえる。

     「とにかくうるさい」と連呼していた前出の42歳男性は、「コロンビアに勝ったことで、この騒音がまだしばらく続きそう。ユーウツな気分がまだしばらく続くのか……」とうそぶく。もちろん楽しみ方(!?)は人それぞれ。皆が「日本の勝利を願う」と足並みを揃える必要はないからこそ、あえて卑屈なコメントを集めてみたが、まあ、騒ぎたい人は大いに騒げばそれでいいんじゃないか……というのが感想である。〈取材・文/日刊SPA!取材班〉



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【サッカーW杯を楽しめない人たち。日本勝利で「さらにユーウツが深まった…」】の続きを読む


    他人のスマホ

    (©ぱくたそ)

    当サイトでも断続的にお伝えしている、18日に発生した大阪北部地震。登校中にブロック塀の下敷きになった9歳女児ら5名がすでに亡くなっており、余震にも警戒が向けられている。

    そんななか、連絡用にスマホ、携帯電話を学校に持ち込んだ生徒が、教師にそれを没収される出来事が相次いでいるようだ。

    ■親からの安全確認の電話で没収に

    たとえば、奈良県にある有名私立進学校の生徒は、以下のようにツイートし、学校外で見回り中の体育教師にスマホを没収されたことを告白。事情を説明するも…

    「地震が昨日あったから親に持ってけ言われてる言うたら、学校に規則に反するって言われたから、非常時の親との連絡とか自分の命より、ルールが大事ですか? って反論しても学校のルールや言われて終わりました」

    と、受け入れてもらえなかったよう。

    また、親から来た安全確認の電話が原因で、スマホを没収されてしまった人も少なくないようだ。



    大きな地震が起きた際に気になるのは、家族や親しい友人の安否。しかし、校則が厳しい学校の生徒はそれができないらしい。

    ■地震速報を受け取らないように設定するケースも

    また、スマホの持ち込み自体は容認されていても、音が鳴った時点で問答無益で没収されてしまうケースもあるようで、その結果、「緊急地震速報が鳴らないようにしている」人や、「電源そのものを切っている」人も多くいるようだ。





    緊急地震速報は、大きな地震が来ることを前もって伝えることで、被害を防ぐのが目的だ。ゆえに鳴らないとなんの意味もなく、また今後さらに大きな地震(本震)が来る可能性もあることを考えると、こんなときくらい柔軟に対応してもいいのでは…? とも思えるのだが。

    ■「校則」そのものの改革を求める声

    もっとも、スマホを没収した教師を責め立てるのも、この問題の本質からズレるだろう。彼らはあくまで自分の職務を遂行しただけであり、改善していくべきは校則そのものなのだ。

    ツイッター上でも、今回の地震を機に校則の変革を求める声が相次いでいる。



    ■「校則に意味はなかった」が3分の2

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,500名を対象に「校則」について調査したところ、65.7%の人が「学生時代の校則には意味がなかった」と回答している。

    校則が生徒を守るものであるなら、大きな地震のときのことも前もって考えておくべきだろう。この国で生きる上で、それは避けられることではない。

    ・合わせて読みたい→山田優、地震直後の自撮りに批判殺到 炎上に「不謹慎狩り」と同情の声も

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2014年10月17日〜2014年10月21日
    対象:全国20代〜60代の男女1,500名(有効回答数)

    大阪地震、生徒のスマホを没収する教師が続出 「命より校則」に疑問相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大阪地震、生徒のスマホを没収する教師が続出 「命より校則」に疑問相次ぐ】の続きを読む


    サッカーのワールドカップ・ロシア大会で、日本代表は6月19日、コロンビア代表と対戦して、2−1で勝利した。東京・渋谷では、サポーターたちがスクランブル交差点になだれ込み、歓喜に沸いた。一方で、その混乱の中で、胸や尻を触られたという報告もツイッター上で相次いでいる。

    ●「5回くらいお尻揉まれました」「本当クズしかいない」

    渋谷のスクランブル交差点では、サッカー日本代表の試合日やハロウィンの夜、大勢の人たちが殺到して、盛り上がることが恒例になっている。あまりの混雑のため、警視庁が数百人態勢で警備にあたる。19日夜も、若者たちがハイタッチしながらすれ違ったり、コールで沸く光景がくりかえされた。

    だが、そのような混乱に乗じて、女性の胸や尻を触る「不逞の輩」も一部にいたようだ。

    あるユーザーは、ツイッターで「痴漢はんぱない」「おっぱい触られるわ 腕捕まれるわ サポーター全否定するわけじゃないけど 本当クズしかいない」と憤った。別のユーザーは、試合終了のスクランブル交差点で「5回くらいお尻揉まれました」「意図をもってして触られている感触がありました」と報告した。

    ●「迷惑防止条例違反」や「強制わいせつ罪」に問われる可能性

    いわゆる「痴漢」は、各都道府県の迷惑防止条例で禁止されている。ちなみに東京都の迷惑防止条例の条文は次のようになっている。

    「何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、または人に不安を覚えさせるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。

    一 公共の場所または公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上からまたは直接に人の身体に触れること」(5条1項1号)

    スクランブル交差点は「公共の場所」といえることから、正当な理由なく、衣服のうえや直接に胸やお尻に触って、相手を著しく羞恥させていた場合、迷惑防止条例違反にあたる。また、具体的な状況・やり方によるが、着衣の上からであっても女性の胸や尻をなで回すように触っていた場合、刑法の「強制わいせつ罪」に該当する可能性もある。

    2016年11月のハロウィンの日には、スクランブル交差点の人混みに紛れて、女性の身体を触ったとして、30代の男性が、都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕されている。今回は、日本の歴史的勝利だっただけに、「ハメ」をはずす人もいたかもしれないが、痴漢行為は「犯罪にあたる」ということは忘れてないでほしい。

    (弁護士ドットコムニュース)

    「痴漢はんぱない」日本代表勝利で沸く渋谷スクランブル交差点、被害報告相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「痴漢はんぱない」日本代表勝利で沸く渋谷スクランブル交差点、被害報告相次ぐ】の続きを読む


    参院会派「立憲民主党・民友会」の小西洋之(ひろゆき)参院議員のツイートに注目が集まっている。

    サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対コロンビア戦に絡め政権批判を展開したが、論理の趣旨が不明だとして「オウンゴール過ぎ」といった反発が出ている。

    レッドカードの場面に注目

    2018年6月19日に行われた日本代表の初陣、いきなり波乱が起きた。開始3分にコロンビアの選手がシュートを腕で防いだとしてレッドカードとなり、日本はPKを獲得。香川真司選手が幸先よくゴールを決めた。

    この場面に目を付けたのが小西議員だ。先制点から約1時間後、自身のツイッターで退場処分となった反則を「チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為」と評し、その上で

    「あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い」

    と書き込んだ。

    サッカー日本代表戦と結びつけて政権を風刺した格好となったが、

    「スポーツを政治利用しちゃいけないって知りませんか?」
    「何でも安倍総理のせいにするのやめて」

    といった批判的な反応が目立つ展開となっている。

    小西氏「大拡散となり恐縮至極ですが...」

    著名人からも反応があり、丸山穂高・衆院議員(日本維新の会)は、

    「意味不明且つオウンゴール過ぎ。安倍政治全く関係ないでしょ」
    「万一、ネタだとしてもセンスが無さすぎ」

    などと厳しい言葉を並べ、作家・百田尚樹氏も

    「何を言ってるのか意味がわからないが、要するに、国会議員なら、あそこで反則してもいい、と言ってるのかな?いずれにしても、相当、頭がおかしいのは間違いない」

    とツイートした。

    小西氏の投稿は2万8000リツイート(20日現在)と大きな注目を集め、小西氏はその後、

    「大拡散となり恐縮至極ですが、法論理ですらない憲法破壊の戦争で自衛隊員らが戦死するのを阻止すべく必死の毎日で、議員として気が休まる時はありません」

    などと、続きのツイートを行っている。

    小西議員(17年10月撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【小西洋之議員、W杯絡め「安倍政治は罪深い」 「意味不明」「関係ないでしょ」の声】の続きを読む


    フィンランド政府はベーシックインカムに関する実験プロジェクトを2018年末で終了することを明らかにした。

    政府としてベーシックインカムの実験に取り組んだのは、同国が初めてで、その分析結果が注目される。

    「高福祉国家」フィンランドのチャレンジ

    ベーシックインカムは、政府がすべての国民を対象に最低限の生活に必要な金額を提供する政策。そもそもは、貧困・格差問題の解決を目的とした。

    あるいは、ベーシックインカムを導入した場合には年金制度が廃止される、健康保険制度の抜本的な改革を行うなどを前提とした場合には、複雑化した社会保障制度が簡素化できるといったメリットがあげられた。

    また、近年には人工知能(AI)の発達と、さまざまな業種におけるAIの導入により、人間の「職」が減少した場合の生活補完手段としてベーシックインカムの導入を取り上げる意見も多く聞かれるようになっている。

    すでにオランダのユトレヒトとスペイン・バルセロナでは、自治体により、米オークランドでは民間企業が実施するなど、さまざまな地域で実験が行われている。また、カナダのオンタリオ州が自治体として導入を進めているなど、今後、ベーシックインカムの実験・導入を検討しているところも多々ある。

    スイスでは2016年6月、成人に月2500スイスフランを支給するベーシックインカムの導入を問う国民投票が実施され、77%の反対で否決された。

    ベーシックインカムの導入により、勤労意欲が失われる一方、財政負担が増大するという意見が多数を占めた。

    どうする? 少子高齢化や格差是正、社会保障費の増大......

    今回、実験の終了を決めたフィンランドでは、無作為に選ばれた25~58歳の失業者2000人を対象に、2年間月560ユーロ(約7万6000円)を支給した。これは非課税で、さらに仕事からの収入があっても、減額されることはないという。

    北欧諸国は、世界でも「高福祉国家」として有名だが、その実現のためには「高率の所得税」が必要。フィンランドも同様に高い所得税によって、高福祉国家を維持してきている。

    しかし、日本と同様にフィンランドでも高齢化が進展しており、高福祉を維持していくのが難しくなってきている。加えて、フィンランドでも所得格差の拡大が問題となっている。

    こうした問題の解決策を探るため、フィンランドは2017年1月から2年間の予定で、ベーシックインカムの導入実験を行った。国レベルでの導入実験は、世界で初めてだったことから注目されていた。

    ベーシックインカムは、日本でも野党議員や自民党議員の一部、あるいは経済学者やエコノミストらによって、導入に対する意見が多岐にわたり寄せられてはいる。「国家予算をムダ遣いし、社会保障費の増加に対応できないのであれば、ベーシックインカム制度を導入したほうが、社会政策的には国民に現状以上の社会保障を提供できる可能性がある」(野党議員)という。

    とはいえ、日本でのベーシックインカムの議論は、まだまだ低調なものにとどまっている。これは諸外国ほど、政治が少子高齢化や格差問題の是正、社会保障費の増大に対して、真剣に取り組んでいないことの証左でもあろう。

    それだけに、フィンランドのベーシックインカムの導入実験の結果、どのような分析結果が得られるのかに注目してみたい。(鷲尾香一)

    「高福祉社会」のフィンランドに、日本は似ている?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【これは政治の怠慢なのか!? 盛り上がらぬ、日本のベーシックインカム論議(鷲尾香一)】の続きを読む


     2018年6月20日に首相官邸で行われた記者会見において、菅義偉内閣官房長官が世界保健機関(WHO)のゲーム障害の疾病認定について言及しました。

    菅義偉
    菅義偉内閣官房長官

    記者:
     WHOがオンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな疾病として認定しました。これに対して米国のゲーム関連業界団体は反発し見直すよう求めているほか、またゲーム自体、日本の重要なエンターテイメント産業でもありますが、今後政府としての何らかの対応の検討の可能性について教えてください。

    菅官房長官:
     今、ご指摘をいただいたことについては、WHOがゲーム障害を疾病と位置づける国際疾病分類の案を公表し、来年5月の総会で議論するというふうに報告を受けています。
     一方、ゲーム産業はクールジャパン戦略において重要な産業の一つと位置づけられており、我が国産業の成長分野であるこのように認識してます。こうした産業が成長していくためには、様々な問題に対し適切に対応していることが大事だと思ってます。ゲーム障害は睡眠や学業などの様々な日常生活と関係があるこのようにも指摘されています。これまでも精神保健福祉センターで相談・支援、これを行って来てるところです。
     今後、まずはその実態等について調査、研究を行って、その結果を踏まえ対応をしっかりしてまいりたいというふうに思います。

    ▼下記バナーをクリックで番組ページへ▼



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【WHO”ゲーム障害認定”を受け菅官房長官「ゲームは重要な産業の一つ、まずは実態を調査・研究し対応を」】の続きを読む

    このページのトップヘ