ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


    ハンドメイドアクセサリーなどを制作・販売する作家に対し、購入希望者が大幅な「値切り」を持ちかけるという事例の報告が相次いでいる。ハンドメイド作家のツイッターの投稿を見ると、「材料費」と比較して「販売価格」が高いと言われた例が多く、半額以下の価格を提示されたケースも見られる。

    J-CASTニュースが複数の作家を取材すると、デザイン料や技術料なども加味して価格設定しており、客にもその旨を説明するが、「素人扱い」されるなど理解を得られないことがあるという。大幅な「値切り交渉」を経験した作家は、実情を「知ってほしい」と理解を求める。

    1200円の商品→「500円くらいとかでは無理ですか?」

    ハンドメイド高いって言われるやつDMで来ました」――。「Blue*Forest@デザフェスG289」(@kaito_x2525)さんはツイッター2018年11月5日、購入希望者とのダイレクトメッセージ(DM)のやり取りを投稿した。ハンドメイドのキーホルダーの価格を聞かれ、1200円だと伝えると、「500円くらいとかでは無理ですか?」と半額以下の価格を提示されたり、「材料費100円とか200円とかじゃないんですか?」などと返信されたりした。「すみません」と理解を求めようとしたが、同客は設定価格での購入には応じなかった。

    Blue*Forestさんは投稿の中で、

    「手間賃高いと言われましても手間賃ないと次が作れないんです。わかって頂けたら幸いです。最後まで平行線でしたのですみませんブロックさせて頂きました」

    と報告していた。5万8000超のリツイート、7万7000超のいいねを集めるなど、多くのユーザーの目に留まっている。

    ネットだけでなくイベントなどでも作品を発表しているというBlue*Forestさんは、ハンドメイド歴2年半の30代女性。J-CASTニュースの取材に応じ、今回「値切り」を持ちかけられたことについて、「イベントでは、悩まれたり『2つ買うのでお安くなります?』と聞かれたりすることはありましたが、直接DMで来たのは初めてでした」とし、「ビックリしたという思いしかないです」と率直な心境を明かした。

    価格の決め方は「もちろん材料費も考えますが、基本は私ならこれくらいで売ってたら迷わず買うな!という値段を基本にしています」という。「欲しいなと思っても値段が高いと悩む事があるじゃないですか。それをお客様にして欲しくないので」と理由も明かした。

    2児の母であり、作業しているのは子どもが寝た後の2~3時間に限られる。1つの作品が完成するまでに3~4日かかることもある。

    「値切り」交渉をされたのは今回が初めてだったというが、もし業界で事例が今後増えていった場合、「ハンドメイドで作品を売るまでには膨大な時間とお金がかかっていますので、そこを軽視されるのではないかなと危惧はしています」と懸念を示す。その上で

    「売る場所に出向くのももちろん、出展費用や委託料などもありますので、材料費を考えても黒字が出ないことなんて沢山あります。その点も広まればいいなと思います」

    と、原価以外にも様々な費用がかかることを指摘した。

    「拡散してあげるんで300円にして下さい」

    「素人制作ですよね」。なぎさ(@nagisa___nana)さんは7日ツイッターで、購入希望者とのDMでこんな言葉をかけられながら値切り交渉されたと明かした。オーダーメイドピアス制作にあたり、「700円プラス送料」がかかると伝えると、

    「でもこれだけなら材料費そんなにかからないですよね?」
    「素人制作に700円も払うひとなんていない」
    「拡散してあげるんで300円にして下さい」

    といった返信も来た。なぎささんは投稿で「なんかもうほんと、悲しいと思う、こういうの うん、自分の作品がまだ拙いから言われてしまうのも分かるんやけどね...」と複雑な思いをつづった。結局交渉には応じられず、この取引はなくなった。

    なぎささんは、伝統工芸の「つまみ細工」を活用したハンドメイド制作を1年ほど続けている20代女性。取材に対し、値切り交渉を受けたのは初めてだったものの、「よくある事だと承知しておりますので、それ自体に不満や不当だとは思いませんでした」と冷静に話す。

    ただ、「作家様やハンドメイド自体を批判するような悪意のある値下げ交渉が続くなら、ハンドメイド界隈自体が悪い印象を受けてしまうかもしれません」と懸念し、

    「『原価に対して高すぎる売価』という点だけが世間に広まってしまいますと、それこそ『ぼったくり』のような扱いを受けてしまいます。制作時間や、それにかかった労力、アイデア等を考慮しての値段設定だということをもっと知ってほしいです」

    と胸の内を明かした。価格は「原価、制作にかかった時間、パーツの数、技術料」なども加味しつつ、手に取ってもらいやすいようできるだけ安価にしているという。

    ハンドメイド市場の縮小招きかねない?

    値切り交渉を複数回経験している作家もいる。天然石を使ったブレスレットメインに3年半制作を続けている(それ以前もアクセサリー修繕を十数年経験)という30代女性の「まきこまき(雑多垢)」(@kuro2maker)さんは、取材に対し、1か月で4人の購入希望者から値引きを持ちかけられたと明かす。

    ある時は、天然石を使った2800円のブレスレットを「1000円にできないか」と聞かれた。64%オフの計算になる。14ミリサイズの磁気ありヘマタイト、アメジストラピスラズリといった貴重な天然石を多く使っていたため「販売価格自体が赤字覚悟」の商品だったといい、説明もしたが、「ハンドメイドでやっているのなら、そこまで高価なものは使っていないだろう」などと言われた。理解は得られず、結局この取引はなくなった。

    デザイン・制作から包装・配送までで4時間ほどかかることもある。価格の決め方は「『仕入れ価格+デザイン料』を計算し、これを基準に手間賃を上乗せしたり、お客様のお手元に届く時間を考慮し時間がかかってしまう場合は10%引いたりして決めております」とのことだった。

    まきこまきさんは現在、ネットでのオープンな売買は休止しており、常連客との取引に絞っている。ハンドメイド界の今後について意見を聞くと、

    「このような値切りが増えれば、私のように、ご新規様は迎えず、販売当初からの常連様相手のみで制作される方が増える可能性があります。また、収益が得られないことから、新作が作れず、尚且つ、精神的に疲弊し、ハンドメイドを辞められる方が増える事態を招きかねないと思います。ハンドメイドイベントも減り、金具などハンドメイド用品マーケットも縮小していくことでしょう」

    と懸念を示した。「ハンドメイド自体を始めることが狭き門となってしまう未来が来てしまうのではないでしょうか」とも述べていた。

    「『ハンドメイド=素人の手習い』的なイメージ」?

    レジンを使ったハンドメイド歴が2年という30代女性も、取材に対し、大幅な値切りを要求されたことがあると明かす。価格を提示するなり「高い」と言われたといい、「プチプラアクセ作りをしているので、低価格には自信がありました。正直ショックです」と話した。また、

    「どうしても『ハンドメイド=素人の手習い』的なイメージが抜けていないこともあるのでしょう」

    と認識の差があることも指摘した。

    ハンドメイドをめぐっては近年人気が高まり、メディアなどでもたびたび取り上げられている。一方、「低コストかつ手軽に稼げる」といった趣旨で紹介されることもあり、ツイッターなどでは作家や作品購入者とみられるユーザーから、実態を正確に映していないのではないかという声があがっていた。

    Blue*Forest()さんのハンドメイド作品。「冬は宇宙メインで夏は海メインでつくっています」という


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ハンドメイド人気も...過剰「値切り」に傷つく作家たち 「材料費100円とかでしょ」「素人制作ですよね」】の続きを読む


     外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐる国会論戦が始まった。疑問点が多岐にわたり、懸念が広がる現状に、野党は一斉に追及の砲火を政府側に浴びせた。これに対し、来年4月の新制度導入を目指し、今国会成立を譲らない政府側は不安解消に躍起となった。

     ◇「ブラックボックス」

     13日の衆院本会議でまず焦点となったのは受け入れ規模。政府は2019年度に最大4万7000人、5年間で最大34万人との試算をまとめ、自民党関係者によると、この日の答弁で安倍晋三首相が公表する段取りだった。ところが、集計に手違いがあり延期に。「精査中」と述べるにとどめた首相に、衆院会派「無所属の会」の黒岩宇洋氏は「ブラックボックスの法案だ」と批判した。

     外国人の増加により治安や日本人雇用への悪影響を心配する声は根強い。首相が、近く示す想定数を受け入れの「上限」と明言したのは、歯止めをかけ不安を打ち消す狙いがある。ただ、山下貴司法相は先の衆院予算委員会で上限値の設定を否定しており、今後の審議で整合性が問われそうだ。

     ◇「移民解禁」なお疑問

     新在留資格の創設は「事実上の移民解禁」との見方は消えない。13日も立憲民主党山尾志桜里氏が「移民政策」の定義を明確にするよう首相に要求。日本維新の会の串田誠一氏も長期在留が可能な特定技能2号を「実質移民だ」と指摘した。

     この論点をめぐり、首相は制度設計の段階から周囲に「移民政策と言われないように」と強く注意喚起してきた。背景にあるのは自身を支持する保守層への配慮。実際、13日も首相は「いわゆる移民政策は採らない」と従来の答弁を繰り返した。

     法案は、対象業種で人手不足が解消された場合、外国人の新規入国を一時的に停止する措置も設けた。首相は「既に在留する外国人材の資格を直ちに打ち切ることは考えていない」と理解を求めたが、共産党の藤野保史氏は「国が整理解雇にお墨付きを与えるものだ」と断じた。

     ◇技能実習にも批判

     労働環境が劣悪と指摘される外国人技能実習制度の在り方も争点だ。藤野氏は実習生が野党会合で「段ボール工場で仕事中に指3本を切断したが、治療費は自己負担を求められ、会社に帰国を迫られた」と証言したことに触れ、「現状の温存は絶対に許されない」と非難。国民民主党の階猛氏は同制度の廃止を主張した。

     首相は「制度の適正化を図っている」と述べ、継続させる考えを示した。ただ、新制度導入に当たり悪質仲介業者をどう排除するか課題は残る。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【外国人就労、広がる懸念=野党一斉砲火、政府は不安解消に躍起】の続きを読む



    女優の「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(17)11月12日、自身のブログ「女子は1階に住めない」という記事を投稿した。春名さんは引っ越しのため物件を見ているというが、セキュリティ面を考えると予算オーバーになるという。

    「安全な世の中なら、女の子だって一階に住めるしオートロックじゃなくてもいいから安いとこあるのになあ 一部の悪いことする人対策が大変すぎる」

    「高層階ぶんの予算を部屋にかけたい」「洗濯物も外に干せない」

    画像は公式ブログをキャプチャ

    また防犯面から高層階に住むとなると、「たとえば駅から10分かかるとしてもエレベーターが来なかったりしたらさらに分早く家を出なきゃいけなくなるから、縦移動の時間も損しているよねー?」といい、

    オートロックとか高層階ぶんの予算を部屋にかけたいし、広いお部屋にすみたいよー!!」
    「今日ツイッターで、男性と女性に差はないっていう話をしたけどこういうときとかにふと不公平だなーと思うよ」

    と不満をあらわにした。さらに「もちろん男性だって襲われるときは襲われるんだろうけど」と述べた上で、「洗濯物も外に干せないから、浴室乾燥機も欲しいしそうするとまたドーンと値段が高くなるよねぇぇぇぇ」と嘆く。

    女性の7割「絶対に1階は嫌」 「男ってだけで得してる部分ある」の声も

    一般的に防犯のことを考えると2階以上の方が安心だ。ベランダ部分が外からも入れるような構造だと、空き巣や強盗、下着泥棒などのリスクが上昇する。

    不動産情報サイトE-LIFE調査では、女性の7割が「絶対に1階は嫌」と回答しており、1階に恐怖心を抱く女性は少なくないことがわかる。

    春名さんのブログに対し、ネットでは「男子は本当にそういう諸々の部分で気を遣う必要ない事が多くて、男子ってだけで少し得してる部分あるなあっ…てよく思う」「いい物件見つかるといいね。祈っています」といった声が寄せられた。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【はるぜちゃん「女子は1階に住めない」「こういうとき男女不平等だと思う」 防犯から高層階・オートロックを選ぶと予算超過に】の続きを読む


    ■4Kテレビだけでは「4K放送」は見られない

    12月1日から4Kテレビ放送が開始される。4Kテレビとは、現在主流のフルハイビジョンの4倍、つまり水平画素が3840(約4000)のテレビである。1000は1K(キロ)という単位で表されるため、4Kと呼ばれている。なお、12月からはより解像度が高い8K放送も開始される。当然のことながら、8Kテレビの価格は4Kテレビよりも高い。

    大手家電量販店のテレビコーナーに行くと、多くの4Kテレビが陳列されている。自宅にある従来型の液晶テレビに比べ、確かに画像はきれいだと思う。ただ、実際に4K放送を視聴するためには、手間とコストがかかる。4K放送を視聴するためには、4K放送に対応したチューナー(受信機)を別途購入し、テレビに接続しなければならない。4Kテレビを買えば、放送開始と同時に4K映像を楽しむことができるわけではないのである。

    そうした手間を考えると、4Kテレビ放送の開始を受けて新しいテレビがどうしても欲しいという思いは低下してしまう。筆者のように思う人は少なくないだろう。また、時間がたてば、より新しい機能を搭載し、より安いテレビが市場に投入されるだろう。そう考えると、現時点で購入する気持ちは高まりづらい。

    ■88.8%の人が4K放送を「知っている」と答えたが……

    一般社団法人放送サービス高度化推進協会(以下、高度化推進協会)によると4K放送を行う事業者は、NHK、ビーエス朝日、BSジャパン、BS‐TBS、BS日本、ビーエスフジ、SCサテライト放送、QVCサテライト、東北新社メディアサービス、WOWOWの計10社の予定だ。

    4K放送を視聴したいという消費者の関心は、どちらかといえば高まりづらい状況にあるようだ。2016年9月~2018年9月にかけて高度化推進協会が行った4K放送の市場調査を見るとそれが良くわかる。この調査はWeb経由で行われた。調査対象エリアは全国、対象者は20歳~69歳の男女、調査数(サンプル数、アンケートに答えた人の数)は5000人(2017年は6000)人である。サンプル数は少ないように見えるが、被験者の属性(年齢や性別、居住場所など)の点では、バランスの取れた調査といえるだろう。

    2018年2月調査の結果を見ると、62.4%が4K放送を「知っている」と答えた。加えて、26.4%が4K放送を「知っているような気がする」と答えている。合計すると88.8%の人が4K放送を知っている(認知している)。

    2018年9月の最新調査を見ると、「知っている」と答えた割合は60%に低下している。また、同じ時点での4K放送を視聴するか否かに関する調査を見ると、「ぜひ視聴したい」と答えた人は全体の11.6%、「まあ視聴したい」と答えた人は28.3%だった。合計すると視聴の意向を持っている人の割合は全体の39.9%である。

    この結果を見る限り、現時点でどうしても4K放送を見たいと思う人が多いとは言えないようだ。

    ■見たいと思う人の割合は限定的

    高度化推進協会による市場調査のインプリケーションをまとめると、多くの人が4K放送の良さ(映像の美しさ、迫力)を認識してはいる。しかし、映像の美しさなどを理由に4Kテレビ放送を見たいと思う人の割合は限定的だ。見方を変えれば、新しいテレビと受信機を購入しようとするほど、4Kへの人気、消費者のほしい気持ち=需要は高まっていないということだろう。

    その背景にある要因を考えると、まず、消費者の心理が大きく影響しているだろう。4Kテレビの映像は確かにきれいだ。もし、今使っているテレビを買い替えなければならなくなった際には、4K放送に対応したテレビと受信機を購入してもよいと思う人は少なくはないだろう。ただ、テレビはそう簡単に壊れるものではない。手間を考えれば、今のままで問題ないという人が多いのだろう。

    ■「地デジ特需」のような要因は見当たらない

    また、経済政策と通信規格変更の影響も大きい。リーマンショック後の2009年、当時の麻生政権は“家電エコポイント制度”を実施した。具体的には、地上デジタル放送に対応したテレビなどを買うことによってポイントが付与され、消費者は指定された家電製品を安く買うことができた。それは、テレビの買い替え需要を喚起した。

    加えて、2011年7月、東北3県を除く44都道府県でテレビ放送は地上デジタル放送(地デジ)へ完全移行した。地デジに移行すると、従来のアナログ放送に対応してきたテレビは使えなくなる。エコポイント制度と地デジ放送の開始を受けて、2009年から2010年にかけて、国内のテレビ需要は急増したのである。まさに、“地デジ特需”と言ってよい。

    現状、4Kテレビ買い替え需要を高める要因は見当たらないといえる。わが国の政府がテレビ放送の規格を切り替え、いま使っているテレビでニュースなどを視聴できなくなるという不都合が生じるわけではない。また、わが国全体で家電販売奨励策が実施され、より高機能のテレビが買いやすくなるわけでもない。

    ■短期間で需要が急拡大する展開は見込みづらい

    映像の美しさ、迫力といった点で4Kテレビ放送に関心を持つ人はいる。ただ、価格、買い替え需要に影響を与える政府の取り組みなどを考えると、短期間で需要が急拡大する展開は見込みづらい。

    多くの人々が感じているのは、技術の進歩とともに映像がきれいになるなら、使っているテレビが故障した際に買い替えればいいということだろう。言い換えれば、現時点でテレビを買い替えたとしても、買い替えなかったとしても、消費者の満足度は大して変わらないということだ。8Kテレビの価格が低下すれば、4Kの魅力は低下するだろう。さらに高精細の映像技術が普及すれば、8Kテレビの優位性も低下する可能性がある。

    また、テレビで映像を見るという行動様式は、当たり前ではなくなりつつある。スマホなどでネットフリックスやユーチューブの動画を楽しむ人は多い。国内でも、NTTドコモが次世代の通信規格である“5G”を用いたテレビ放送の実証実験に成功した。ICT(情報・コミュニケーション・テクノロジー)の高度化と実用化とともに、映像配信の可能性は広がるだろう。

    ■アイリスオーヤマは4K対応テレビを低価格で販売

    当面の展開を考えると4K放送の開始を受けてテレビ販売への新規参入が増えることが興味深い。生活用品大手のアイリスオーヤマは4K対応テレビを低価格で販売する。同社は2020年東京オリンピックを控えたテレビ買い替え需要の高まりの取り込みを狙っている。

    新規参入者の増加によって、既存のテレビメーカーが競争力を高めるために新商品を生み出すことができれば、それはわが国の経済にもプラスの影響を与える可能性がある。その意味で、4Kテレビ放送の開始が変化の呼び水になればよい。

    いずれにせよ、現時点では4Kテレビ放送を視聴したいと思う人は、あまり多くない。買い替えを促すような政策も見当たらない。最終的に4Kテレビを買うかどうかは、家計・個人の考え方に影響される部分が大きいだろう。

    2017年12月1日、実用放送開始まで1年となり行われた新4K8K衛星放送開始1年前セレモニー。中央は推進キャラクターに任命された女優の深田恭子さん、右隣は野田聖子総務相(当時)(写真=時事通信フォト)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【4Kテレビ放送「6割は興味なし」の深刻度】の続きを読む


     ブロガーで作家のはあちゅう氏が12日に自身のアメブロを更新。今年7月に事実婚を発表したセクシー男優しみけんから“別居”の提案をされたエピソードを明かした。はあちゅう氏は手書きイラストや写真で、しみけんとの日常をつづっている。

    はあちゅう公式ブログよりスクリーンショット


     はあちゅう氏によれば、しみけんは「忙しくて余裕がなくなったり、おなかが減ってイライラすると、キレてかなりきつい言葉をつかう」といい、最近も家の使い方について「こことここを直してほしい」とメッセージを送ったところ「それは別居ということでよい?」と返事があったことを明かした。


     しかし、一旦寝て落ち着いたしみけんからは「昨日はバタバタでイライラしていました。ごめんね」と謝罪のメッセージがあったといい、大きな問題にはならなかった様子。一方で、自身は生理前になると気持ちが不安定になるといい、しみけんのこの発言に対して怒りがぶり返し「私ってなんなの?都合がいいだけの存在!?」「もう全てが嫌なんだけど!!」と爆発してしまったという。


     はあちゅう氏は続けて「まぁ、人間だからお互いに完ペキではないから」「お互いのバイオリズムを把握して交互に補い合うしかない」とつづり、「違う人間が一緒に生きて食ってとても大変だけど、自分の足りなさや相手の優しさに気づけることもたくさんある」「誰かの立場になって考えてみる、っていう柔軟さを、恋愛は教えてくれるなーと思います」と実感を述べた。


     この投稿に「すごく共感しました」「結婚する2人って、そういうことほとんど無いんだと思ってました。でも違うんですね」「大切な人だからこそ、お互いを尊重し合うのが一緒にいる秘訣ですよね!」「すごく、深い。本当に、全ての人間関係に言えることだなって思う」などさまざまなコメントが寄せられている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【はあちゅう氏、夫・しみけんから別居の提案「もう全てが嫌」と爆発】の続きを読む


    貧乏でよかった(©ぱくたそ)

    給料日前などに、財布の寒さを実感するという人は少なくないだろう。だが、つねに財布が寒い状態だと、心まで冷え切ってしまう…ということもあるようだ。

    女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

     

    ■貧乏になって性格が悪くなった友人

    知人が貧乏になってから驚くほど性格が悪くなったと語る投稿者。金持ちそうな親子が服を選んでいると「不細工が着ても仕方ない」と言ったり、「本当の金持ちは〇〇しない」と言うなど、その行動はかなり卑しい様子。

    また、他人の家庭にも口を出すようになり、専業主婦の友人に対して「働かなきゃ旦那さんが可哀想」と、一方的に口を挟んでいるのだとか。そして、他のネットユーザーに対し、「みなさんの周りにもこういう人いますか?」と尋ねたのだった。

     

    ■「お金こそ心の余裕」

    この投稿に、他のネットユーザーからは共感の声が相次ぐことに。

    ・そりゃお金がなかったら性格も悪くなるよ

     

    ・余裕がないから

     

    ・お金こそ心の余裕!

     

    ・そりゃあ心にゆとりがなくなるからね


    ■「金持ちでも性格の悪い人はいる」

    しかし、一方では「金持ちでも性格の悪い人はいる」という声も。

    ・金持ちでも性格悪い人いるしな…

     

    ・周りに貧乏人がいないから分からないけど、お金持ちでも性格悪い人はいる 金持ち同士のマウンティングは恐ろしいよ

     

    だが、「貧乏から金持ちに変わった瞬間、性格が優しくなった」という、ゲンキンなケースもあるようだ。

    ・私は実家金持ち→結婚で貧乏→再婚で金持ち になったけど、貧乏時代は驚くほど卑屈になってたわ

     

    ・逆に、親の遺産が入ってから別人のように優しくなった知り合いがいる笑

     

    ■「貧乏で良かった」は2割

    しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の自分は貧乏だと思う男女702名に、「貧乏でよかったと思うときがあるか」の調査を実施。その結果、自分が貧乏でよかったと思っている人は、わずか2割だった。

    貧乏でよかったグラフ

    やはりと言うべきか、お金がないことを肯定的にとらえる人は少ないようだ。

     

    すべての人に当てはまるものではないものの、「財布の余裕は心の余裕につながる」というのは、基本的には真実なのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→貧乏人が言う「幸せ」は負け惜しみ? 女性の投稿に賛否両論の声

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日2017年8月28日
    対象:全国20代~60代の自分は貧乏だと思う男女702名 (有効回答数)

    「貧乏になると性格も悪くなる」という主張が話題 「お金こそ心の余裕」と共感殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「貧乏になると性格も悪くなる」という主張が話題 「お金こそ心の余裕」と共感殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ