ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


    中国人観光客をめぐる騒動がネットで注を集めている。9月2日スウェーデンのストックホルム内で、現地警察の対応に不満を抱く中国人観光客3人が路上で泣いたり叫ぶなどの騒ぎを起こした。中国大使館は「人権視」などの猛批判を展開している。の検察局長は、秩序な行為をする人物に対する対応とコメントを出している。

    中国○○から来た3人の親子は、予定時間より十数時間前に宿泊予定のホステルに入り、ロビーで就寝しようとした。ホテル側は追加料めたが、3人は拒んだ。通報を受け、駆け付けた警察数人が3人を追い出した。

    通行人らが動画で捉えており、ネットでは拡散された。3人は、警察官やホステル側の対応に不満を爆発させ、警察官らが自分たちに対して「ひどい扱いを受けた」と演出する様子が映っている。

    動画には、暴力を受けていないがばいになったままの父親、わざと自分から倒れこみ、女性警官が暴力ふるったかのように演技する息子、また母親は「殺人だ」「助けてくれ」と座り込みながら叫びをあげる母親が映っている。

    中国インターネット上では、「中国人観光客がスウェーデン警察いじめられた」と報じられた動画17日までに1億3000万回再生を記録している。一部のネットユーザからは「(在中国スウェーデン大使館を放火しよう」など過な意見も出ている。

    動画を閲覧したあるネットユーザは、ルールを破ったにもかかわらず、3人が大げさな「犠牲者のふるまい」をするのは、家族スウェーデン側への賠償請の正当性を高めるためではないかと摘した。

    スウェーデン中国大使館は16日になってから「中国人の命を危険にし、基本的人権を侵した」と明を発表し、スウェーデン側の対応を批判した。

    さらに、中国外交部(外務省)の報道官も17日に、警察が3人を追い出したことについて「外交ルール際的な判例にそぐわない」と糾弾した。

    トックホルムの検察庁メッツ・エリクソン長官は、現地アフトン・ブローデッドの取材に対して、警察対応は「何ら違法性はない」適切な判断だと述べた。同氏はまた、警察官は地で秩序な行為をする人物に対して、今回のような対応をしていると付け加えた。

    (編集・佐渡世)

    スェーデン警察はルール違反の中国人3人をホテルから追い出した。(ANDERS WIKLUND/AFP/Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ルール無視の中国人観光客をスウェーデン警察が追い出し】の続きを読む


    no title


     エルフ北欧神話に出てくる妖精で、本来、自然と豊かさをる小族だったと言われており、様々なフィクション作品に登場している。

     私が最も印に残っているエルフと言えば、漫画ドリフターズ コミック」のエルフ族解放戦に出てくるエルフだったりもするんだけども、エルフを一躍有名にしたのは、J・R・R・トールキンの『指輪物語』だろう。

     トールキンが生み出したSFファンタジー作品は次々と映画化され、世界中にたくさんのファンを生み出した。

     アメリカ・イリノイ州に住むキンバレル・イーヴンタイドさんもその一人だ。だがただのファンでは終わらなかった。

     彼女トールキンの描くファンタジー世界に没入した結果、自分はエルフであり、人間たちの精を正しい方向に導き、エルフになるのを手助けするために地球派遣されたと信じているのである。

    ―あわせて読みたい―

    人間は妖精になれるのか?エルフに憧れた男性が見た目のエルフ化に成功したっぽい
    いろんなのがいるぞおい!目撃者の証言によって明らかとなった高度に進化した15のエイリアン種族とその人物像
    ロマン炸裂!ファンタジー世界の11の空想地図
    『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた
    ユーモアあふれる、昔のファンタジー小説に描かれた世界地図

    トールキンを見て自分をエルフと信じ込む

     『指輪物語』を読み映画ロード・オブ・ザ・リングス』を何度も観た結果、トールキンの描く世界に引き込まれていったキンバレル。自分はエルフかもしれないと思いはじめ、それは確信に変わっていった。

     彼女は自分を、人間とは違う種族"アザーキン"という成長社会の一員で、Pleiadian Starseedだと名乗っている。

     彼女エルフでも位の高いエルフだそうで、人間の精を高めるために地球派遣されたと思っている。だが外見的にエルフの特徴が欠けているので、装や人工装具で補っているのだという。


    使命は地球人の精神レベルを高め、エルフになれるよう尽力すること

    「できるだけベルベットシルク、凝った飾り、自然に触発されたを身につけて、位の高いエルフと同じような格好をするの。いろいろなエルフを5種類持っているし、カフスもあるわ。わたしのホンモノのは少しっているので、いつもつけをするわけじゃないけど」と、キンバレルさん。

     彼女は、"プロジェクトエルフィンスター"と自分で名づけた使命を持っている。これは、人間の意識を高め、自分のようなハイレベルエルフにするのを手助けするというものだ。

     フェイスブックなどのSNSを使って、この的を達成しようと努めている。また、その人の魂が高い意識レベルへと到達できるよう、スカイプで個人的なセッションも行って助言している。

    わたしは、人間が本質的に成長して、自然と共に平和に暮らすかしい体験ができる時代へ進んで行き、すべての人が享受できる進んだ技術をもてることを望んでいます。人間を認知と経験の両方の高い領域へと導くこと、これがわたしのおもなミッションです

    謎めいたエルフの使命に夫や家族、友人は協力的

     『ロード・オブ・ザ・リングス』で、エルフ自然と結びついている。キンバレルさんは都会に住んでいるが、できるだけ自然とつながることができる機会を得ようとしているという。

     こうしたつながりを密にするために、彼女は自分ののまわりを植物でいっぱいにしている。

     めいた信念にもかかわらず、キンバレルさんの友人や家族は協的だという。

     夫は彼女が人間以外の存在であることになにも文句は言わないが、エルフのイデオロギーを全に理解することもないらしい。だが、特に反発されてはいないという。

    地球でのミッションは魂が疲弊する

     エルフでいることは簡単なことではないとキンバレルさんはいう。

     彼女の精的なは困難が多く、"心を開かないタイプ"の人間に、よくネットで笑いものにされるのは残念だという。

     人間が高みに昇るのを助けるその使命は、彼女の肩に重くのしかかっている。


    ロード・オブ・ザ・リング』の第三紀で、エルフたちが全員中つを去って、不死のへと船出した時のように、わたしも疲れを感じているの。

    わたし自身がこの地を去るときがきたら、きっと幸せで穏やかに休むことができるでしょう。

    人間全員が高い位のエルフと同じようにふるまうことができるはずと信じているけれど、彼らがそうした社会へ行くのに、あまりにも遅々としてなかなか進まないので、わたしの魂は疲弊しているわ。

    わたしは、耐強くもあり、同時にせっかちでもあるから、それがわたしの中に深い悲しみと重荷を引き起こすことがよくあるの

    インターネットの普及で繋がるアザーキン(異種族)

     全世界に広がるアザーキン(異種族)の世界は、インターネットの出現と関わりがあるようだ。

     もっとも古いアザーキンネットソースは、1990年にさかのぼるElfinkind Digest のメーリングリストで、昔はこのような規格外の考えをもつ人は、真剣受け入れようという仲間を見つけるのは大変だったことだろう。

     昨今は、インターネットSNSの普及で、同胞を見つけて接触したり、一見奇妙に見える自分の情熱をシェアしたりすることは容易になり、アザーキンの活動も活性化しているようだ。

    References:mirror/ written by konohazuku / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    ―人類についての記事―

    ハリケーン「フローレンス」の現場中継の最中、犬の救助活動を手伝ったレポーター(アメリカ)
    あまりにもポジティブにハリケーンを迎え入れすぎ。パンイチで星条旗を持ちヘドバンする男性が現れる(アメリカ)
    悪いことをした子どもには木製の板でお尻ペンペン。アメリカの学校がお尻叩きの罰を復活して話題に
    演技力のクセが凄い!ハリケーン「フローレンス」の現場で、今にも吹き飛ばされそうなお天気レポーターの後ろには...
    フェイスブックで自分の死を偽装。葬式代をせしめようとした男性(タイ)

    ―知るの紹介記事―

    空港の手荷物検査で使用するトレイは相当汚い。危険なウイルスが潜んでいる可能性(フィンランド・イギリス研究)
    「こうやればいいんだよ!」イルカは人間から自分が学んだことを野生のイルカに教えることができる(英研究)
    有機プロセスと人口システムを組み合わせ、太陽光でエネルギーを作るより効率的な方法が発明される(英研究)
    若者の血液を飲むと老化防止になるという研究結果は本当なのか?
    デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10の理由
    自分は「エルフ」と信じ込む女性、その使命は地球人の精神レベルを高めエルフになれるよう導くこと(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【自分は「エルフ」と信じ込む女性、その使命は地球人の精神レベルを高めエルフになれるよう導くこと(アメリカ)】の続きを読む


    東京都内でゴミ収集業務に携わっているという30男性から、作業中に住民から暴言を浴びせられてつらいと新聞に投書があり、波紋が広がっている。

    「臭いからく持っていけ」。朝日新聞2018年9月17日刊生活面に載った投書では、男性は、住民からこう言われたと訴えた。

    「勉強をしないから、こんな仕事」と言われたと告白

    投書によると、男性は、都内の自治体からゴミ収集の業務を受託している会社で働いている。作業中に、一部住民から酷い言葉をかけられており、「勉強をしないから、こんな仕事をすることになる」と、周囲に向かって大を出されたりしたこともあるという。

    暴言には反論したいが、上は、「慢してくれ」と言うばかり。仕事を失うことを恐れて、会社は、委託元の自治体には伝えていないという。これに対し、男性は、「今は仲間内で愚痴を聞いてもらうよりなく、やりきれません」と嘆いている。

    この投書については、漫画家のさいきまこさんが17日、ツイッター上で紹介し、暴言を吐く一部住民について、「『こんな仕事』のお世話になっていることを、一体どう考えているのか」と疑問をぶつけた。ツイートは、18日夕現在で「いいね」が2万件以上も付いており、様々な意見が寄せられている。

    また、5ちゃんねるでも、投書についてのスレッドがいくつか立っている。

    それらの意見を見ると、「臭いからく持って行っては、どうしても思ってしまいます」とのもあったが、一部住民への疑問や批判の方が多い。

    職業賤はいはずなのに悲しいな」「ゴミ収集の人がいなかったらどうなるか想像してほしい」「その『臭いもの』を出してるのは自分たちなのに」「人が嫌がる仕事をしてくれてありがとう!と感謝する心を」といったものだ。

    昔はよくあったが、最近は時々あるぐらい?

    J-CASTニュースが都内のいくつかのゴミ収集業者に9月18日に取材したところ、昔は酷いことを言われることもよくあったが、最近は時々あるぐらいと答えることが多かった。

    多摩地区のある業者によると、多いのがゴミを収集した後に「まだ取りに来ていないよ」とクレームを入れてくるケースだという。1週間に2、3回はあるそうだ。収集は、ドライブレコーダーが設置されており、収集した拠は残っているというが、業務だからとして再びゴミ収集に行くことにしている。

    また、「ゴミを分別して出さない酷い住民がいるので、何とかならないか」と筋違いのことを言ってくるケースに1、2回あるといい、業者では、「役所に言って下さい」などと答えているという。

    一方、都区部の業者2社に聞くと、「10~20年以上前は住民からの暴言もあったが、時代が変わって今はほとんどない」「サービスに気を遣っているので、うちでは話は聞いていない」との答えだった。

    都区部のある清掃事務所は、「『臭いからく持っていけ』と言われるのは、以前からあったことで、今もないことはないです。しかし、言われても、言い返さないように業者には伝えています」と取材に話した。

    都の一般廃棄物対策課では、「ゴミ収集は、区市町村の自治事務ですが、収集クレームが時々こちらに来ることはあります。住民とトラブルにならないように、言われたときどうするかは各清掃事務所で対応を考えていると思います」としている。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    ゴミ収集中の暴言は多いのか


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゴミ収集中の「住民の暴言つらい」 新聞投書が波紋...業者を取材すると】の続きを読む


     NHK受信料徴収員の快進撃が止まらない。ホテル病院、さらにはウィークリーマンションからも受信料を徴収し、その行動の裏付けとなる判決も各地の裁判所で出ている。

     しかし、民放各局で働くスタッフに話を聞くと、彼らなりのNHK観やNHKへの対応が見えてきた。

    「世間ではNHKの受信料支払いを拒否する人もいます。ひたすら視する人や面と向かって支払いを拒絶する人もいます。しかし、じつを言えば民放の社員も同じなんです」(テレビ局スタッフ

     同じとはどういうことか。

    東京キー局の社員はおそらくほとんど受信料を払っていないはずです。実際、払っていないというはよく聞きますが、払っているという人にはあまり会ったことがないですから」(同)

     裁判まで起こして徴収している今、なぜそんなことになっているのか。

    テレビ局の社員は受信料徴収員に自分の勤務先名を明かしたり名刺を見せた上で『おたくとライバル関係にあるので銭は払えない』と告げています。徴収員はこの言葉を聞くとそそくさと帰り、その後も来なくなるそうです。もちろん、訴えられたり督促状が届くこともありません」(同)

     今の流れから言えば信じられない話だが、本当にこうした事例が多いという。

    「こうした話を局員から聞いた制作会社の人も『NHK仕事してないから払わない』と言っています。一般の方々と同様に視を決め込んだりするアナログな方法のようですが、とにかく支払っているスタッフは少ないですね。正確な統計があるわけではありませんが、テレビ業界は各産業の中でも支払い率は下位じゃないでしょうか」(同)

     驚くばかりだが、個人だけではなく法人としても払っているかどうか微妙という意見も聞けた。に払うのがバカバカしくなる話だが、逆に言えばライバル関係にあると言えばあのしつこい徴収員も去ってくれるという意味にも取れる。論、あくまでも例えばの話だが。
    (文=吉沢ひかる


    イメージ画像:「Thinkstock」より

    イメージ画像:「Thinkstock」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」】の続きを読む


    ある学生カップルの「悲劇」ともいえるようなエピソードが、ツイッター上で話題となりました。

    投稿によりますと、ある女子大生が、当時付き合っていた大学生の彼氏から「(が)就職したら結婚するから(お前は)就活しなくていいよ」と言われました。その言葉をに受けて、女子大生が、ほんとうに就職活動をしなかったところ、その後、就職した彼氏にふられてしまったそうです。

    結婚してもらえず、就職先もない女子大生は、彼氏を相手取って、慰謝料を請したということです。投稿した人は、この話を聞いて「絶句した」とつづっています。偽は不明ですが、男性のいい加減な言葉を信じてしまったために、不幸になる女性は、古今東西少なくありません。

    はたして今回のような場合、慰謝料を請できるのでしょうか。男女問題にくわしい田健弁護士に聞きました。

    「婚約」が成立していれば、慰謝料請できる

    男女関係を不当に解消したことを理由として、慰謝料請権が類的に成り立つのは、『婚姻』『内縁』『婚約』の3つの場合です。

    単なる交際関係を一方的に解消したからといって、通常は、慰謝料は認められません。たとえば、交際中の相手方が浮気をしたからといって慰謝料を請できるわけではありません」

    今回のカップルの場合はどうなのでしょうか。

    「『就職したら結婚するから』という彼氏の発言から、婚約が成立しており、その婚約の不当破棄である、という法律構成が考えられます。

    婚約というのは、お互いの合意で成立する契約です(このような契約法律では諾成契約といいます)。とすれば、『就職したら結婚するから』と言われ、女性もそれに応じていたのでしょうから、婚約が成立していると言えそうに思います。

    しかし、裁判所は簡単に婚約を認定してくれません。

    たとえば、岡山地裁は『将来の結婚に関する言辞が交わされていたとしても、それは両者間における恋愛感情を高め、男女関係を維持するためのものとみるのが相当であり、これをもって法的保護に値する婚約とまで認めることはできない』と述べています(2012年3月28日判決)。

    結局、合意で成立する諾成契約でありながら、多くの事案において、将来の結婚に関する男女の会話は、『恋愛感情を高めるためのもの』に過ぎないとされているのです」

    婚約が成立したと言えるケース

    では、どのような場合に、婚約が認められるのでしょうか。

    「たとえば、結納を済ませていたとか、婚約指輪を贈っていたとか、結婚式場を予約していたなど、外形的事実があれば、問題なく婚約の成立が認められるでしょう。

    今回のケースでは、一応、社会人一歩手前の大学生間で交わされた会話ですので、それなりに意味のある会話であるとは思います。

    ただし、弁護士としては、この会話だけで婚約が成立していると考えて、裁判を起こすには、を覚えます。なぜなら、言った言わないの話にされてしまうリスクがあるうえに、先ほど述べた裁判例のように、『恋愛関係を高めるためのもの』に過ぎないと判断され、婚約と認められないリスクがあるからです。

    結局、婚約が成立していると考えられる外形的事実と相応の拠がなければ、弁護士としては裁判を引き受けることは難しいというのが実情です。

    ただ、外形的事実といっても、昨今は、結納をしない人のほうが多いですし、結婚式をしない人も増えていますから、具体的に新居契約をしていたとか、友人や家族に婚約者として紹介していたとか、婚姻届を提出する日を決めていたとか、そういった事情も総合的に検討されると思います。

    そして、この種の裁判では、当事者間のメールラインなどが拠として提出されることが多いですので、今一度、見返してみるのも有益です」

    「裁判所は男女関係への介入は消極的」

    仮に、裁判で慰謝料が認められるとしたら、いくらになるのでしょうか。

    「賠償額はせいぜい数十万円にとどまると思います。婚姻にくらべて、精的苦痛の程度が較的重くないと考えられるからです。

    さて、男女関係は、遠くから見ればまっすぐに見えても、近くから見れば、複雑ならせん状に渦巻いているということがよくあります。他人からはわかりにくいので、裁判所は男女関係への介入は全般的に消極的に思えます。

    将来の結婚に関する言辞は、恋愛感情を高めるためのもの、と先述の裁判例はいいますが、結局、『言葉だけでは他人にはよくわからない』と言っているように聞こえますね」

    弁護士ドットコムニュース

    【取材協弁護士
    田 健(いずた・けんじ)弁護士
    大阪弁士会所属。大阪府堺市事務所を構える。交通事故離婚、相続等を中心に地域一番の正統派事務所す。
    事務所名:法律事務所
    事務所URLhttp://izuta-law.com/

    「就職したら結婚する。お前は就活しなくていい」そんな言葉を信じた女子大生の悲劇


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「就職したら結婚する。お前は就活しなくていい」そんな言葉を信じた女子大生の悲劇】の続きを読む



    特急新幹線など、JR列車には定席と自由席がありますが、自由席券で定席に座れないことは知っていても「定席券では自由席に座れない」という規則を知っている人は、どれほどいるでしょうか。

    JR規則に違反
    たとえばですが、「定席券を買ったものの通路側なので車窓が見にくい。自由席車両にちょうど良い側の席がいていたから座ることにした」という人がいたとします。しかしもそれはNGです。JR規則に違反します。

    定席特急券の効とは
    JR客営業規則の第172条には「急行券の効」という項があり、「急行券を所持する客は、その券面に定された乗日、急行列車、座席及び乗区間に限って乗することができる」と明示されています。定席急行券と書かれていますが定席特急券のことです。


    定席と自由席の2席を占有
    ですから、「自由席いてるんだから座っていいだろう」「自由席より高い額を払ってるんだから自由席に座ってもよいだろう」という理屈は通りません。そもそも、定席と自由席の2席を占有したことになりますので、むしろ追加料を取りたいレベルの話です。

    ・察して許してくれているパターン
    なかには「問題なく自由席に座れたよ」「怒られなかったよ」という人もいるかもしれませんが、それは自由席に座っている定席券を持った乗客を調べなかったり、がその行為を知っても察して許してくれているパターンです。

    悪用する人が続出
    定席券を購入しながら、まずは自由席車両を見まわして「いている快適な席」があればそこに座る乗客もいます。そんな客がかなりいるとの話も聞きます。良い席を探しつつ、座れないリスクをなくしているわけですね。それは規則違反ですので絶対にやめましょう。


    もっと詳しく読む: 新幹線の指定席券では自由席に座れない規則 / しかし悪用する人が続出(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/18/shinkansen-shiteiseki-news/




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【話題】新幹線の指定席券では自由席に座れない規則 / しかし悪用する人が続出】の続きを読む

    このページのトップヘ