ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


     世界中で♯MeToo運動が高まるなか、日本でも財務省の福田純一元事務次官のセクハラ辞任などが世間を騒がせている。その一方、「直接的なセクハラよりも純愛ごっこに興じるおじさんのほうがキツい」との声があがっている。

    「勤め先のバーで、40代の常連さんに告白されました。けど、はっきり断った直後から、『次に会うときは他の街で。ずっと応援してる』とかのLINEが来て。今でも大量にくるポエムのような長文LINEには本当に困っています」(25歳・飲食)

    「タバコの火をつけてあげただけで惚れられて、『私の心にも火がついた』から始まるロマンチックな手紙が便箋で10枚も送られてきました。無視してたら果物も届きましたが、怖くて口もつけてません」(23歳・証券)

    「取引先の40代おじさんから、ことあるごとにいろんなバーに連れていかれるんです。付き合ってもないのに『俺の彼女はミスコンなんだ』と本当に迷惑です」(25歳・事務)

     直接的に肉体関係を迫るわけではないのに恋の駆け引きをしたがる中年男性たち。この不可解な現象について「最近のセクハラ騒動も、純愛を求めるおじさんの気質に起因する部分があるのでは?」と分析するのは社会学者の鈴木涼美氏。

    「たとえば無自覚なセクハラも、おじさんにとっては『恋の始まりの地道なアピール』だったりする例は多いです。福田前次官の発言や、自覚的なセクハラについても、『自分の純愛に振り向かない女性への逆ギレ』『下ネタを言う自分もちゃんと見てほしい』といった身勝手な欲望に突き動かされたもの、とも見ることができると思います」

     非モテ男の生態に詳しいホリィ・セン氏も、おじさんの純愛とセクハラの関係をこう分析する。

    「純愛おじさんは、女性が下ネタを嫌がっても『本当は嬉しいはず』と思ったり、年上だからと気を遣ってアプローチを曖昧にかわされても『OKサインだ』と思い込んだりする。これはDVをする人にも見られる特徴。相手の立場で物事を想像できない部分もあるのではないでしょうか」

     メロドラマのようにピュアな恋愛を求める人。古い恋愛マニュアルを駆使した口説きで困らせる人。水商売の女性にガチ恋する人などタイプは様々だが、その生態は実に興味深い。〈取材・文/週刊SPA!編集部〉

    【鈴木涼美氏】
    社会学者・文筆家。慶應義塾大学、東京大学院修士課程を経て日本経済新聞社に5年間勤務後、文筆業へ。著書に『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)など

    【ホリィ・セン氏】
    サークルクラッシュ研究家。京都大学大学院生。社会学専攻。研究テーマは恋愛。「サークルクラッシュ同好会」代表。同好会の会誌はコミケや文学フリマなどで1000部以上の販売実績がある(@holysen
    ※週刊SPA!5月22日発売号「[純愛おじさん]事件簿」より



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“純愛ごっこおじさん”に女子たちがゾゾッ「ポエムLINEはキモい!」】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・日大アメフト部 危険タックルを命じたコーチ
    ・過去に同性愛ビデオに出演か?
    ・2013年にフライデーに取り上げられる

    フライデー

    日大アメフト部が5月6日の関西学院大学との定期戦にて、日大の選手が関西学院大学の選手に反則的な危険タックルを行い負傷させた問題で、5月22日の14時45分から加害者選手である宮川泰介選手(20)が会見を行った。

    会見では反則タックルは監督の命令だったこと、監督が謝罪するのを止めたなど陳述書を読む形で語った。

    反則タックルは監督とコーチの命令により指示されたとしており、その中でコーチの名前が挙げられた。会見中にコーチの名前が割れてしまい、その名前で検索すると過去に同性愛ビデオに出演していたことが判明。

    フライデーが2013年に「名門・日大アメフト部を襲った『ゲイビデオ』騒動」として特集を組んでいた。X氏と名前は伏せられているが、「日大OBのX君でした」という証言も書かれている。

    Twitterでも現在このコーチの名前と同性愛ビデオについて盛り上がっている。

    ※コーチのプライバシー保護のため名前は伏せています。






    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日大アメフト部反則タックルを指示したコーチ 同性愛ビデオに出演疑惑か?】の続きを読む


     日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が22日の記者会見で、監督だった内田正人氏らからの指示で危険行為に及んだと明らかにしたことを受け、日大企画広報部は声明を発表した。「『1プレー目でクオーターバックをつぶせ』という言葉があったことは事実」と認めながらも「ゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味」と主張。「宮川選手と監督、コーチとのコミュニケーションが不足していたことについて、反省している」と弁明した。

     アメフット部の練習場などがある日大文理学部キャンパス(世田谷区)では、記者会見のテレビ中継後、数人の部員が部室を出入りしていた。ある部員は「自分の口から答えることはできない」とノーコメント。数人が自主練習に訪れた様子だったが、グラウンドから声は聞こえず静まりかえっていた。

     フットサルのサークルに所属する1年生の幡野汐音さん(18)は、会見の中継を見ていたという。「監督やコーチをずっと信頼していたと思う。会見した選手は嫌だっただろうが、すごいと思った」と宮川選手の勇気に感心していた。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日大「コミュニケーション不足」と弁明=依然沈黙のアメフット部員】の続きを読む


    すかいらーくレストランツは22日、カフェレストラン「ガスト」が販売した弁当にカエルが混入していたと発表し、謝罪した。


    カエルの混入は、ガスト南熊本店が20日に宅配した弁当で発生。緑色の付け合せのサラダの中に似た色のカエルが混ざっていた。気づいた購入者がTwitterに投稿した写真にはカエルの全身が写っており、注文した商品はチーズINハンバーグだったとしている。


    すかいらーくレストランツは、弁当の購入者や店舗利用者などに対し「ご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。保健所に報告し、現在は異物の混入原因や管理状態を調査している。なお、同様の混入は確認していないと説明している。

    ガストの宅配メニュー


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ガストの弁当にカエル混入 すかいらーくが謝罪】の続きを読む


    手足を欠損した障がい者にとって、義手や義足は何よりも大切なものだろう。しかしこのほど、カスタマイズされた大切な義足が何者かに盗まれるという事件がイギリスで起こった。被害者の女性は「どうか返してほしい」と訴えている。英メディア『BBC News』『Metro』『Gazette Live』などが伝えた。

    5月14日の午後5時半頃、英ストックトン=オン=ティーズにある「プレストンパーク」のティーズ川で水泳を楽しんでいたケイト・サンリーさん(51歳)の義足が何者かに盗まれた。

    ケイトさんは1983年の事故で膝に深刻な問題を抱えてきたが、1993年に切断し義足生活となった。水泳を始めたのは今から6年半ほど前だったが、ケイトさんにとって水泳は人生で最も大切なものとなった。

    「水中にいる時は、私は片脚の人間ではなく他の人と同じような気持ちになって自由を味わえるのです。水中で義足なしで泳ぐことが、どれほど私にとって大切かということは言葉で表すことができません。この10年間、様々な手術を受けて多くの神経も損傷しました。でも多くの人たちに支えられて、ここまで乗り越えて来ることができたのです。義足は私にとって人生で必要不可欠なものなのです。」

    水泳に生きがいを感じるようになったケイトさんは、International Ice Swimming Association(国際寒中水泳協会)でもその存在を知られるところとなっている。摂氏5度以下の水中を1.6キロ泳ぐIce Mile(アイス・マイル)というレースでは、女性障がい者のスイマーとして世界で初めて完泳した。14日も、ケイトさんは水泳仲間たちと一緒にティーズ川で泳ぎを楽しんでいた。

    1時間ほどして戻ってくると、ケイトさんは桟橋に置いてあった義足が盗まれていることに気付いた。ケイトさんは他の義足も持っているが、盗まれた“Pogo(ポゴ)”というニックネームがつけられた防水加工仕様の軽量の義足は2,000ポンド(約30万円)をかけて作られ、シャワーも浴びられるという便利なものだった。新しい義足をカスタムメイドでオーダーするには、6週間もの日数がかかるという。

    「その間、私は検査に何度も出向かなければなりません。あの義足なしでは私は水泳のできる場所に行くことができないからです。盗まれた時はショックでパニックになりました。新しい義足をオーダーするのにNHS(英国民保健サービス)だって費用がかかります。あの地域には頻繁に集まっていた若者グループがいるから、ひょっとして彼らがイタズラで義足を川へ投げ落としたり、持ち去ったのかもしれません。大切な義足を盗まれた気持ちをどう表現していいかわかりませんが、とにかく返してほしい。誰かが悪意を持って盗んだとは考えたくないのです。」

    ソーシャルメディアでもこの情報がシェアされると、ケイトさんへの励ましやサポートの声が寄せられた。一方で心無い犯人に対する怒りの声も相次いでいるようだ。クリーブランド警察は、この日午後7時40分に通報を受けたことを明かしており、今も犯人の情報提供を呼びかけている。

    画像は『Metro 2018年5月18日付「Total scumbags steal woman’s leg while she’s swimming in a river」(Picture: Backgrid)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【片脚のスイマー、川で水泳中に義足を盗まれる(英)】の続きを読む


     コスナビとワンズオンが6月3日に開催を予定していた「AKIBAコスプレイベント」について5月22日、開催中止が発表されました。同イベントについてはSNS上で「警察に許可を取っているのか」「地元の協力を得ているのか」などが議論となっており、コスナビ側の対応が批判を呼んでいました。

    【画像で見る:コスナビの「社運かけてます」宣言】

     「AKIBAコスプレイベント」とはコスプレイヤーが秋葉原電気街や歩行者天国を歩き、その様子を参加者らが撮影するという趣旨のイベントで、コスプレイヤー、カメラマン、一般一律3000円で参加者を募っていました。

     しかし、イベントの告知から間もなく、「(歩行者天国は)撮影目的のコスプレとか禁止じゃなかったっけ?」「秋葉原の歩行者天国でのコスプレイベント 主催者側はまだ明確な許可を受けていない模様」などと情報が錯そう。運営会社のコスナビが「リスクもあり、儲からず、大変なAKIBAでイベントをうつのはパションです。どんな困難でもやります。夢見てます。だってコスは万国共通でしょ 社運かけてますよ(笑)」(原文ママ)との声明を掲載したことや、「『秋葉原でコスプレをやってイイよ』っていう許可は誰も出すことはできません。歩行者天国で撮影会はダメですが写真を撮る事は禁止されておらずとてもグレーな状況です」との見解を示したことにより、SNSではルール違反だと批判が集中していました。

     特に問題視されたのは、秋葉原通り魔事件を引き合いに出した開催動機や「各商店街様、受付になる会場様、警察署、店舗様(ご挨拶状は配りましたが明日5/18直接、ご挨拶に伺います。)しっかりとお話しさせて頂いております」との説明で、一見地元や所轄警察署の理解を得ているように見えますが、実際には開催の合意に至ったり、許可を得たりしている事実はないのではないかと指摘されていました。

     ねとらぼ編集部が5月18日に所轄の万世橋警察署交通規制係に取材したところ、担当者は「そのようなイベントの許可を取りに来た人はいない」と回答。基本的に歩行者天国でのパフォーマンスなどに許可を出すことはないとしつつ、企画の話をそもそも聞いていないので判断はできかねるとのことでした。またコスナビの見解では「道路に設置物がない場合は道路使用許可は不要」で、イベント自体もグレーゾーンとの理解から「どんな困難でもやります」と強行開催の可能性があると伝えたところ、「歩行者天国には多くの人が集います。もしもイベントが開催されて通行に支障が出れば現地に警察官を派遣して解散させることもあります」とのことでした。

     またこれについて、コスナビ側にも取材を申し入れましたが、5月18日時点では「どの媒体にも取材はお断りしています。イベントの開催後であれば取材を受け入れます」との回答がありました。

     そんな中5月22日、コスナビはSNSと公式サイトで「開催に必要な条件が整わないため、開催を取りやめます」と同イベントの開催中止を発表。「当イベントの計画は、もしも現在の秋葉原電気街で実行すれば、確実にトラブルを引き起こす内容でございました。地域固有の事情について不勉強のまま思い込みに基づいたリスク判断をしたこと、並びに、問題がある旨のご指摘を多数いただいてからその趣旨を理解するまでに時間をかけてしまいましたことを特に深く反省しております」と陳謝しています。

     またコスプレイヤーに対しては「中央通り(秋葉原地区)の歩行者天国では、コスプレ街歩きはできません」と呼びかけ、「秋葉原電気街には、道路交通法等の法律のほか、地域の人々や来街者が守る地域の自主ルール(秋葉原協定)があります」「コスプレでの街歩きは、状況により協定違反(パフォーマンス)と判断されます(黙認型のロケーション撮影をどこかで経験されている方は、特にご注意ください。事情が全く異なります!)」「法律だけでなく地域のルールを尊重してくださるよう、当社からも自戒の念を込めてお願い申し上げます」としています。

     なお、争点となっていた所轄警察署と地元の協力は本当に得られていたのかについては、相談に行ったことは事実としつつ、「その時点では不安の声やお叱り等を頂戴することもなく、当社の運営ノウハウ(安全管理等)によってつつがなく実行できるものと予想いたしました」と釈明。しかしながら、この判断についてはこれまでの経験からの類推によるのであり、「不適切でした」とのこと。最終的には「想定されるトラブルについて再検討しましたところ、当社単独で責任を負いきれるものではないこと」や、「『当イベントを実行することが秋葉原電気街のためになるのだろうか』という観点で考えたときに、現時点では悪影響となることを認識いたしましたので、開催の取りやめを決定いたしました」と中止理由について述べています。

     この中止決定についてSNSでは「社運をかけていた筈ですがどうしたのでしょうか?」と批判的な意見や「やっぱり中止よね」と安心する声も。なかには「強く反省してほしいし、何年後でもいいからゆっくり話し合っていつか実現してほしいです」と今回の騒動を教訓にしてほしいという声も聞かれました。

    「AKIBAコスプレイベント」についての当初の説明(コスナビ公式サイトより/現在は情報が更新されています)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「どんな困難でもやります」 SNSで炎上の「AKIBAコスプレイベント」、条件整わず開催取りやめに】の続きを読む

    このページのトップヘ