ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。


    キャリコネ

    今日5月26日はプレミアムフライデー。午後3時には会社を出て、ショッピングやデートに繰り出す人が多い……といいのだが、実際にはほとんどの人が早帰りできていないのが現状だ。

    ジャストシステムが4月に発表した調査によると、「3月のプレミアムフライデーで15時退社を実行できた」と回答した人はわずか3.7%。完全に上手くいってない。しかし経済産業省は、プレミアムフライデーの普及に「手ごたえを感じている」という。

    「ネガティブな意見もあるが、早帰りに取り組む企業は増えている」

    経済産業省流通政策課の担当者は、キャリコネニュースの取材に対して、「じわりと広がってきている」と語った。

    「プレミアムフライデーは本日で4回目を迎えます。今日は、丸の内でイベントが開催されますし、千葉ロッテマリーンズもナイターを行うようです。じわりと広がってきているなと感じています」

    3.7%の人しか15時に帰れていないという調査もあるが、あくまでも「理解は広がっている」ということだった。

    「確かにネガティブな意見もあろうかと思います。しかし早帰りに取り組む企業は確実に増加しています。第1回目の2月24日には136社でしたが、5月23日時点で早帰りを予定している企業は476社にまで増えています。じわりじわりとご理解が広がっているという手ごたえがあります」

    「サービス業の方はがっぽり稼いで別の日に休んでいただきたい」

    プレミアムフライデーの導入が決まっとき、「月末の金曜日は忙しい」という声も上がっていた。この日程に決まったのは、「給料日の後だから」だという。

    「様々な業態の現場の方々とコミュニケーションを取り、月末の金曜日に決定しました。月初に忙しい業態もあれば、月中・月末に忙しい業態もあります。いつ忙しいかは業態によって全然違うんです。しかし月末なら給料日の後ですから、贅沢をできるのではないかと思います」

    またサービス業で働く人からは「休めない」という声も出ているが、「サービス業で働いている方はプレミアムフライデーにがっぽり稼いで、別の日には休んでいただきたい」という。

    プレミアムフライデーを推進するのは、経済産業省だけではない。スポーツ庁は、本日26日を「プレミアム"スポーツ"フライデー」にしようと提唱している。

    同庁の担当者によると、「5月は気候が良いので、『プレミアムフライデーのテーマをスポーツにしよう』という提案があり、スポーツ庁と事務局が連携することになった」という。今日、丸の内で開催される「スクエア・マイル・リレー」には同庁の長官である鈴木大地氏も参加する予定だ。「スポーツフライデー」は秋口にもう一度実施される計画だという。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【プレミアムフライデー、経産省は未だ失敗を認めず 「手ごたえはある。給料日後なら贅沢できるはず」】の続きを読む


    一番操縦してみたいガンダムランキング 2位はストフリ
    gooランキング

    男子たるもの、一度はアニメや特撮に登場するカッコいいロボットの操縦することを夢見ると思います。
    特にガンダムシリーズにはシリーズごとの特色や機構、デザインの方向性などが多用で「乗ってみたい!」と思わせる機体も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は「一番操縦してみたいガンダム」をアンケート、ランキングにしてみました。
    一番乗ってみたいガンダムは、どのガンダムだったのでしょうか?

    1位 ガンダム(機動戦士ガンダム)
    2位 ストライクフリーダムガンダム(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)
    3位 Zガンダム(機動戦士Zガンダム)
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「ガンダム」!

    最初にして最高とも名高い『機動戦士ガンダム』、アムロ・レイ搭乗の「ガンダム(RX-78-2)」が堂々の1位に輝きました。
    1979年放送開始という事もあって、今までに放映されているシリーズの主人公機とはスペック的に天と地ほどの性能差を感じさせますが、シリーズの基礎になっているという事もあってかなりの支持を見せつけました。
    ちなみに企画段階では「ガンボーイ」と名付けられており、アメリカ映画『コンボイ』の影響で「ガンボイ」に変更、テレビCMで流行していた「マンダム」の語感を取り入れて最終的に「ガンダム」になったそうです。

    2位は「ストライクフリーダムガンダム」!

    単機で敵部隊の機動制圧をも可能にしたチート系ガンダム、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の「ストライクフリーダムガンダム」が2位を獲得しました。
    ドラグーン・システム(いわゆるファンネル)に加え、極限まで運動性能を高めるために防御力を捨てた装甲設計になっており、操縦の難しさに加えて被弾に脆いためキラ・ヤマト以外に扱うのは困難な機体に仕上がっています。

    3位は「Zガンダム」!

    現在でも比較的珍しい「変形機構」を初搭載した『機動戦士Zガンダム』の、カミーユやジュドー、ルーが搭乗した「Zガンダム」が3位にランク・インしました。
    「ウェイブライダー」と呼ばれる戦闘機のような形態に変形したり、対艦攻撃用ビーム兵器「ハイパー・メガ・ランチャー」など男心をくすぐる要素が特徴的ですね。

    いかがでしたか?
    ランキング上位は最近のガンダムが占めるかな?と思ったら結構初期の作品のものも多くてビックリしました。

    今回は「一番操縦してみたいガンダムランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜34位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:3,309票
    調査期間:2017年04月06日~2017年04月20日


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【一番操縦してみたいガンダムランキング 2位はストフリ】の続きを読む


    公開を中止した論文
    ITmedia NEWS

     立命館大学の学生が「2017年度 人工知能学会全国大会」で5月24日に発表し、公式Webサイト上に掲載されていた論文を、同学会が25日朝に公開中止した。論文では「青少年にとって有害な文」として作品投稿サイト「pixiv」のR-18指定小説を名指ししており、ネット上で問題視する声が上がっていた。

    【拡大画像】

     公開を中止したのは、立命館大学・同大学院の学生が発表した「ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻(わいせつ)な表現のフィルタリング」という論文。

     内容は「暗喩を用いて表現されている有害な文」に対してフィルタリングを行う手法の提案だが、その中で、pixivに掲載されているR-18指定の小説を、作品URLと作者名を挙げて引用していた。ネットユーザーからは「有害のレッテル貼り」「ログインしないと読めない形でゾーニングしているのに」「このような取り上げられ方では表現者が萎縮する」などの声が上がっていた。

     人工知能学会の担当者はITmedia NEWSの取材に対し、「検討するため、いったん非公開とした」とメールで応じた。現在までにそれ以上のコメントは明かしていない。

     立命館大学の広報課は「現在、正確な事実確認に努めている」という。

     pixivは公式Twitterで「論文の発表元である立命館大学に対し、経緯と事実関係の確認および対象ユーザーとの問題解決を要請しております。皆様がより安心してpixivを利用できるよう、引き続き本件への対応を進めてまいります」と記している。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【pixivのR-18小説を「有害な文」 学会が論文取り下げ 「検討するため」】の続きを読む

    このページのトップヘ