ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    2019年02月


     バス運転手にレーザーポインターの光を照射したとして、警視庁目黒署が威力業務妨害容疑などで、東京都港区南青山、無職浅川善紀容疑者(38)を逮捕していたことが30日、同署への取材で分かった。「バスに割り込まれ、腹が立ってやった」と容疑を認めているという。逮捕は29日。

     逮捕容疑は昨年7月17日午前8時40分ごろ、目黒区目黒の路上で、停車していた東急バスの30代男性運転手の顔にレーザーポインターを照射し、左目を視覚不良にして運行を妨げた疑い。運転手はその後、別の運転手と交代したという。

     同署によると、浅川容疑者は当時、車を運転し、バスと同じ方向に走っていた。バスが停留所に止まった際に車を横付けし、所持していたレーザーポインターで車内から照射したという。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【バス運転手にレーザー照射=威力業務妨害容疑で男逮捕-警視庁】の続きを読む


     文化庁著作権法に関する最終報告書をまとめた。


     文化審議会著作権分科会はこれまで、動画や音楽の違法ダウンロード著作権侵害の対象になるとしていた。そこに今回、無断で投稿された「静止画」も違法の対象になると指摘。マンガや写真、小説、雑誌、論文などの“スクリーンショット”も対象になるという。


     これに対しSNSでは「スクショ違法ならじゃスクショ機能無くそうぜ」「ネット使ってる国民全員逮捕の対象だわ!こわくてネット出来んわ」「テレビの録画が認められて、スクショを撮るだけで違法になるのって面白すぎるんですが…」といった困惑の声があがっている。

     ここで注意が必要なのは、「無断で投稿された著作権を侵害したもの」のスクショが違法になること。例えば、海賊版サイト漫画村」(※現在は閉鎖)をスクショで保存すると刑罰の対象になる可能性がある。

     スクショの違法性について、インターネット問題に詳しい小杉・吉田・梅宮法律事務所の吉田圭二弁護士は「違法と知りながら画像などをダウンロードする行為と変わりないので、『スクショ』を規制するのはやり過ぎではない」と指摘。また、海賊版サイトを規制することができないことから「利用者を取り締まった方が実効性がある」との見方を示している。

    AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


    害獣対策ロボットが「怖すぎる」と話題、映像はこちら(6:20~)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【新たに「スクショ」も違法対象に…著作権侵害の注意点】の続きを読む


     1人当たりの年間消費金額が最も多いのは「アイドルオタク」――矢野経済研究所は1月30日、こんな調査結果を発表した。同社はオタクに関する消費者アンケート調査を実施し、分野別のオタク人数の推計や1人当たりの年間消費金額(平均値)を算出した。

    【その他の画像】

     本調査におけるオタク市場は、「一定数のコアユーザーを有するとみられ、『オタクの聖地』である秋葉原などで扱われることが比較的多いコンテンツや物販、サービス」などを指す。

     分野別に見ると、1人当たり年間消費金額は「アイドル」が10万3543円で1位。次に「メイドコスプレ関連サービス」(6万8114円)、「鉄道模型」(6万3854円)が続く。アイドルオタクは、2016年、17年度の調査でもトップを占め、3年連続で1位だった。

     また、「自分を何のオタクだと思うか、もしくは人からどんな分野のオタクだと言われたことがあるか」という質問への回答を基に、各分野のオタク人数の拡大推計処理(母集団拡大集計)を行った。

     第1位は「漫画」で約640万人、2位は「アニメ」で約598万人、3位は「アイドル」で約280万人。16年、17年度の調査と比べても、漫画、アニメアイドルオンラインゲームなど、上位を占める分野にはあまり変動がないという。

     対象は全国の15~69歳までの男女1万408人。インターネットを利用したアンケート調査を2018年8月~10月の間に実施した。

    いらすとや


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【一番お金を使っているのは“何オタク”? 矢野経済研究所が調査】の続きを読む



    2019年1月28日慰安婦問題解決のために精力的な活動を続けてきた韓国人元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さんががんのため死去した。韓国・聯合ニュースは「金さんが最後に残した言葉は日本に対する怒りだった」と伝えている。
    記事によると、金さんの死を見届けた元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は「おばあさん(金さん)が最後に何か伝えていたが、気力がなく聞き取れなかった」としつつも、「唯一聞こえてきた言葉が『日本に対する怒り』だった」と述べた。
    金さん慰安婦問題解決を訴えるため毎週水曜日ソウルの日本大使館前で行われているデモ(水曜集会)に参加するなど、日本政府から謝罪や賠償を受けるため積極的に活動してきた。こうした活動について尹代表は「慰安婦問題に対する関心を高め、戦時中の性暴力被害の再発防止に向けた努力へと国際世論を導いた」と評価した。
    このニュースに、韓国のネットユーザーは「お疲れさまでした。後のことは私たちに任せてゆっくり休んでほしい」「韓国国民が絶対に忘れてはならない歴史。必ず日本から謝罪を受けよう」「日本の歴史歪曲(わいきょく)を正すこと、それがおばあさんのためにできること」などの声を寄せ、慰安婦問題解決に向け決意を新たにしている。
    また日本政府に対し「良心があるならこの言葉を無視できないはず」「日本は被害者がこの世からいなくなる日を待っているのかもしれないけど、その時本当に日本は許しを得られる最後の機会を失うことになる」と訴える声や、韓国政府に対し「韓国政府の無能さにがっかりする。内部で争っているばかりで日本には何も言えない」「おばあさんの恨みを晴らせなかったのは、たった10億円で慰安婦合意を結んだ朴前大統領のせい」と批判する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

    28日、慰安婦問題解決のために精力的な活動を続けてきた韓国人元慰安婦の金福童さんががんのため死去した。韓国・聯合ニュースは「金さんが最後に残した言葉は日本に対する怒りだった」と伝えている。写真は水曜集会の様子。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【韓国人元慰安婦が死去、最後の言葉は「日本に対する怒り」=韓国ネットから謝罪求める声】の続きを読む

    このページのトップヘ