神戸市灘区の路上で、巡回に当たっていた兵庫県警灘署の巡査長(49)がイノシシに突進され、右脚に軽傷を負うという事件が起きた。報道によると5日午後3時前、巡査長は住宅街で路上を歩いている成獣のイノシシを発見。徒歩で後を追ったが、突如イノシシが方向転換し、向かってきたという。イノシシは山の方向に逃げていったとのことだ。

 この事件に対し、ネットユーザーからは「神戸でイノシシが出るのは日常だから」「灘区は特に多い」といった意見が見られた。神戸でイノシシと遭遇することが「日常的」というのは、真実なのだろうか。神戸生まれ神戸育ちの男性に話を聞いた。

 「イノシシとの遭遇は日常ですね。学生時代から、学校にイノシシが出現したなんていうことはザラにありました。『イノシシ出没注意』という看板があるぐらいですし。自分もイノシシと実際に遭遇したことがありますよ」。驚いてしまうが、この意見を裏付けるデータがあった。神戸市によると、出没エリアとして特に知られている東灘区では、イノシシ関連で2016年4〜8月に住民から受けた問い合わせは63件もあったという。

 イノシシと遭遇し、襲われる事件は兵庫県以外でも起こっている。栃木県では10月29日午前、足利市巴町の住宅の庭で66歳の男性がイノシシに襲われ、尻や左手などをかまれる被害に遭った。男性は左手の親指を粉砕骨折する重傷を負った。同市中心部を流れる渡良瀬川ではイノシシが相次いで出没しているとのことだ。

 警察が「イノシシに注意を」と呼びかけている地域は多い。今回の事件が起きた兵庫県警灘署では、イノシシに遭遇した際は刺激せずにその場を離れ、警察や市の鳥獣相談ダイヤルに通報してほしいとしている。これはどの地域でも同様。イノシシと遭遇しても、近づかずに相談窓口に通報するよう呼びかけている。

 イノシシに遭遇するのが地域によっては日常的であるということは事実のようだ。イノシシに遭遇した際には個人で対処しようとせずに、専門家に任せることが大切なのは間違いないだろう。

文/大久保

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

神戸のあたりって、山と海に挟まれた狭い地域だもんな


乙事主様!


猟師のなり手がいないのも関係してそうだな、給料が良ければ猟師になりたい若者も増えるだろうに。


拳銃何発も撃ったら、また*どもが騒ぐ奴かな


絶滅させりゃあいいんじゃない?誰も気にしないどころか喜ぶでしょ


そりゃゴリラ、クマ、チンパンジー、ワニ、カンガルー、カバとイラストで対処法が知られている動物と違ってイノシシは対処法書かれてないからな・・・(催促


人間様が勝手にイノシシの住処を減らして荒らしてるだけなのに、絶滅させろとか何様気取りなんですかねぇ


ご先祖様・・・(うっとり)


三宮辺りから西宮方面に2号線走ってたらイノシシ見かけることすらあるくらいには兵庫のあの辺りでは珍しくないな


六甲山登りに行くと山中はもちろん街中でもよくみるけどイノシシも人間馴れしてるのか、特にこちらに警戒もせず堂々としてるけどな。刺激しなけりゃ危険性は低いし、襲われたとしても死につながるほどの脅威ではない


あんなでかい野生動物相手に注意しろと言われても


福岡でもサラリーマンがイノシシに襲われたって動画あったよね?イノシシに遭遇したら場合によっては*可能性もある危険な害獣だよね。例の砂防ダムの一件、本当に保護する必要があったんだろうか?


人間様がイノシシのすみか荒らすどころかイノシシの方が大繁殖して越境しとるんやぞぬるいことぬ*な私の地元に限っていえば縄文時代から人間の方が先に住んでんだよ(イノシシの骨がでるのは弥生中期からだった)


来年は亥年だからね、ちょっと早く来過ぎたんだよ。山降りてきたらまだ戌年だったから、おまわりさんに挨拶して照れ隠しもあって急いで山へ帰ったんだ。あと2か月もすればまた来るよ。


野生のイノシシへの餌やりが問題になっているのを知っているぐらいにはそこそこ見かけるニュース。ケガをした警官は気の毒だと思うが、野生生物を相手に生身では太刀打ちできない事を知っておくべき。


イノシシの住処を荒らすどころか、人の居ない地域が増えてイノシシの生活圏が広がった結果なんですけど。イノシシは毎年6割を捕まえないと、個体数が増加するって知ってますかね。


怪我で良かった


ああ、うん、昔灘の方でゴミ捨て場をあさる結構大きめのイノシシを車から目撃して「!?」となったが親に「あーこの辺ならありうる」というコメントをもらったよ同じく神戸の逆方向の端のほうにいるけど狸も蛇も普通にいる*ぇ


注意したところで夜中に飛び出してきたらどうしようもないから祈るしかない^q^


傘で撃退