これから年末に向けて忘年会シーズンになりますが、飲み会で泥酔した人を思い描くとき、頭にネクタイを巻いた姿「頭ネクタイ」を想像する方も多いのではないでしょうか。実は、酔っ払い=「頭ネクタイ」という感覚は、日本人独特の発想らしく、外国ではほとんど見ることがありません。

では、そもそも頭にネクタイを巻くという発想は、どこから来ているのでしょうか。今回は諸説ある「頭ネクタイ」のルーツまとめてみました。

老若男女に人気のあった植木等が酔っぱらいの芸として広めた

酔っぱらうと頭にネクタイという定番のイメージが広がったのは、植木等がドラマの中でやっていたのが日本中に広まったという説があります。

植木等が「無責任一代男シリーズ」でやっていたのをみたお茶の間のお父さんたちが真似をし始めて全国に広がったと考えられています。

「頭ネクタイ」を流行らせたのは植木等!?

歌舞伎や浄瑠璃の鉢巻結びから広まった

もう一つの説に、歌舞伎の「病鉢巻」「喧嘩結び」から広まったとする説があります。「病鉢巻」とはかつて日本人の間にあった風習で、病人または病的状態にある人が紫縮緬で左側のこめかみのところに結びを作った鉢巻です。

紫色は高貴な色であることから、古来から魔除けの効果があるとされたこと、また染料につかわれた生薬の紫根草の根に、解熱や解毒のとしての効果が期待され、これを巻くことによって病状を和らげることができると考えれていたことようです。

また、病鉢巻は左巻きですが、これを右に結ぶと「喧嘩巻き」といって、病気を表すための演出ではなく、みなぎるパワーと健康、喧嘩に強い男っぷりの良い「若衆のしるし」となります。

「頭ネクタイ」の姿は、このような結び方がそれが歌舞伎浄瑠璃の世界でも取り入れられ、日本人の中にも定着していったようです。

以上、「頭ネクタイ」に関する二つの有力な説について紹介させていただきました。他にもまだまだルーツや理由がありそうです。

この他にも説を知っている方がいたらぜひ教えてください!

関連画像


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ちょいと一杯のつもりで飲んで~


酔っぱらいの定番・寿司折も実は見た事ないなー。飲兵衛の私が食べ残した明日葉の天ぷらは、クリアパックに入れてお持ち帰りだったし。


加えて、千鳥足とお土産みたいの持ってるイメージ


横山光輝の漫画でみた


「もう一軒どうかねマスオくん?」「はい、お供しますお義父さん」のように、最近だとそういうテンプレもサザエさんくらいでしか見ない気がする。


時代劇とかで病気の殿様とかこめかみ辺りにはちまきするね。歌舞伎が起源なのか。


病鉢巻きってそのまんま濡れタオルじゃねーの?箱枕だから濡れないし後頭部も冷やせるし。なんとなく、文明開化以前の医学が未熟な「おまじない」的扱いされてるけど。紫の由来はそうだとしてもさ。


酒なんぞ自宅で飲むに限る。ゲロ吐いても迷惑じゃないし、暖かい布団で直ぐに眠れる。え?他人と飲む?人様に酔った自分を見せるのは恥ずかしい事じゃないですかね?


↑酒を飲んで酔っ払うことが問題だ問題じゃないなんて議論をする記事じゃないと思う


ネクタイって何のために着けさせられてるのか、いまいち理解出来ない。自分で自分の首を絞めて何が良いんだろう。自己満足ならまだしも、それを他人に強要する脳みそが理解出来ない。


左側のこめかみ と書いてあるのに 絵では右になってる気がするのは 私が変なのかな・


右は喧嘩巻きやで>猫寝


外国人も巻いてる写真を見た記憶が


なんとなく加藤茶のイメージだった。


風邪ひく→玉子酒飲む→酔う→鉢巻…っていう流れじゃなかったんだ!


2005年愛知万博でクロアチア館に入ったら、「ネクタイはクロアチアが発祥です」と書いてあったな。クロアチア館が面白くて何度も入ってたら(30回以上入ったと思う)、そのうちに並ばずにトップで入れてもらえるようになった。さらには機械の操作をやらせてもらったこともある。


まぁリラックスした席ではネクタイは邪魔になるし、だからと言って次の日も使うから捨てるわけにも行かないので忘れないようにって事で頭に巻いたんだろうな。


山田竜胆太郎 てめーは何でコメント打ってるんだよ*が


まあ芸のネタだから誰もやらないよな・・・そもそも酔ってネクタイ外したら頭に巻くよりそのまま失くすだろ


>「病鉢巻」とはかつて日本人の間にあった風習 これをネクタイでしたら面白いかもって思ったかもしれない植木等さんの発想が凄い