日本酒に使う徳利(とっくり)は、先がとがっている「注ぎ口」から「注いではいけない」――。酒席にはこんなマナーが存在するとして、真偽をめぐってインターネット上で注目されている。

発端となったツイッターへの投稿が拡散されると、「知らない」「くだらない」と否定的な声が相次いだ。一方で、情報サイトの中にも「注ぎ口を上にして反対側から注ぐ」のがマナーだと紹介しているものがある。実際のところ、守るべきマナーなのか。複数の専門家に見解を聞いた。

「注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」?

ツイッターで話題を集めたのは2018年11月25日のあるユーザーの投稿だ。徳利のマナーを紹介した情報サイトスクリーンショットアップしており、記事には「徳利の注ぎ口には絞ってある(編注:とがっている)部分がありますが、注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」と書かれている。画像が2枚あり、絞ってある方から注いでいるものを「間違い」、絞ってない方から注いだ画像は「正解」と明記していた。

サイトのこうした説明は聞き慣れなかったのか、「なんでこんなくだらないマナーが」「ソースも信憑性も不確か」「注ぎ口って、お酒を注ぎやすいように付けてあるんじゃないのかな?」と疑問の声が相次いだ。投稿は2万以上リツイートされるなど拡散している。

サイトに限らず、徳利の使い方として「細くとがった場所を上に向けて注ぐのが正解です」「注ぎ口を上にして反対側から注ぐのが正しい注ぎ方です」などと同様の紹介をしている情報サイトの記事が複数見つかる。総合すると、そうすべきとされている理由は3つあるようだ。

(1)注ぎ口を上に向けた形が仏教の「宝珠」の形に近く美しく見えるため
(2)注ぎ口は「円(縁)の切れ目」という語呂から縁起が悪いため
(3)戦国武将を暗殺するため注ぎ口に毒を塗ることがあったため

本当に酒席のマナーとして守るべきことなのだろうか。1673年創業の日本酒の老舗・玉乃光酒造(本社・京都市)は、公式サイトで「お酒を嗜むときのマナーについて」というコラム記事を4月に掲載していた。「日本酒の注ぎ方」という項目もあるが、今回話題になった「注ぎ口から注いではいけない」旨は書かれていない。

J-CASTニュース11月27日、同社を取材すると、「丸い方から注ぐのがマナーとされているというのは、聞いたことがあります」としながら、

「ダメな理由は諸説あるようですが、詳しくは存じません。出元なども分かりませんし、当社としてもそれがマナーであるという啓蒙活動はしていません」

と話していた。

「徳利の作り手としての常識とは考えていません」

美濃焼の老舗窯元で徳利のラインナップが豊富なあるメーカーの担当者は、取材に対し「注ぎ口から注いではいけないという話自体は聞いたことがあります」とする一方で、

「徳利の作り手としての常識とは考えていませんし、お客様にご案内することもありません。ただ、酒席で『話のネタ』として用いられることはあるようです。私どもが存じ上げていないだけで、でっち上げのマナーだとも言い切れません」

と話す。また、インターネット上でも「マナー」だとする情報が出回っていることを伝えると、

「もし本当にマナーだとしたら、日本酒の普及団体や酒造組合が啓蒙すると思います。そうなれば当社でも柔軟に対応します。注ぎ口がとがった徳利も製造しておりますので、デザインを微調整しないといけないでしょう。お客様に、反対側の丸い方から注いでくださいとご案内することも必要かもしれません」

との考えを述べた。

徳利自体は「切れが良くなく、とがっている方、丸い方のどちらから注いでも基本的に垂れます。日本酒は水より粘性があり、物を伝いやすいのです」という。それでも口の一部をとがらせているのは「方向性を持って細く流れるようになりますし、シズル感のあるデザインにもなるからではないかと思います」としていた。

「『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

では、マナーの専門家はどう見るのか。ヒロコマナーグループ(本部・東京都港区)代表でマナーコンサルタントの西出博子さんはJ-CASTニュースの取材に、注ぎ口から注いではいけないという話について、「インターネット上の情報として耳にしたことはありますし、否定はしません」と話す。ただ、マナーとして教えてはいないという。

西出さんは、「マナーというのは、必ずこうしなければいけないという決まり事ではありません。時、場所、相手の立場、状況などによってマナーの形は変わります」とし、

「最も大事なのは、相手を尊重し、みんなが気持ち良く過ごせること。人も物も『相手』です。徳利であれば、作り手の方はなぜ絞った注ぎ口を作ったのか。おそらく注ぎやすくするためではないでしょうか。そして、お酒を飲む方々もそう思って徳利を使う方が多いでしょう。このように考えると、注ぎ口を使って注ぐことが『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

と話していた。

徳利はとがっているところから注いではいけないのか?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

マナー(笑)だろ。んな事言う奴が居たらこっちこそ縁切ってやりたいわ。


こんなん聞いたこと無いな


判子の斜め押しと同じで実際の現場を全く見たことない奴の妄想マナーでしょ(笑)


いつだったか、『芸能人格付けチェック』でこれ見た気がするな。となると・・・


空になった徳利は倒して置くのヨ!


で、うまく注げないでボタボタこぼしちゃうとこまでが、このマナーもどきを考えだした奴の想定内だろ。ナンセンスな風習がどこまで広まるか実験してやがるんだよ。


マナーの作り方:通常と真逆の事をやる。


聞いたことはないけど、そもそもマナーなんてものはどっかの誰かが言い始めて認知されたら定着するもんで、定着していない作法をマナーと言い切るのはちょっと苦しい  でも日本人は右に倣わないことを怖がるから、マナーと言われたらマナーと思い込む  だからこの印象の違いは、知ってたか知らなかったかの差だと思われ


円(縁)が切れないようにってオヤジギャグを言いながら注いで場を和ますんやで


注ぎ口ってのはそこから注ぐためにあるんだよ!!


注ぎ口から注ぐのはマナー違反とか意味不明なんだが


こういう合理性のないマナーって大っ嫌い


マナー検定があるのでそういうので調べよう・・・


聞いた事はあるが、これは間違った半可作法。


現代になって消えたマナーはもう良いんじゃね


その妙な作法、うちの徳利はフグだから物理的に不可能。


最近誰かが考えたフェイクらしいね


マナーマナーうるさい連中は歴史的正当性も客観的合理性も平気で無視・捏造するから信用するな


わざわざ注ぎ口作っていて使っちゃいけない訳ないわなと。縁起が悪いってのも、そこまで気にするなら注ぎ口が無いのを用意しろって話になるし。どうせマナー講座とか言って変なマナー押し付ける連中が言い出したんじゃないのかって勘ぐってしまう。


縁起が悪いなら付けんなよwww