26日までに、福岡県警早良署は福岡市西区アルバイトの21歳の男と、同区理容師の22歳の男を恐喝の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2人が共謀して8月14日未明、同市早良区で、通行していた市内在住のアルバイトの25歳の男性、会社員の21歳の男性に因縁を付けて路上に正座させ、傘を男性会社員の首元に突き付け「傘でも人間殺せるとぞ」「金を出せ、いくら持っとうとや」などと言い、それぞれ現金5000円を脅し取った疑い。

 この事件に対して、ネットユーザーからは「日本も治安が悪くなったな…」「犯人の2人が、より凶悪な事件を起こす前に、逮捕されてよかった」と、事件の凶悪性に対する怒りの声が上がっていた。また、「傘という日常で使う物を恐喝の用途に使う発想が怖い」「傘で脅されたとしても、恐ろしいだろう。本当に殺されかねない」「傘が原因となった死亡事件が過去にあったような覚えがある」といった、凶器に傘が使用されたことに恐怖を感じる人も多いようだった。

 実際、傘が凶器となって、人の命が失われた事件が過去にあった。2015年6月26日の深夜、JR東京駅八重洲南口近くの路上で、50代の男性会社員同士が送別会の後、もみ合いのけんかになり、一方が相手のビニール傘で顔面を叩いたところ、傘の先端が男性の左目に刺さってしまった。被害者の男性は当初は意識不明の重体だったが、その後入院先の病院で死亡。傘で男性を叩いた男は、「酔っ払って仕事のことで口論になって傘で叩いてしまった」と容疑を認めていた。傷害致死の罪に問われたこの男に対し、2016年2月10日、東京地方裁判所は、「偶発的な事案だった」として執行猶予の付いた懲役2年6か月の判決を言い渡した。

 この事件のように、傘で人の命が失われることもある。今回の事件では死傷者が出なかったことは不幸中の幸いだが、誰でも入手できる傘を使い、「殺す」と現金を脅し取ったやり口には、怒りを禁じ得ない。

文/浅利 水奈

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

某SAOのアリシゼーションかな?


Anotherなら*でた


剣ないよぉ!を思い出してしまった。


この事件よりも人*ておいて執行猶予で済んでる事件の方が恐い。酔っ払いの犯罪に甘すぎない?


素手でも*ますが何か


傘でも何でもやろうと思えば人*はできる、筆記用具とかでもやり方次第で致命傷を負わせることはできる。北京五輪聖火リレーの時に中国人サポーターに『妨害が入ったときに備えて目つぶし用にボールペンもってこい』なんて指示があったらしいが其れもあながちデマとも言い切れまい。


※福岡


ヒートアクションかな?


福岡県は治安悪くなったな


人間なんてコンクリの地面に頭から落とすだけで*んだよなぁ……外なら服も来てるから楽に掴めるし


アメリカ様「拳銃を持ってないから襲われるんやで?」


貧困な人間が増えれば、盗賊みたいな思考回路の人間が増えるのは当然でしょ。民度は、国民の豊かさに比例するものだよ。


この事件みたいに目とか突くなり勢いつけて柄で殴るなりでかなりダメージ入るからな 首に引っかけることもできるし棒切れより数倍強いよね


その気になればシャーペンでも凶器になるし、力が強い人間なら素手だって凶器になるさ。傘でやれば事故を装えると思って意図的に使用する輩だっているかもしれない。


修羅の国の日常


傘を強調する必要はないな。外国の恐喝事件を日本人に持ち込むな。


うん、いつもの福岡やね俺がガキの頃からなんも変わらんな福岡は


うどんでも*ますが何か


ボールペンでも人は*る。ポケットに入れたままなの忘れてて手に刺さった


牛カルビ< やめておけ。拳銃の方が、傘より速いと思っているんだろう。だが、拳銃はデリケートな道具だ。弾が出ないかもしれないし、思い通り、的に当たるとは限らん。おまけに拳銃は、抜き、構え、引き金を引くまで三動作(スリーアクション)……その点傘は一動作(ワンアクション)で終わる。