神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車が追突され、萩山嘉久さんと妻友香さんが死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁で始まった。初公判で弁護側は、危険運転致死傷罪については無罪を主張した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

東名高速事故の状況


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

流れができてるんだったら厳罰化の判例をどんどん作っていこう 弁護士はこの1件のみの視点で容疑者を擁護できたらいいんだろうけど、ここで『あおり運転関連の事故=重罪』の流れを妨害して喜ぶのは調子こいてるドライバーだけ


>危険運転致死傷罪については無罪を主張  …では、何の罪だと主張するのか気になる所。まさか「何の罪も無い」 悪い事は何一つしてない、とは言うまいね?


いいじゃん無罪で出してやれよ。ただし、出てきたところを車に突っ込まれて*でも無罪な?確実に*ように50回でも60回でも原型なくなるまで轢かれて*ばいい


『煽り運転 → 追い越し車線内に双方停車 → 2分後に後続トラック追突』という状況で、「追い越し車線内とはいえ停車状態での貰い事故に危険運転致死傷罪が適用できるか」「(あくまでも予備的訴因だが)追い越し車線内への短時間の停車強要&貰い事故に監禁致死傷罪が適用できるか」が争点で、いずれも適用は異例。複合事故であり、煽りが死傷の直説的要因でないのが実に難しい。