神奈川県大井町の東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、検察側は「安心安全な自動車社会の実現のためにも、被告の行為は決して許されない」と述べ、懲役23年を求刑した。

 同罪の上限は懲役20年だが、合わせて起訴した暴行罪なども含め求刑した。同被告は起訴内容を大筋で認める一方、弁護側は危険運転致死傷罪と予備的訴因の監禁致死傷罪は成立しないと主張。午後に最終弁論を行い結審する。判決は14日。

 論告に先立つ意見陳述で、亡くなった夫の母(78)は「何という罪になっても、遺族には殺されたとしか思えない」と涙をぬぐいながら話し、妻の父(73)は「夫婦の命の重みに見合うぐらい長い時間、刑務所に入れてほしい」と述べた。

 検察側は論告で、被告が高速道路上に車を止めたことは、危険運転致死傷罪の「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たると指摘。停止行為が同罪の構成要件でないとしても、あおり運転が夫婦の車を停止させ、一家の死傷という結果を生じさせたと因果関係を主張した。監禁致死傷罪についても、被告は自身の車で夫婦の車の前進を不可能にし、夫への暴行で再発進も困難にしており、成立するとした。

 弁護側はこれまでに、危険運転致死傷罪は走行中の行為を前提としていると主張。暴行で足止めした時間が約2分であることなどから、監禁に当たらないとして、両罪の無罪を主張している。

 起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。 



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

法律ではこれが限界か・・・そして、判決では減刑になると思うが。管理された無人島(そんな島は、今、無いが)へ島流しにして欲しい(もちろん、税金使わず、生活は自給自足で)


判決で執行猶予つかないよね?!執行猶予ついたら引くわ~。つか、弁護士は「弁護した人」が再*たら責任とってほしいんだけど?


は?(威圧)


死刑にしないと煽り運転はなくならないよ毎日煽られてるし


23年じゃなくて見せしめで死刑にしろ


危険運転致死傷罪にこだわってるけど運転中の出来事かどうか争う必要なくないか?被告が運転してたのはあくまで走り去る被害者を追いかけるためで、主目的は自分を怒らせた相手を殴りたくて場合によっては相手が*でもかまわないと考えた上で車を止めさせ、結果事故死に至らせた。未必の故意による殺人でしょ


え、生かしちゃうんですか?


コイツが「煽り運転で死刑にならなかった最後の一人」である事を望むよ。


蛮族がはびこる国になりかけてる日本だが一応法律があるからね仕方ない自己防衛で車乗らなきゃ良いわけだし


あーあ、「煽り運転は最悪人を○しても死刑にならない」って前例作っちゃったよ


もし懲役23年の実刑になったとしても、何も悪びれることもなく無罪を求刑している石橋が反省するかどうか。それに、出所後に逆恨みで被害者の遺族へ復讐するんじゃないかという懸念もある。


死刑にしてもあおり運転は無くならないよ*


煽り運転の罪が「走行中に発生した事故」だけでなく、「無理矢理停車させた後の事故」まで及ぶという判例ができるのは大きい。煽り運転への大きな抑止力になれる。罪の上限に関してはノーコメント


司法の限界とはいえ、ひどい話だねぇ・・・。


この事件で、あんな場所に車を止めさせて命に係わると思わなかったのかとの問いにこいつは想像もしなかったというような事を言った。頭が悪いほど罪が軽くなるのかという不満が起こる


残念ながら殺人で立件できない以上死刑は無理。ただ弁護、高速道路で止めといて「たった2分」とか通ると思ってんのか…


無期か23以上が妥当


>>ゲスト氏残念ながら、無知を罰する法律は存在しないのですよ…


被害者が*なかったとはいえ、飲酒+信号無視+轢き逃げ+嘘の証言でさえ、執行猶予5年付きの懲役2年だしな… なんか色々と法律がオカシイ…


こいつは殴るために生きているらしいから、*まで殴られる刑に処せればいいのにね