中国の急速な経済発展に伴って都市部の生活環境は大きく変化し、人びとの意識にも影響を与えている。中国人は民度向上の必要性を認識するようになってきたが、中国メディアの捜狐は8日、日中の教育方法を比較し、「日本では中国のような愛国教育が一切行われていないことが日本人の民度の高さにつながっているのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、今や中国人の間で日本人の民度の高さは「周知の事実」となっていると指摘。そして、注目すべきは「日本の教育現場では中国のような愛国教育をしない、『非愛国主義教育』がなされていること」だと主張した。ここで指摘した「非愛国主義教育」とは、子どもたちに「政治的な思想を教え込んだり、『国のために』、『愛国』といった言葉を一切使用せずに教育を行うこと」だと説明した。

 中国の教育は「愛国が中心」にある愛国主義教育であり、日本とは全く異なるものだと言える。中国では愛国心を基盤として、道義的な教育を行なうゆえに、「日本はそれをせずに、どのようにして国民に道義を教えているのか」と素朴な疑問が湧くという。

 続けて、日本の教育について説明し、子どもたちに国家や民族主義について理解させる前にまず、「自分達が生活している社会や環境について理解させる教育」を行うと指摘。具体的には、自分たちの出したゴミの回収、処理の過程について、また環境についても植林活動とその目的などを見学や体験を通じて学ばせることで、子どもたちは「世界で最も自分の住む環境と、地域を愛するようになってゆく」と主張した。これが自主的な行動につながり、結果的に愛国教育となっているのだと紹介した。

 現在の中国では環境汚染問題が深刻化しているが、企業に対する規制を強める一方で、個人の環境保護に対する意識を高めることはなかなか難しい課題となっている。国や地域ごとに教育制度は異なり、重視する部分や方法も異なるが、中国とは全く異なる日本の教育とその成果には、考えさせれるものがあったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

愛国教育を行っていない日本、「どうやって民度の高さを実現しているの?」=中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本の道徳は恥の概念、お天道さまに恥じない行動をする事。そして情けは人の為ならず


中共の愛国教育=愚民化教育。


いい子ちゃんばかりだけど職場の不正とかはスルーしまぁす!


自国は愛されるものであって愛するように教育するなんざもっての外なんだが。それに盲目的に国を愛すのは危険すぎる。ダメ出しもしながら住みやすい国を実現していくのが国民のすることでしょう。


愛国心と道徳心は別物でち


何かの拍子に愛国心から覚めれば愛国心はそのまま憎悪に変わる。我が国の戦中末期、戦後混乱期が良い例だぞ。愛国心で国をまとめる時代は過ぎたと感じたら、徐々にシフトさせていくがヨロシ。その前に政権が崩壊してしまうと大量の血が流れるぞ。


愛国教育なんかあるから(どうせ、誰かを悪者にする)、今の中国や韓国は駄目なんだ。イジメ教育ですね


愛国心や民族主義を掲げて離陸し、その後の墜落した失敗国家は非常に多い。日本は皇族、GHQ、特需の三要素でハードランディングしたけど、それでも多くの血は流れた


愛は自然に湧きあがる物でそうなるよう押し付けるのは洗脳です。


違う違う。近隣がアホすぎて、ドン引きして、冷静になってるだけ。「ありゃ洗脳だわ、あんな風にはなりたくないわ、、」と逆に教えてもらってるんだよ。教えてる訳じゃないんだよ?生きた教科書というか、末路への参考書を見ているだけだ。少し子供には夢が無くて残酷だよね。ほんと近隣が酷すぎて、日本国民かわいそう。


愛国という言葉を歪めている連中は例外なく屑ですよ。そうですよね特亜の皆さん。


>apothecary ほんそれ。批判や危惧する意見を封*イエスマンだけを望むのはとても危険。


今の日本人って、中国が言うほど民度高いかな?純潔日本人の自分が思うに、最近は中国化してる気がするんだよなぁ。他人の迷惑を考えない人多いでしょ。まぁそれでも隣国と比べたらまだまだマシなんだが。