財布を忘れたことに気付き途中でバスを降ろされた女性は、目的地まで歩こうとしたものの道に迷いマイナス20度の中で凍死した。このほどウクライナから届いたニュースが、『The Sun』『Mirror』などで報じられた。

1月8日ウクライナのRudnya-Knochynskaという村から、母親が入院しているウクライナ北部ジトームィル州オルヴスク(Olevsk)の病院まで行こうとした女子学生に悲劇が襲った。

ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイにあるメディカルカレッジ(Novohrad-Volyns’kyi Medical School)で医療を学んでいた4年生のイリーナ・ドヴォレツカさん(Iryna Dvoretska、21歳)は、クリスマス休暇ということでちょうどRudnya-Knochynskaにある実家に戻っており、母に会いに行くため早朝のバスに乗り込んだ。

しかし、イリーナさんがバスの運賃25フリヴニャ(約99円)を払えないことを知ったバスの運転手オレグ・ゼリンスキーOleg Zhelinskiy)は、途中で降りるように命じた。朝4時頃、周りに住居もないマイナス20度の地に降ろされたイリーナさんは、近くの村まで6.4km以上の距離を歩こうと暗い田舎道に沿って歩いていたが、近道のために森を通り抜けようとして道に迷い、つまずいて穴に落ち、出られなくなってしまった。

イリーナさんが行方不明になって2日後、自然保護官の父親がイリーナさんを捜索。そして人里離れた森の中で、イリーナさんの遺体を発見した。イリーナさんの両目は見開かれており、そこには恐怖が映し出されていたという。

イリーナさんの姉ナタリアさんによると、肺炎を患っている母親の容態が悪化しており、イリーナさんは母親に会いに行こうとバスの始発に乗り込んだが、急いでいて財布を忘れてしまったそうだ。おばのナディア・ティプチャクさん(Nadiya Typchuk)は「イリーナをバスから無理やり降ろしたバスの運転手は、人が住む地域から程遠い凍える寒さの中にイリーナをひとり残して走り去ったのです」と怒りを露わにしている。一家はこの件を警察に通報し、警察は犯罪事件として対応。運転手を含む関係者らは警察から取り調べを受けているが、運転手に有罪判決が下れば最大5年の懲役刑に科せられるという。イリーナさんの遺体は検死に回された結果、低体温症による凍死と判明した。

イリーナさんの訃報を知ったカレッジ側は「明るくフレンドリーで、思いやりのある学生だった」とその死を悼んだ。このニュースを知った人からは、「何もない場所に、しかも暗い中放り出すなんてひどい運転手だ。5年の懲役刑でも足りない」「でも、運賃を払わなかったのはこの学生で、しかも森を通って歩こうとしたのも彼女の選択だろ。運転手は単に仕事をしただけなんじゃないか?」「それにしてもこんな死に方、かわいそう」「財布を忘れたと気付いたなら、バスを降ろされてから家に取りに帰ればよかったのに…」「バスに他の乗客はいなかったんだろうか」「私が乗客だったら、代わりに払ってあげるわ。誰もそうしようとしなかったことが信じられない」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2019年1月25日付「Student, 21, ‘froze to death after being kicked off bus for not having 68p fare’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ウクライナの99円は日本人の感覚だと1000円くらいかね


簡単な地図くらい載っけないと全貌が分からんだろ!バス停からどの地点で降ろしたんだよ。


仮に、ビバーグ用の装備と防寒アイテムを持っていたとしても氷点下20度の森で迷子は死に繋がる。学生をバスから放り出した後どうなるか想像する能力は運転手になかったらしい。目的地まで運んで後日に請求すればよかったのでは?


6キロなら……うーん、でもマイナス20度だしなぁ。


後出しなら何とでも言えるわな。私なら金払って助けたとかなんとか、運転手は最低だのなんだのって。これでもしお金払わず乗って逃げた場合誰が責任とるのか。そういうタダ乗りが流行ってしまったら?あの人は乗せてくれたのにどうして載せてくれないの?とか言われたら?この運転手に落ち度は無いが。彼女を載せたままでもおろしても、どっちに転んでも責められるんだろ。反吐が出る。


RudnyaからOlevs'kまで直線距離でも100Km離れてるのですが...


「この運転手に落ち度は無い」←正気でいってんのか? 人里からキロ単位で離れたマイナス20度の野外に人間下ろして落ち度がないわけねぇだろ。「後だしなら何でもいえる」ってのはこのゲストのコメントのことだろ。無理矢理なたらればで明らかな犯罪行為擁護とかそれこそ反吐が出るわ。


私はマイナス20度とかに簡単に到達する地域には住んでないし、ウクライナの経済事情を理解してないだけかもだけど、そんな中ほっぽりだしたら*危険は十分にあると思うんだけど。目的地についてから向こうの家族の財布から出させるとかじゃダメだったんだろうか。


始発のバスが例えクリアできても駅からの電車代は無かったんじゃないかなと思われます。まあ低体温症で*リスクは少ない...かなぁ?


ただでさえクリミアでワチャワチャしてる面倒くさい地域だし、日本人の定規じゃ事情は推し量れないだけできちんと理由はあるのかもしれん。


ウクライナのバスの支払い方法はよくわからんが、途中で降ろしたってことは多分自己申告したんだよな?その時点では法的には間違っちゃいないかもしれんが、流石にまだ外が暗いマイナス20℃の田舎道に放り出すのはなぁ。財布を忘れたのが一番悪いとは思うが、可哀想だとは思うわ。上手いこと後払い出来れば良かったのに。


逆にさ、なんでそんな「途中」でお金ないことに気付いたんだろ?乗るときと降りる時に財布出して気づくなら分かる。道中で財布確認して、運転手に確認したのかな?それでその場(周りに何もない極寒の地)で降ろすってのはちょっと…罪に問われても仕方ないと思う


>アルカリ下駄  あなたは裁判官か弁護士の方ですか?まだこの件は判決が出ていないようですが、犯罪行為擁護という「犯罪行為」と言える根拠はなんですか?実は記事には書いて無くてこの件は判決が出ているのですか?それなら訂正して謝罪しますが。


↑こいつ最高にアホ


マイナス20度だろうけど、それなりの服装してたんだろうし。6.5キロはちょっと遠いな。雪とかあるから流石にきつそうだが、バスが通れる場所ではあったんだろうし、一応生命の危機と言うほどでも無いかどうか、うーん難しいところだろうなー。まぁでも多分、十中八九普通に生き残る人多いだろうな。若いならなおのこと。


日本なら人情的にこんなことは起こらない…と思ったが最近の報道見てると自信なくなってきた…


女性が*だのは色んな不運が重なったこともあるが、運転手が降ろさなければ彼女は*ずに済んだ。マイナス20度を体感したことも無いのに十中八九生き残れるとか、運転手に落ち度は無いとか、頭わいてんな。


無賃乗車をその場で下ろすのか警察に連れて行くのか、国で変わるのかねぇ


外野がどうこういう問題じゃねえだろこれ、向こうで同じようなことがまた起きないように改善してくれとしか…


小中高生の頃バス通学で時には定期券忘れることもあったが「次からは気を付けて」で済んでたな。こういうの見ると日本に生まれて良かったって思うわ