好きな人に好きだと言えないまま死んでしまったら、未練が残る……と言われがちですが、それどころか幽霊になったことで好きな男の子に密着して、わーきゃーはしゃぎまくる。そんな女子学生の幽霊のラブコメ漫画が、Twitterで展開とオチが秀逸だと称賛を集めています。

【画像8枚】漫画「死人に◯あり」

 今朝、死んでしまった主人公女の子レイちゃん。まったく悲観した様子もなく、むしろ「私死んでよかったと思っています!」と笑顔でピースしています。なぜなら、好きな人零牙君に好きなだけ近づけるから。かなりのポジティブシンキング

 真面目な零牙君、眠そうな零牙君、食べてる零牙君……あらゆる零牙君を近くで見られるだけでなく、夢だった一緒の下校もかなえることができ大興奮。最高の日、そして、死んでよかったと、あらためて喜びまくります。

 それでも、やっぱり少し後悔が。「もし生きている時に 今日くらい勇気を出せたなら 何か変わっていたかな」。そう思い詰めながらつい、零牙君の耳元で「好き」とつぶやくレイちゃん。すると向こうはくるっとこちらを見つめ、「それでずっと付きまとってたのか?」と聞いてきます。

 てっきり悪いことをして化けて出てこられたのと思っていた、と安堵や驚きの表情を浮かべながら説明されますが、いやいやちょっと待って、今日やりたい放題していたレイちゃんのこと、ずっと見えてたの? 零牙君の霊感を知って、恥ずかしくなったレイちゃんは大慌てでその場から逃げ出し、ショックのあまり葬儀場のお棺の中から生き返ったのでした。最後に作品タイトル、「死人に『脈』あり」。

 幽霊だから見えないと調子に乗ったレイちゃんがいつもよりも行動的になったことで、意図せず気持ちを伝えることができました。逃げ去られた後の零牙君も耳が赤くなっているあたり、まんざらでもなさそう? 最後の「死人に脈あり」というオチがダブルミーニングになっているところも秀逸な作品です。生き返ったレイちゃんと零牙君の行く末はいかに。

 漫画を読んだ読者からは「このスピード感大好き」「ハッピーエンドいい」と疾走感やストーリーに評判の声が上がっている他、オチに対し「史上最強に上手い!」「ダブルミーニング好き」など称賛の声も寄せられています。

 作者は、星空しろきさん。ゲームなどをテーマにしたオリジナルの創作漫画やイラストTwitterで公開しています。レイちゃんのあの最高の日について、零牙君目線で描いた作品「今日の俺はついているぜ」も公開中。零牙君の耳が赤くなった理由や、付きまとうレイちゃんにどんなことを思っていたのかがわかります

画像提供:星空しろきさん

死んだのによかったの?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

一昔前の絵っぽくてすき


面白いと思った(小並感)


GS美神のおキヌちゃんかと思った


変に背伸びした描き方をせずに作品のテーマをシンプルに伝えてることがすごく印象いいわ。


ないとは思うけど真似しようとする子が出ないことを祈る。


なかなかイイねぇ。


ザッピングシナリオの第2部もいいね


「ショックのあまり生き返った」点に、当てこすりが存在してない。あとショックを受けて逃げて行く動作に理由付けがない。あと「ごめんなさい」と発言する場面ではない。勉強不足。


シンプルな良さがあるねぇ


懇切丁寧に解説まで付いてるのに全く状況や心情読み取れないで、こんな軽い内容の個人の漫画でも難癖付けて貶すような評論家様が発生するのか…


死人に脈ありは上手いと思った


シンプルだからいいんだよ。凄く深い意味が込められていて何重にも考察するようなマンガじゃないと思うし、上のコメみたいにやりすぎると面白さが損なわれてしまう


難癖付けて貶すような評論家様 ← ◆マンセーしか認めない 褒め言葉しか聴きたくない、表現の自由は許さない。ダブルスタンダード二枚舌。可愛そうな被害者さんをかばってる俺は正義の味方。漫画家本人の向上心を認めず、ぬるま湯、温室、寝た子を起こさず。大人の対応=泣き寝入り。そして正論に反論できずレッテル貼り。育ちが分かる。あと「心情」じゃなくて「心理描写」な?