フィギュア(人形)の胴体部分を入れ替える「魔改造」したものを販売したとして、群馬県警は21日、京都府向日市森本町の会社員、松田卓也容疑者(49)を著作権法違反の疑いで逮捕した。10年ほど前からインターネットオークションで販売し約3900万円を荒稼ぎしていた可能性もあり、県警が捜査を進めている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

魔改造って、エロフィギアってやつか?猥褻物関係でパクられたんかね?


これはプラモ改造とは何か違うんだろうか?ヤフオクやメルカリじゃなくて「販売」したから・・・か?


首を挿げ替えるだけのお手軽魔改造


完成品を塗装したりディティールアップしたのはよくヤフオクにあるけど。ちゃんと購入したものを手間ひまかけてオクに上げるのぐらいいいんでないのか。著作権侵害も非親告罪化したkら他の業者の腹いせ通報なのかもね。


画像も貼らずに以下略 いや売ったら逮捕されるレベルの魔改造フィギャーに興味があります、いやちょっと見してマジで


事実上の海賊版を売ったんだからアウトに決まってんだろ・・・何でWFや今は亡きWHFで当日版権なんてシステム導入したと思ってんだ。


この手のニュースでの魔改造、さほどカオスでもない説


趣味でやるならともかく、容疑で上がる金額だけで3900万円もってなると、営利目的なのはほぼ確定だから、著作権がらみで動かれるだろうさ


魔改造といえども版権物を弄っているのだから、趣味ならともかく人に売ったらアカンわな。そりゃあ著作権法違反になる。


>璃嗚 改造プラモの無許可販売も、この件と同様に著作権法違反になる。ヤフオク・メルカリ・路上販売等でもアウト(自分の家に飾っとくだけならセーフ)。しかし、軽微であれば警察・検察・裁判所の手が回りきらないために黙*れやすい。つまり、今回逮捕されたのは、単に稼いだ額が大きく「軽微」と呼べないレベルと判断されたため。


これだけ稼いでたら複製とかもしてそう


フィギュアの「魔改造」の元々の意味は、胴体部分を加工・改造して女*を追加する事であったが、何も知らないニワカが誤って言葉を使いまくったせいで、最近は神改造・超改造という使われ方に変わってしまった。


成果物を7k台から売ってたとなればプライズのニコイチってところか 成果物が大体どんな雰囲気か察しはつくような。購入者も自分で弄ったほうが安上がりだったかもね


その程度で魔改造といわれるとなぁ・・・もっと盛って削って溶着や部位自作してどうぞ(・ω・)


逮捕されるレベルの魔改造>別に魔改造の内容の問題じゃねえよ。他人の版権で勝手に商売したから逮捕されたんだよ。それも事業と呼べるレベルの商売をしたからな。


この手の問題の根が深いところは、合法的に入手する手段がほぼ無いということ。代替手段が無いまま我慢を強いることになるのでいたちごっこは永遠に続く。(著作権侵害を擁護している訳じゃ無いよ。念のため)


これちょっと前に出てた話の続報か。>狸吉 それ勘違いされがちだが、ほとんど親告罪のままなのよ。営利目的なのが明らかで、さらに売り物の原作を原作のまま全く変えずに完全コピーして、なおかつ原作の利益に確実に影響するのが確実とか条件がかなり細かく、全部を満たさないと非親告罪にならない。(詳しくは政府サイトで)今回の件ですら微妙↓続く


だからそれは”魔改造”とは言わないと散々言われてるだろ


年収にして390万、趣味と兼ねてるだろうから羨ましいと思う部分もある


魔改造したら怒られただって!?許すまじ!!だと思ったらただのクズだったでござる。3900万はあかんわ…