ゲームストリーミングサービスSTADIA」を発表する、グーグルフィル・ハリソン副社長(画像:グーグル公式YouTubeより)(写真:グーグル公式より)

グーグル3月19日に発表したゲームストリーミングサービスSTADIA」の発表は、プレイステーションを販売するソニーSwitchが人気の任天堂の株価下落をもたらすなど、料金体系やサービス開始時期も明確ではない中にあって業界に大きなインパクトを与えている。

ゲームストリーミングサービスとは、コンピューターゲームに必要なハードウェアを“ネットの向こう側”に配置して動かし、端末へと表示画面をストリーミングで配信するサービスだ。

端末は画面表示やコントローラー操作などユーザーと直接やりとりする要素のみを扱えればいいため、高性能なゲーム機ゲーミングPCを用意しなくとも、テレビパソコンタブレット端末スマートフォンなど種類を問わずに遊ぶことができる。

グーグルは、マイクロプロセッサメーカーAMDと共同で高性能なGPU(3Dグラフィックスやシミュレーション処理などに用いる演算用LSI)を新規開発。能力は10.7TFlopsで、これはPlayStation 4 Proの2倍以上の数値となる。

近年、こうしたゲーム機向けタイトルは開発費の高騰もあり、特定の機種だけでなく、多数のゲーム機パソコンでも遊べるよう開発されることが多い。それらが、STADIA上でも動くようになれば、利用者はゲーム機ゲーミングPCを購入することなく遊べるようになる。

発表直後のソニー任天堂の株価への影響は、消費者がゲーム機を買わなくなる可能性を考慮してのものだろう。

“ゲームプラットフォーム”普及に求められる要素

ゲームストリーミングサービスは、これまでにもソニーPlayStation 3ゲームPlayStation 4で遊べるようにするためのPlayStation Nowというサービスを展開している(現在は一部のPlayStation 4ゲームも遊べる)。また、マイクロソフトProject xCloudという同種のサービスを発表済みで、年内にプレサービスが開始される予定だ。

グーグルは自社内に新しいゲームを開発するスタジオを開設し、ゲーム開発への投資を行うという。id SoftwareUbisoftといった大手ゲームパブリッシャーとの提携も発表し、STADIA上でのゲームを開発しているという。

これらはプラス要素だが、100以上の開発用ハードウェアを開発者に届けているとしているものの、他スタジオの動向については触れていない。さらに料金体系なども未発表である。

それでもグーグルの発表が大きな話題になっているのは、ゲームを遊ぶプラットフォームを普及させる際に求められる要素がそろっているからだ。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

クラウドゲーミング最大の問題は、映像配信によるラグだと俺は思うんだけどね。逆に言えばラグが悪影響を及ぼしづらいゲームならうまくいくと思うよ。そういう意味ではアサシンクリードオデッセイを前面に出してるプレゼンというのは、おおモウ何も分かってねー感がやばい。クラウドでゲームするときのトラブルとしては「ボタンを押してから反応が遅い」ってのが何より嫌。


なんでもいい。このスマホソシャゲ天下時代に一矢報いてくれるのなら。


演算処理をクラウドでやるとネット回線速度と使用量が増えすぎて話にならないんじゃないか?ラグも致命傷になりかねない。まぁ↑で言っているようにソシャゲ乱立を破壊してくれるのなら応援するが


5Gがどの程度それを解決できるのか。話はすべてソレな話。だが5Gで十分にやれるのなら。その日世界はクラウドゲームに支配されるのかもな。


現状の発表の時点ですげぇ遅延発生するってことはわかってるからな。技術に対してはすごいレベルに仕上がってるんだろうけどプレイする側としては無視できないレベルだし。オフラインのターンバトルくらいしかまともにできないんじゃないこれ


とにっっっっかく中国人の著作権をまるで尊重しない民族性が商売の邪魔だからね。そらこうなる。ゲームをコピーしても遊べる仕組みになってるのは絶滅させざるをえないよ


プレステが*ならSwitchも*んじゃないですかね・・・?


回線トラブった時の混乱凄そう。


古い紙芝居EROゲーとかWindows環境が変わって動かなくかもって怖かったりするからそういうゲームなら割とうれしいサービスかもしれない。ラグってもそこまで影響ないし


やりたいゲームでもハードもってないと出来ないから任天堂、ソニーのやり方は嫌い。PCがあれば全てのゲームが出来るほうがいい。


この手の過度にインフラにストレスを与える手法ってのは規制されるべきでは? 昨今のTVゲームは映像・音声レベルが高すぎてデータ量が半端じゃない。 普及しすぎると回線のパンクにつながる。 で、通信できないとゲーム起動すらできないんでしょ?


最近のPSは規制がきつくなってきたし、switchもあるしで案外立場あぶなくなって着てるかもね。


処理能力が低くても何とかなりそうなレトロゲーに特化しても面白そうだけど、それ用の対応機種が販売されるし。遊ぶ側に超ハイスペックを求めるというのも若干ズレてる気はする


インストール不要系のブラウザゲーを豪華にしただけじゃないか。とてもじゃないが対応できないソフトも腐るほどあるぞ


ゲーマーとしては新たな可能性が生まれて嬉しいがコンシューマもPCも必要なんだよなぁ・・・「みんな違って みんないい」採算取れるかは別として・・・がんばれゲーム業界


いうても任天堂やソニーの自前作品は遊べないからそれらを遊びたいなら各社ハードを買う事になるから棲み分けが進むだけなんだが。下手な煽り記事だなぁ。


Xboxはプレステを*ましたか?(小声)