ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: ニュース


    (C)Romix Image / Shutterstock

    〝タピオカブーム〟がハンパない。若年層を中心に大人気のタピオカドリンク。東京・原宿周辺には30以上の店舗が密集し、どの店も行列ができるほどにぎわっている。ネット上ではタピオカを飲む活動のことを〝タピ活〟と呼び、ハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿するまでが定番だ。

    【関連】“片手ドリンク流行”と報じたフジテレビに非難殺到「勝手にブーム作るな!」 ほか

    ツイッターの口コミ数をみると、タピオカに関する投稿が2018年から急増しています。ブームの火付け役と見られているのが、生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ『台湾甜商店』(タイワンテンショウテン)です。昨年8月に東京・新宿店がオープンすると、流行に敏感な若者がこぞって来店し、口コミで評判になりました。インスタ映えするのもウケているのでしょう」(エンタメ誌記者)

    一方、ブームの裏側ではさまざまな問題も取り沙汰されている。中国では14歳の女性が長時間にわたりタピオカを摂取し、腹痛と便秘で病院に運ばれたことがニュースになった。タピオカの噛みごたえを良くするために添加物を加える業者もあるようで、大量摂取すると消化器官機能が損なわれる危険性もあるという。

    ネット上では、

    《日本でもいつ病院送りになる人が現れるか分からない。飲み過ぎ注意!》
    《やばっ! うちら学校帰りに毎日飲んでるわ》
    《添加物入ってるのか、知らなかった》

    など、心配する声が広がっている。

     

    異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

    言っちゃなんだが炭水化物のかたまり

    また、食感もよく見た目もゼリー状であることから、ヘルシー食品と勘違いしている人も多く、気が付いたら短期間で激太りしてしまったという人も後を絶たない。

    「タピオカの原料はキャッサバという芋の一種で、原産地は南米です。キャッサバには有毒成分である〝シアン化合物〟が含まれているため、毒抜き処理が必要で、生食状態では日本に輸入することは禁止されています。中には品質の悪いものもあるのですが、ドリンクとして飲んだ場合、良し悪しを見極めるのは困難ですね。また、芋の主成分は炭水化物ですから、代謝の落ちた大人が気軽に飲み続けたら、簡単に太りますよ」(食品アドバイザー)

    最近では、飲み終わったタピオカドリンクカップがあちこちにポイ捨てされ、地域住民や商店街からの苦情も増えているという。また、景観を乱すだけでなく、ネズミなどが大量発生するリスクも高いことから、自治体関係者の一部からは〝禁止条例〟を検討する声も上がっているとか。

    タピ活もいいが、自身の健康に十分留意して、ポイ捨てしないなどルールを守って楽しみたいものだ。

     

    【画像】

    Romix Image / Shutterstock


    (C)Romix Image / Shutterstock


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」】の続きを読む


    チコちゃん
    14日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマである「なぜ飛行機は白い?」がネットで注目を集めている。思い浮かべる飛行機は確かに色が白いが、なぜそうなのか。そこには合理的な理由があった。

     

    ■「お得だから」

    気になるチコちゃんの回答は「お得だから」という。機体の色を白にすることで、受けられる恩恵があるという。

    ジェット機登場以前の飛行機は、戦闘機以外は金属むき出しのまま。ジェット機は強い日差しやチリの影響で、金属疲労を起こしやすい。機体を保護するためペイントをすることになった。

    ペイントの中でも、白が1番コストパフォーマンスがいいことから白を選択しており、もし別の色を塗る場合には、発色を良くするために白を塗ってから別の色を重ね塗りするため、2倍以上のコストがかかると説明した。

    また、重さにも大きく影響するという。白だけを塗った場合、白ペンキの250kg増量だけですむが、別の色を塗る場合はさらに250kg増加する。東京からロンドンまでの燃料費で考えると250kg重くなることで、5万5千円増えるようだ。

    「白は太陽光を反射するため、冷房のコストが下がる」「サビやオイル漏れといった機体の以上目立ちやすく整備もしやすい」等、様々な恩恵を受けることができると解説した。

     

    ■納得の声

    多くの飛行機が白である理由を聞いたネット民からは多くの納得の声が集まった。




     

    ■約3割は飛行機が苦手

    白くすることで、様々な工程で楽をすることができるという飛行機だが、乗ることに苦手意識を持っている人もいる。しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「飛行機について」調査を実施したところ、「苦手」と答えたのは全体の28.6%だった。

    飛行機が白いことによっておける恩恵はかなり大きいようだ。これからもチコちゃんには分かりやすい解説を期待したい。

    ・合わせて読みたい→山口達也に似てる? 『笑ってコラえて』登場のパイロット志望大学生がイケメンすぎる

    (文/しらべぇ編集部・Aomi

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
    対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)

    チコちゃんが「飛行機がなぜ白いか」を解説 合理的な理由に納得の声相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【チコちゃんが「飛行機がなぜ白いか」を解説 合理的な理由に納得の声相次ぐ】の続きを読む



     東池袋で自動車が暴走、母親と3歳の女の子が亡くなり、10人が重軽傷を負った痛ましい事故。13日、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が運転操作を誤った過失運転致死傷の疑いで捜査を進めている警視庁が、本人立ち会いのもと実況見分を行った。

     午前10時前、捜査員たちが現場で手を合わせ始まった実況見分。事故を起こしたのと同じ車種の車に飯塚元院長が乗り込み、事故当時と同じルートをたどりながら確認作業は進んだ。目を引いたのは、車から降りてきた飯塚元院長の足取りだ。事故当時、足を痛めていたとも報じられていたが、この日も両手に杖を持ち、ぎこちない足取りで現場に脚を運び、母子が亡くなった交差点にやってくると、深々と頭を下げた。


     注目されたのは、この警視庁の対応だ。滋賀県大津市保育園児2人が亡くなり、14人が重軽傷を負った事故のケースでは現場がブルーシートで覆われていたが、今回は一連の流れが数多くのメディアの前で行われた。このことについて、"見せしめのようではないか"、との見方もある。この点について、AbemaTVAbemaPrimeふかわりょうは「"元院長"という呼び方も含めて、ひっかかる点がいろいろある」、慶應義塾大学若新雄純准教授も「途中からニュースを見た人の中には何の院長なのかも分からない人もいると思う。色々な配慮がなされてはいるのだろうが、逆にニュースを見ている人たちに対しても、事故を起こした本人に対しても"雑"な印象を受ける」と、警察とメディアの対応に疑問を投げかけた。
     

     ジャーナリスト佐々木俊尚氏は「元警察担当記者としては、過去の事件・事故の捜査の流れから考えて、そんなに不自然ではない。ブルーシートで隠すのは、要するに手錠をかけた状態を見せることが人権上問題だと言われ続けているからだ。警察としては逮捕していないので、手錠もかけていない。だから隠す必要はないというロジックだ。ただ、昔は警察と記者クラブの相互信頼のもと、手錠をかけた様子をガンガン見せていた。それがロス疑惑の時、手錠をした三浦和義さんをカメラの前で歩かせて以降、新聞社やテレビ局が警察批判をするようになった。警察からすれば"あんたたちがやってほしいというから見せていたのに、急に批判するのは何事だ"ということで止めることにした。一方、警察が絶対に言わないことだが、組織としては世論をメチャクチャ気にしている。今回、"上級国民だから逮捕しない"と批判されたことに対し、若干の忖度をして見せたという可能性もなくはない」と指摘した。

     また、メディアの対応については「過去に"元メンバー"という肩書があった。逮捕されてはいないから容疑者は付けられない、ただ"さん付け"するには倫理的に考えてどうかという場合、無理やりそのような肩書きを付けるのが現状だ。もう一つ、メディアに問題があると思うのは、報道バイアスだ。交通事故を起こした人の年齢別の統計を見ると、実は圧倒的に多いのは16~19歳。80歳以上は実はそれよりは少ない。今、全国各地で起きた高齢者による事故をことさら報じることによって、そうした増えているように見せてしまっている。そして我々の側にも、高齢者がいきなり車を飛ばすということに対する、得も言われぬ不気味さ、拒否反応も我々の中にあるような気がする。だからいたずらに高齢者の免許は取り上げる、という話にいかない方がいいと思う」との考えを示した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)
     

    ▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

    両手に杖の飯塚元院長…大衆の面前での立ち会い実況見分に”見せしめ”との声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【両手に杖の飯塚元院長…大衆の面前での立ち会い実況見分に”見せしめ”との声も】の続きを読む



    2019年6月12日韓国メディア韓国経済によると、ソウル市内の大学で講演を行った鳩山由紀夫元首相が、15年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意について「最終的かつ不可逆的な合意という表現は被害者のことを考えていない発言だ」と批判し、「日本は無限責任を負わなければならない」と主張した。
    鳩山元首相は「朝鮮半島の新時代と東アジアの共生」をテーマとした講演の中で、上記の考えを述べた。また、韓国人元徴用工への賠償問題についても「日本政府は個人請求権問題が1965年の日韓請求権協定で終結したとの立場だが、これは政府間の合意であり、個人の請求権が消滅したのではない」と主張。さらに、日本と韓国と中国が共に生き残るには「東アジア共同体を構築なければならない」とし、「安倍政権が米国に依存して軍事力を強化し、日本の力を育てようとしている間に日韓関係は冷え込んでしまったが、日韓関係が円満でなければ、北朝鮮問題を解決して朝鮮半島の非核化を実現することはできない」と述べた。
    鳩山元首相は2015年、日本植民地時代に独立活動家らが収監されていた西大門(ソデムン)刑務所歴史館を訪れ、記念碑の前でひざまずいて謝罪している。
    これに韓国のネットユーザーからは「尊敬する」「日本人全員が鳩山元首相のような人なら日韓関係は本当に良くなるだろう。安倍首相ドイツから無限謝罪を学ぶべき」「彼がもっと長く日本の首相をしていたら日韓関係は今のように冷え込んではいなかっただろう」「拍手を送りたい。東京で日本の政治家や知識人に対しても同じ講演をしてほしい」「日本の政治家のうち日韓関係を大事に考える人はどれくらいいるだろう?鳩山元首相の言葉1つ1つには誠実さが感じられる。近くて遠い国の日本が歴史に対する考えを変え、日韓が1つの心で生きられる日がいつかやって来るだろうか」など称賛の声が相次いでいる。(翻訳・編集/堂本

    12日、韓国メディア・韓国経済によると、鳩山由紀夫元首相が15年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意について「最終的かつ不可逆的な合意という表現は被害者のことを考えていない発言だ」と批判し、「日本は無限責任を負わなければならない」と主張した。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「慰安婦問題、日本が無限責任を」鳩山元首相がソウルで講演、韓国ネットから称賛の声】の続きを読む


     声優の落合福嗣さんの体験談が、Twitterで話題を呼んでいます。長女と公園で遊んでいたら、他の母親たちに不審者と間違われて通報され、警察官から職務質問を受けたというのです。

    【その他の画像】

     きっかけはライブドアニュースで配信されたキャリコネニュースの記事。「公園のベンチに座っていた男性が、『普段は見ない人だから』と不審者扱いされた」といった内容でした。これにちなんで、落合さんは自身の体験を明かしたわけです。

     落合さんは職質を受けた際、「(女の子が)あなたのお子さんと証明できるものはありますか」と聞かれましたが、保険証などは妻が持っていたため、すぐに対応できずあわてることに。どうにかスマートフォンに入っていた写真を見せて、警察官に説明できたそうです。

     この一件は大きな反響を呼びました。「実の親子が一緒に遊んでいるだけで通報されるのか」などと通報した女性が批判される一方、「母親の立場からすれば、見慣れぬ男の存在に“万が一の事態”を懸念するのも仕方ないのでは」といった声もあり、意見は賛否分かれています。こうした反応を受けて、落合さんは詳しい経緯をつづりました。

     当時3歳だった娘さんにせがまれて、落合さんが普段は行かない公園に連れていったときのこと。一緒に遊具で遊んでいる最中、5人のお母さんたちが公園に現れたので、軽く会釈を交わしたそうです。

     すると警察官が現れて女性たちと話したのち、落合さんに「何かお子さんと証明できるものはありますか?」と質問。「娘が『パパ』と呼んでいるのは証明になりますか?」と返答したところ、「子どもの言うことなので」と、納得してもらえなかったそうです。

     それもそうかと承知した落合さんは運転免許証を出し、娘さんの保険証は妻が持っていると伝えたうえで、子どもとのツーショット写真や家族写真をいくつか提示。警察官は納得のうえ、女性たちに説明して去っていったといいます。

     その後警戒心が解けたのか、女性の一部が寄ってきて、落合さんの仕事や娘さんの幼稚園などについて聞いてきました。そこから、互いの子どもが違う幼稚園に通っていると判明。彼女たちが見慣れぬ親子に驚くのも無理はないと、落合さんは納得したそうです。

     通報について謝罪はなく、女性たちは「気をつけてくださいね」と笑顔で去っていったといいます。後日、その公園に夫婦そろって娘さんと3人で行ったところ、娘さんは妻と遊ばずに落合さんにべったりで、理由を聞くと「パパが連れてかれちゃうから」と半泣き。その公園には現在まで一度も行っていないそうです。

     理不尽な仕打ちを受けたように思える話ではありますが、落合さん夫婦は「平日で他の子どもたちがいないような時間に、身長185センチでかいおじさんが公園にいたら、そりゃ怪しいよな」と、笑い話で済ませたそうです。

     そして、「お母さんたちやおまわりさんに対して負の感情はまったくない。ただただ、通報せざるを得ない世の中に悲しさを感じる」とコメント。親子連れで公園などに行くときは、子どもの保険証や写真を持っていると安心だと語りました。なお、現在5歳になった娘さんは、家族で公園に行くと、ほかの大人たちに「あれ私たちのパパ!」と言ってくれるそうです。

    せちがらい話ではありますが、各家庭が誤解のないよう配慮するのが無難なのかもしれません(落合福嗣さんのツイートより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【娘と公園で遊んでいたら不審者と勘違いされ通報された―― 声優・落合福嗣さんの体験談に反響】の続きを読む


    福岡市内の40代の鍼灸師男性が「感染症の恐れがあるため、痴漢に安全ピンを刺すのは止めて」とツイッターで呼びかけたところ、異論が相次いで誹謗・中傷も寄せられる騒ぎになっている。

    鍼灸師は、ツイッターで反論したうえ、福岡県警に中傷被害の相談をしたことを明らかにした。

    「痴漢やったな?」「性犯罪者」と根拠ない罵倒

    痴漢撃退に安全ピンを使うことは2019年5月中旬にツイッターで紹介され、論議になった。

    その後、「黄色い安全ピン」を痴漢撲滅の意思表示として服などに着けることがツイッター上で提唱され、5月29日には、安全ピンを大量に配るとするツイートが話題になった。これに対し、鍼灸師が翌30日にツイッターで次のように疑問を呈したことで、バッシングが一部から巻き起こった。

    「どんな菌がついてるかも判らない針を他人のからだに注すことを推奨するような行為はお止めください。もし、貴方の配布した針を使い、冤罪の方に感染症が発症した場合、責任を取れますか? 冤罪でなくても同じですが。痴漢を防ぐなら針刺以外の方法を模索される方が良いと思います」

    この発言について、「痴漢したやつが悪いだろって」「結局他人事。被害者にケチ付けてるだけ」「痴漢擁護してんの?」などと、安全ピンを支持する人らから疑問や批判が次々に上がった。中には、鍼灸師自身に対して「痴漢やったことあるな?」などと、根拠のない憶測を流すケースも一部であった。

    さらに、鍼灸師が以前経営していた鍼灸院でセクハラのようなことがあったと根拠のないツイートをする人も現れ、鍼灸師について、あるツイッターアカウントは、「性犯罪者」などと罵倒する発言を繰り返した。

    「チクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが...」

    このような誹謗・中傷は、逆に流れを変えた。ネット上で問題視されて、「商売の邪魔するのはダメだろ」「悪ふざけの範疇を越えている」「別に痴漢を擁護してるわけでもないのに」などと、バッシングへの非難の声が相次ぐようになっている。同時に、誹謗・中傷するのは、ある思想的傾向のある人たちだと、一括りにするバッシングも一部で起こっている。

    誹謗・中傷のツイートは、偽計業務妨害罪などに当たるのではないかとの指摘も出て、鍼灸師男性も、6月7日福岡県警中央署に出向いて相談したことをツイッターで明かした。この鍼灸師は13日、J-CASTニュースの取材に対し、「痴漢撲滅に取り組む人たちは、おかしい人だとイメージが付いてしまうとしたら、とてもよくないことだと思っています」と話した。

    自らへの疑問や批判については、「一般の人は、手の皮をチクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが、医療関係者が考える危険性と一般の人が考える危険性は違います。揺れている電車の中では、刺す針をコントロールすることもできないでしょう」と反論した。

    ツイッターでは、「私の主張したかったことは『出血を伴う方法で反撃すると、被害者や周囲の人に加害者の血液がつき感染症が拡がる可能性があるから、別の方法を模索しては?』です」などと書いている。特に、エイズの30倍もの感染力を持つというB型肝炎が怖いそうだ。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    安全ピン論争がさらに拡大して(写真はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【鍼灸師「痴漢に安全ピン止めて」と呼びかけ バッシング相次ぎ警察に相談】の続きを読む


    6月14日に放送された朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、万引き犯逮捕に貢献したサッカー選手が取り上げられ、様々な反響を呼んでいる。


    今回話題になっているのは、日本フットボールリーグJFL)の鈴鹿アンリテッドFCに所属する月成大輝選手(25歳)、高野次郎選手(25歳)、芦田成利選手(25歳)。3人は三重県警津警察署から、万引き犯逮捕に貢献したとして、感謝状を贈られた。

    先日、試合帰りだった3人は、被害に遭った店長が「ドロボー!」と叫びながら男性を追いかけているところに遭遇。高野選手がまず反応し、500メートルほど走ったところで男性に追いつき、距離を保ちながら戻るように説得を続けたという。

    3人は喜びの表情を浮かべながら「こういう形でチームの名前が表に出て誇りに思う」とコメントすると、ネットでは「お手柄!」「かっこいい」「ヒーローだね。地域密着していって欲しい」といった声が上がる。


    また、選手が紹介された際に映ったユニフォームスポンサーの「お嬢様聖水サワー」も注目を集めており、「お嬢様聖水サワーの字面にびっくりした」「スポンサーさんの存在感が凄すぎてニュースが入ってこない」「このスポンサー効果計り知れないぞ」と大きな反響を呼んでいる。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【逮捕貢献のサッカー選手「お嬢様聖水サワー」に大反響】の続きを読む


     どう見ても“写真に見える絵”がTwitterに投稿されました。撮った写真を元に、デジタル模写で描いたそうですが、どう見ても写真にしか見えません。

    【画像】元になった写真との比較

     画像を投稿したのはお天気日和さん。3年前、学生だった当時に学校から出された「写真模写課題」で描いた物だそうです。夏休み初日に写真を撮り、そこから30日間引きこもって描き上げました。

     信じられないという人のために、作画途中の画像も公開されました。フォトショップを使い、細かく描いているそうです。

     元写真も公開されています。写真と見比べれば、さすがに絵と写真の違いが分かるだろうと思いましたが、これが、まったく分からない! すごすぎます。

     がんばった箇所は、機体に貼ってある注意書きの文字だそうです。写真を見ながら描いたということですが、小さい文字は写真を見ても何が書いてあるのか全く分からないため、見たままの黒の濃淡を地道に調整して描いています。ここだけで2時間近くかかっているんだとか。

     この絵のモデルとなった、タイトーステーション錦糸町楽天地店の公式Twitterアカウントも「とにかく素晴らしい作品です!」とリツイート。当時のお店の様子が細かく再現されていたことから「懐かしくてちょっと泣いちゃった」ともコメントしました。

    画像提供:お天気日和さん

    これが、絵だとっ?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【30日かけて描いたゲームセンターの“絵” リアルすぎて「写真ですよね?」「描いたって何を?」と困惑の声】の続きを読む


    家族や友人の様子がおかしく「悩みがありそう」と感じた時、あなたはどんな行動を取りますか。

    悩んでいる人に対して「何か自分にできるアドバイスをしてあげたい」と思う人は少なくないでしょう。

    漫画家の仲曽良ハミ(@nakasorahami)さんはTwitter上に、ある言葉を添えてイラストを投稿。反響が集まっています。

    弟の『ひと言』に、姉は…

    『余裕のない人』がしぼりだした声を『余裕のある人』は正論を言う前に、まずは同調して聞いてあげるほうがいい、絶対。

    「学校に行きたくない」とつぶやいた弟に対し、まずは同調し、話を聞くことにしたお姉さん

    心が苦しい時に「学校には行かないとだめ」など頭ごなしに正論をぶつけても、余計に相手を追い詰めてしまうかもしれません。

    また、自分にとっては『正論』のつもりでも、相手にとっては単なる経験や価値観の押しつけに過ぎない場合もあるでしょう。

    投稿を見た人からは、たくさんのコメントが寄せられました。

    ・心に響いた。正論が人を救うとは限らない。

    ・こんなお姉ちゃんが欲しかった。こういうことをいえる人になりたい。

    ・「弱っているのを見せない人」が、突然弱音を吐いたら本当にギリギリの状態。

    相手が自分の問題を一緒に考えようとしてくれるだけで、気持ちがスッと軽くなったり、孤独感が和らいだりするもの。

    大切な人が悩んでいる時は、お姉さんのように相手に寄り添った対応ができるといいですよね。

    仲曽良さんの作品はコチラから

    自身の小学生時代をベースに漫画を投稿している仲曽良さん。ぜひ、ほかの作品もご覧ください。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @nakasorahami


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「余裕のある人は正論を言う前に…」 続く言葉に、ハッとする】の続きを読む

    このページのトップヘ