ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 芸能


    武井壮

    タレント武井壮が6日、自身のツイッターを更新。体罰を容認する考えに怒りをあらわにし、話題になっている。

     

    ■体罰を「ただの悪習」とバッサリ

    「体罰も伝統のひとつ、じゃねえよ、そりゃただの悪習って言うんだよ」と激怒した武井。

    体罰によって育った人もいる、という主張にも「そんな悪習の中でも賢く真っ直ぐに頑張って進めた奴が偉いんだよ、殴った奴が偉いわけじゃねえ」と真っ向から否定した。

    さらに、体罰がなければどうしようもない人やケースもあるという意見には「それを暴力無しでどうにかできる人間にするのが教育だろ!」と熱い思いをつづった。


     

    ■体罰は「指導の名を盾にした虐待」

    しらべぇ既報のとおり、これまでにも「体罰」「パワハラ」問題を徹底的に批判してきた武井。指導者が暴力を行使することについて「指導の名を盾にした虐待」と語っていた。

    社会科と商業科の高校教員免許も所持しているだけに、教育に対する熱い思いがあるのだろう。

    投稿を受け、ネット上では「正論だ!」「その通り」と称賛の声があがった。

    「暴力を正当化するための綺麗事はいらない。本当の愛情があるなら、暴力には決して変わらない。DVも体罰も根本的なところは同じだと思う。自分の感情もコントロールできない奴に人を教える資格はない」

     

    「そういう指導者にパワハラ受けて選手として終わった者です。凄い共感します…武井さんみたいな考えの教育者が増えて欲しいですね」

    ■「きれいごと」と厳しい声

    体罰を徹底的に批判する武井だが、一方で厳しい意見も。

    「きれいごとですね全部が全部悪いってことはこの世に存在しないのですよ」

     

    「実際に本当にどうしようもない人を暴力ではなく更生させたことはおありですか?」

     

    また、「正論を外野が言うのは本当に説得力が無いので、やめたほうがいいですよ。せめて教師として数年教壇に立ってください」との声もある。

    これを受け武井は「オレ専門学校や大学で講師をしてたけど?」と反論。この流れに「最高にスカッとする」との声が寄せられている。

     

    ■「教育やしつけに体罰は必要ない」をどう思う?

    称賛が相次いだ武井の持論だが、一部では否定的な意見もみられた。

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,353名に「『教育やしつけに体罰は必要ない』という考え」について調査したところ、1割ほどではあるが「必要ないという考えはおかしい」と回答。

    愛のあるムチであれば許される…という考えなのだろうか。

     

    一筋縄ではいかない体罰や教育の問題。しかし、影響力のある武井が体罰否定を発信していくことは、同じ考えの人からすれば心強いだろう。

    ・合わせて読みたい→「土俵以外で一切暴力ダメは無理がある」松本人志の元日馬富士擁護論に物議

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日2017年12月18日
    対象:全国20代~60代の男女1,353名(有効回答数)

    武井壮「体罰容認派」に怒涛の反論 「正論だ」「説得力がない」と賛否両論


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【武井壮「体罰容認派」に怒涛の反論 「正論だ」「説得力がない」と賛否両論】の続きを読む


    12月9日放送の情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系列)の番組中に不適切な発言があったとして、番組のエンディングTBS山本里菜アナウンサー(24)が謝罪した。

    番組エンディングの「本日のお詫びコーナーで、番組終了15秒前に登場した山本アナは「先ほどのコーナーハロウィーンをやくざに仕切らせるといった発言がありましたが、大変失礼いたしました。不適切な発言でした」と謝罪した。

    「やくざが必要ってことかな、結局はね」

    不適切発言は、同番組の司会者、お笑いコンビ爆笑問題」の太田光さん(53)とタレントミッツ・マングローブさん(43)、ナジャ・グランディーバさん(44)の3人が本音トークを繰り広げるコーナーである「光の小部屋」内で発せられたもの。

    コーナーでは、今年10月ハロウィーンで東京・渋谷に集まった若者が暴徒化し、軽トラックを横転させたことを話題に挙げてトークを展開させた。

    この中でミッツ・マングローブさんは「ハロウィーンの大義がまだ日本に根付いていないからこういうバカ騒ぎになっちゃう」と前置きし、「お祭りって、お祭りの秩序ってさ、やくざな人たちが治めてるところがあるじゃない。街々で。渋谷はね、いないんですよ。だからこれだけ好き放題にできちゃうのは、ひとつあると思うんですよね」と持論を力説した。

    上記のミッツ・マングローブさんの「渋谷はね、いないんですよ」のコメントにかぶせるように太田光さんが「やくざが必要ってことかな、結局はね」と発言し、ミッツ・マングローブさんの発言後に「じゃあ、山口組に頼みますか」とコメントした。

    番組では、これらの発言を不適切と判断したことから山本アナウンサーが謝罪を行ったとみられる。

    太田光さん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【サンデー・ジャポン「ヤクザ発言」で謝罪 山本里菜アナ「不適切な発言でした」】の続きを読む


     4日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。

     順調に成績を伸ばしてきた受験者の3人だったが、最強講師陣の1人である数学担当のたくみは「全体的にメンタル壊滅してる」と指摘。堀江とともに挑んだ第3回センター模試は3人ともまさかの点数ダウンで、勉強をしても結果が出ない状況から、不安や焦り、ストレスにより精神的に追い詰められているという。


     しかし、この状況も堀江にとっては“想定内”で、2回目まで解かせていたのは実際のセンター試験の過去問題だったが、3回目は大手予備校によるオリジナルセンター模試。実際のセンター試験よりも難易度が高く、3人の弱点をあぶりだし、慢心しないように引き締めを図ったのだという。


     さらに堀江は精神面のケアをするため、個人面談を実施。IQ148の塾講師芸人・オバンドー吉川(鬼サンダー)は「とにかくモチベーションが上がらない」と告白し、「東大に受かるメリットを聞きたい」と質問を投げかける。

     勉強の日々で心がすり減っていた吉川に、堀江は「東大って実は“フィクション”なんですよ。毎年3000人以上受かるから、実は簡単なんですよ。『ドラゴン桜』が言ってる“東大なんて簡単だ”って本当にそうで、コスパがいい」と解説。


     さらに「世の中にいろんな資格があふれてるけど、他の資格は全部クソ」と言い切る堀江。吉川が「言って大丈夫なんですか……?」と驚く中、堀江は「全然大丈夫、僕は資格を取るやつは馬鹿だって言ってる」と言い放ち、「医者とか弁護士よりも、東大の方が上なんですよ、資格として」と堀江節を炸裂させた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【堀江貴文、「東大は“フィクション”。毎年3000人以上受かるから実は簡単」】の続きを読む


    柏木由紀

    今年は2週にわたって放送される、フジテレビ系の音楽の祭典『2018FNS歌謡祭』。

    5日に第1部が放送されたのだが、記念すべきオープニングアクトキャスティングに、インターネット上が一時騒然となる事態となった。

     

    ■広瀬香美、AKB48がコラボレーション

    関ジャニ∞東京スカパラダイスオーケストラの次に、同じくオープニングクターとして登場したのが「冬の女王」こと広瀬香美と、AKB48メンバーたち。

    広瀬の大ヒット曲『ゲレンデが溶けるほど恋したい』を2組がデュエットするかたちで披露され、AKB48指原莉乃柏木由紀はそれぞれソロパートも担当。しかし、生放送でのソロ歌唱とあってかかなり緊張していた様子。

     

    ■アニソン界の女王・水樹奈々も加わる

    続いて、圧倒的な歌唱力とカリスマ性から「アニソン界の女王」と謳われる水樹奈々も加わり、オープニングアクトフィナーレは広瀬の代表曲『ロマンスの神様』を3組で熱唱。

    ここでは、水樹と広瀬がメインパートを担当し、AKB48メンバーたちがコーラスで支えるといった構成に。広瀬のパワフルなハイトーンボイスと、ビブラート美しい水樹の力強い歌声が合わさった見事なコラボレーションに、会場も大いに盛り上がった。

     

    ■「公開処刑では…」と騒然

    広瀬香美水樹奈々という声量と歌唱力に定評のあるアーティストとともにAKB48が歌唱する光景に、「軽い公開処刑では」「なぜこの組み合わせ?」と、インターネット上は一時騒然の状態に。





    中には「この状況で歌わされるのはかわいそう」といった声も。

    歌番組等では他のアーティストコラボすることも多い広瀬だが「広瀬香美のソロが聞きたい」「あのハイトーンボイスでスカッとしたい」といった声も多数あげられている。

    豪華アーティストコラボレーションは、楽曲に違ったテイストが加わって化学反応が起こることが期待される。しかし、今回は少々無理が生じてしまったようだ。

    ・合わせて読みたい→広瀬香美、事務所が「芸名使用禁止」を求める 芸名の継続使用について弁護士の見解は

    (文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

    『FNS歌謡祭』オープニングに視聴者騒然 「AKBが公開処刑」「かわいそう…」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『FNS歌謡祭』オープニングに視聴者騒然 「AKBが公開処刑」「かわいそう…」】の続きを読む


     12月3日メディアの調査・分析を行うニホンモニターが、「2018ブレイクタレントランキングを発表した。第1位に輝いたのは、NGT48・中井りかだという。

    「中井は今年、『白昼夢』(フジテレビ系)、『スマートフォンデュ』(テレビ朝日系)、『青春高校3年C組』(テレビ東京系)のレギュラー番組のほか、バラエティ番組『行列のできる法律相談所』など、257本もの番組に出演。見事ブレイクランキング1位となりました。彼女は目上のタレントにも物怖じしないツッコミが評価されており、指原莉乃に続くバラエティタレントとして注目されています」(テレビ誌記者)

     そんな中、ブレイクランキングで、丸山桂里奈やガンバレルーヤを抑えて第2位に輝いたのが、お笑いコンビノブナガである。彼らは、おぎやはぎバカリズムらとともに、若者から絶大な人気を誇るバラエティ「青春高校」のサブMCとして活躍。しかしメンバーの信太優人のみが、夏頃から突然、姿を見せなくなっている。

     これにはある深刻な事情があるという。

    「以前、番組の企画で、バンジージャンプを跳ぶという企画がありました。そこでは、高所恐怖症の女子高生を含めた出演者ほぼ全員が、頑張ってチャレンジしたものの、信太のみ逆ギレしながら最後まで跳ぶことを拒否。この行動が他の出演者の反感を買い、降板危機となっている噂が流れています。通常、こういったトラブルが起きた場合、所属事務所が間に入るのですが、ノブナガは『青春高校』の開始前、事務所を通さずに直接Pに連絡しレギュラーを獲得。これは業界でご法度とされており、太田プロは激怒したと言われています。そんな彼らの行動に、事務所の先輩である有吉弘行や、アルコ&ピース・平子祐希も、他番組などで真剣に苦言を呈しているため、現在のノブナガは味方がいない状況なのかもしれません」(芸能記者)

     昨年、出演番組0本から、今年一気に178本へ伸ばしたノブナガ。このチャンスを逃さないよう、事務所や番組と和解できるといいのだが。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【有吉弘行も拒絶?今年ブレイクのアノ芸人がテレビから消えた深刻な裏事情】の続きを読む


     TOKIOと彼らの冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)は、問題を起こして離脱した山口達也に対し、いまでもご立腹なのか。12月2日に放送された“新男米”の収穫に関する内容で、山口批判と思われる描写が何度も登場したため、ファンが騒然となっている。

     この日の放送はTOKIOが今年行った米作りを総括する内容。米作りはDASH村のころから18年も続いてきた定番企画で、従来の「新男米」に加え「ふくおとこ」も育てている。ところが、今年は田植えが1カ月も遅れたことによって成長が悪く、さらに大型の台風24号によって収穫もピンチに。米作り18年目にして最大の危機を迎えたと番組は明らかにした。

    「米作りがうまくいかなかった理由として特に番組が強調したのが、田植えが遅れたことでした。その理由をリーダー城島茂は『今年はいろいろあったから』と話していましたが、山口達也事件の影響であることは明らか。何度もしつこく田植えの遅れをアピールしていたのは、番組とTOKIOの4人の怒りにも見えましたね。何もそこまでしつこく言わなくてもと感じた視聴者も多かったようです」(芸能ライター

     さらに台風24号の対策として、国分太一が稲の株をまとめて補強するシーンが登場。4つの株を集めてしばることで強風に対抗し、倒れることなく強風をしのぎ切ったことが放送された。

    「4つの株というのが意味深だと視聴者がザワついています。4つが力を合わせて支え合って強風に耐えるというのが、今のTOKIOを表しているようだというんです。山口の事件を強風にみなしているわけで、TOKIOの山口に対する思いを代弁しているように見えました」(前出・芸能ライター

     番組の最後には、2019年に向け米作りは新たなスタートを切る予定であることを匂わせた。米作りで中心的存在を担ってきたのは山口達也。もう山口は必要ないというTOKIOの意思表示なのかもしれない。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【山口達也を遠回しに批判?「鉄腕DASH」が米作りをめぐって不満爆発】の続きを読む


    お笑いコンビダウンタウン松本人志(55)が、2日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、独自の筋肉理論を展開した。

    この日は、ストイックな体作りが度々話題になるT.M.Revolution西川貴教、「フィットネスビキニ」大会で4年連続日本チャンピオンに輝いた安井友梨がゲスト出演。“肉体派”が3人並び、話は自然と筋肉トークに発展した。

    その中で松本は「筋トレやる人は実は弱い。意志も弱い」と切り出し、「ジムに行くことをやめられない」と例を挙げる。スタジオから関心の声が上がる中、食を制限しない方が苦痛につながると主張し、「そっちの方が『負けた』という感じがする。恐怖心みたいなものがあるから弱い」と結論付けた。

    さらに、「あと、筋肉に対してすごく申し訳ないなと思ってる」と打ち明け、司会の東野幸治が「言うてること、なかやまきんに君ですよ!」とすかさずツッコミ。松本は苦笑しつつ、「申し訳ない、騙してるなと思うんですよ。だって『めっちゃ重いもの持たなあかん』と、この子思っちゃってるわけじゃないですか? 本当は実生活でそんな重いものを持たなくても……」と語り、小声で「これもあまり大きい声で言うたらアカン。(筋肉が)聞いてるから」と注意を呼びかけて笑いを誘っていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【松本人志、独自の筋肉理論を語る「筋トレやる人は実は弱い」】の続きを読む


    (画像は ゆきぽよ公式Instagramスクリーンショット

    2日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、退職代行サービスについてモデルゆきぽよが辛辣発言を行い、批判が殺到している。

     

    ■「退職代行サービス」を紹介

    番組では労働者に代わって会社退職時の実務を行う「退職代行サービス」を取り上げ。会社を退職する際に、意思伝達から事務処理まで一切の手続を代わってくれるという。

    正社員・契約社員で5万という高額な費用ながら、辞めたくても辞められない20代の間で利用者が急増していると紹介された。

     

    ■ゆきぽよが「いらない」とバッサリ

    この件についてコメントを求められたゆきぽよは、「気持ちが全然わからない。こんなサービスいらないと思う」と断言。そのうえで、

    「ゆきは、自分のケツは自分で拭けというタイプなんで。多分どこかのゆとり世代の誰かが考えたと思うんですこのサービスって。

     

    こういうゆとり世代っぽいサービスを考えられると、関係ないゆとり世代まで怒られるんです。馬鹿にされるんです。ぜひ止めていただきたいですね。こういうサービスを考える男性が多いから、今世のなかには草食男子多くてゲームばかりする男子が多い」

     

    と怒りを見せる。さらに同世代の黒羽麻璃央も「退職代行サービス」に否定的な見方を示した。


    ■杉村太蔵はサービスに理解

    退職代行サービスを否定するゆとり世代ゆきぽよ・黒羽に対し、オジサン世代は反論。太田光は「利用者がよっぽど追い詰められてるんじゃないか」とし、杉村太蔵は、

    ゆきぽよの話は強者の理論なの。辞めたくても辞められない。暴言吐かれたり、ブラックバイトとかブラック業はいっぱいある。そういう人たちはなかなか声に出せない。こういうサービスは普及したほうがいいと思います。

     

    それだけ辛いを思いをして藁をもすがる思いでサービスができた」

     

    と理解を見せる。ただし、料金については「この金額が払えるなら弁護士事務所に相談したほうが良い」と述べた。

     

    ■岩下尚史も「悪いことじゃない」と理解

    また、岩下尚史も、

    「間に人を立てるってのは悪いことじゃないと思いますよ。会社と雇用関係も変わってるし、会社残っても3年毎に人が変わるような世の中になっているんだし。

     

    昔だって奉公人が辞めるときには付き添いが来たんだし。私だって気が弱いから、会社辞めるとき大変だったんだよ。髪の毛が抜けたんだよ少し」

     

    と、擁護的なコメントテリー伊藤も理解を見せつつ、「弁護士に相談したほうが良い」とした。いわゆるゆとり世代サービスを「ゆとりっぽい」と猛批判し、オジサン世代が理解を示すという議論が繰り広げられる展開となった。

    大田・岩下・杉村はアルバイトや会社員経験を持っているだけに「ブラック企業」で苦しめられている人の気持ちを知っていることも理解を示す要因か。


    ■ゆきぽよにネット民の批判が集中

    ネット民からは「退職代行サービスは必要ない。ゆとりがバカにされる」とバッサリ切ったゆきぽよに批判の声が集中している。






     

    ■擁護の声も

    一方で「ゆきぽよは世間を知らないのだから仕方ない」「正直な意見なので叩くべきではない」と擁護する声も。




     

    ■思慮を欠いた発言か

    岩下尚史や杉村太蔵が述べたように、ブラック企業に勤めると恫喝され退職を言い出せないケースや、違法ながら「損害金を払え」などと脅す社長などが存在する。

    「退職代行サービス」はそんな「辞めたくて辞められない」という苦しみから労働者を救うもので、一定の価値があると思われる。実際に利用する人も多いようだ。

    また、弁護士の場合「高額な費用」を要するイメージもあり、若者は二の足を踏んでしまいがちという要素もある。気軽に相談できるという点も、好まれているのだろう。

    そんな退職代行サービスを「ゆとりっぽい」「必要ない」とバッサリ言い切ったゆきぽよの発言は、思慮を欠いたといわざるをえず、炎上を招いてしまった。後は自分のケツを自分で拭くしかない。

    ・合わせて読みたい→店員に対して感謝の気持ちで接してる?ゆとり世代が驚愕の主張

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    ゆきぽよ、退職代行業を「ゆとりっぽい」とバッサリ→炎上 オジサンはサービスに理解


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゆきぽよ、退職代行業を「ゆとりっぽい」とバッサリ→炎上 オジサンはサービスに理解】の続きを読む


    過去にTwitterへ投稿した「ぶすに人権はない」などの不適切な発言により、今年5月に所属事務所から契約を解除されたモデル・俳優の夏目雄大(22歳)が12月1日Twitterを更新し、フリーの俳優として芸能活動を再開すると発表した。


    夏目はこの日、「ご報告 皆様へ、手紙にて失礼致します。」と、直筆のメッセージを公開。

    「平成30年5月、当時16歳の私の不適切な投稿が取り上げられ、皆様に大変不快な思いをさせてしまいました」
    「私は、それをきっかけに芸能活動を全面謹慎し、今日までの約半年の間、自分が犯してしまったことと真剣に向き合ってきました。そして、私のしたことが、どれだけ不快で卑劣なことだったのか身を削り深く痛感いたしました」
    「過去のこととはいえ、私がしたことで皆様を傷つけてしまったことは、決して過去にはできず、償って許されるものではないと思います」
    「謹慎期間中、いまいちど私自身、尽くしてきた芸能活動を通じて、一社会人としても過去の自分の向き合い、未熟ながら行動や結果で認めていただけるよう努力していきたいと考えるようになりました」


    そして、今後の予定として「12月以降はフリーとして活動させていただきながら誠心誠意頑張らせて頂きたいと思います」と、活動再開への決意をつづっている。

    舞台「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」などに出演した夏目は、「ぶすに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」などの過去の投稿が発掘され、今年5月に大炎上。出演を予定していた舞台も降板、所属事務所とも契約解除となった。6月には一連の騒動を謝罪。「ご期待ご信頼を裏切る形となり、いくら悔やんでも悔やみきれません。本当に申し訳なく感じております」と反省の弁を述べていた。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ぶすに人権はない」で大炎上の俳優が活動再開】の続きを読む


     叶姉妹の美香さんが11月28日アニメヤッターマン」に登場するドロンジョ様のコスプレブログSNSで公開しました。その再現度の高さに、ファンからは「リアルドロンジョ!」と驚きの声が上がっています。ドロンボー一味に入団不可避。

    【画像】ドロンジョ様になった美香さん

     左右に角の付いた仮面と、バストが強調されるチュートップレオタードをまとい、今にも「このスカポンタン!」とののしってくれそうな雰囲気を醸し出している美香さん。衣装は当初姉の恭子さん用に製作されたものでしたが、恭子さんから「いがいせいが魅力的だから」(原文ママ)と着用を勧められ撮影に臨んだようです。はた目には完璧なコスプレに見えるものの、美香さんは「内側から滲み出る自然と気高く女王のような雰囲気が私には難しく……」と、サディスティックなドロンジョに100%なりきれなかったことを吐露し、恭子さんとの差を痛感していました。意識高すぎ!

     ファビュラスなボディーを生かし、これまで数々のコスプレに挑戦してきた叶姉妹の2人。12月24日には、その集大成となる写真集『ファビュラス叶コスプレアート写真集 FABULOUS COSPLAY WORLD』(玄光社)を出版することを発表しており、美香さんは11月15日ブログで「あくまでもコスプレーヤーではない叶姉妹パッションと愛込めて」(原文ママ)と一般のコスプレイヤーに配慮したコメントを残すなど、真摯(しんし)な姿勢で取り組みを続けてきました。

     ネットでは「ボヤッキーになりてー!」「これ以上のドロンジョ様になれる人がいなくなってしまいました」「嫌味のないセクシーさがいい」「芸術的でとても好き」と喝采が巻き起こっており、「真摯にコスプレをしてくださる姿勢に感服」と美香さんのコスプレイヤー意識の高さに感心するファンもいました。

    コミケに通うなど、学ぶ姿勢でオタク文化に触れてきた(写真は2017年撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【似合わないわけがない! 叶美香、再現度120%のドロンジョ様コスプレが二次元に負けないクオリティー】の続きを読む

    このページのトップヘ