ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: お酒



    "若者のアルコール離れ"容認も「飲みニケーションは必要」が6割

    ワイン情報サイトワインバザール」は2月24日「若い世代のアルコール離れ」に関する調査結果を発表した。調査は今年2月にネット上で実施し、20代以上の男女2175人から回答を得た。

    飲酒頻度について「ほとんど飲まない」「まったくお酒を飲まない」と回答した人は40.1%となった。飲酒しない理由を聞くと、「そもそも好きではない」(40.8%)が最も多く、「体質的に受け付けない」(30.4%)、「美味しいと思えない」(29.7%)と続く。

    2割は「努力すれば楽しく飲めるようになる」「ビジネスシーンでのアルコールマナー

    以降「健康によくないから」(14.4%)、「酔っ払いたくないから」(12.9%)、「お金が無いから」(9.4%)、「飲み会の雰囲気が苦手だから」(9%)といった人も1割程度いる。

    若い世代のアルコール離れについては「どちらとも言えない」(50.9%)が最多だが、「いい傾向」(34.6%)が「いい傾向とは言えない」(14.4%)を上回った。

    飲酒についても「気にせずソフトリンクを飲めばいい」(76.6%)、「飲みたくないのに無理に飲む必要はない」(82%)という人が8割程度。お酒を飲まない人に対する理解は進んでいるようだ。

    ただ「飲みニケーションは必要だ」と回答した人は61.7%と過半数だ。また「一滴も飲まないのは場がしらける」(15.4%)、「努力すれば楽しく飲めるようになる」(18.6%)、「ビジネスシーンでのアルコールマナーだと思う」(15.6%)という人も2割程度いる。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【"若者のアルコール離れ"容認も「飲みニケーションは必要」が6割 一部「一滴も飲まないのは場がしらける」という人も】の続きを読む



    「若い人ほどお酒を飲まない」傾向が明らかに

    ワイン情報サイト「ワインバザール」を運営するバザールは2月16日、 「お酒を飲む頻度」に関する調査結果を公表した。調査は今年2月11から13日、ネット上で実施し、20歳以上の男女6553名から回答を得た。

    「お酒をどのくらいの頻度で飲みますか?」と聞いたところ、「毎日飲む」と答えた人は20.4%、「週に2~3回飲む」は14.3%、「週に1回程度飲む」10.1%、「月に2~3回飲む」7.5%、「月に1回程度飲む」が7.5%で、全体の59.8%が月に1回以上は飲んでいることが分かった。

    女性の方が「まったく飲まない」という人が多い

    一方で、「ほとんど飲まない」は全体で15.4%。「まったく飲まない」(24.7%)と合わせると、40.1%がほとんど飲酒していない。2016年の前回調査と比較すると大きな変化はないものの、「まったく飲まない」と答えた人が1.6ポイント増えている。

    女性だけに限ると「まったく飲まない」は31.2%にものぼった。年齢別で見ると「毎日飲む」は60歳以上で28.5%だが、20代は10.6%に留まり、若者ほどお酒を飲んでいないようだ。

    また、男女別に比較すると男性のほうが飲む頻度が高い。「毎日飲む」男性は26.5%、女性が14.3%。「月に1回程度」以上飲むと答えた男性は58.3%、女性で51.3%、「まったく飲まない」は男性で18.3%、女性で31.2%だった。

    EPAで欧州ワインが安くなる一方、日本人アルコール離れが進んでいる

    調査元は、日本酒や焼酎ブームが続く中海外での人気も高まっており、EPA発行による関税の撤廃で欧州ワインが手に取りやすくなるなど、喜ばしいニュースを告げている。一方、日本人アルコール離れが進んでいるとも言われる中、「実際に、国税庁による『酒レポート』では平成8年度をピークに種類販売(消費)数量は年々減少しています」とも報告している。

    今回は、ワインバザールが2016年公開したレポート「進む若者の"酒離れ"。20代男性は39.8%が「月に1度もお酒飲まない」から3年ぶりの再調査だった。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「若い人ほどお酒を飲まない」傾向が明らかに 3年前より「お酒をまったく飲まない」人が微増、日本人のアルコール離れ進む】の続きを読む


    上司が部下を飲みに誘うと「パワハラ」と言われかねない風潮がありますが……(写真:Fast&Slow/PIXTA)

    こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

    日々、研修やカウンセリングを通じて、人事や労務、管理職の方との関わりが多くあります。その中で、よく聞かれるのが、管理者側からの「若い人とどのように付き合ってよいかわからない、『パワハラ』とか言われたらかなわないから、おちおち飲みにも誘えない」という嘆きとも諦めとも取れるセリフです。

    確かに世の中の風潮としては、仕事とプライベートは切り分けて、それ以外の付き合いはご法度のような、それぞれのライフワークバランスを重視する印象は強くあります。一方、新卒、中途を問わず入社1~3年目の職員と話す機会も多くあるのですが、現場にいると、違和感を覚えることも実に多いのです。果たして、割り切って距離を置くことが本当に必要なのでしょうか。

    若い人から聞こえてくる「寂しい」という言葉

    入社数年以内の職員のカウンセリングを必須としている企業が最近は増えてきました。20代~30代前半の若い層の方々と話をしていくと、かなりの確率で「寂しい」という言葉が発せられます。何に対しての寂しさかというと、社会人としての「つながり」を求める声です。

    アフターファイブ(この言葉自体を聞かなくなりましたが)の付き合いもなく、ましてや仕事中に思ったことを話すという機会もなく、親しくなれない。距離を感じ、話かけることにすら勇気がいるというのです。

    気軽に話しかけられないということは、わからないことを職場で気軽に相談できる相手がいない、ちょっとしたことを話す場がないということです。要するに、わからないことがあっても尋ねることに躊躇してしまうわけです。

    実際に、出社してすぐトラブルに見舞われたが、いつ上司に指示を仰ごうかとタイミングを見計らっているうちに就業時間が終わってしまったなんていう話を聞くこともあります。極端な例ではあるかもしれませんが、多かれ少なかれ、そのような事態と結びつくと、業務効率は下がり、意欲の低下は起こります。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「部下を怖くて誘えない」上司の残念な勘違い】の続きを読む


    「アルパカ・無垢 絶対もらえる!抽選で当たる!キャンペーン」イメージ
    森永乳業は、アサヒビールと共同で販売促進企画の第2弾として「アルパカ 絶対もらえる!抽選で当たる!キャンペーン」を、9月上旬から11月30日まで全で実施している。全約10万店舗に対し、チーズ売場とワイン売場の双方で、共通の販促ツールを使用し展開。

    双方の売場で両ブランドを訴することで、同時購入を促進し、それぞれのユーザーへの認知向上、購入者層の拡大、トライアル獲得をすもの。

    昨年9月から12月に実施した第1弾では、キャンペーンの応募者が期間中4万通を見込んでいたが、応募総数は15万通と好評だったため、今回も第2弾を実施し、また店頭におけるクロスMDを提案することで、両ブランドの相性のよさをより訴し、同時購入を大きく取り込んでいく。

    キャンペーンは、対商品に貼付している応募マーク20枚集めて応募すると、オリジナルロゴ入り木製プレートを全員プレゼントする品総付けコースと、応募マークを3枚集め応募するとオリジナルロゴ入りBRUNOコンパクトホットプレートを、抽選で500人にプレゼントするクローズ懸賞コースの2タイプ

    なお「クラフト」は173月に発売した大人向けおつまみチーズ。「アルパカ」は輸入デイリーワインブランド

    アルパカ 絶対もらえる!抽選で当たる!キャンペーンWEBサイトhttps://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/alpaca/cp/180901-181130/?sc_cid=ca_mnm_ba_39463

    〈食品産業新聞 2018年9月10日付より〉


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【チーズ「無垢」×ワイン「アルパカ」、共同でキャンペーン展開/森永乳業・アサヒビール】の続きを読む

    このページのトップヘ