ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ゲーム


    shutterstock_705666394

    28年ぶりに訂されたという「際版疾病分類(ICD-11)」。その中へ新たに追加された精神疾患が「ゲーム」です。日本でも、その疑いがある人が多いと言われる「ネット依存」ですが、一体どのような状態を「病気」と診断するのでしょうか? 今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、その内容を会話形式でわかりやすく解説しています。

    ゲーム障害

    ゲーム」という言葉がある。正直なところ、いら立った親たちが作り出した造のように聞こえるが、堂々巡りの議論の末、この用世界保健機構WHOによって認定され、精神疾患として、際疾病分類の最新版に加えられたようだ。際版疾病分類(ICD-11)は、28年ぶりの訂らしい。

    ——

    新米 「また、が来ましたから、うちの事務所健康診断の季節ですね~」

    大塚T 「そうやね。私の担当のB社さんは、ストレスチェックの時季でもあるわぁ。準備しないと…」

    新米 「メンタルヘルスといえば、精神疾患の中でも『ゲーム』っていうのが正式に病気として認定されたとか…?」

    大塚T 「あ、知ってるぅ!世界保健機関WHO)が精神疾患として認定したんでしょ?」

    新米 「そうみたいですね!オンラインゲームテレビゲームに没頭して、生活や健康に支障をきたす状態を『ゲーム』というそうなんです」

    E子 「厚労省ホームページにも書いてあったわ。『6月18日)ジュネーブ時間12時日本時間18日19時)、世界保健機関WHO)が、際疾病分類の第11回訂版(ICD-11)を表しましたので、お知らせします』って。際疾病分類ICDっていうと、WHOがすべての病気や怪を分類するために作ったもので、それに基づいて日本でも行政の疾病や死亡の分類が行われるそうよ。つまり世界標準で使われる公式の病名リストってことね」

    大塚T 「現在使われているのは1990年訂された第10版(ICD-10)で、ICD-11は今回、28年振りの訂となるそうですよ」

    新米 「へぇ~、およそ30年ぶりですね。10版は、の生まれる前?」

    E子 「この表を受け、加盟は、分類の翻訳など自での適用へ向けた準備を開始することになって、2019年5月世界保健総会へ提出される予定だそうよ。今後、日本も適用に向けた検討をしていくんでしょうね」




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【WHOにも認められた精神疾患「ゲーム障害」ってどんな症状?】の続きを読む


    任天堂の「スーパーマリオシリーズに登場する「クッパ」を女性擬人化した二次創作キャラクタークッパ姫」が、Twitterを中心に世界的なブームを巻き起こしている。インターネット署名サイトでは、任天堂に対して「クッパ姫」の公式キャラクター化をめる署名が乱立するなど盛り上がりが拡大している。


    クッパ姫」とは、新作に登場予定のアイテムスーパークラウン」によって、「クッパ」がピーチ姫の姿に変身したという設定の二次創作キャラクター海外Twitterユーザー擬人化漫画投稿したことをきっかけに、多くのファンアートが生み出され、「キングテレサ姫」や「ヨッシー」などキャラクターも誕生。大川ぶくぶ氏など人気漫画家や、世界YouTuberPewDiePie氏も「クッパ姫」を取り上げている。その一方、版元などに迷惑が掛かる可性があるファンアートには注意すべきといったもあがっている。


    クッパ姫ブームが広がる中、インターネット署名サイトでは任天堂公式キャラクター化をめるための署名が乱立。「Bowsette is Real」という署名では、「クッパ姫」がネットユーザーに受け入れられていることを説明し、12月発売予定の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で公式に登場させて欲しいとしている。この署名は既に7000人以上もの賛同者を得ている。海外発信のものが多いが、「任天堂クッパ姫公式キャラ化してください!」という日本語の署名も存在。「公式化により多くの方々が二次創作をやりやすくなるはず」としている。


    公式化をめる署名が行われる一方で、この動きに反対する「Keep Bowsette Unrealクッパ姫公式化署名反対」も始動。「クッパ姫」が公式化されると、「クッパ姫にかかわる全ての二次創作が禁止される恐れがある」として、署名の乱立を「馬鹿げた行為」と非難。ファンの間だけで楽しむべきであると訴えている。なお、日本海外公式化の受け止め方の違うことについては、海外では二次著作物に公式許可が必要な場合が多いことが関係しているとの見方もある。

    画像は「Change.org」スクリーンショット


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「クッパ姫を公式キャラに」任天堂宛ての署名乱立 日本からは公式化反対署名も】の続きを読む


     任天堂9月27日カートレンタル事業「株式会社マリカー」へ不正競争行為と著作権を行ったとして東京地裁で訴訟を起こしていた件について、勝訴したことを発表しました。判決ではマリカーに対し、不正競争行為の差止めと、損賠償の支払いなどが命じられています。

    【画像】任天堂の発表文

     同社は任天堂ゲームソフトマリオカート」の略称を社名に用いている他、を走れるカートレンタルの際にマリオなどのキャラコスプレ衣装を貸与しています。任天堂はこれらが知的財産権の侵に当たるとして、2月に損賠償をマリカーめる訴訟を起こしたと発表していました。これを受けマリカーは、事業は侵行為には該当しないとし、「大変困惑しております」と明文を表していました。

     判決では、同カートレンタルの需要者の間に「マリカー」という標章が任天堂の商品表示として広く知られていることが認められました。その上でマリカーには、営業活動においてマリオといったキャラコスチュームの貸与が禁止されるなど、不正競争行為の差止と損賠償の支払いなどが命じられました。任天堂は「長年の努により築き上げてきた当社の大切な知的財産を保護するために、当社のブランドを含む知的財産の侵行為に対しては今後も継続して必要な措置を講じていく所存です」とコメントしています。

    株式会社マリカー


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【任天堂が“公道マリカー”事業者に勝訴 コスプレ衣装の貸出禁止や損害賠償の支払い認められる】の続きを読む


    東京ゲームショウ2018」で、23年ぶりとなる『ロマンシング サガシリーズ全新作が発表された。しかしコンシューマーゲームではなく“スマートフォン専用ゲーム”だと明かされ、「期待を裏切られた……」としょんぼりしてしまうファンも多いようだ。

     今回発表されたタイトルは、『ロマンシング サガ リ・ユニバース』。1995年に発売された『ロマンシング サガ3』から300年後の世界が舞台で、歴代シリーズキャラクターも“異界の戦士”として登場する。同ゲームスクウェア・エニックスアカツキタッグを組んで制作シリーズえたオリジナルストーリーが描かれるという。

     しかしファンめていたものは、どう考えても『ロマンシング サガ4』。昨年の終わりにスクウェア・エニックス河津秋敏が「その他未発表の物も色々用意しています」とツイートした時も、「とうとうロマサガ4がくるのか!?」「未発表の物…… これは期待してもいいの?」と話題になっていた。

     そのため“全新作”と銘打たれた『ロマサガ』のスマホゲーに、往年のファンはがっかり。ネット上では「ワクワクを返して……」「とうとう来たと思ったらスマホゲーかよ」「なんでこんな残酷なことができるんだ……。『ロマサガ4』をいつまでも待ち望んでる人がたくさんいるのに。悔しいよ」「こんなロマサガは見とうなかった」「スクエニ、やりやがったな?」といったが続出している。

     また「昔の面かったゲームか次々とスマホゲーに堕ちてゆく……」との嘆きも。最近では『テイルズ オブシリーズの“全新作”として、『テイルズ オブ クレスリア』のリリースが発表された。ところがこちらもコンシューマーゲームではなくスマホゲー。その為ファンからは、「あ、テイルズ死んだな」「スマホゲー堕ちだけは勘弁してくれよ」「せっかく『ベルセリア』が面かったのにこんなのあんまりだ……」といったブーイングが相次いでいた。

     そのほか『ブレスオブファイア6 白竜の守護者たち』や『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精』、『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』『スターオーシャン:アナムネシス』『ファイアーエムブレム ヒーローズ』『D×2 真・女神転生 リベレーション』など、近年では様々な名作スマホゲーになって登場している。

     スマホゲーはお手軽にプレイできるというメリットがあるが、コンシューマにはない課金といった要素が加わるため、過去作と同列に並べられてしまうと違和感を覚えるファンも多いよう。せめて「全新作」や「名作の続編」と謳ってファンの期待を煽り、後々がっかりさせるのはやめてほしいと思うが……。

    『ロマンシング サガ リ・ユニバース』公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ロマサガシリーズ完全新作に大ブーイング!? 名作ゲームの“スマホゲー堕ち”にがっかりする人々】の続きを読む



    民的ロールプレイングゲームドラゴンクエストシリーズに登場するモンスタードラキースライムより少しだけ強く、そしてかわいらしい。さすがに「ドラキー」に苦しめられたというプレイヤーは少ないと思うが、そんなドラキーにはいまだ解明されていないがある。

    ・タホドラキーの「タホ」の意味
    ドラキーには複数の種類が存在し、メイドラキーグレートドラキードラキーマなどがいるが、その名前の由来が理解不な「タホドラキー」が注を集めているのだ。そう、タホドラキーの「タホ」の意味を知る者がいないのである。

    ・複数の人たちが諸説をっている
    このタホドラキーの「タホ」のは、いまだに解明されていないドラクエの秘密として伝えられており、複数の人たちが諸説をっているものの、どうしてタホなのか、そもそもタホとは何なのか、公式にはまったく不明なままとなっている。

    ・噂されているタホドラキー(推測)
    1. 英語の「タフ」を「タホ」にしてしまった
    2. 津軽弁で強いという意味の「たほ」が
    3. 堀井さんが当時お気に入りだった多保ちゃんが

    に棲んでいて緑色になった?
    上記の情報はあくまで確のない憶測であり、あてにならない。ちなみにタホドラキーは「に棲んでいて緑色になった」「ドラキーお母さん」など、その生態についてもいろいろな説がある。

    皆さんは、タホドラキーの「タホ」の意味をご存じだろうか。もし知っていたら教えてほしい。


    もっと詳しく読む: ドラクエの解明されない謎 / タホドラキーの「タホ」って何? 意外な情報判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/26/magidrakee-dragon-quest-news/




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【話題】ドラクエの解明されない謎 / タホドラキーの「タホ」って何? 意外な情報判明】の続きを読む


     スマートフォンゲーム星のドラゴンクエスト」のガチャ表記を巡る集団訴訟で、東京地方裁判所は9月18日、「原告(プレイヤー)側の請をいずれも棄却する」との判決を下しました。裁判結果については既に報じていましたが、判決文を確認したところ、裁判では「5そうびは、上記のそうびの他にも排出される場合があります」という1文の解釈が大きな争点となっていたことが分かりました。

    【画像:問題となっていた表示部分】

     同裁判は、2015年実装され、「つるぎ」や「グリンガムのムチ」「おうごんのツメ」などの“ピックアップそうび(いずれも最高レアの「5」)”が手に入った、「レジェンド宝箱ふくびき」の表示を巡って争われていたもの。原告側は「ピックアップそうびは極めて低い確率でのみ排出されるにもかかわらず、(中略)高い確率で排出されるかのように表示して」いたとしており、裁判では実際にそのような表示があったかどうかがな争点となりました。

     中でも焦点となったのが、冒頭でも触れた「※5そうびは、上記のそうびの他にも排出される場合があります」という表記です。運営側は当時、「5」全体の出現率を「7」と表記していましたが(※)、この「7」の中には、ピックアップ以外の5そうびも多数含まれており、玉であるピックアップそうびが実際にどれくらいの割合で提供されていたかは不明でした。

     原告側はこの「他にも排出される場合があります」という書き方について、「ピックアップそうびは著しく低い確率でしか排出されないにもかかわらず、ピックアップそうび以外の排出が例外的であるかのように表示」したものであるとして、運営元であるスクウェア・エニックスに対し、ユーザー8人分、合計300万円の返めていました。

    ※このころはまだ個別の排出率は表示しておらず、レア度別の排出率表記だった

     しかし、判決ではこの表記について、「ピックアップそうびの出現確率が他の5そうびよりも高い旨表示していると認識されるものとはいえず(中略)、単にピックアップ装備以外の5そうびも排出される可性があるという事実摘しているもの」と判断。原告らのについて、「それのみでは本件表示が5そうびの排出割合までも表示しているとまでは認識できず、原告らのは採用できない」としました。これを踏まえ、裁判所側は最終的に、運営側による詐欺品表示法違反はなかったと結論付けています。

     原告側によれば、判決文には「事実誤認と意味不明な文言」があり、現在は控訴の準備中とのこと。

    不当表示の有無が争われていた「レジェンド宝箱ふくびき」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「星のドラゴンクエスト」ガチャ集団訴訟はなぜプレイヤー側敗訴となったのか 裁判所の判断は「不当表示なし」】の続きを読む



    任天堂9月19日家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の有料オンラインサービスNintendo Switch Online」を開始した。これまで償だったソフトが有料になり、引退者が出るなど、ちょっとした騒動となっている。

    Nintendo Switch Online」に含まれるソフトは、オンラインプレイ対応の『スプラトゥーン2』『マリオカート8 デラックス』などで、ネットを通じてプレイヤーと協したり、世界中のライバルと競い合ったりできるゲームだ。

    有料化に伴いほかにも、ネット経由でセーブデータを保管できる「セーブデータお預かり」機が加わった。さらにオンラインプレイ中にアプリを立ち上げると、プレイヤー同士でボイスチャットができる「スマホ向けアプリ」や、Nintendo Switchで「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」「ドンキーコング」などファミコンゲーム名作なども楽しめるようになった。

    は1アカウントで利用する「個人プラン」と最大8アカウントで利用できる「ファミリープラン」の2タイプ。「個人プラン」は、1カ300円)、3カ800円)、12カ2400円)から選択できる。「ファミリープラン」は12カ4500円のみ。

    SNSではオンラインプレイの有料化で、Switch引退すると宣言するユーザーが現れている。Switch本体やソフトを売るといったや、任天堂に「ゲーム会社はほかにもある」などと有料化の撤回を電話抗議するといった人まで現れる騒動に発展している。

    こうした流れに対して、苦言もまた多い。有料化はサービス向上には仕方ないとしたうえで、300円程度で文句を言う人が引退すればオンライン環境が良くなるなどの皮立った。また、コンテンツに対価を支払わない姿勢が「漫画村」を利用する感覚にも通じるという摘もあった。

    スマホアプリゲームを中心に“基本プレイ無料”があふれる昨今、コンテンツがなんでも無料で享受できると思い込んでしまう潮が顕在化した騒動だともいえそうだ。

    山中一生)

    ■関連リンク
    Nintendo Switch公式サイト
    https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/index.html



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【スイッチのオンライン有料化で騒動 引退者も現れ物議】の続きを読む


    本来人間ではないものを人間のようにデザインする「擬人化」。日本ではアニメゲームで採用されることが多いですね。最近の擬人化作品では、動物から機物までさまざまなものが美少女になるパターンが多く存在します。
    そこで今回は、擬人化ゲームの決定版について調ランキングにしてみました。一番人気のある擬人化題材のゲームとは、一体どのゲームだったのでしょうか?

    1位 艦隊これくしょん -艦これ-
    2位 刀剣乱舞-ONLINE-
    3位 けものフレンズFESTIVAL
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は『艦隊これくしょん -艦これ-』!

    艦船少女駆ける、『艦隊これくしょん -艦これ-』が堂々の1位きました。
    戦闘向けの艦船を擬人化し「艦娘」という美少女にした本作、プレイヤーは「提督」となり彼女らの育成や作戦揮を行い、無敵の艦隊を作り上げることが的で、100体以上もの個性的なキャラクターが特徴ですね。
    かわいらしい彼女たちは、衣服の上に戦艦武装や艦船の特徴的なパーツを身につける独特な貌をしており、実在する戦艦などをモデルにしていることもあって萌え好きとミリタリ好きの両方からされる作品となりました。

    2位は『刀剣乱舞-ONLINE-』!

    自身が戦う、『刀剣乱舞-ONLINE-』が2位を獲得しました。
    ぱっと見かっこいい武士たちが多数登場するように見える本作、実は彼らは人間ではなくそのものが擬人化した「刀剣男士」で、プレイヤーは彼らを作ったり育てたりしながら最強隊を結成し、歴史を遡って数々の敵を討つこととなります。

    3位は『けものフレンズFESTIVAL』!

    アニメからゲームへ、『けものフレンズFESTIVAL』が3位にランクインしました。
    世界のどこかに作られた巨大総合動物園ジャパリパーク」には、秘の物質「サンドスター」で人の姿になった動物たち「フレンズ」が多数存在しており、「でんせつのおたから」を巡って「けものの祭典・ジャパリまつり」でべをすることとなります。

    いかがでしたか?
    TOP2はわずか24票差、3位に5倍近くもの得票差をつける接戦を繰り広げており、両方ともかなりの人気タイトルであることが分かる結果となりました。

    今回は「擬人化ゲームの決定版といえば?」をご紹介させていただきました。気になる4位~34位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキング投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,177票
    調期間:2018年8月09日2018年8月23日
    擬人化ゲームの決定版といえば?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【擬人化ゲームの決定版といえば?】の続きを読む


     東京ゲームショウ2018で、「ロマンシング サガシリーズの最新作「ロマンシング サガ リ・ユニバース」が発表されました。iOSAndroid向けに基本プレイ無料アイテム課金制)でリリース予定。配信時期は未定です。

    【その他の画像】

     舞台は「ロマンシング サガ3」の300年後。シリーズえたオリジナルストーリーで、過去作のキャラクターも参戦。閃き形など、サガシリーズならではのバトルはそのままに、スマホで壮大な冒険を体験できそうです。

     合わせて、「ロマンシング サガ3」のHDリマスター版の発売時期が2019年初頭と発表されました。対応プラットフォームは8種類(PS4Nintendo SwitchXbox OneWindows 10SteamPS VitaiOSAndroid)。

     また、東京ゲームショウ2018のスクウェア・エニックスブースではスペシャル生放送を予定。サガシリーズ総合ディレクター河津秋敏さんや作曲伊藤賢治さんらが出演し、初開の情報を配信する予定です。番組は9月22日13時20分からYouTubeニコニコ生放送視聴できます

    23年ぶりの完全新作


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ロマンシング サガ リ・ユニバース」電撃発表 23年ぶりの「ロマサガ」完全新作】の続きを読む


     ライトフライヤースタジオ運営するスマートフォンゲームアナザーエデン 時空を超える猫」について、運営9月19日、同ゲームガチャにおいて、特定ケースで再抽選を行うプログラムが組み込まれていたとして謝罪しました。これに伴い、現在ガチャおよび「クロノスの石(課金アイテム)」の販売を全て停止しています。

    【画像:組み込まれていた再抽選プログラム】

     9月13日に発生していたガチャの不具合が発端となって発覚したもの。このときは一部のユーザーから「特定の時間帯にガチャを引くとほぼ最高レアばかり排出される」という報告があがっており、これについて調を進めていくなかで、今回の内部プログラムの存在が発覚したとしています。

     抽選プログラムの内容は、「10連ガチャで同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選される」「10連ガチャ5クラス仲間が4体以上含まれる場合に再抽選される」というもの。要するにガチャ結果が極端に「悪すぎた」あるいは「良すぎた」場合に、それをなかったことにして引き直すというもので、いずれもごくまれなケースであるとはいえ、表示されていた確率通りに抽選を行わず、プログラムによって抽選結果を操作していたということになります。

     同プログラムが組み込まれた理由については、前者は「お客様の不利益に繋がると危惧し」、後者は「ゲーム内の性を維持することを的に」それぞれ実装していたと運営側は説明しています。組み込まれていた期間は、前者が2017年5月12日から現在まで、後者6月29日から現在まで。運営側は対応として、これまでに再抽選が行われていたユーザーに対し個別に補填を行うほか、全ユーザークロノスの石1万個(約3万円分)などの配布を行うとしています。

     スマートフォンゲームガチャを巡っては、以前から「ユーザーの見えないところで運営側が不正に排出率を操作しているのではないか」という疑惑があり、今回のケースは、状況としてはかなり限定されるものの、「確率操作が実際にあった」ということを明してしまったとも言えます(もちろん、だからといって他のゲームでも同様に行われている、というわけではありません)。 

     「アナザーエデン運営は今回の件を受け、「この度発生しておりました不具合につきましては、お客様皆様に対する配慮が至らず、ご不快の念をおかけし大変申し訳ございません」「お客様に今後も安心してお楽しみいただけますように再発防止に努めるとともに、その他にもいただいております不具合に関するお問い合わせにつきましては、継続して調を続けてまいります」と謝罪しています。

    「アナザーエデン」公式サイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ