ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 北朝鮮


     複数の情報によると、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長は23日、2回目の米朝首脳会談が開かれるベトナムの首都ハノイに向け、平壌を列車で出発。列車は同日深夜、国境を越えて中国遼寧省丹東に入った模様だ。タス通信によると、金委員長は23日午後5時(日本時間同)ごろに平壌を出発した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【金正恩氏、ハノイへ向け平壌を列車で出発】の続きを読む


    共同通信が12日付で報じたところによると、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は昨年12月、日本の植民地時代に徴用されるなどした朝鮮半島出身者の「強制動員」問題を日朝交渉で取り上げる用意があると、モンゴルを介して日本政府に伝えていたという。

    これはつまり、いま日韓の摩擦の種となっている従軍慰安婦問題や徴用工問題に、北朝鮮が介入してくるということを意味する。

    昨年来、対話の続いている北朝鮮と韓国だが、必ずしもすべての面でうまく行っているわけではない。北朝鮮は韓国に対して強い不信感を示してもいる。

    (参考記事:「韓国は正気なのか!?」文在寅政権に北朝鮮から非難

    金正恩委員長1月1日に行った施政方針演説「新年の辞」で、南北対話からは外部勢力、すなわち米国の影響を徹底して排除すべきだと強調した。韓国の文在寅政権は、イデオロギー的にはこれに共鳴しているかもしれないが、実行できるかどうかは別問題だ。

    (参考記事:日米の「韓国パッシング」は予想どおりの展開

    そんな中、日本を相手にした歴史問題は、南北が協調しやすい問題ではある。

    ちなみに共同によると、李容浩氏は「日本が拉致問題にこだわり続けるなら、提起せざるを得ない」と警告したという。しかし、この前提には何の意味もない。日朝交渉で、日本が拉致問題を取り上げないことなど絶対にあり得ないし、日本が拉致問題に言及しようがしまいが、北朝鮮が強制動員の問題を重要議題とするのは明らかだからだ。

    北朝鮮は昨年の段階ですでに、日本に対し、この問題で強い要求を行うことを示唆している。朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11月11日付の論説で、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟の確定判決を支持すると同時に、判決を拒否する日本政府を非難。

    続けて、日本が戦時中に「840万人余りを誘拐、拉致、強制連行して戦場や重労働に送り込み、20万人の女性を性奴隷にした」と主張し、「日本の過去の罪悪に対する謝罪と賠償を必ずや百倍千倍にして受け取って見せる」と強調した。

    こうした主張のディテールについてはさておくとしても、日本政府は決して、北朝鮮のこうした姿勢を軽視すべきではない。日韓が1965年の国交正常化に際して締結した請求権協定では、日本が韓国に3億ドルを無償供与することなどで、国と国民の間の請求権問題については「完全かつ最終的に解決された」とされている。

    日本側はこれを根拠に韓国最高裁の判決を「あり得ない」としているわけだが、言うまでもなく、日本と北朝鮮の間には請求権協定のようなものは存在しない。完全に白紙の状態なのだ。

    また、戦争中の日本の行動を記録した資料の多くは、1965年には埋もれた状態にあったが、その後の研究で大量に発掘された。北朝鮮はそれらを韓国や中国はもちろん、日本国内や米国からも入手し、日本政府にぶつけて来るだろう。

    日朝間で「歴史バトル」が始まったら、その激しさは日韓間のそれの比ではないかもしれない。

    (参考記事:日韓「レーダー照射問題」の背後にある韓国政治の闇

    南北首脳会談で接近する文在寅大統領と金正恩委員長


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告】の続きを読む


    北朝鮮朝鮮労働党機関紙・労働新聞は5日、ドイツ政府が最近、ナチスの迫害を受け英国に逃れたユダヤ人生存者に賠償金を支払うと発表したことに言及し、日本も過去清算を行うことが「将来のために必要」だとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    第2次世界大戦前夜の1938〜39年、英国の慈善活動家らはナチスの迫害からユダヤ人子どもたちだけでも救おうと、救出作戦を展開。約1万人をドイツなどから渡英させ、そのうち約1000人が生存しているとされる。ドイツ政府は昨年12月17日、生存者にそれぞれ2500ユーロ(約31万円)の賠償金を支払うと明らかにした。

    (参考記事:「日本はおカネが惜しくて過去清算を回避」北朝鮮メディア

    論評はこの件に言及しながら、「ドイツとは異なり日本の執権層は、過去に働いた特大型の反人倫犯罪を正当化してみようとやっきになっている」と指摘。「過去の罪悪に対する誠実な謝罪と反省なしには世界の指弾を免れ」ないとして、「過去清算は、日本の将来のために必要なこと」だと主張した。

    金正恩(キム・ジョンウン)氏


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「過去清算は将来のため」北朝鮮、日本とドイツを比較】の続きを読む


    米バージニア大学生だったオットー・ワームビアさん(当時22歳)は、北朝鮮を旅行中に同国当局に拘束され、昨年6月に昏睡(こんすい)状態で解放されて間もなくして死亡した。その死因を巡り、ワームビアさんの両親は北朝鮮を相手取って民事訴訟を提起しており、19日にはワシントンDCの連邦地裁に出廷。父親のフレッドさんは、息子が北朝鮮当局により「嘘の自白を強要された」として、北朝鮮の責任を徹底的に追及すると話したという。

    一方、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、ワームビアさん側の弁護人は10月、同地裁に提出した文書で、北朝鮮に10億9604万ドル(約1217億円)の損害賠償を請求する旨を明らかにしたという。これは懲罰的賠償金とワームビアさんが受けた精神的苦痛に対する補償、ワームビアさんが将来得るはずだった経済的損失に対する補償、両親に支払う慰謝料などを合わせ合計額だ。

    中でも、請求額の大部分を占めたのは懲罰的損害賠償で、亡くなったワームビアさん本人と両親の3人にそれぞれ3億5000万ドルずつ、合計で10億5000万ドルを支払うべきとしている。

    米国の裁判所は2001年北朝鮮の監獄で受けた拷問の後遺症で死亡したとされるキム・ドンシク牧師の遺族に北朝鮮が3億ドルの懲罰的賠償金を支払うよう判決を下した前例がある。

    (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

    今回はその3倍を超える額だが、北朝鮮は法廷で正式に抗弁する手続きを取っておらず、裁判所は請求を認める判決を下す可能性が高い。

    ちなみに懲罰的賠償金というのはその名の通り、多額の賠償命令によって相手の行動に制動をかけ、同じ過ちが起きないようにするためのものだ。しかし実際のところ、キム・ドンシク牧師の件で巨額の懲罰的賠償金が課されたにもかかわらず、またもや北朝鮮において、ワームビアさんの問題が起きてしまった。

    だからこそ、今回はいっそう巨額の懲罰的賠償金が請求されているわけだが、それでもやはり、北朝鮮が懲りることはないように思える。

    それよりも筆者は、裁判所がワームビアさんの死因について、どのような判断を示すかに関心がある。

    ワームビアだんの両親は「北朝鮮から帰ってきたワームビアさんの歯列が大きく変形していた」と主張している。上の写真は北朝鮮に行く前のワームビアさんの写真だ。問題は下の歯列の中央の2本の歯なのだが、この写真ではきれいな歯並びであることがわかる。

    しかし、ワームビアさんな主治医が陳述書に添付して連邦地裁に提出したスキャン写真を見ると、この2本の歯が、不自然に口の内側に移動しているのだ。

    (参考記事:【写真】大きく変形したワームビアさんの歯列

    これについて主治医は、「外部から物理的な力が加えられた可能性がある」と述べている。両親はこうした資料などを根拠に、ワームビアさんが北朝鮮で拷問されたと主張している。

    仮に裁判所がこの主張を認めたとしたら、北朝鮮にとっては相当なダメージだ。前途有望な米国の若者が拷問により殺され、その「証拠写真」までが示されたとしたら、米国世論が受けるショックは相当なものだろう。

    (参考記事:「北朝鮮で自殺誘導目的の性拷問を受けた」米人権運動家

    物事の展開次第では、今後の米朝対話にマイナスの影響が及ぶのも、あり得ないことではないのだ。

    北朝鮮に行く前のワームビアさんの歯並びの写真(VOA)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【北朝鮮で「歯がズレて」死亡の米大生側が1200億円賠償請求】の続きを読む


    北朝鮮朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、韓国最高裁三菱重工業に元徴用工への賠償を命じる判決を下したことを巡り、判決を拒否する日本政府は「歴史をわい曲し、過去の罪悪を否定」しているとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    (参考記事:【動画】日本軍に虐殺された朝鮮人従軍慰安婦とされる映像

    論評は「日本の反動層は汚らわしい過去の犯罪に対して自認し、誠実に謝罪する代わりに、自分らの犯罪事実を否定し、侵略史を美化してみようと厚顔無恥に振る舞っている」としながら「反人倫犯罪(人道に対する犯罪)には、時効がない」と指摘。

    「日本が過去の罪悪の責任を回避しようといくらあがいても、歴史の真実と正義に逆らうことはできない」と主張した。

    金正恩(キム・ジョンウン)氏


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【元徴用工問題「時効は無い」…北朝鮮が主張】の続きを読む


    北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は20日、日本の安倍政権が推進する改憲は「海外侵略野望の実現」を狙うものだと非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    (参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道

    論評は、「過去、日本の侵略武力がアジア諸国を軍靴で踏みにじってどんな反人倫犯罪行為を働いたのかは世界があまりにもよく知っている。それゆえ、国際社会は日本の軍国主義馬車がヒステリックに疾走していることに強い懸念を表している」と指摘。

    そのうえで「日本がはっきり認識しなければならないのは、軍国主義馬車が着く終着点が完全な破滅だということだ」と主張した。

    2018年9月20日、韓国の文在寅大統領らと白頭山を訪れた金正恩氏(平壌写真共同取材団)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「軍国主義の終着点は完全な破滅」北朝鮮紙、安倍政権の改憲非難】の続きを読む


    北朝鮮朝鮮労働党機関・労働新聞は27日、日本安倍政権が「朝鮮半島と地域の緊状態を化させ、再侵略野望を実現しようと血眼になっている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    (参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

    論評は、航空自衛隊期警機導入や、海上自衛隊太平洋上で行った弾道ミサイル迎撃訓練に言及。「(日本が)軍事的対決に熱を上げているのは、せっかくもたらされた平和の機会をなんとしても壊すための故意的な策動だ」とした。

    続けて論評は、「他人にかこつけて自分の利益をむさぼるのは一族の体質的な悪習だ」と非難。「再侵略野望にとらわれた日本執権は、海外侵略に合法的に飛び込むことのできる口実を探している。それがまさに、『北朝鮮脅威』である」と決めつけた。

    金正恩氏(朝鮮中央通信)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「島国一族の体質的な悪習」北朝鮮、安倍政権を非難】の続きを読む


     【ソウル時事】ニューヨークを訪問している韓国の文在大統領は現地時間の25日午後(日本時間26日午前)、会合で演説し、金正恩朝鮮労働党委員長が南北首会談の際に「今度こそ意を信じてほしい」と述べ、非核化に前向きな立場を示したと明らかにした。韓国大統領府が発表した。

     文氏によると、正恩氏は「この状況で時間稼ぎをする必要があるだろうか」と述べ、過去のように非核化プロセス先送りする考えがないと訴えたという。

     北朝鮮の非核化の「本気度」をめぐり懐疑的な見方が出ている中、文氏には正恩氏の非核化への意志を強調することで、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言など側の対応を促す思惑があるとみられる。 

    写真説明〕ニューヨーク入りした韓国の文在大統領=24日(AFP時事)

    ニューヨーク入りした韓国の文在寅大統領=24日(AFP時事)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【正恩氏「今度こそ信じて」=韓国大統領、非核化めぐり発言】の続きを読む


     

     Twitter上で8月中旬から、ファミリーレストランで幼児が泣きだし、それに対しほかの客がクレームをつけたり、店長が親にキレるといった、子どもをめぐるトラブルが相次いで報告されている。 ファミレスの存在意義について激論となる事態に発展しているが、北朝鮮が海外で運営するレストランに乳幼児を連れて行き「すごいサービスを受けた」と の、驚きの体験談が寄せられた。

     国連制裁で店舗数を減らしたが、北朝鮮は現地企業との合弁という形にして、今も中国を中心に世界各国でレストラン事業を展開している。呼び物は美女が勢ぞろいするウエイトレス。給仕だけでなく、客が集まれば歌謡ショーを見せてくれる。

     中国・上海に住む30代の日本人駐在員と妻は、先頃、1歳の長男を連れてコリアンタウンにある北朝鮮レストランに入った。

     駐在員は「すぐにウエイトレスの美女たちが集まってきて、『かわいいお子さんですねー』とキャッキャし始めた」と振り返る。

    「食事を注文すると、特に頼んだわけでもないのに、女性たちが子どもを抱っこして連れていった。店の入り口には酒や漢方薬を売るカウンターがあり 、そこで2~3人の美女が代わる代わる、うちの子をあやしてくれたんです」(同)

     

    「久々に夫婦でゆっくり食事ができた。子連れの客は珍しいようで、美女軍団もみんな喜んでいる様子でした」(妻)

     夫婦はその後、同じ上海にある、別の北朝鮮レストランにも子連れで足を運んだという。「ここでも『赤ちゃん、かわいい!』と、まるでアイドルのような扱いだった。やはり食事中は抱っこしてくれ、面倒を見てくれた」(駐在員)

     夫婦は食事を終え、預かってもらっていた美女軍団から息子を返される瞬間、「美女の一人が息子のほっぺにキスをしてくれた」(妻)と、日本のファミレスではあり得ない歓迎ぶりだったことを証言した。

     日本の北朝鮮研究者は「中国にある北朝鮮レストランで働く女性は、朝 から夜遅くまで勤務時間が長く、休みも短い。乳児の来店は彼女たちの母性本能をくすぐり、癒やしを与えたのではないか」と推測する。

     そもそも中国のレストランは、子どもがいなくても客が大騒ぎするのは当たり前の環境だが、美女軍団の子連れ客へのホスピタリティは、接客マナー向上のヒントとなりそうだ。

    子ども大歓迎の北朝鮮レストラン


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本のファミレスとは大違い? ”子ども大歓迎”北朝鮮レストランの神対応】の続きを読む


    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は17日、金正恩党委員長が李雪主(リ・ソルチュ)夫人とともに、江原道(カンウォンド)の観光リゾート「元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区」の建設現場を視察したと伝えた。

    金正恩氏は現場で、「わが国の景色がよくて美しい海岸に文化休息の場を立派に建設して人民が思う存分享受できるようにするのは、朝鮮労働党が久しい前から構想してきた事業であり、自身が最もしたかった事業の中のひとつであった」と述べ、来年の朝鮮労働党創建記念日である10月10日までに完成させるよう指示したという。

    しかし果たして、金正恩氏が指示した期間内に完成するかは微妙だ。

    韓国のリバティ・コリア・ポストによれば、今年1月10日に始まった建設工事は当初、70回目の国慶節(建国記念日)を迎える今年9月9日までの完成を目標としていたという。しかし金正恩氏は、5月25日にこの現場の現地指導を行った際、完成目標を来年4月とするよう指示したことが北朝鮮メディアの報道によって明らかにされている。

    ということは、今回の視察で来年10月までの完成が指示されたことで、期限が2回にわたり延期されたことになる。

    LKPによれば、その背景にあるのは劣悪な労働条件だ。LKPは、この工事には刑務所の囚人たちが動員されているとし、「1月から今まで、葛麻地区の工事現場では7000人、月単位では1000人が死んでいる」とする刑務所幹部のコメントを伝えている。

    (参考記事:「手足が散乱」の修羅場で金正恩氏が驚きの行動…北朝鮮「マンション崩壊」事故

    北朝鮮では、無理な工期のゴリ押しによる大量死亡事故が繰り返されている。

    (参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

    朝鮮中央通信が公開した今回の視察時の写真の中にも、事故につながりそうな要素を収めた「恐怖写真」がある。金正恩氏の背景に写っている建設中の建物の足場が、どうやら木材で組まれているのだ。これは、先立って公開された三池淵(サムジヨン)郡の建設現場の写真の方がわかりやすいだろう。

    (参考記事:金正恩氏の背後に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

    このような安全対策の欠如により、現場では死亡事故が多発しているのだ。

    金正恩氏がこの元山葛麻の開発に力を入れるのは、国連安保理により制裁指定されていない観光業を盛り上げ、外国人観光客を誘致することで、経済的な難局を乗り切るためであると思われる。

    現状、北朝鮮の非核化は進展しているとは言えず、制裁が解除される日が近いとは思えない。それまでの日々に、いったいどれだけの犠牲が生まれるのだろうか。

    (参考記事:「事故死した98人の遺体をセメント漬け」北朝鮮軍の中で起きていること

    元山葛麻海岸観光地区の建設現場で現地指導する金正恩氏(2018年8月17日付朝鮮中央通信)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【金正恩氏が公開「7000人死亡」リゾートの現場写真】の続きを読む

    このページのトップヘ