ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ファション


    男性の「すっぴん」が、珍しがられる日が近づいているのかもしれない。男性向けの化粧品「メンズコスメ」の市場が拡大しているのだ。

    化粧品国内大手の資生堂などがスキンケア商品のバリエーションを増やしているほか、国際的なファッションブランドシャネル」が今秋、初めて男性用メーキャップ化粧品を売り出すなど、話題も豊富で、市場は盛り上がりを見せている。

    シャネルも男性用商品を投入

    資生堂は「ビジネスには美しい肌が武器になる」として「美ジネスマンの新習慣」とうたい、同社ブランドウーノ」から、保湿スキンケア「ウーノスキンセラムモイスチャー」を9月、発売した。入浴中に洗顔やひげそりをした後、ぬれた手のまま顔にぬることができ、シャワーで流してもうるおいを保てるという。

    シャネルはメーキャップ用の「ボーイ ドゥ シャネル」をこの11月に投入。ファンデーションをはじめ、リップクリームや眉毛を整えるアイブロウペンシルなどラインアップも豊かだ。また、化粧品ブランドTHREE」(スリー)で知られるアクロも9月、メーク中心のメンズ総合コスメ「ファイブイズム バイ スリー」を発売。肌の悩みに合わせたベースメークや雑貨など約80品をそろえた。

    調査会社「富士経済」の国内化粧品市場調査によれば、日焼けによる紫外線対策などをうたった男性用フェイスケアの2018年の市場規模は前年比4.5%増の231億円と見込まれる。2020年には236億円にまで拡大すると予想されており、メーキャップ化粧品が加われば、さらに市場が拡大する見込みだ。

    SNS普及も影響か

    こうしたメンズコスメ市場の広がりの背景には、少子高齢化で化粧品を使う若い女性が減少する中、化粧品各社が男性を新たなターゲットとして重視していることが大きい。「男性向け化粧品はまだ未開拓の分野とも言え、化粧品全体の中での規模はまだ小さいが、今後は確実に成長するはず」(化粧品業界関係者)との期待は高い。実際に各社が投入する商品の種類が増えるに従って、購入する男性が増えている状況だという。

    さらに、10~30代の若い男性を中心にスキンケアへの関心が高まっていることも市場拡大を後押ししている。SNSなどに使うため、今の若者たちは自身の姿を頻繁に撮影している。男といえども、きれいな肌やきりりとした表情を求める傾向が強まっており、「女性がするもの」と長く受け取られてきた化粧品を使うことに抵抗がなくなっているのだという。

    シャネルの「ボーイ ドゥ シャネル」公式サイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「化粧する男」が当たり前になる日 あなたはいつまで「すっぴん」でいられるか】の続きを読む


     世界的人気を誇る韓国のヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」のメンバー、ジミンが2017年3月に“原爆Tシャツ”を着用していた問題で、テレビ朝日11月9日放映「ミュージックステーション」への出演を中止した。

     ネット上では「日本を侮辱している」「悲しい」「被ばく者に失礼」など大きく波紋が広がっている。件のTシャツを制作したブランド「ourhistory」のデザイナーが韓国メディアの取材に応じ、「反日感情や日本に対する報復などの意図があるわけではなかった」と謝罪したが、現在もネットでは炎上が続いている。

     ストリートファッションにおいてはメッセージ性の強いデザインも少なくないが、なぜこんなTシャツが売られていたのだろう? 今回はスタイリストファッションライターに見解を聞いてみた。

    デザイナーが釈明した経緯は…

     原水爆のキノコ雲自体はTシャツなどで珍しくないアイコンだ。だが、どれも反核メッセージをあしらうか、何も文字がないか。

     一方、問題の韓国のTシャツは、「原爆のキノコ雲」と「日本統治からの解放を喜んで万歳する韓国人たち」の写真、そして「Liberation(光復)」「Patriotism(愛国心)」という文字が並んでいる。
     デザイナーは「原子爆弾が投下され、日本の無条件降伏により韓国が開放されたという歴史的な事実の順序を表現するため」と釈明したが、日本人からすると「原爆万歳!に見える」ということで大炎上したわけだ(ジミンはファンにもらって着ていた、と言われている)。

     また、Tシャツデザイナーは「ブランドスタートさせた当時、ストリートファッションが流行っていた」ことを経緯のひとつに挙げているが、どういうことなのか。ファッションライターのA氏が解説する。

    「数年前から哲学的でどこか意味ありげな言葉やグラフィックを用いたようなコンセプチュアルなブランドがトレンドとなっています。しかし、実際は作っている側もなんとなくデザイン的にクールとか、なんとなくエッジが利いているとか、そういうレベルが多い印象です。今回もそういう感じだったのかもしれません」


    ◆原爆Tシャツは“軽いノリ”だったのか?

     そもそもヒップホップストリートファッションの根底には、アメリカで差別や貧困に苦しんでいた黒人たちが、抑圧された気持ちや権力に対して抗う気持ちなどをファッションを通してメッセージ発信していた背景がある。アメリカに限らず、世界のストリートで若者たちが行き場のない思いをファッションで強く表現していた……。とはいえ、それも過去の話になりつつあるという。

    「いまはもう時代が変わってその概念は古いのかもしれません。ブラック(黒人)、イエロー(黄色人種)、ユダヤ、LGBTなどが、なにかとテーマにされる対象でしたが、現在はあくまで“ファッション的にネタにしている”というか……。キワどいテーマメッセージを主張することがカッコいい、みたいな風潮もあるんです。
     今回の原爆ネタも軽いノリだったのでしょう。ただ、一部の韓国ブランドは加減がわかっていないことも事実ですね。さすがに原爆はまずい
     
     また、BTSのジミンは、原爆Tシャツだけでなく、ナチスっぽい帽子をかぶっていたことも取り沙汰されていますが、誤解を恐れずに言えばコスプレ的な感覚でしょう」



    ◆若い人たちは深い“意味”など考えずに着ている

     一方で、着る側の意識はどうなのか。原爆Tシャツを着たジミンの真意はわからないが、一般的に言えば、「いまの若い子たちはそこまで深い意味など考えずに着ています」と語るのはファッション業界で15年以上活動を続けているスタイリストのB氏。

    「30代以上の世代でオシャレな人は、ブランドの成り立ちや背景なども踏まえて着こなしています。しかし、最近の若い子たちはSNSなどで雰囲気的にオシャレスタイルアイテムを探して選んでいる気がします。むしろ、そんなに意味など求めていない。日本も韓国も。

     こないだ、人気モデルAさんスケートブランドのスラッシャーのバッグを使っていたので『スラッシャー好きなんですか?』って聞いたら『え、スラッシャーってなんですか?』と返ってきたので驚きました(笑)ロックTシャツなども流行っていますが、そのバンド自体を知らないなんて子も多いですよ」

     現在は良くも悪くもこだわりが少なく、テイストの異なるブランドミックスしたり、メンズレディースを組み合わせたり、なんでもアリのようだ。着こなしに意味がありそうで、実は意味などない……。

    「最近はノンポリシーこそクール、みたいなサトリ系の若者が多いのかもしれませんね」

     実際に反日の意図があったのか、ジミンの真意はわからない。だが、批判の声が多く噴出し、Mステ出演が取り止めになってしまったように、たとえファッションだとしても今回は越えてはいけない一線を越えてしまったのかもしれない。<取材・文/日刊SPA!取材班>

    ジミンが着ていたもの(ourhistoryオンラインショップより http://ourhistory.co.kr/product/list.html?cate_no=57)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【BTS(防弾少年団)の原爆Tシャツは反日か“軽いノリ”か?ファッション関係者の見方】の続きを読む


    上品さや清潔感とは対極なんですって

    あるネットメディアに掲載された「40代が似合わないTシャツはコレ! 失敗しがちな真夏の痛カジュアル」というファッション記事が炎上している。特に、そこで「ロックTシャツ」が槍玉にあげられていることで、ロックバンドを愛する人たちから「余計なお世話だ」と怒りの声が上がっているのだ。

    <耳マンのそのほかの記事>

    ジェンダーや年齢で趣味嗜好を型にはめ、そこから外れた人を笑うようなコンテンツは、必ず炎上するということがまだわかってないのだろうか。今回批判されているのは、「自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ」とうたうサイトで8月14日に掲載された上記タイトルの記事。同記事では、「甘いテイストのTシャツ」「首周りが開きすぎているTシャツ」「体型かくしのビッグT」「ロックTシャツ」「真っ白なTシャツ」を、もっともらしい理由とともに40代が似合わない痛カジュアルと切り捨てている。

    なかでも、「ロックTシャツ」の項が辛辣だ。記事いわく「アラフォーのファッションで、一番大切なのが清潔感と品。ロックを聴いたり、バンドのファンでいることが悪いと言っているわけではありませんが、上品さや清潔感とは対極の位置にあるロックTシャツは、10代〜せいぜい20代前半までしか許されないアイテムです。精神的に大人になり切れていないのかな、常識がなくて変わった人なのかな、と思われたくなければ、部屋着やパジャマにするのもやめて、こっそり思い出とともにしまうか、断捨離リストへ入れてください」。

    予断を与えぬようまるっと引用したが、それにしても……部屋着にも許されないって、どれだけ地位が低いんだ「ロックTシャツ」。

    「ファッションじゃねえ。生き様よ」

    もちろん、これには多くの人が反発。SNS上では「そうそう、ロックTは断捨離リストに入れなきゃ〜〜ってじゃかましいわ!」「普段着にまでとやかく言われる筋合い無い」「別に良いよね!そういう記事を書いてる人はどういう服装をしてるのかみてみたい」「自分が好きな服も着れないのか」「私はロックTが似合うアラフォーは素敵だと思う」といった反対意見が乱立した。また、「そもそもロックTシャツてなんや?バンドTシャツのこと?」など、聞き慣れない「ロックTシャツ」という言葉への疑問の声も目立った。

    さらに同記事が見誤ったのが、“ロック”という言葉の重さだろう。“ロック”とは音楽の一ジャンルを超えた“生き様”だと言える。そこを理解せずにずかずかと土足で踏み荒らすかのような物言いに対し、「バンドTシャツって矜持だよね。ファッションじゃなくてスタイル」「バンドTは、たいていライブ会場で買うもの。あの日、あの瞬間の輝いていた自分を忘れないためにそれを着て、クソみたいな日常を乗り切ってるんだよ」といった熱い声も多く見られた。

    漫画家・イラストレーターの原田ちあきは、作り手側の意見として「バンドTシャツ、楽しい思い出を閉じ込めて着られるように心を込めてデザインしているし、バンド側もそう思って真剣に作っているので何歳だろうが好きに着てほしい」との持論をつづっている。

    もちろん記事に賛同する向きもあるだろうが、少なくとも他人の評価ばかり気にして生きるよりは、何歳になっても好きな音楽を聴いて好きな服を着るほうがよっぽど「自分らしく、自由に、自立して」生きているといえるのではないだろうか。

    変なTシャツ画像大喜利も勃発

    現在は炎上は一段落したものの、SNS上で「#◯◯◯◯◯に否定されそうなTシャツ選手権」(◯◯◯◯◯は当該記事を書いたライターの名前)というハッシュタグが流行している。これは、同ハッシュタグとともに自慢のTシャツの写真をアップするというもの。最初は各々とっておきのロックなTシャツ画像を見せ合っていたが、いつしかバンドTシャツにとどまらず、アニメTシャツやネタTシャツなど大喜利の様相を呈している。

    結論。みんなTシャツ大好きなんだよね。

    大木信景@HEW

    40代女性がロックTを着るのはイタい? ファッション指南に「余計なお世話」と怒りの声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【40代女性がロックTを着るのはイタい? ファッション指南に「余計なお世話」と怒りの声】の続きを読む

    このページのトップヘ