ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 仕事


     現地時間の9月17日スペースXの最新大ロケットBFR(ビッグファルコンロケット)に乗って、民間人として世界初の周回旅行に出かけることが発表された株式会社ZOZO(以下、ZOZO/旧社名:スタートトゥデイ)の代表取締役前澤友作氏。

    zozo
    2018年10月1日からの新社名「ZOZO」のコーポレートロ
     ZOZOは、アパレルのオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営し、昨年はZOZOスーツを用いた新たな事業戦略が話題となりました。

     いったい、どんな会社なの? 前澤氏の驚くべき戦略を支える社員はどんな人たちなの? 年間2000万人が訪れる企業の口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」ユーザー情報から、社員のリアルをまとめました。

    いまや年商1000億円目前! 社員の平均年齢は31.4歳

    maezawa
    の眼 2018年5月号』(の眼)
     ZOZOは1998年株式会社スタートトゥデイとしてスタート。今年でちょうど20周年を迎え、10月1日付でスタートトゥデイからZOZOに社名が変更されました。

     現在従業員数は991社員の均年齢は31.4歳(『会社四季2018年4集号』による)。会社としては、かなり若い社員が多い印です。

     本社は、京葉線海浜幕張駅ほど近くの千葉県千葉市区中瀬。アパレルブランドの多くは、ファッション本拠地の東京に拠点を置くことが多い中で、千葉に本社を置くのは、前澤氏のこだわりなのだとか。

     さまざまなメディアで“競争嫌い”を言する前澤氏ビジネスといえば、競争社会。年商1000億円前(2018年3月期通期決算時点)の企業に育て上げるには、相当な生存競争を勝ち抜いてきたと思われがちですが、これは意外すぎる発言です。競争を嫌い、どうやってここまで会社を大きくしてきたのでしょうか。

    「給料一律同額」は社員どうしの悪口を避けるため

     ZOZOは、前澤氏がバンド活動をしていた頃、ひょんなことがきっかけで始めたレコードネット販売がすべての始まりでした。

     レコード販売が順調になり、当時はまだネットでの取り扱いが少なかったアパレル販売へと発展していきます。もやっていないことをすれば、競争せずに済む。もやっていないからこそ、みんなが面いと思ってくれる。そうして、ZOZOは成長していったのです。

     競争しないことへのこだわりは、会社の勤務形態にもよく表れています。ZOZOは、基本的に基本給は一で、ボーナス支給も一だそうです。残業代などは別途支給されるそうですが、一給与とは驚きですよね。

     その理由について前澤氏は9月26日放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京)にて、「社員どうしが悪口を言うのは最悪。給料の差や成功報酬を過にやると『あいつはこうだよね』とか変なことがおきるので透明性を持ってやっている」と話していました。

     会社の均年収は524万円(『会社四季2018年4集号』による)。近年の大躍進ぶりからすると、あまり高いとは言えないかもしれません。



    「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみると、若い世代が多いことや競争を強いない社もあってか社員同士仲が良いそうで、社内の通しはかなり良さそう。

     しかし、やはり給料が一ということに対するボヤキはちらほらと見られました。

    「正直なところ給料は全然上がらない。上に評価はされるのだが、それが給料に反映される事はなかった。部署によって大変さは全然違うのに給料は全部一緒でやる気が削がれる

     ただし福利厚生などはしっかりしているし、賞与も一で出るのでとても良いと思う。残業代もちゃんと出るので給料の面を除けばしっかりしている良い企業だと思う」(プログラマ20代前半男性・正社員・2015年度)

     前述したように社員どうしのいざこざが起こらないというメリットはありますが、やはりこれではモチベーションが上がらない……、といった意見もあるようです。

    風通しが良いからこその苦労も?

    zozo
    株式会社ZOZO公式サイトより https://corp.zozo.com/about/
     また、前澤氏は大胆な戦略を次々と打ち出しては成功を収めてきたため、「キャリコネ」にはこんな意見も寄せられています。

    「ある日突然こんなこと始めます! という発表があるので、それに合わせてついていくのが少し大変です。途中で頓挫したり、ワークフローが何度も変わるということは日常茶飯事なので……」(物流サービス20代後半女性・正社員・2011年度)

     7年前の内容ではありますが、新なプロジェクトで世間の注を浴び続ける企業ですから、こういったこともある程度は慢しなくてはならないのかもしれませんね。

     給与のことは別として、会社の居心地がいいというが圧倒的に多いのは、勢いのある会社としてはしいのではないでしょうか。

    女性の働きやすさも◎

     オフィスの綺麗さはもちろん、産休や育児休暇についてもかなりの満足度が伺えます。

    出産及び育児休暇はもちろん取れるし産後の復帰もほぼ100パーセント達成している。もちろん時短勤務も可。若い人が多い会社であると同時にそう言った立場の女性が多いので、これからどうしよう? と迷っている女性も相談しやすい」(その他・30代前半女性・正社員・2015年度)

     昇給がほぼ見込めなくても、「働きやすさ」「透明性」という面で、社員の満足度は非常に高い会社のようです。

    TEXTサジリコフ データ/キャリコネ(運営グロバルウェイ)>

    【サジェリコフ】

    1988年生まれ。紆余曲折を経て多摩美術大学卒業後、物しさで弁護士事務所勤務。退職後に巨大児を出産現在フリーライターと勢いで作った会社の代表取締役の二足の鞋。

    10月1日からの新社名「ZOZO」のコーポレートロゴ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ZOZO「給料一律同額」に驚き。平均年収と社員のホンネは?】の続きを読む


     「自由髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」――P&Gのヘアケアブランドパンテーン」が就活時の女性髪型について疑問を投げかける広告開。2013年以降に新卒採用活動に参加した女性1044人に行ったアンケートを元に、規範により髪型が制限される現在就活のあり方に問題を定期した内容で、SNS上で反を呼んでいます。

    【その他の画像】

     広告スターは全面モザイクアートになっており、拡大するとがアンケートがびっしり書き込まれたを引くもの。個別のコメントを見ていくと「内定がほしかったから、似合わないひっつめをしていました」「みんな同じ髪型は変だと思いながら、自分だけ浮くのは嫌なので合わせていました」といった就活時の気持ちがつづられています。公式サイト上では合計1万字以上に及ぶアンケートの回答を読むことができます。

     アンケートでは就活生の81が「自分の気持を偽り、企業に合わせた経験がある」と答えたとのこと。パンテーンは「企業が今以上にひとりひとりの個性にを向け、素直に自分を示せる女性がもっと増えれば、日本はちょっとだけ良くなるかもしれません」「ひっつめをほどいた就職活動がこのの当たり前になりますように」とコメントしています。

     この広告に対し、Twitter上では「パンテーンが攻めている」「パンテーンの広告電車でもみたけどすごいを引くね」「このメッセージが凄い良かった 」「ピンクだろうが金髪だろうが仕事に支障はないはず」と、内容に賛同するが多数。一方で「仮にお堅い会社の入社式でヘンテコな髪型ばっかりだと、えっ、大丈夫?ってなる」「会社によって社員の装や髪型もかなり違うわけだし、就活生もその会社の社に合わせればいい」といったも見られました。

    モザイクアートになっていて、拡大すると就活生の声がびっしり書き込まれている


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」 パンテーンの広告に「攻めてる」と反響】の続きを読む


    男性社員

    itakayukiiStock/Getty Images Plus写真イメージです)

    体臭や口臭に悩む男性は少なくない。気をつけてはいても、なかなか善しないという場合もあるだろう。

    ニオイをめぐったトラブルについて、『はてな匿名ダイアリー』に投稿された「会社で臭いと言われるのだがどうしていいかわからない」という投稿が話題になっている。

    ■見に覚えのない「ニオイ指摘」に悩む

    自身の体臭をめぐってトラブルを抱える投稿者。最近、会社に行くとあからさまにを開けられる嫌がらせを受け、上から「社内でお前のニオイが問題になっている。不潔だ。直せないなら辞めてくれ」と言われたという。

    特別ニオイに気をつけているわけではないものの、同じを着続けるとか風呂に入らないとかそういうことは一切なく、も三食とも食後に磨いているとのこと。上の発言に驚いた投稿者は、彼女や友人に相談したが「ぜんぜん臭くない」と言われたようだ。

    そして次の日出社したところ、またも上から「お前善する気がないのはよくわかった」と言われ、帰宅を命令される。不可解な出来事に、投稿者は大変ショックを受けた。

    スーツや洋クリーニングに出して璧にしたが、その後も「お前の臭いで他の社員からクレームが何度も入ってるんだ。頼むから直すか辞めるか決めてくれ」と言われる。較的仲の良い社員に相談しても「その上だけでなく社内の大半が臭いと思っている。悪いけどもそう思う」とのが。

    訳が分からない状況に、投稿者はボロボロと涙が出たという。

    ■「社内からのクレームは多く、俺もそう思う」

    投稿者は体臭系の病院に行くことに。検の結果、「あなたはまったく普通です客観的にも主観的にもぜんぜん臭くない」と診断される。

    その結果を上に報告したところ、「だが臭いもんは臭いんだよ。別にお前が嫌いとかそういうのはないからそれは信じてほしい。ただ社内からのクレームは多く、もそう思う」と言われ、投稿者は本当に訳がわからなくなってしまい、「本当に訳が分からないのだが、どうしたらいいのだろうか」とつづった。

    ちなみにこの問題は、女子社員からの連名での訴えだったという。「このままでは働き続けられない」と上に何度も訴え、上も社員の職場環境を守るために投稿者に言ったようだ。

    ■「弁護士にも相談したほうが」

    投稿を受け、コメントや『はてなブックマーク』からはさまざまなアドバイスが寄せられた。中には社内いじめを疑うもあり、「弁護士に相談すべき」という意見も。

    医者だけじゃなくて弁護士にも相談したほうがいいかも」

    「診断書は書いてもらおう。とりあえずに診断書も書いてもらったことは告げよう。それでも『臭い物は臭い』とか言うから、その上か人事へ相談。配置換えもムリとか言うなら退職する気はないから首にしろっていおう」

    「こういうケースに限らず上に話が通じないときはその上だ。医師の判断を信じることができない時点でヤバイ

    ■「社内いじめ」を経験している人は…

    病院で検をして問題ないと言われているだけに、社内でのいじめを疑う自然だろう。しらべぇ既報のとおり、社内いじめを経験している人は男性で2割、女性で3割という結果に。

    もしかすると、投稿者のことをよく思わない女子社員らの仕業なのかもしれない。

    「訳がわからない」と悩む投稿者。はたして、その後悩みは解決されたのだろうか。

    ・合わせて読みたい→「お局さまのマイルール」でボーナスまで決まる パワハラまがいの集団いじめに法的な問題は?

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    体臭を理由に会社から「辞めてくれ」と言われた男性 衝撃の展開に「弁護士にも相談」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【体臭を理由に会社から「辞めてくれ」と言われた男性 衝撃の展開に「弁護士にも相談」】の続きを読む


    性差別に悩んでいるのは、女性だけではない。健康社会学者の河合薫さんは、保護者から「ロリコン」と呼ばれて退職を余儀なくされた男性保育士の話を聞き、「無意識の性差別に苦しめられている男性は少なくない。女性を抑圧する男社会は、男性の生きづらさも助長する」と分析する――。

    ※本稿は、河合薫『面倒くさい女たち』(中公新書ラクレ)の第3章「なぜ、女はセクハラにノー!と言えないのか?」を再編集したものです。

    ■念願の保育士になるも2年で退職

    「いちばん堪えたのはロリコン呼ばわりされたことです。“保育園落ちた日本死ね”以来、子どもを預ける側の問題や、保育士の賃金問題はクローズアップされたけど、僕たちには声を出す自由すら与えられていないんです」

    こう告白するのは、ある男性保育士です。彼がしきりに訴えたのは、男性保育士への「保護者のまなざし」でした。

    サカイさん(仮名/35歳)は子どもが好きで、親戚が保育園を経営していたこともあり保育士を目指しました。念願の保育士になるも2年で退職し、現在は一般企業に勤務しています。

    「保育園が女性の職場だってことは承知していたけど、更衣室やロッカーに男性用がないのは、ホントに困りました。でも、慣れればなんとかなったし、子どもたちがなついてくれたので、仕事は楽しかったです。ところが半年ほど経ったときに保護者から『おむつ交換の場に私がいるのが嫌だ』とクレームがあった。そういうクレームがあるとは聞いていたし、『プールに一緒に入れたくない』と言われて辞めた人もいるという話も聞いていたので、『来たか』って感じでした。でもね、やっぱり実際に言われるとショックで。私はそんなに危険人物だと思われているのかなぁって。保育士という仕事にも疑問を持つようになっていました」

    ■「小学校教師ならば言われないのに」

    「そんなとき、ヘビー級のパンチをくらう事件が起きた。保護者たちの間で、私がロリコンだとウワサになってると園長に言われたんです。いや~、あれは堪えましたね。小学校の教師が男性でも何も言われないのに、なぜ、保育士だとロリコンと言われてしまうのか。そんな風にしか見られていないのかと思うと、悔しくて悔しくて……。それで踏ん切りがついて辞めたんです。ただ、辞めた自分が言うのもなんですけど、男性保育士はいろいろな意味で貴重な存在です。もっと増えたほうがいい。ただし、保護者の偏見はきついので、それに耐えるほどの情熱を捧げる男性がどれだけいるのか? というと正直、疑問です」

    保護者の理解――。これこそがジェンダー・ブラインド。無意識の性差別です。男性保育士に関する文献や調査は極めて少ないのですが、限られた情報の中には、子どもへの性被害を懸念するだけではなく、女性の保育士と食事をしただけで「子どもの教育に悪い」、母親の相談にのっただけで「○○さんとあやしい」など、保護者のまなざしの露骨さが暴露されています。

    ■「男性保育士=体育指導」もステレオタイプ

    2017年に千葉市が策定した、男性保育士が働きやすい環境を年計画で実施する「市立保育所男性保育士活躍推進プラン」をめぐり、激しい議論になりました。きっかけは熊谷俊人市長のツイッターです。

    保護者たちは「うちの子の着替え」という文言にいっせいに噛み付き、瞬く間に炎上。幼女は性的な被害者になりやすい、女の子にも羞恥心がある、男女差別と性的区別を混同している……などなど、批判が相次ぎました。

    中には男性保育士に期待する保護者もいましたが、男性保育士に体育の指導を率先してやってもらいたい、子どもに運動・遊びの技能を習得させてほしいなど、男性=身体能力が高い、男性=運動好き、男性=外で遊ぶのが得意、というジェンダー・ステレオタイプに基づいていたのです。

    女性の場合には「お茶を入れる」のを求めるだけでセクハラになるのに、男性の場合は「男らしさ」を求める声が「期待」になる。女性であれば「そりゃ。問題だ!」と周りも騒ぐが、男性の場合は「まぁ、うまくやれよ」と諭されるのがオチ。オトナの男性たちもまた、ジェンダー・ブラインドのプレッシャーにさらされていました。

    ■「性役割」を押し付けられる男のしんどさ

    男でいることの生きづらさは「男性問題」と呼ばれています。私の男関係のいざこざではありません。ジェンダー・ステレオタイプや性役割に起因する男性差別です。以前、都議会で「早く結婚しろ」「女は子どもを産んで当たり前」といったヤジを男性議員が飛ばし問題になったことがありました。私はそれをコラムで取り上げ、

    「こういった性役割を平然と言う人は、男性にも『保育園の迎えで会社を早退するなんて、真面目に働いてない証拠』『40過ぎて女房ひとり探してくることができないなんて、親が泣くぞ!』などと、終身雇用、年功序列、専業主婦が当たり前だった時代の男の価値観を刃にする」

    と書いたところ、男性たちから「よくぞ書いてくれた!」と想像をはるかに超えるサンクスメールをもらいました。

    ■「イケメンに職場活性効果あり」はスルーされる

    とどのつまり男社会は、女性だけではなく男性の生きづらさも助長する。そして、男性問題に悩む男性は「面倒くさい」と思われたくないから口を閉ざします。

    男性問題は、声にならない悲鳴です。

    女性たちは女性の生きづらさばかり訴えますが、男性たちの声に耳を傾けているでしょうか? 私はその認識のなさがまた、「女は○○」というまなざしを生んでいるように思えてなりません。「イケメンに職場活性効果アリ?」とのアンケート調査の記事が公開され、男性たちからいっせいにブーイングが起きたことがありました。

    ※対象は「社内にイケメンがいる」という20~49歳の女性会社員600人。

    83.7%の女性が「社内にイケメンは必要」と答え、49.8%が「イケメンがいると、仕事のモチベーションが上がる」と回答したというのです。身もふたもない回答の連続に唖然というか、笑うしかありません。「男性には、これくらい言っても大丈夫」「男性は、こんなことは気にしない」「男性は強くて当たり前」「男性は心が広くて当たり前」……。イケメンを美人に置き換えて男性にアンケートしたらセクハラとバッシングされるのに、なぜか女性には許される現実が、ここに存在するのです。

    ■日本の男性は幸せじゃない?

    内閣府の「男女共同参画白書」の平成年版で、発行以来初めて男性特集が組まれ、ニッポンの男性たちの苦悩が明らかにされました。

    ・共働き世帯は年々増加傾向にある一方で、男性の長時間労働は改善されていない
    ・非正規雇用の男性の未婚率は、30~34歳が84.5%、35~39歳が70.5%、40~44歳では57.6%
    ・週60時間以上就業している者の割合は、就業形態を問わず女性より男性のほうが多い
    ・平均所得は女性で増加傾向、男性では正規・非正規など雇用形態や学歴を問わず減少
    ・「現在、幸せである」とする女性の割合が、男性の割合を上回った・「現在、幸せである」とした割合を、世帯収入別に見ると、男性は300~450万円未満がピークであるのに対し、女性は世帯収入が高くなるほど幸福度が高い
    ・妻が「自営業主・家族従業者」の場合に夫の幸福度が最も高く、妻が「主婦」の場合に、妻の幸福度は高いが夫は低い

    ……お父さんたちの慎ましやかな生活を垣間見ることができる結果です。おそらくこれらをまとめた役人の方たちも、お父さんたちの「悲哀」を世間に訴えたくて、「男性特集」を組んだはずです。ところが、メディアの反応は薄かった。「男性特集」の内容を報じた大手メディアは、当時私が調べた限り毎日新聞と日本経済新聞だけ。取り上げたテレビ番組は見当たりませんでした。

    欧州に比べて男女格差が根深い米国でも男性問題は注目されていて、「男性学」を専門とする修士課程が、2015年にニューヨーク州立大学ストーニーブルック校に開設され話題になりました。

    男性学とは「男性性研究(masculinitystudies)」と呼ばれることもある学問で、男性ゆえに抱えるさまざまな問題を研究する学問です。

    「女性学(women’sstudies)」は1960年代のアメリカで、女性解放運動と大学改革運動が結ビつき大きく発展しましたが、男性学は1991年に米国男性学協会が設立されたのをきっかけに、関心が高まりました。女性が社会進出し、女性の社会的・経済的地位が上がったことで、男性でいることの難しさを味わっている男性が増えたことが背景にあります。女性の社会進出が男性の悲鳴につながるとは、なんとも皮肉です。

    ■男性も「男に生まれるのではなく、男になる」

    「男だから」弱音を吐かず、長時間労働に耐え、競争社会に翻弄される。「人は女に生まれるのではない。女になるのだ」とはシモーヌ・ド・ヴォーヴォワールの有名な言葉ですが、男もまた「男に生まれるのではなく、男になる」。女性たちが「女」を演じきれず「女らしくない」と批判される悔しさを、「男」たちも味わっています。

    私は何も女性たちに、「自分たちの苦悩ばかり言うな!」と言っているわけではありません。男性たちの声にならない声にも気づく、しなやかさを持ってほしいのです。と同時に、男女二分法のジェンダー・ステレオタイプは、性的マイノリティーの人たちの生きづらさをもたらしていることも、忘れないでほしいです。

    ----------

    河合薫(かわい・かおる)
    健康社会学者
    東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輪に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。著書に『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアシリーズ)など。

    ----------

    河合薫『面倒くさい女たち』(中公新書ラクレ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ロリコン扱い」男性保育士が直面した壁】の続きを読む

    このページのトップヘ