ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ペット


    合同会社新藤倫佳企画事務所(読み:ごうどうがいしゃしんどうみちかきかくじむしょ、本社:東京都品川区、代表:新藤倫佳)は、超リアル生き物マスクで、簡単に自分の家のペットに変身できる『My Family(マイファミリー)』の受付、製作を本日より開始いたしました。


    2018年4月からスタートした超リアル生き物マスク「it's me(イッツミー)」シリーズでは、こちらで制作したオランウータンやシロサイになれる被り物をご提供しておりました。

    簡単に自分の家のペットに変身できる『My Family(マイファミリー)』では、完全オーダーメイドで、ご自身の家族、ペットの柄や癖などを再現しながら制作させていただきます。



    今回制作したのは、京都在住ベンガル猫のルイくん。

    通常のベンガル猫の中でも鼻の高いタイプでした。従来の被り物マスクとは異なり、骨格からその子にこだわって制作できます!

    完全オーダーメイド、あなただけのペットマスクを作ってみませんか?




    <『My Familt(マイファミリー)の特徴/商品情報>
    【1】完全オーダーメイド!自分だけのオリジナルマスク
    【2】話題のある写真取り放題!SNS映えに!
    【3】収納がコンパクト

    <『My Familt(マイファミリー)の特徴/商品情報 詳細>


    【1】完全オーダーメイド!自分だけのオリジナルマスク

    企画から作成依頼を弊社で担当し、デザイン・作成は特殊造形作家が行います。

    今回制作したルイくんの柄なども、様々な角度の写真を見ながら再現いたしました!





    【2】話題のある写真撮り放題!SNS映えに!

    自分のペット、ご家族と一緒に写真が撮れます!
    動いているルイくんマスクは、Youtube【ねこつるTV】にて確認が可能です!

    ■動画サイトURL
    http://www.youtube.com/channel/UCh2VkuPKjJ2iJUyPtxS0Jbw?sub_confirmation=1


    【3】収納がコンパクト

    お面のような作りのため、裏側部分は布になっており、コンパクトに収納できるようになっています。

    そのため、持ち運びも簡単にできるため、様々な場面で気軽に使用可能になりました。

    マスクの後ろ側の写真です



    <『My Family(マイファミリー)』商品概要>


    [注文場所]
    ・合同会社新藤倫佳企画事務お問い合わせフォームより
    https://www.shindo-office.tokyo/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/



    [価格]
    300,000円(税別)~ +送料
    ペットによってはお受けできない場合もございます


    ■「it's me(イッツミー)」「My Family(マイファミリー)」 概要
    この道約14年の特殊造形作家が、シワの一本一本にまでこだわって制作しているオリジナル生き物マスク。「it's me(イッツミー)」では、ロット生産へと切り替え、リアル生き物マスクを比較的低価格で楽しめるようになっている。「My Family(マイファミリー)」では、自分の家族(ペット)へリアルに変身できるマスク制作を開始した。
    リアルマスクによって気軽に動物に変身でき、生活がいつもよりもワクワクしたもの、楽しいものになってほしいという願いが込められている。

    【制作会社】
    ・会社名:特殊造形工房91(キューイ)
    ・代表者名:浅海雅俊
    URLhttp://9191.tokyo/

    ■合同会社新藤倫佳企画事務所 会社概要
    2017年設立、2018年法人化。クリエイター、職人の支援活動を目的として活動を行なっている。
    活動内容は、クリエイターや職人の技術を使っての商品開発や企画。または、技術面以外で必要な知識の提案、向上のための講習会なども企画している。
    ・会社名:合同会社新藤倫佳企画事務所
    ・所在地:〒142−0053 東京都品川区中延5-12-17
    ・事業内容:クリエイター・職人の支援事業
    ・代表者名:新藤倫佳
    URLhttp://www.shindo-office.tokyo/

    配信元企業:合同会社新藤倫佳企画事務所

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【家族(ペット)に変身!?超リアルペットマスク『My Family(マイファミリー)』】の続きを読む


    no title

     飼い主が猫の頭をなでていたところ、同じことをやりたくなってしまった犬。見よう見まねで猫をなでてみた。

     だが飼い主と同じようになでるのは難しい。
     力加減がうまくいかなかったようで・・・

    ―あわせて読みたい―

    大親友の犬に生まれた我が子を見せにきた猫。母猫をねぎらい子猫の面倒をみる犬。
    このニオイ!ここにいる!!大好きだった犬の遺灰から離れようとしない猫
    おもちゃ貸してあげるからベッド返して。猫に交換条件を持ちかける犬だったが交渉決裂。ついに強硬手段に。
    仕掛けてきたのは犬なのに...なぜか強制退場させられる猫
    こんなとき、どんな風にしていいかわからないよ。犬は戸惑い猫は平常運転。犬と子猫、初めてのご対面動画総集編


    Pet the kitty | Funny Dog and Cat

     ソファに座る飼い主と犬と猫
     飼い主は猫をやさしくなではじめた。猫もうっとり気持ちよさそう。

    1

     その様子を見ていた犬はなんだか猫がなでたくなっちゃったようだ。飼い主がやるのと同じようにやってみた

     気持ちよさそうにしていた猫だが、
     いつもと違うなで方にイラっときはじめる。


    4

     ちっがーう!
     そうじゃなーい!

     それでも執拗に猫を撫でようとする犬に対し、
     ついに猫はキレちゃったようだ。

    5

     何事も慣れとか経験とかあるし、猫に怒られながらきっとこの犬も上手になでることができるようになってくることだろう。

     この動画に関する海外の反応は・・・

    好奇心旺盛な犬。だが彼も猫の表情で今後学ぶことだろう。でもこの猫って結構辛抱強いよね。

    ・良い犬、良い猫

    ・猫は忍耐強いわけじゃないよ。飼い主がいないところで復讐をもくろんでる

    ・猫「おい犬、力!加減!心から痛いんだけど・・・」

    ・犬「猫さんの毛ってとてもやわらかい、ハァハァ」

    ・犬はいつでも一生懸命。猫はイヤイヤながらも付き合ってあげる。そんな犬と猫の関係性好き

    ・少し間があって最後、また犬が撫で始めた時の猫の堪忍袋の緒が切れた感好き。でもって猫が犬に対してクレーム鳴きするところも好き。

    ↑・猫「ちょっともぅ、痛いじゃないの。やさしくやってよ」
      犬「おっとごめん。ただ君を愛したいだけなんだ

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52269880.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    冷たい雨の日にカフェの軒先にいた野良犬。トルコで野良犬にやさしさを示した女性がいた。
    ケージに閉じ込められた状態で生死をさ迷っていた猫の救出物語(アメリカ)
    犬ってそういうところあるから...銅像と取ってこい遊びがしたくて、おもちゃを何度も差し出す犬
    「羊たちの沈黙」レベル、いやそれ以上かもしれない。ホラーな雰囲気を醸し出している悪魔の使徒たち
    高貴なオコ顔で睨まれたい人続出。インスタ・アイドルとなった猫「ポンパス・アルバート」

    ―動画の紹介記事―

    エリア51の地下に何があるのか?Google Earthで発見されたエリア51付近にある巨大な穴の正体は?
    猫飼いならではの方法で小包泥棒に鉄拳を!荷物の中に猫のフンを仕込んでみたところ、釣れた!(アメリカ)
    犬ってそういうところあるから...銅像と取ってこい遊びがしたくて、おもちゃを何度も差し出す犬
    正体不明の物体が落下した後、池の水が全て消え巨大な穴が出現!?アメリカで起きたミステリー事件簿
    倉庫に眠っていたのは、30年前の未使用のBMW5シリーズ E34だった!(ブルガリア)
    ちがう!そうじゃない!犬に頭を撫でられブチ切れる猫


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ちがう!そうじゃない!犬に頭を撫でられブチ切れる猫】の続きを読む


    子猫(Aleksandr Zotov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    道に捨てられたペットを見たことがある人は少なくないだろう。中には、そんな状況を見兼ねて「私が飼う!」と名乗りを上げた経験がある人もいるかもしれない。

    このことについて、ママ向けコミュニティママスタジアム』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

     

    ■子猫を拾って飼うことに…

    投稿者は、夫と2人の乳幼児と猫と暮らす女性。ある日拾った子猫についての悩みを訴える。

    子供が2人もいることから保護施設に預かってもらうと思ったが、どこも手一杯。もともと2匹目の猫を迎え入れる予定だったため、そのまま飼うことに。

     

    ■義母が激怒

    そのことを義母に話したところ、まさかの大反対。というのも投稿者の夫には奨学金などの借金があり、親からも100万円ほど借りている状況のよう。

    そのため、義母は「援助してあげてる身からしたら納得いかない」と激怒。保護施設に預けるべきだと主張する。

    しかし、投稿者は義母に不満のようで「猫好きの私からしたら、薄情なやつだと思ってしまいます」「猫一匹増えようが減ろうが、金銭的に大差ないです」と怒り心頭。現在、義母とLINEでケンカのような状態になっているという。


    ■「貧乏人」はペットを飼うべきではない?

    「『貧乏人はペット飼うな』と思いますか?」と掲示板に訴えた投稿者。ユーザーからは「義母が正しい」「言われるのは仕方がない」と投稿者に対する批判の声が寄せられた。

    「そりゃ援助してる側からしたら納得いかなくて当たり前でしょ そんな余計な事にお金使ってないで…って思っちゃうよ ましてや小さい子供がいるんでしょ…?」

     

    「お金のことも含めて命を飼うことの責任だと思う。そこまでお金が回らないならやめて」

     

    「貧乏人は飼うなとは思わないけど、実際余裕がないと飼えない場合もある。だから義母さんの言う事は一理あると思う」

     

    猫を助けたいという気持ちはわかるが、まずは借金を返して自分の家のことをやるべきということなのだろう。

     

    ■ペットを衝動的に購入した経験は…

    しらべぇ編集部が全国20代〜60代のペットショップで犬・猫を購入したことがある男女452名を対象に調査をしたところ、およそ6人に1人が「衝動的に購入した」と回答した。年代別で見ると、20〜30代にその傾向がみられた。

     

    ペット

    仮に子猫1匹なら飼えたとしても、お金を出している義母からすればモヤモヤする気持ちもわかる。どうしても子猫を迎え入れたいのであれば、誠意をもって話し合うべきだろう。

    ・合わせて読みたい→子供を生まない女性は母親失格? 義両親からの「ありえない一言」に激怒

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日2016年7月25日
    対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

    「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声】の続きを読む


    子猫(Aleksandr Zotov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    道に捨てられたペットを見たことがある人は少なくないだろう。中には、そんな状況を見兼ねて「私が飼う!」と名乗りを上げた経験がある人もいるかもしれない。

    このことについて、ママ向けコミュニティママスタジアム』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

     

    ■子猫を拾って飼うことに…

    投稿者は、夫と2人の乳幼児と猫と暮らす女性。ある日拾った子猫についての悩みを訴える。

    子供が2人もいることから保護施設に預かってもらうと思ったが、どこも手一杯。もともと2匹目の猫を迎え入れる予定だったため、そのまま飼うことに。

     

    ■義母が激怒

    そのことを義母に話したところ、まさかの大反対。というのも投稿者の夫には奨学金などの借金があり、親からも100万円ほど借りている状況のよう。

    そのため、義母は「援助してあげてる身からしたら納得いかない」と激怒。保護施設に預けるべきだと主張する。

    しかし、投稿者は義母に不満のようで「猫好きの私からしたら、薄情なやつだと思ってしまいます」「猫一匹増えようが減ろうが、金銭的に大差ないです」と怒り心頭。現在、義母とLINEでケンカのような状態になっているという。


    ■「貧乏人」はペットを飼うべきではない?

    「『貧乏人はペット飼うな』と思いますか?」と掲示板に訴えた投稿者。ユーザーからは「義母が正しい」「言われるのは仕方がない」と投稿者に対する批判の声が寄せられた。

    「そりゃ援助してる側からしたら納得いかなくて当たり前でしょ そんな余計な事にお金使ってないで…って思っちゃうよ ましてや小さい子供がいるんでしょ…?」

     

    「お金のことも含めて命を飼うことの責任だと思う。そこまでお金が回らないならやめて」

     

    「貧乏人は飼うなとは思わないけど、実際余裕がないと飼えない場合もある。だから義母さんの言う事は一理あると思う」

     

    猫を助けたいという気持ちはわかるが、まずは借金を返して自分の家のことをやるべきということなのだろう。

     

    ■ペットを衝動的に購入した経験は…

    しらべぇ編集部が全国20代〜60代のペットショップで犬・猫を購入したことがある男女452名を対象に調査をしたところ、およそ6人に1人が「衝動的に購入した」と回答した。年代別で見ると、20〜30代にその傾向がみられた。

     

    ペット

    仮に子猫1匹なら飼えたとしても、お金を出している義母からすればモヤモヤする気持ちもわかる。どうしても子猫を迎え入れたいのであれば、誠意をもって話し合うべきだろう。

    ・合わせて読みたい→子供を生まない女性は母親失格? 義両親からの「ありえない一言」に激怒

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日2016年7月25日
    対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

    「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声】の続きを読む


    【動画はこちら】

    お父さんの膝の上が大好きな子猫ちゃん。何度床に戻してもお父さんの膝の上に戻ってきてしまいます^^ 動画には「可愛くて可愛くて涙が出てくるーっ」「この可愛さは最早罪」「こんなに可愛い生き物がいていいのか!?」などのコメントが寄せられています。本当に可愛い子猫ちゃんに癒されます^^

    【動画はこちら】

    この可愛さはもはや罪!何度床に戻しても飼い主さんの膝の上に戻ってくる子猫が可愛すぎる!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【この可愛さはもはや罪!何度床に戻しても飼い主さんの膝の上に戻ってくる子猫が可愛すぎる!】の続きを読む


    声優明坂聡美さんが2018年9月26日飼い猫写真断で使用されたとして、ツイッターで「胸悪い」と怒りを露わにした。

    明坂さんのが「吐血」をしているように写真を勝手に加工した上で、それを自身のYouTube動画サムネイルに使うユーザーがいたというのだ。これにはネット上でも、「あまりにも酷い」「怒って当然」など明坂さんに同情するが広がっている。

    「怒られたら差し替えたいと思います」

    騒動の発端となったのは、YouTube楽器演奏動画などをアップしているツイッターユーザー投稿だ。25、明坂さんに直接リプライ(返信)する形で、

    「とても気に入った画像だったので(編注・YouTubeアップした)私の曲のサムネに使用させて頂きました。明坂さんに怒られたら差し替えたいと思います」

    と本人に伝えたのだ。

    この投稿には、明坂さんが8月ツイッター開していた飼い猫写真を、勝手に加工した画像が添えられていた。寝転がるの口先あたりに、大量のい血を描き足したものだ。さらに画像の下部には、

    は死んでいません。演出上の加工です」

    と書かれたテロップも加えられていた。

    つまりこのユーザーは、明坂さんの飼い猫写真を上記のように加工した画像を、自身のYouTube動画サムネイルに使ったことを、わざわざ本人にリプライで報告したというワケだ。

    これに憤りを露わにしたのが明坂さんだ。26日未明のツイートで、先のリプライの内容を引用しながら、

    が子を断で使用・加工されて、血まで吐かれてるのを許可する人間なんていると思いますか?」

    とバッサリ切り捨てたのだ。

    「よりによって大切なうちの家族を...」

    続く投稿では、ツイッター投稿した写真などの「転載」を許可していない旨はプロフィールにも記載しているとして、

    「ごく当たり前の事を理解出来ない人はなんなんだろう」

    と皮気に一言。「リプで確認すればいいじゃないんだよ。作る前に権利は確認するものだし、私に直接ではなくて事務所に確認すべきだ」とした上で、

    「よりによって大切なうちの家族を使ってるし。胸悪い」

    と怒りを爆発させていた。

    こうした明坂さんの一連のツイートには、フォロワーらから、

    「これはすごく立たしい あまりにも酷い」
    「有名人々関係なく人のペットを加工して吐血させてる画像を作ってそれを本人に送るのは本当におかしい」
    する家族断で使用された上にあの表現...当然のお怒りだと思います」

    といった同情のが相次いで寄せられている。

    なお、発端のリプライを送ったユーザーは、明坂さんの怒りの投稿を受けてか、26日までに投稿削除。また、加工した画像を使っていたYouTube動画サムネイルも、すでに変更されている。

    明坂さんのツイッターアカウント


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【明坂聡美、飼い猫「吐血コラ」に「胸糞悪い」 「怒って当然」と同情の声】の続きを読む

    このページのトップヘ