ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: マンガ


    少年マンガといえば強大な敵とのバトルシーンが特徴ですよね。そのなかでも魅力的なのが相手が放つ数々のセリフバトルを盛り上げてくれます。なかには「似たようなセリフを見たな」という感覚に襲われる王道の言い回しもありますよね。強敵が言いがちなセリフについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。

    【ヒトメボのおすすめ記事】
    *いしのなかにいる* 見るとドキッとするゲームのトラウマ定型文
    ファミリーマートで「Lチキください!」… コンビニでのうっかりミス
    「救えねぇ」……自分にとっての『HUNTER×HUNTER』のピーク
    同居人への配慮、便座でスマホゲーム… 男が座って小用をするワケ
    ネギを鼻に詰める……効果は別として試したくない民間療法



    次は100%でいくぞ
    「悪役に物語史上最大の攻撃を浴びせられ、『耐えた!』と思ったらそれが実は手を抜いた攻撃だった!というのは衝撃的。『次の攻撃はどんなやばいヤツなんだ……』と否応にも期待しちゃいます」(神奈川県/35歳男性)

    強い敵は、「最初は本気を出さない」のがお約束。その後、主人公が奇跡のパワーアップをすることで、敵が負けるパターンもよく見ます。こういうセリフを見ると「はじめから本気を出したら負けないのに……」とツッコミを入れたくなります。

    私につく気はないか?
    「『仲間になろう』じゃなくて『私につけ』というのが、自信満々でカッコいいですね。『お前も強いけど、俺の方が強いんだけどね』って言っているようで」(青森県/31歳男性)

    チンケな悪役と違って、闘う相手の力を認めつつスカウトをするという高等テクニックです。よく聞くセリフですが、果たしてこれでダークサイドに堕ちたパターンはあるのでしょうか?

    もう攻撃は終わりか?
    主人公が攻撃を何回もクリーンヒットさせたのに、全く効いていない余裕っぷりが好きです。しかもわざわざ攻撃するタイミングを相手に申告するのも、“強者”って感じですよね」(鹿児島県/29歳男性)

    本当に強いヤツは“防御力”も高いんですよね。このセリフを言われた主人公は、次のページで手痛い反撃をくらっていそうです。

    冥土の土産に教えてやろう
    バトルの中盤を過ぎて、敵が勝ちを確信したあたりで言っているイメージです。重要な情報をこれから死ぬ相手に教えるなんて、親切だなあと思いますよね」(北海道/39歳女性)

    大体このセリフを言ったヤツが、逆に冥土に行っちゃう(勝負に負けて死ぬ)パターンですよね。「実は黒幕は主人公の父親」とか、とんでもない秘密を教えてくれたりもします。

    今日はここまでとするか……
    「『もうダメだ!やられる!!』ってときに、敵がこの捨て台詞を吐いて瞬間移動するシーンがありますけど、『いまトドメさせるじゃん』ってついつい思っちゃいます。どうせ再開後に負けるのに」(島根県/36歳男性)

    悪役がトドメをさすシーンでも、長台詞が災いして、主人公の仲間の増援が来ちゃうというパターンもありますね。強大な敵はおしゃべり好きが多いのでしょうか?

    ククク……“あいつ”は◯◯のなかでも一番弱い
    「“あいつ”はめちゃくちゃ強いボスだったはずなのに、実は組織のなかで一番弱かった、という衝撃的なセリフ。その一番弱い“あいつ”にボロボロにされた主人公からしたら、絶望しかないですよね」(東京都/23歳男性)

    こういうことを言ってくる敵は“四天王”の2番目であるイメージが強いですよね。このセリフが出てくると「このマンガは長く続きそうだな……」と期待しちゃいます。


    なんとなく耳覚えのある言い回しですが、具体的にどのマンガでどのキャラクターが言っているセリフなのかまではなかなか思いつかないもの……。また同じような内容のセリフでも、作品によって表現が微妙に違っていたりします。強敵が言いがちなセリフ、みなさんはどんなフレーズを思い浮かべますか?

    (一戸隆平/メディアム)

    【ヒトメボのおすすめ記事】
    「あーあ、今行けたのにー!」助手席からの気が滅入るひとこと
    戸愚呂弟、クロコダイン……『少年ジャンプ』であっさり弱くなった敵キャラ
    ブラインドタッチがうまくできない苦悩あるある
    〝素人さん〟って何の素人? テレビで違和感を覚えた肩書き
    HDMIって何?知ってる前提やめて… 家電店員にムキになってしまう瞬間

    少年マンガで強敵が言いがちなセリフといえば?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「冥土の土産に教えてやろう」 少年マンガで強敵が言いがちなセリフ】の続きを読む


     お店で買い物をしたあとに見知らぬおじさんから万引きの疑いをかけられる漫画に同じような経験をした人から体験談が集まっています。描いたのは元アニメーターTwitterユーザーのをぎくぼさん。

    【画像】万引き容疑の体験マンガ

     をぎくぼさんがアニメーターだったころ、仕事の休憩時間に友人と一緒に近くの薬局へ買い物に行きました。当時よく食べていた納豆を買い、レジ袋は断り商品を手に持ったまま店を出て、友人を店先で待つことに。すると見知らぬおじさんから小で「わかっているよね?」とをかけられます。一体何のことかわからないをぎくぼさん。

     「わかってるよね? 見てるからね?」と畳み掛けてくるおじさん。「まだ会計してないでしょ」と言われ、ようやく自分が万引きの疑いをかけられていることに気付きます。しかし衝撃的すぎて、自分は万引き犯ではないとうまく伝えることができません。今思うと当時は仕事漬けでボロボロな様子だったため、誤解を与えてしまったのではないかと回想しています。

     運悪く商品にテープも貼ってもらっておらず、友人に助けてもらおうにもまだ店内で買い物中でした。ますます言い寄られてテンパりかけてきたそのとき、をぎくぼさんは買い物したレシートを持っていることを思い出して提示します。おじさんはまじまじと見つめながら「うん……」と一言のみ。気まずい空気が流れますが、一向に謝る様子はありません。

     さすがにこれは失礼だろうと思い謝罪を要しますが、おじさんは「警視庁の人と繋がりがあって……」とよくわからない言い訳を始めました。結局おじさんは謝らず、友人が出てきたためグダグダのまま帰ることに。その後、コインランドリーおじさんとばったり再会しましたが、お互いにかなり気まずかったそうです。それはしょうがない。

     Twitterではこの漫画を受けて、自分も万引きを疑われたという体験談が続々と寄せられます。「やってもいない万引きの疑いをかけられてトラウマになった」「ゲームカセットを買って袋を貰わずに友達に向かっていたところ、知らないおじさん万引きを疑われたが、持っていたレシート明した」など。被害が深刻な分、注意をはらい過ぎてこうしてをかけてしまうケースも少なくないのでしょうね。

     レジ袋エコの観点から断ったり、有料のためもらわなくなるといった機会が増えてきました。この漫画ではレシートを持っていたことがトラブル期解決につながったため、商品を購入したとしてテープを貼ってもらったり、レシートに帰るまでは捨てずに持っておいたりすると、あらぬ疑いをかけられたときの自衛になりそうです。

    画像提供:をぎくぼさん

    おじさんに声をかけられたかと思いきや


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【おじさん「わかっているよね?」 万引きを疑われた体験マンガに「自分もある」「トラウマになった」と共感続々】の続きを読む


     コンパイルハート制作の新作スマホ向けゲーム絵師』(iOS/Android)のティザーサイトオープンした。

     本作は手塚プロダクションの下、人気イラストレーターたちが共演する全新作ゲームとして発表されていたが、今回“手塚治虫作品のキャラクター美少女キャラ化する”ことが明らかに。ティザーサイトでは美少女化した「火の鳥」といったキャラクターイラスト開されている。

    艦隊これくしょん -艦これ-』『アズールレーン』や『ウルトラ怪獣擬人化計画』『ウマ娘 プリティーダービー』など、美少女化(ないしは擬人化コンテンツは今や数えきれないほど存在しているが、もが知る有名漫画家の作品のキャラクター美少女化する、という作品は類を見ないのでは。ティザーサイトには、藤真拓哉氏が描く「火の鳥CV.石原夏織)」、つなこ氏が描く「アトムCV.釘宮理恵)」、ナナメダケイ氏による「ブラック・ジャックCV.東山奈央)」のイラスト開されている。

     挑戦的な作品なだけに、いったいどんな内容になるのか期待が高まるが、その一方で手塚治虫作品のキャラクター美少女化するという、作品のコンセプト自体に難色を示すも多い。美少女化した姿に「もう手塚治虫要素ないじゃん……」「なんか違う」「手塚治虫に失礼」というが上がっていたり、また美少女版「ブラック・ジャック」の“ツギハギ”がなくなっていることに「タカシの皮膚がないブラック・ジャックブラック・ジャックじゃない」「全に原作の設定ガン視じゃん」という批判も上がっている。

     ただ、これらの美少女キャラクターについては“手塚治虫作品のキャラクターを受け継いだ美少女”説も浮上している。『絵師』は絵師たちの妄想が具現化する世界が舞台で、火の鳥といった美少女キャラは「絵師」と絵師が共鳴したことで生み出される「伽羅少女」である模様。絵師たちはそので「シメキリ」と戦う、という設定らしい。ティザーサイトでは「手塚治虫作品キャラクター 美少女プロジェクト」と謳ってはいるものの、単に手塚作品のキャラ美少女化したというワケでもなさそうだ。

     現段階では、火の鳥鉄腕アトムブラック・ジャックをはじめ、『ふしぎなメルモ』の「メルモ」、「ユニコ」「ロック・ホーム」、『ジャングル大帝』の「レオ」を美少女化したようなキャラクターも確認できる。はたしてどんな作品になるのか、ひとまずは続報を待ちたい。

    ■『絵師』(iOS/Android
    配信日:2019年予定
    https://eshigami.com/

    『絵師神の絆』公式サイトより。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ブラック・ジャックのツギハギがないんだけど…」 手塚治虫作品キャラを美少女化した『絵師神の絆』に不満の声!?】の続きを読む

    このページのトップヘ