ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: マンガ


    少女漫画誌『りぼん』(集英社)でたばこ描写が禁止になった――。同誌で連載を持つ漫画家・津山ちなみさんが2019年3月15日ツイッターで報告した。

    読者からは「こういうのは寂しいです...」と残念がる声が多数上がっている。

    「持ってるだけでもアウトとは厳しすぎるやろ...」

    1995年から『りぼん』で連載しているギャグ漫画『HIGH SCORE(ハイスコア)』の作者である津山さん。同作品をめぐり、「りぼんにおけるタバコ描写規制がどんどん厳しくなり、(作中のキャラクターである)レイジに煙管(キセル)を持たせることも今月号で最後になります」とツイッターに書き込んだ。

    山さんのその後の投稿によれば、『りぼん』では3年ほど前に煙管から煙をくゆらせる描写が禁止となり、19年4月3日発売の「5月号」から全面的にたばこ描写が姿を消す。

    山さんは「正直、『煙も出てない口にも付けてない煙管を、ただ持ってるだけでもアウトとは厳しすぎるやろ...』と思うんですが...」と不満を漏らしつつ、「りぼんは少女誌なので、喫煙表現NGは全然ありだし良いことだと思うんですけどね!」「幸いレイジの個性そのものにはほぼ影響がないことだし、しょうがないなぁと諦めがつきます」と理解を示した。

    投稿は広く拡散され、読者からは「レイジタバコ姿、好きだったのにな」「ハイスコアめちゃめちゃ好きなので、こういうのは寂しいです...」と複雑な心境が吐露されている。

    読者の反応に「胸が熱くなりました」

    山さんはこうした意見を受け、「今回この件がとてもたくさんRT(リツイート)され、規制を遺憾に思う人多数なのを見て(中略)胸が熱くなりました」と率直な思いをツイート

    続けて、

    「漫画は『商品』なので、めちゃくちゃ売れてる作品にはそうそう厳しい規制は課せられない(課せられにくい)と思うんです。大人向けの雑誌なら特に。守りたい喫煙キャラがいる方達は、ぜひ『買って応援』してあげてください」

    と投げかけた。

    りぼん公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【少女誌で「たばこ」描写NGに 読者「寂しいです...」と複雑】の続きを読む


    53万フォロワーを誇り、働く社会人の気持ちを代弁するTwitterアカウント「全日本もう帰りたい協会」。その「帰りたい」という気持ちを人気作家「さわぐちけいすけ」さんがまさかの漫画化。『僕たちはもう帰りたい』として3月16日ライツ社から発売されました。

    全日本もう帰りたい協会(@mou_kaeru)というツイッターアカウントをご存知だろうか?


    「行く前からすでに帰りたい」
    https://twitter.com/mou_kaeru/status/1026581198309486592
    「冷静に考えて欲しい。週5日の労働の疲れが週2日の休みで取れるわけないだろう?」
    https://twitter.com/mou_kaeru/status/1064135489253298177

    仕事に追われる社会人の「帰りたい!」という思いが詰まった秀逸なつぶやきが話題を呼び、そのフォロワー数は
    なんと53万人!(あの人気悪役キャラ戦闘力と一緒だ…!)。
    「心の底からそう思う」「そうだ!帰ろう!」など共感の声が集まっています。

    まさかの漫画化&書籍化!

    こんなにもたくさんの人が「帰りたい」と願っているのに、なぜ帰れない?
    行き場のない「帰りたい」というあの気持ちを具現化し、本にすることができたなら、 働き手の心を少しでも軽くすることができるかもしれない。
    そんな思いから本の企画がスタートしたそうです。

    著者は、Twitterで20万人のフォロワーを誇る漫画家のさわぐちけいすけ (@tricolorebicol1)さん。
    「超」がつくほど客観的な目線で夫婦仲を円満に保つ秘訣を描いたデビュー作「妻は他人」シリーズが話題となり、以降、出版した3冊の本はすべて重版している実力派。
    担当編集者は、さわぐちさんのその目線で、働く人々の気持ちや人間関係を描いてみてほしい、と制作を依頼したそう。

    さらには、漫画化するにあたって、「働き方改革の旗手」と言われる青野慶久さんが社長を務める「サイボウズ(株)」所属のライターかしゆか(@akyska)さんも制作に加わっているとのこと。
    サイボウズに日々寄せられるさまざまな職種、立場、年齢の働き手のリアルすぎる悩みを集約し、1 年以上かけて、そのエピソード1 つひとつを丁寧に描き切ったのが本作。
    実際に読んでみたら共感しかなかった 「もう帰りたい」と願う理由も、年齢も、性別も、立場も全く異なる、人々の物語。
    主人公たちはそれぞれの環境で悩みを抱えています。例えば、「なぜ無意味な残業に付き合わされる?」「上司の無茶振りにどうやって対処する?」「妻でも母でもない私の時間が欲しい」など、どの悩みもリアルです。
    彼らが行き着くのは、「スナック もう帰りたい」というお店。
    一見あまのじゃくそうなママのふとした一言が、大切なことを気づかせ、その後の彼らの行動を変えていきます。

    読んだ後には少し心が軽くなる、不思議な物語。

    ケース1【お付き合い残業】帰ろうとすると気になる「もう帰るの?」と言わんばかりの視線。

    ケース2【板挟み】ムカつく上司と怖い取引先。

    ケース3【無茶振り上司】「売り上げをあげろ」「残業はするな」ってどうしたらいいんだ。

    スナック もう帰りたい】今の働き方を変えるには、ちょっとしたきっかけが必要なのかもしれない。

    共感しまくりの「あるある話」も多数掲載

    本編のあいだには、働く中で体験するあるあるエピソード(なぜか5.7.5の川柳仕立て)も多数収録。あなたの周りにもいませんか?こういう人たち。

    なぜ偉い 帰れる奴より 帰らない奴

    「なんか違う」 そういうあなたが なんか違う

    どうすれば 残業減るかと 残業中


    体験を元にしてあるだけあって、うんうんと頷いてしまいます。

    一見、ふざけたタイトルですが、この本は、形だけの働き方改革に疑問符を投げかける一因になるのでは?
    さわぐちさんが書籍の最後の一コマに込めた、「もう帰りたい」というネガティブな気持ちを ポジティブなものに変える「渾身のワンフレーズ」は必見です。

    本編、あるあるエピソードなど全てが書き下ろしで価格は1200円(税別)。
    3月16日(土)から全国の書店、Amazonほか通販サイトで販売中です。


    第一章「お付き合い残業」がつらくて、もう帰りたいのエピソードから抜粋


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    僕たちはもう帰りたい

    著者:さわぐちけいすけ
    判型:四六版(たて188mm×よこ128mm)並製
    頁数:224ページ
    発刊:2019年3月16日(土)
    定価:1200円+税
    ISBN:978-4-909044-19-8
    Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/4909044191/





    配信元企業:株式会社ライツ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【悲哀に満ちた心の叫び「もう帰りたい」を描いた漫画が書籍化。読んでみたら共感しかなかった。】の続きを読む


    ダウンロード違法化の対象範囲を拡大する著作権法の改正案めぐり、漫画家でつくる公益社団法人「日本漫画家協会」(ちばてつや会長)は2月27日、公式サイトで「表現や研究などの萎縮はもとより、人権の制約につながることが決してないように、丁寧で十全な審議を要望する」という声明を発表した。

    今回の改正は、海賊版サイト対策の一環としたうえで、民事的規制と刑事罰のいずれについても、(1)くり返し複製する反復行為を対象とすること(刑事罰のみ)、(2)原作マンガ等を原作のまま、まるごと複製する行為を対象とすること、(3)権利者の利益が不当に害される場合に限定すること――を提言している。

    違法アップロードされた漫画や写真など、あらゆるコンテンツについて、著作権侵害されているとを知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする著作権法の改正案は2月22日自民党の文部科学部会・知的財産戦略調査会合同会議で了承された。政府は3月にも閣議決定して、通常国会に提出するとみられる。

    弁護士ドットコムニュース

    DL違法化、日本漫画家協会が声明「人権の制約につながることが決してないように」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【DL違法化、日本漫画家協会が声明「人権の制約につながることが決してないように」】の続きを読む


     好きな人に好きだと言えないまま死んでしまったら、未練が残る……と言われがちですが、それどころか幽霊になったことで好きな男の子に密着して、わーきゃーはしゃぎまくる。そんな女子学生の幽霊のラブコメ漫画が、Twitterで展開とオチが秀逸だと称賛を集めています。

    【画像8枚】漫画「死人に◯あり」

     今朝、死んでしまった主人公女の子レイちゃん。まったく悲観した様子もなく、むしろ「私死んでよかったと思っています!」と笑顔でピースしています。なぜなら、好きな人零牙君に好きなだけ近づけるから。かなりのポジティブシンキング

     真面目な零牙君、眠そうな零牙君、食べてる零牙君……あらゆる零牙君を近くで見られるだけでなく、夢だった一緒の下校もかなえることができ大興奮。最高の日、そして、死んでよかったと、あらためて喜びまくります。

     それでも、やっぱり少し後悔が。「もし生きている時に 今日くらい勇気を出せたなら 何か変わっていたかな」。そう思い詰めながらつい、零牙君の耳元で「好き」とつぶやくレイちゃん。すると向こうはくるっとこちらを見つめ、「それでずっと付きまとってたのか?」と聞いてきます。

     てっきり悪いことをして化けて出てこられたのと思っていた、と安堵や驚きの表情を浮かべながら説明されますが、いやいやちょっと待って、今日やりたい放題していたレイちゃんのこと、ずっと見えてたの? 零牙君の霊感を知って、恥ずかしくなったレイちゃんは大慌てでその場から逃げ出し、ショックのあまり葬儀場のお棺の中から生き返ったのでした。最後に作品タイトル、「死人に『脈』あり」。

     幽霊だから見えないと調子に乗ったレイちゃんがいつもよりも行動的になったことで、意図せず気持ちを伝えることができました。逃げ去られた後の零牙君も耳が赤くなっているあたり、まんざらでもなさそう? 最後の「死人に脈あり」というオチがダブルミーニングになっているところも秀逸な作品です。生き返ったレイちゃんと零牙君の行く末はいかに。

     漫画を読んだ読者からは「このスピード感大好き」「ハッピーエンドいい」と疾走感やストーリーに評判の声が上がっている他、オチに対し「史上最強に上手い!」「ダブルミーニング好き」など称賛の声も寄せられています。

     作者は、星空しろきさん。ゲームなどをテーマにしたオリジナルの創作漫画やイラストTwitterで公開しています。レイちゃんのあの最高の日について、零牙君目線で描いた作品「今日の俺はついているぜ」も公開中。零牙君の耳が赤くなった理由や、付きまとうレイちゃんにどんなことを思っていたのかがわかります

    画像提供:星空しろきさん

    死んだのによかったの?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【好きな男子に密着できるやったー! 奥手な女子が幽霊になって超前向きになる創作ラブコメ、オチが秀逸だと評判】の続きを読む


     漫画の研究者などでつくる日本マンガ学会(会長・竹宮恵子氏)は1月23日、いわゆる「ダウンロード違法化」について、漫画やテキストを含む「幅広い分野の著作物を対象範囲に含めるべき」と文化庁の有識者会議がまとめたことについて、反対する声明を発表した。

    【その他の画像】

     著作物全般のダウンロードを違法化すると、2次創作や研究のためのダウンロードも制限されるため、「一般ユーザーの萎縮を招き、研究・創作を著しく阻害する最悪の結果となることが予想される」と危機感をあらわにしている。

     映画・音楽の著作物については、違法にアップロードされたことを知りながらダウンロードした場合、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金を科す(親告罪)、いわゆる“ダウンロード違法化”が2012年に始まった。漫画(静止画)やテキストは違法化の対象外となったが、出版社などコンテンツ業界は政府に対して、静止画ダウンロード違法化の検討を求めてきた。

     ダウンロード違法化の対象拡大について、文化庁の法制・基本問題小委員会で10月から議論が行われ、12月7日に中間まとめと論点整理案が出た。案には、「著作物の種類・分野による限定を行うことなく、広くダウンロード違法化の対象範囲に含めていくべきとの方向性については、概ね共通認識が得られた」と書かれており、文化庁は今年の国会への著作権法改正案提出を目指している、と報じられている。

     これについて、日本マンガ学会が今回、反対を表明。理由は以下だ。

    (1)海賊版研究や2次創作研究が阻害される

    (2)研究や創作のための記事や図版のクリッピングも違法になり、研究・創作の萎縮を招く

    (3)静止画や文章は、違法アップロードかの判断が難しい

    (4)「漫画村」のようなストリーミング方式の海賊版はまったく取り締まれないため、悪意ある侵犯者には効果がない。むしろ、一般ユーザーの萎縮を招き、研究・創作を著しく阻害する最悪の結果となる

     また、「委員会のまとめは、著作物の私的使用を一方的な便益の受容・消費活動と限定してとらえている」と指摘。1次創作を「利用」して2次創作を行うなど、著作物の利用が「新たな著作物を創造する〈生産行為〉でもありうるという点が考慮されていない」とした上で、日本のマンガ文化は「こうした〈生産行為〉を基礎とすることで、世界的な発展を遂げて来た」とし、静止画ダウンロード違法化に反対している。

    法制・基本問題小委員会の論点整理案より抜粋


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「静止画ダウンロード違法化」に反対 日本マンガ学会、「研究・創作を阻害する最悪の結果招く」】の続きを読む


    少年マンガといえば強大な敵とのバトルシーンが特徴ですよね。そのなかでも魅力的なのが相手が放つ数々のセリフバトルを盛り上げてくれます。なかには「似たようなセリフを見たな」という感覚に襲われる王道の言い回しもありますよね。強敵が言いがちなセリフについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。

    【ヒトメボのおすすめ記事】
    *いしのなかにいる* 見るとドキッとするゲームのトラウマ定型文
    ファミリーマートで「Lチキください!」… コンビニでのうっかりミス
    「救えねぇ」……自分にとっての『HUNTER×HUNTER』のピーク
    同居人への配慮、便座でスマホゲーム… 男が座って小用をするワケ
    ネギを鼻に詰める……効果は別として試したくない民間療法



    次は100%でいくぞ
    「悪役に物語史上最大の攻撃を浴びせられ、『耐えた!』と思ったらそれが実は手を抜いた攻撃だった!というのは衝撃的。『次の攻撃はどんなやばいヤツなんだ……』と否応にも期待しちゃいます」(神奈川県/35歳男性)

    強い敵は、「最初は本気を出さない」のがお約束。その後、主人公が奇跡のパワーアップをすることで、敵が負けるパターンもよく見ます。こういうセリフを見ると「はじめから本気を出したら負けないのに……」とツッコミを入れたくなります。

    私につく気はないか?
    「『仲間になろう』じゃなくて『私につけ』というのが、自信満々でカッコいいですね。『お前も強いけど、俺の方が強いんだけどね』って言っているようで」(青森県/31歳男性)

    チンケな悪役と違って、闘う相手の力を認めつつスカウトをするという高等テクニックです。よく聞くセリフですが、果たしてこれでダークサイドに堕ちたパターンはあるのでしょうか?

    もう攻撃は終わりか?
    主人公が攻撃を何回もクリーンヒットさせたのに、全く効いていない余裕っぷりが好きです。しかもわざわざ攻撃するタイミングを相手に申告するのも、“強者”って感じですよね」(鹿児島県/29歳男性)

    本当に強いヤツは“防御力”も高いんですよね。このセリフを言われた主人公は、次のページで手痛い反撃をくらっていそうです。

    冥土の土産に教えてやろう
    バトルの中盤を過ぎて、敵が勝ちを確信したあたりで言っているイメージです。重要な情報をこれから死ぬ相手に教えるなんて、親切だなあと思いますよね」(北海道/39歳女性)

    大体このセリフを言ったヤツが、逆に冥土に行っちゃう(勝負に負けて死ぬ)パターンですよね。「実は黒幕は主人公の父親」とか、とんでもない秘密を教えてくれたりもします。

    今日はここまでとするか……
    「『もうダメだ!やられる!!』ってときに、敵がこの捨て台詞を吐いて瞬間移動するシーンがありますけど、『いまトドメさせるじゃん』ってついつい思っちゃいます。どうせ再開後に負けるのに」(島根県/36歳男性)

    悪役がトドメをさすシーンでも、長台詞が災いして、主人公の仲間の増援が来ちゃうというパターンもありますね。強大な敵はおしゃべり好きが多いのでしょうか?

    ククク……“あいつ”は◯◯のなかでも一番弱い
    「“あいつ”はめちゃくちゃ強いボスだったはずなのに、実は組織のなかで一番弱かった、という衝撃的なセリフ。その一番弱い“あいつ”にボロボロにされた主人公からしたら、絶望しかないですよね」(東京都/23歳男性)

    こういうことを言ってくる敵は“四天王”の2番目であるイメージが強いですよね。このセリフが出てくると「このマンガは長く続きそうだな……」と期待しちゃいます。


    なんとなく耳覚えのある言い回しですが、具体的にどのマンガでどのキャラクターが言っているセリフなのかまではなかなか思いつかないもの……。また同じような内容のセリフでも、作品によって表現が微妙に違っていたりします。強敵が言いがちなセリフ、みなさんはどんなフレーズを思い浮かべますか?

    (一戸隆平/メディアム)

    【ヒトメボのおすすめ記事】
    「あーあ、今行けたのにー!」助手席からの気が滅入るひとこと
    戸愚呂弟、クロコダイン……『少年ジャンプ』であっさり弱くなった敵キャラ
    ブラインドタッチがうまくできない苦悩あるある
    〝素人さん〟って何の素人? テレビで違和感を覚えた肩書き
    HDMIって何?知ってる前提やめて… 家電店員にムキになってしまう瞬間

    少年マンガで強敵が言いがちなセリフといえば?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「冥土の土産に教えてやろう」 少年マンガで強敵が言いがちなセリフ】の続きを読む


     お店で買い物をしたあとに見知らぬおじさんから万引きの疑いをかけられる漫画に同じような経験をした人から体験談が集まっています。描いたのは元アニメーターTwitterユーザーのをぎくぼさん。

    【画像】万引き容疑の体験マンガ

     をぎくぼさんがアニメーターだったころ、仕事の休憩時間に友人と一緒に近くの薬局へ買い物に行きました。当時よく食べていた納豆を買い、レジ袋は断り商品を手に持ったまま店を出て、友人を店先で待つことに。すると見知らぬおじさんから小で「わかっているよね?」とをかけられます。一体何のことかわからないをぎくぼさん。

     「わかってるよね? 見てるからね?」と畳み掛けてくるおじさん。「まだ会計してないでしょ」と言われ、ようやく自分が万引きの疑いをかけられていることに気付きます。しかし衝撃的すぎて、自分は万引き犯ではないとうまく伝えることができません。今思うと当時は仕事漬けでボロボロな様子だったため、誤解を与えてしまったのではないかと回想しています。

     運悪く商品にテープも貼ってもらっておらず、友人に助けてもらおうにもまだ店内で買い物中でした。ますます言い寄られてテンパりかけてきたそのとき、をぎくぼさんは買い物したレシートを持っていることを思い出して提示します。おじさんはまじまじと見つめながら「うん……」と一言のみ。気まずい空気が流れますが、一向に謝る様子はありません。

     さすがにこれは失礼だろうと思い謝罪を要しますが、おじさんは「警視庁の人と繋がりがあって……」とよくわからない言い訳を始めました。結局おじさんは謝らず、友人が出てきたためグダグダのまま帰ることに。その後、コインランドリーおじさんとばったり再会しましたが、お互いにかなり気まずかったそうです。それはしょうがない。

     Twitterではこの漫画を受けて、自分も万引きを疑われたという体験談が続々と寄せられます。「やってもいない万引きの疑いをかけられてトラウマになった」「ゲームカセットを買って袋を貰わずに友達に向かっていたところ、知らないおじさん万引きを疑われたが、持っていたレシート明した」など。被害が深刻な分、注意をはらい過ぎてこうしてをかけてしまうケースも少なくないのでしょうね。

     レジ袋エコの観点から断ったり、有料のためもらわなくなるといった機会が増えてきました。この漫画ではレシートを持っていたことがトラブル期解決につながったため、商品を購入したとしてテープを貼ってもらったり、レシートに帰るまでは捨てずに持っておいたりすると、あらぬ疑いをかけられたときの自衛になりそうです。

    画像提供:をぎくぼさん

    おじさんに声をかけられたかと思いきや


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【おじさん「わかっているよね?」 万引きを疑われた体験マンガに「自分もある」「トラウマになった」と共感続々】の続きを読む


     コンパイルハート制作の新作スマホ向けゲーム絵師』(iOS/Android)のティザーサイトオープンした。

     本作は手塚プロダクションの下、人気イラストレーターたちが共演する全新作ゲームとして発表されていたが、今回“手塚治虫作品のキャラクター美少女キャラ化する”ことが明らかに。ティザーサイトでは美少女化した「火の鳥」といったキャラクターイラスト開されている。

    艦隊これくしょん -艦これ-』『アズールレーン』や『ウルトラ怪獣擬人化計画』『ウマ娘 プリティーダービー』など、美少女化(ないしは擬人化コンテンツは今や数えきれないほど存在しているが、もが知る有名漫画家の作品のキャラクター美少女化する、という作品は類を見ないのでは。ティザーサイトには、藤真拓哉氏が描く「火の鳥CV.石原夏織)」、つなこ氏が描く「アトムCV.釘宮理恵)」、ナナメダケイ氏による「ブラック・ジャックCV.東山奈央)」のイラスト開されている。

     挑戦的な作品なだけに、いったいどんな内容になるのか期待が高まるが、その一方で手塚治虫作品のキャラクター美少女化するという、作品のコンセプト自体に難色を示すも多い。美少女化した姿に「もう手塚治虫要素ないじゃん……」「なんか違う」「手塚治虫に失礼」というが上がっていたり、また美少女版「ブラック・ジャック」の“ツギハギ”がなくなっていることに「タカシの皮膚がないブラック・ジャックブラック・ジャックじゃない」「全に原作の設定ガン視じゃん」という批判も上がっている。

     ただ、これらの美少女キャラクターについては“手塚治虫作品のキャラクターを受け継いだ美少女”説も浮上している。『絵師』は絵師たちの妄想が具現化する世界が舞台で、火の鳥といった美少女キャラは「絵師」と絵師が共鳴したことで生み出される「伽羅少女」である模様。絵師たちはそので「シメキリ」と戦う、という設定らしい。ティザーサイトでは「手塚治虫作品キャラクター 美少女プロジェクト」と謳ってはいるものの、単に手塚作品のキャラ美少女化したというワケでもなさそうだ。

     現段階では、火の鳥鉄腕アトムブラック・ジャックをはじめ、『ふしぎなメルモ』の「メルモ」、「ユニコ」「ロック・ホーム」、『ジャングル大帝』の「レオ」を美少女化したようなキャラクターも確認できる。はたしてどんな作品になるのか、ひとまずは続報を待ちたい。

    ■『絵師』(iOS/Android
    配信日:2019年予定
    https://eshigami.com/

    『絵師神の絆』公式サイトより。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ブラック・ジャックのツギハギがないんだけど…」 手塚治虫作品キャラを美少女化した『絵師神の絆』に不満の声!?】の続きを読む

    このページのトップヘ