ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 趣味


    ハンドメイドアクセサリーなどを制作・販売する作家に対し、購入希望者が大幅な「値切り」を持ちかけるという事例の報告が相次いでいる。ハンドメイド作家のツイッターの投稿を見ると、「材料費」と比較して「販売価格」が高いと言われた例が多く、半額以下の価格を提示されたケースも見られる。

    J-CASTニュースが複数の作家を取材すると、デザイン料や技術料なども加味して価格設定しており、客にもその旨を説明するが、「素人扱い」されるなど理解を得られないことがあるという。大幅な「値切り交渉」を経験した作家は、実情を「知ってほしい」と理解を求める。

    1200円の商品→「500円くらいとかでは無理ですか?」

    ハンドメイド高いって言われるやつDMで来ました」――。「Blue*Forest@デザフェスG289」(@kaito_x2525)さんはツイッター2018年11月5日、購入希望者とのダイレクトメッセージ(DM)のやり取りを投稿した。ハンドメイドのキーホルダーの価格を聞かれ、1200円だと伝えると、「500円くらいとかでは無理ですか?」と半額以下の価格を提示されたり、「材料費100円とか200円とかじゃないんですか?」などと返信されたりした。「すみません」と理解を求めようとしたが、同客は設定価格での購入には応じなかった。

    Blue*Forestさんは投稿の中で、

    「手間賃高いと言われましても手間賃ないと次が作れないんです。わかって頂けたら幸いです。最後まで平行線でしたのですみませんブロックさせて頂きました」

    と報告していた。5万8000超のリツイート、7万7000超のいいねを集めるなど、多くのユーザーの目に留まっている。

    ネットだけでなくイベントなどでも作品を発表しているというBlue*Forestさんは、ハンドメイド歴2年半の30代女性。J-CASTニュースの取材に応じ、今回「値切り」を持ちかけられたことについて、「イベントでは、悩まれたり『2つ買うのでお安くなります?』と聞かれたりすることはありましたが、直接DMで来たのは初めてでした」とし、「ビックリしたという思いしかないです」と率直な心境を明かした。

    価格の決め方は「もちろん材料費も考えますが、基本は私ならこれくらいで売ってたら迷わず買うな!という値段を基本にしています」という。「欲しいなと思っても値段が高いと悩む事があるじゃないですか。それをお客様にして欲しくないので」と理由も明かした。

    2児の母であり、作業しているのは子どもが寝た後の2~3時間に限られる。1つの作品が完成するまでに3~4日かかることもある。

    「値切り」交渉をされたのは今回が初めてだったというが、もし業界で事例が今後増えていった場合、「ハンドメイドで作品を売るまでには膨大な時間とお金がかかっていますので、そこを軽視されるのではないかなと危惧はしています」と懸念を示す。その上で

    「売る場所に出向くのももちろん、出展費用や委託料などもありますので、材料費を考えても黒字が出ないことなんて沢山あります。その点も広まればいいなと思います」

    と、原価以外にも様々な費用がかかることを指摘した。

    「拡散してあげるんで300円にして下さい」

    「素人制作ですよね」。なぎさ(@nagisa___nana)さんは7日ツイッターで、購入希望者とのDMでこんな言葉をかけられながら値切り交渉されたと明かした。オーダーメイドピアス制作にあたり、「700円プラス送料」がかかると伝えると、

    「でもこれだけなら材料費そんなにかからないですよね?」
    「素人制作に700円も払うひとなんていない」
    「拡散してあげるんで300円にして下さい」

    といった返信も来た。なぎささんは投稿で「なんかもうほんと、悲しいと思う、こういうの うん、自分の作品がまだ拙いから言われてしまうのも分かるんやけどね...」と複雑な思いをつづった。結局交渉には応じられず、この取引はなくなった。

    なぎささんは、伝統工芸の「つまみ細工」を活用したハンドメイド制作を1年ほど続けている20代女性。取材に対し、値切り交渉を受けたのは初めてだったものの、「よくある事だと承知しておりますので、それ自体に不満や不当だとは思いませんでした」と冷静に話す。

    ただ、「作家様やハンドメイド自体を批判するような悪意のある値下げ交渉が続くなら、ハンドメイド界隈自体が悪い印象を受けてしまうかもしれません」と懸念し、

    「『原価に対して高すぎる売価』という点だけが世間に広まってしまいますと、それこそ『ぼったくり』のような扱いを受けてしまいます。制作時間や、それにかかった労力、アイデア等を考慮しての値段設定だということをもっと知ってほしいです」

    と胸の内を明かした。価格は「原価、制作にかかった時間、パーツの数、技術料」なども加味しつつ、手に取ってもらいやすいようできるだけ安価にしているという。

    ハンドメイド市場の縮小招きかねない?

    値切り交渉を複数回経験している作家もいる。天然石を使ったブレスレットメインに3年半制作を続けている(それ以前もアクセサリー修繕を十数年経験)という30代女性の「まきこまき(雑多垢)」(@kuro2maker)さんは、取材に対し、1か月で4人の購入希望者から値引きを持ちかけられたと明かす。

    ある時は、天然石を使った2800円のブレスレットを「1000円にできないか」と聞かれた。64%オフの計算になる。14ミリサイズの磁気ありヘマタイト、アメジストラピスラズリといった貴重な天然石を多く使っていたため「販売価格自体が赤字覚悟」の商品だったといい、説明もしたが、「ハンドメイドでやっているのなら、そこまで高価なものは使っていないだろう」などと言われた。理解は得られず、結局この取引はなくなった。

    デザイン・制作から包装・配送までで4時間ほどかかることもある。価格の決め方は「『仕入れ価格+デザイン料』を計算し、これを基準に手間賃を上乗せしたり、お客様のお手元に届く時間を考慮し時間がかかってしまう場合は10%引いたりして決めております」とのことだった。

    まきこまきさんは現在、ネットでのオープンな売買は休止しており、常連客との取引に絞っている。ハンドメイド界の今後について意見を聞くと、

    「このような値切りが増えれば、私のように、ご新規様は迎えず、販売当初からの常連様相手のみで制作される方が増える可能性があります。また、収益が得られないことから、新作が作れず、尚且つ、精神的に疲弊し、ハンドメイドを辞められる方が増える事態を招きかねないと思います。ハンドメイドイベントも減り、金具などハンドメイド用品マーケットも縮小していくことでしょう」

    と懸念を示した。「ハンドメイド自体を始めることが狭き門となってしまう未来が来てしまうのではないでしょうか」とも述べていた。

    「『ハンドメイド=素人の手習い』的なイメージ」?

    レジンを使ったハンドメイド歴が2年という30代女性も、取材に対し、大幅な値切りを要求されたことがあると明かす。価格を提示するなり「高い」と言われたといい、「プチプラアクセ作りをしているので、低価格には自信がありました。正直ショックです」と話した。また、

    「どうしても『ハンドメイド=素人の手習い』的なイメージが抜けていないこともあるのでしょう」

    と認識の差があることも指摘した。

    ハンドメイドをめぐっては近年人気が高まり、メディアなどでもたびたび取り上げられている。一方、「低コストかつ手軽に稼げる」といった趣旨で紹介されることもあり、ツイッターなどでは作家や作品購入者とみられるユーザーから、実態を正確に映していないのではないかという声があがっていた。

    Blue*Forest()さんのハンドメイド作品。「冬は宇宙メインで夏は海メインでつくっています」という


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ハンドメイド人気も...過剰「値切り」に傷つく作家たち 「材料費100円とかでしょ」「素人制作ですよね」】の続きを読む


    SNSで度々、話題になるのが、「オタク活動を許してくれない妻」の話。都内に住むある会社員の男性は、結婚前はオタク活動にも理解があるそぶりをみせていた妻が、結婚後に豹変し、一切許してくれなくなったと嘆きます。

    集めた美少女フィギュアは「インテリアに合わないし、置く場所がない」と言われ、これまで何十万円もつぎ込んで買い集めた同人誌も「将来、子どもができた時に悪影響がある」などという理由で、すべて捨てられたといいます。せめて、「コミケオフ会に参加したい」と言っても、「結婚したのだから少しは落ち着いてほしい」と嫌な顔をされるそうです。

    男性は「オタク活動を許してくれない妻と離婚したい。できれば、これまで捨てられたフィギュア同人誌の費用を損害賠償請求したい」と本気で考え始めました。自分の趣味や遊興を止められたという理由で、離婚できるのでしょうか。橘里香弁護士に聞きました。

    制限が道徳に反した嫌がらせになれば、モラハラにあたる可能性も

    まず、夫のオタク活動を制限することは、モラハラもしくはDVにあたる可能性はありますか。男性は離婚を考えているそうです。

    モラハラにあたる可能性はありますが、その具体的発言や程度によります。

    趣味を控えて欲しいと制限してくること自体が、直ちにモラハラに該当する訳ではありません。家族との時間や家族への配慮も大切であり、複数の人間が家族として一緒に暮らしていく以上、互いへの配慮は必要です。

    ただ、制限の求め方、具体的言い方や対応が倫理や道徳に反した嫌がらせに当たるような程度に至る場合には、いわゆるモラハラとして離婚理由となり得ます。離婚理由となるには、婚姻関係の継続を不可能にするような程度の異常な非難や侮辱、強要ということが必要ですので、単発的発言では難しく、そのような対応が継続的に繰り返されていることが必要です。

    また、大切なのは、その言い方や制限の度合いですので、具体的な発言や対応を証拠として記録しておくことが大切です」

    この夫が離婚できたとして、その際に妻に対して、夫が所有していたコレクションの損害賠償請求はできますか?

    「それだけで離婚理由となり得るかは程度にもよりますが、損害賠償請求が認められる可能性はあります。夫婦といえども相手の財産を無断で処分することは相手の財産権の侵害ですのでやめましょう」

    弁護士ドットコムニュース

    【取材協力弁護士
    橘 里香(たちばな・りか)弁護士
    沖縄県那覇市出身。1979年生まれ。メンタルケア心理士の資格を持ち、「相談しやすさ」「話しやすさ」に定評がある。離婚事件に注力し、これまで数多くの事件を解決に導いている。
    事務所名:弁護士法人一新総合法律事務所
    事務所URLhttp://www.n-daiichi-law.gr.jp/

    夫のオタク活動許さない! 妻が美少女フィギュアや同人誌を廃棄して修羅場に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【夫のオタク活動許さない! 妻が美少女フィギュアや同人誌を廃棄して修羅場に】の続きを読む



    11月1日の「突撃!しあわせ買取隊」(テレビ東京系)で、長年集めてきたプラモデルを、家族旅行のために査定に出す50代男性が登場し、ネット上で同情する声が相次いでいる。

    同番組は、不用品引取を希望する一般家庭に査定士が出向き、その場で鑑定を行うというもの。番組宛てに20代の女性から「父親が学生時代に買い漁ったプラモデルが、わたしにはただのガラクタにしか見えない。全てを査定してほしい」というメールが届いたという。

    番組が依頼者宅を訪ねると、現状が明らかになった。4人家族の住宅の物置には、床から天井までプラモデルの箱がびっしり。収納場所が足りず、棚と棚の間に板をかけ、その板の上にも重ねるほどだ。


    夫婦の寝室や娘の部屋のクローゼットにまで大量のコレクション



    「売る」「売らない」の2択と見せかけて実質1択の事情があるようです

    プラモデルは、依頼者女性の妹の部屋にも収納されていた。クローゼットの半分は次女の私物だが、もう半分はプラモデルの箱や塗装用品で埋まっている。このほか、夫婦の寝室の一角には鉄道模型、リビングの収納スペースにはミニカーと、家のあらゆるところにプラモデルが収納されていた。

    番組で数えたところ、プラモデル1000点以上、ミニカーが80点以上、鉄道模型は60点以上。すべて集めると8畳の和室がいっぱいになった。長女がメールを送る気持ちも分からなくもない。

    男性がプラモデルを集め始めたのは小学校1年生のときだという。好きだった女の子戦艦大和プラモデル誕生日にくれたことがきっかけで興味を持ち、以来40年以上集めてきた。好きが高じて自動車の設計技師にもなったという。ここまでくれば、プラモデルへの興味が家族を支えたとも言える。


    「買わないでと言ってるのに内緒で買ってくるし、新しいのを買っても作らない」

    しかし、家族の思いは複雑だ。娘や妻からは、

    「もう買わないでと言っているのに、内緒で買ってくる。まだ作ってないものがあるのに新しいのを買って作らない」
    「ただのコレクターみたいになっている」
    「全部とは言わないけど減らしてほしい」

    と非難轟々。男性は笑いながらも「届くと作った気になって、物置に直行してしまう」と、多少の後ろめたさをにじませていた。「作れないのであれば、欲しい人に引き取ってもらうのが一番なのかな」と朗らかに語るが、どこか寂しそうだ。

    依頼者である長女が番組にメールを送ったのは、家族旅行の資金にプラモデルの売却金を充てたいと考えたからだ。女性は交際中の男性からプロポーズされていて、もうじき結婚するという。結婚を控える娘からこんなことを言われては、父親にとって「売らない」という選択肢はあってないようなものだろう。


    「買い貯めたコレクション手放すの辛くなかったのかな」

    買取金額が付いたのは、プラモデル825点、ミニカー57点、そのほか本などを合わせ、1045点。全て売れば55万円という査定になった。男性は「娘や妻のことも考えて、売る方向で行こうと思います」と宣言。これまでコツコツ集めてきたお宝と引き換えに、家族旅行の資金を手に入れた。

    プラモデルの扱いが家族のトラブル源になることはままある。2017年には同じくテレビ東京系の番組で、妻にガンプラコレクションを勝手に捨てられる夫が紹介された。今回はここまで強引ではないにせよ、男性の胸中を察するに、長年のコレクションをゼロにすることに何の躊躇いも無いわけではないだろう。ネットでは、

    「55万円か…つうか父さん心なしか売る決意をしたとはいえ遠い目だな…」
    お父さん可愛そうで泣きそう」
    「本人が納得している積みプラとはいえ買い貯めたコレクション手放すの辛くなかったのかな」

    と、男性に同情する声も少なくなかった。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「父のプラモデルを売って家族旅行に行きたい」テレビの特集にネット同情「納得済みとはいえ可愛そう」「父さん心なしか遠い目」】の続きを読む


    「若い人は話しかけても反応で、コミュニケーションが取れない。どうすればいいのか」。飲食・小売・サービス業の現場で、こうした悩みをもつ上店長が増えているという。店舗運営コンサルタント越恒一氏は「若手スタッフが好きなことに関心を持ちましょう。たとえばスマホゲームバカにしてはいけない。『関心』が重要です」という――。

    ※本稿は、越恒一『ほめられたいときほど、かをほめよう 店長の心を励ます50の言葉』(プレジデント社)の一部を加筆・再編集したものです。

    ■叱っても褒めても無反応な若者たち

    最近多くなってきた店長からの相談に、「若いスタッフ反応で困っています」というものがあります。これは特にここ1~2年で増えてきた相談です。

    これは店舗に限らず、若手社員や学生アルバイトがいる職場なら、どこでもあり得る問題ではないかと思います。顕著なのは今の大学生ぐらいから下の年齢でしょうか、基本的なコミュニケーションさえ取れないことがネックになっています。

    反応な若者と、どうやって関わっていけばいいのか?

    まず言えることは、まだ相手が仕事に関心を持つステージになっていない、ということです。特に新人スタッフや新入社員であればなおさらです。そのステージになっていない段階で、仕事のやりがいや標について尋ねても、「そんなのないよ」と思われてしまいますし、その重要性などを懇々と説かれても、「めんどくさいな」と思われるだけです。

    ですが実際、反応な若手スタッフたちは、仕事は粛々とやってくれます。すごく良い笑顔で接客しているわけではないですが、クレームも出ない。生産性が悪いというほどでもないですが、決して高いわけでもない。ですから、叱るポイントも少ないのです。ちょっとしたことでも、良いと思ったことは褒めてみても、それに対して反応がありません。

    以前は、そういう反応なスタッフの意識を変えるために、表したり、賞与を増やしたり、承認欲求を満たすような工夫をすることがよくありました。しかし、今はそんなお金や名誉はいらないという若者が増えてきています。

    ■賞罰や評価制度ではモチベーションは上がらない

    これはつまり、賞罰や評価制度の効果が薄まっているということです。もちろん現場にもよりますが、「別に評価されても給料がすごく増えるわけでもないので、普通でいいです」という感覚の若者が増えているのです。責任が重くなるくらいなら今のままでいい、社員にならず自由に休めて面倒なことを言われないアルバイトのままでいい、そんな感覚です。

    こうした感覚ですから、仕事に関心を向かせるというのは、とてもハードルが高いです。言ってしまえば、こうした感覚の若者は、どこで働いてもいいと思っています。特に、できるだけストレスがない職場であることが重要です。それでも、アルバイトよりはポテンシャルが高い、仕事ができるから問題がないと本人は思っています。

    実際、こうした若者は無能ではありません。あくまで普通です。当たり障りのないギリギリの及第点を取るような仕事ぶりなので、叱るような点もありません。かと言って、大きく成長してほしいと期待をかけられるのも嫌がります。マネジメントの進め方が大きな変わりを迎えていると言っていいでしょう。

    ■興味のないスマホゲームにも関心を寄せるべき

    仕事に関心がない反応のスタッフには、まず上である自分に関心を持ってもらうことが必要です。若手スタッフと上、その関係が良くなっていくことが大切なのですが、そのためのフックが“仕事”ではうまくいきません。

    そこで上は、その若手スタッフが好きなことに関心を持ちましょう。ゲームだったらゲームサッカーだったらサッカーなど、その人ごとに興味関心があるものが何かを知り、相手の好きなことに自分の関心を寄せていきます。そうすることで、「この人は自分のことをわかってくれている」と思ってもらえるようになるからです。

    若者の間ではスマホゲームが流行っています。私のような上の年代の価値観からすると、「1日中スマホゲームしているなんて意味がわからない」と思ってしまいますが、そこで相手の価値観を否定していては、若者は上の話に聞くを持とうと思わないですよね。

    「そんなにスマホゲームばかりしていて、つまらなくないの?」などと言ってくるような自分の価値観を否定する人とは、関わりたくないですし、近づきたくないと思うでしょう。そんな人から仕事であれこれ示されても、最低限をこなすだけになるのは不思議ではありません。

    ■共通の関心を示すことで関係を構築する

    若手スタッフを大事な存在だと思えば、「大事なスタッフは何が好きなのだろう?」と関心を持つでしょう。スマホゲームが好きだとなったとき、「どこが楽しいのか、わからない」と思ったのであれば、それを否定せず、「どういうところが楽しいの?」と聞いてみればいいわけです。共通の関心をまず示すのです。自分なりに調べてみたり、一緒にやってみてもいいですね。

    そうやって関係構築からしていけば、「上は私のことをわかってくれようとしている」「私を人として尊重してくれる」と相手は感じてくれます。その気持ちがあってはじめて、「上の話を聞こうかな」と思ってくれるのです。

    関係構築ができないうちにあれこれ話しかけても、「はあ」や「ふーん」という返事をする程度で反応が薄いでしょう。それを、「無能な部下だ」「最近の子は覇気がない」などと言い捨てて終わりにしてしまっていては、生産性も上がらないですし、イライラするだけで、何もプラスはありません。

    ■上司に「関心力」が求められる時代に

    若いスタッフや社員を抱える上は、「関心」を高めておきましょう。若い新人スタッフや新入社員が入ることになったら、最初のオリエンテーションでは会社のルール仕事の基本的な話も大切なのですが、それよりも相手が何に関心を持っているか、相手の趣味や関心事について話を聞く時間を設けてみましょう。「何が好きなの?」「それ、詳しく教えてくれないかな?」といったように関心があることを示すのです。

    自分を認めてくれる人、自分が好きだと思う人、そういう人の話しか聞かない。これはつまり関心のない人の話に関心を持てないということであり、そういう人が増えている現状では、自分が相手に関心を持っていかないと何も始まらないということです。

    以前は若者のほうに「関心」がめられていました。会社の偉い人がゴルフをするなら一緒にゴルフに行ったり、釣りが好きなら釣りに付き合ったりと、そういうがよく見られました。しかし、今はそれが逆転している状態です。今、「関心」がめられているのは若者ではなく、上のほうなのです。

    ■価値観を否定しても問題解決にならない

    私が社会人になりたての頃は、上が読んでいる本が気になり、同じ本を買って、「あっ、その本、自分も読みました」と言って話しかけてみることをしたりしていました。今は上が、「何を読んでいるのかな?」「その本、実は読んだんだ」と若者にをかけてつながっていく、そういう自然になってきています。

    自分の子ども家族だと思うと、相手の好きなことに関心を寄せられるでしょう。職場であっても同じです。若いスタッフが入ってきたら、まずは関心を寄せて、その相手のことを理解しようとしましょう。

    せっかく入社してくれたのに、「スマホゲームなんてくだらない」などと価値観を否定してしまうことで、結局辞められてしまうことにもなり得ます。これでは何の問題解決にもなりませんよね。「今どきの若者は会話もまともにできないなんて、どうしようもない」と反応なことを嘆いて文句を言っていても現状は変わりません。上のほうから若いスタッフたちの関心事について楽しんで知り、若者の心に寄り添っていきましょう。

    ----------

    越恒一(とりごえ・こういち
    DIC幹部育成コンサルティング 社長
    1973年生まれ。融業、飲食業を経て2003年株式会社ディー・アイ・コンサルタンツ入社後、人財開発研究部の担当役員として部門を統括。2012年にDIC幹部育成コンサルティング株式会社を設立し、社長に就任。飲食・小売・サービス業のコンサルティングに従事し、これまでに延べ5万人以上の店長の悩みを聞いてきた。著書に『プロ店長 最強仕事術』(日本経済新聞出版社)などがある。

    ----------

    ※写真はイメージです(写真=iStock.com/dima_sidelnikov)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホゲームの趣味を否定する上司の末路】の続きを読む

    このページのトップヘ