昭和の芸界とは切っても切り離せない悪魔の果実「覚せい剤」。平成の世になっても多くの芸人達がこの禁断の果実に手を染めているのだが、覚せい剤所持や使用の発覚が連続ドラマの撮影中だとしたら……これは恐ろしいことである。

 1979年3月1日警視庁練馬署は覚せい剤取締法違反の容疑で、フリー俳優の潮建志(当時の芸名、本名:益戸正雄)、同俳優の日尾孝無職・Mの3氏を逮捕した。潮氏と日尾氏は常習者だったM氏から覚せい剤を購入。2月20日まで4回〜5回に渡り覚せい剤0.5gを2万円で買い、注射していたという。

 潮氏は悪役として『網走番外地』などに出演していた俳優であるが、彼の代表作は『仮面ライダー』の悪の大幹部・地獄大使や『悪魔くん』のメフィスト()役など特撮番組への出演が人気を博し、演じる役柄の多くは悪役ながら子供たちのヒーローとなっていた。

 さて、潮氏が覚せい剤逮捕された1979年3月だが、このとき潮氏はスーパー戦隊シリーズの『バトルフィーバーJ』という作品に、悪の幹部「ヘッダー指揮官」として出演していた。ところが撮影途中に潮氏が逮捕されたために、潮氏はヘッダー指揮官役を急遽降し、石橋雅史が代役を演じることになった。このままスンナリと降が進んでしまえば問題はなかったのだが、関係者の頭を悩ましたのは潮氏の降時期であった。

 『バトルフィーバーJ』は1979年2月に放送が始まっており、潮氏逮捕の時点で4話まで関東地方で放送済みだったのである。しかし、遅れネットほかこれから放送される地域には、(子供番組という事もあり)覚せい剤逮捕された潮氏の映像は使用することができない。そのため、『バトルフィーバーJ』のスタッフは、これまでの潮氏が出演していたシーンオール撮り直しを決断せざるを得なかったのだ。しかし、撮影上の都合もあり、第4話および6話など一部のエピソードでは、潮氏が演じたヘッダー指揮官映像を使用せざるを得ず、その結果、ヘッダー指揮官役はエピソードによって潮氏と石橋が混在するという、かなりチグハグな状態となってしまった。

 現在DVDなどで視聴できる『バトルフィーバーJ』は潮氏の出演シーンを極カットしたものが商品になっており、初回放送時のフィルムは経年劣化により紛失してしまい、初回放送版は観ることがわない状態になっているという。

 いつの時代も、ドラマの撮影途中に逮捕者が出ると、思わぬ二次被害が出るものである……。

文:穂積(山口太郎事務所)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【放送事故伝説】出演者の覚せい剤逮捕で「幻」となった特撮番組】の続きを読む