ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > セクハラ


     ’17年に米国映画プロデューサーセクハラが告発されて以降、世界的な拡大を見せたMeToo運動。その運動は大きな支持を集め、世の多くの男性も後押ししているが、その中では「自分たちもおっさんというだけで女性から虐げられている」という男性も少数だが挙がっていた。

     そこでSPA!は40歳以上の男性100人へのアンケートと中年男性への取材を実施。世の男性たちが“おっさん”というだけで虐げられている事例や、何げない行動をバカにされたり、冷遇されたりする事例が数多く確認された。SPA!はそのような被害を「おっさんたちのMeToo」と命名。アンケート被害が多かった職場の事例から見ていこう。

    ◆「部下・後輩」を食事に誘っても飲みを奢っても陰口ばかり

     女性社員が直接の部下、後輩だった場合、その陰湿なおっさんいじめはより露になってくる。

    40独身なので、部下の女子たちからマザコン扱いされる」(45歳・SE)
    独身というだけで、性格に難があると噂される」(44歳・品)
    女子後輩とぶつかっただけなのに、おしりを触ったと睨まれた」(47歳・会社員)

    など、おっさんへの先入観が生んだエピソードオンパレード。

    「女の後輩とキャッシュオンの店へ飲みに。もちろん自分が奢っていたが、トイレに行った時に1回だけ、彼女お金を払わせてしまった。後日、会社で『後輩に全く奢ってくれない、ケチな先輩』と噂される羽に」(40歳・券)

     という一の隙を突かれた悲惨な話も……。だが、これらのエピソードは、まだかわいいほうだ。

    「既婚者だが、酔って後輩女子体関係を持ってしまった。その場では『お互い会社では、割り切って働いていきましょう』と話していたのに、なぜか彼女は会社のセクハラ口に相談。結果、既婚者が悪いという理由で自分だけクビになった」(45歳・券)

     また、その気はないのにハラスメントだと批判する“ハラハラ女子社員も厄介な存在だ。

    「入社2年の若手女子社員と日帰り名古屋出張を終えた後、帰りの新幹線まで少し時間があったので、ホームにあるきしめん屋へ行こうと誘った。彼女は表情を強らせ、誘いを断ったため、そのまま食事せずに新幹線に乗ったが、会話は一切ないまま。

     おかしいな、と思っていたら、後日、上から『Aさん女子社員)が、君から食事に理やり誘われたと訴えているが本当か?』と尋ねられることに。上は理解してくれたが、社内では悪い噂が立ち、女子社員から嫌われた」(41歳・商社

     出張帰りの新幹線に乗る前、ホームきしめん屋に誘っただけで、セクハラ扱い。おっさんはもう女に近づくなと言わんばかりだ。



    ◆「上先輩」に同じことをしても男ならセクハラ、女なら許される

     翻って女性の上先輩との関係を見ると、ハラスメントに耐えるおっさんの姿が浮かび上がる。

    趣味柔道を習っている。会社の飲み会で女の先輩とその話になり『得意技は?』と聞かれたので普通に『寝技です』と答えると『やっぱり、君は変態だったんだ!』と大で叫ばれて。以来、職場では全に変態扱いです」(45歳・公務員

    「社員旅行沖縄に行ったときの話。水着の前を見て『あっ、ポークビッツのサイズ!』と女性先輩にからかわれた。『実物を見ていないのに、やめてください』と抗議するも、後の祭り。今でも仕事で何かあると、陰で『あいつ、ポークビッツのくせに!』と言われています」(42歳・IT

    「某メーカーメイクアップアーティストの助っ人として参加し、何度か呼んでもらうように。ある日みんなで飲み会をしたときに、泥酔した美容主任ババア(酔うと子供みたいな感じになるタイプ)にしつこく言い寄られて。断ったら、その後の仕事を全部キャンセルされた」(44歳・美容)

    「部署でランチに行ったとき、女性先輩突然Aさん(自分)って休日餃子を作ってるんだって。しかもタネから! 男性でそこまでやるって怖くない? だから独身なのよ』と発言。以降、ランチや飲みのたび、なぜ自分が結婚できないか議論されるようになってしまった」(40歳・アパレル)

     セクハラをされても、ただ耐えるのみ。おっさん万事休すである。

    イラスト/西アズナブル>
    おっさんたちのMeToo ―



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【何を言っても女性社員から「セクハラ扱い」される…おっさんたちの被害報告】の続きを読む


    夜道

    (©ぱくたそ)

    東京都台東区の路上で、20代の男性に無理矢理キスなどをした、48歳の男性が強制わいせつの疑いで逮捕された。

    ■面識のない20代男性に無理やりキス

    事件が起こったのは4月。東京都台東区の路上で、帰宅途中だった面識のない20代男性を無理やり抱き寄せてキスをしたうえ、胸を触るなどをしたという。行為のあと現場から逃走していたが、付近の防犯カメラの映像などから逮捕に至った。

    酒を飲んで歩いて帰る途中に犯行に及んだ男は、警察の調べに対して「キスをしたり、胸を触ったりしたことは間違いありません」と容疑を認め、「着ていた洋服や風貌などから女性だと思った」と話している。

    ■「笑える事件」ではない

    当時、被害男性は女性の格好をしていたことから、女性だと見間違えたと思われる。

    これに対してネットでは「大爆笑な事件」「まぬけな奴」「胸を触っても男ってわからなかったの?」など、「女性だと思って犯行を起こした相手が、実は男性だった」ことへの様々な声が挙がっている。

    しかし当然のことだが、相手が同性だろうが異性だろうが、許される行為ではない。面識もない人間に無理やり触れられるだけでも、不快に感じる人のほうが多いのではないだろうか。これについても、多数の意見がみられる。

    ・「女性だと思った」って、まったく言い訳にはならない。

    ・爆笑事件とか書いてる人いるけどさ、笑えないよね。被害者はたまったもんじゃないな。

    ・「女装してたんだったらしょうがない」っていう奴とか「笑える」とかいってる奴、、色々考えなおしな、しょうがなくないし、笑える事件じゃない

    ・いや、性別の問題じゃないでしょ。例えば知り合いでもない人(同性でも)に、腕をつかまれるだけでも、気持ち悪くない?

    ・襲われた男性は一生トラウマでしょ。同情します。

    ■女性の約7割は「夜道が怖い」

    しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,363名に「夜道をひとりで歩くと怖い気持ちになる」か調査を行った。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    「怖い気持ちになる」と答えたのは、全体で48.7%。男女別で見ると、圧倒的に女性のほうが多い。さらに、性年代別でも見てみると…

    夜道をひとりで歩くのが怖い性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    40代以上の女性は7割になり、年代が高いほど増える傾向であることがわかった。そして、女性に比べれば割合は低くなるが男性も、年代が高くなるにつれひとりで夜道を歩くことに怖さを感じていることがわかる。

    強い力で腕を引っ張られたときなど、抵抗できるのか体力の不安も重なっているのかもしれない。

    暗い夜道でのわいせつ行為や盗難などの事件は絶えないが、男女ともに安心して夜道を歩けるような環境づくり、まちづくりに期待したい。この事件で被害に遭われた男性の心の回復を祈る。

    ・合わせて読みたい→「無自覚で強姦」するエリート大学生たち 調査で判明した男女の乖離

    (文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
    対象:全国20代~60代の男女1,363名 (有効回答数)

    20代男性に無理やりキスした48歳の男を逮捕 嘲笑する人々に「笑えない」の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【20代男性に無理やりキスした48歳の男を逮捕 嘲笑する人々に「笑えない」の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ