ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 韓国



    2019年2月19日、観察者網は、韓国では重度の鬱積(うっせき)を抱えている人の割合がドイツの6倍にも達しており、その主要因が「努力を認めてもらえない」ことであるとする、韓国メディアの報道を伝えた。
    記事は、韓国紙ハンギョレ新聞の18日付報道を引用し、ソウル大学幸福研究センターが昨年12月に発表した「韓国社会と鬱積」の研究結果を紹介。研究グループ2024人の成人を対象に、生活の中で「思い出すだけで怒りを覚えること」「正義に反し、極めて不公平に感じること」「相手に仕返ししてやりたいと思うこと」の有無など19項目について質問するアンケート調査を実施し、「全くない」の0点から「非常に多い」の4点までの5段階で回答を得たとしている。
    その回答結果を分析したところ、14.7%が日常生活に影響を及ぼすような「重度の鬱積」を常に抱えていることが明らかになり、ドイツの2.5%に比べて約6倍にも高い値になったと紹介。中でも、64.1%が「努力が認められないうえ、一度ミスを下だけで非難される」と回答するなど、自分の努力が他人に認められないことに強い憤りを覚えている人が多いことが分かったと伝えた。
    研究グループは、自らの価値や努力が他人から認められないことで悔しさを覚え、鬱積が深刻化していく状況を「無効社会」と定義している。
    記事は、鬱積の蓄積が深刻化すると心的外傷後ストレス障害PTSD)になる可能性があると説明。PTSD発症者は「世の中は公平である」との認識が他社より低くなる傾向があるとし、韓国社会の公平度についての質問では、PTSD発症者群の平均値が10点満点で3.6点となり、非PTSD群の平均である4.4点を下回ったと伝えた。(翻訳・編集/川尻

    19日、観察者網は、韓国では重度の鬱積(うっせき)を抱えている人の割合がドイツの6倍にも達しており、その主要因が「努力を認めてもらえない」ことであるとする、韓国メディアの報道を伝えた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【怒りをため込む韓国人、ドイツ人の6倍―韓国メディア】の続きを読む



    三一節(独立運動)と臨時政府樹立100周年を迎えた韓国で、親日派の音楽家が作った校歌を変える動きが広まっている。
    18日付の韓国・京郷新聞によると、この動きのきっかけを作ったのは光州地域の学校。光州市は先月9日、「地域の親日残滓(ざんし)」に関する調査結果を発表し、「17の学校で親日派の音楽家が作曲した校歌が使用されている」と明らかにした。このうち一部の学校は、「卒業式(2月)では校歌斉唱を行わず、3月の入学式で新入生が新たな校歌を歌えるようにする」との考えを示した。それ以外の学校も「1学期中に校歌を変更する」と発表したという。
    慶尚南道の教育庁も現在、「地域の教育界に残る親日残滓」についての調査を行っている。「親日校歌」を変更するため、来月からは親日行跡の疑いがある4人の作曲家に対する検証を行う。蔚山市の教育庁も来月から「親日校歌・校名」に対する調査を行うという。
    忠清北道の教育庁も、道内の校歌の作詞家・作曲家に対する調査を行っており、現在までに19校が親日派の作った校歌を使用していることを確認した。教育庁は713校全ての調査を終えた後に対策を発表する。関係者は「親日派の作った校歌を使用する学校に協議を勧告し、必要に応じて教育庁が強制する案を検討している」と話したという。
    これに、韓国のネットユーザーからは「素晴らしい」「本当の日帝清算が始まった。なぜ今まで出来なかったのだろう?」「歴史を正す作業に時効はない」「いいね。後世に恥ずかしくない韓国をつくろう」など称賛の声が相次いでいる。
    また「国会議員の中の親日派も追い出したい」との声や、「愛国歌(韓国の国歌)も変えよう。親日が作った歌だよ」「まずは国歌を変えるべきだ」と訴える声も数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本

    三一節と臨時政府樹立100周年を迎えた韓国で、親日派の音楽家が作った校歌を変える動きが広まっている。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【独立運動100周年の韓国で「親日校歌」を変える動き拡大=韓国ネット「素晴らしい」「国歌も変えるべき」】の続きを読む



    2019年2月19日韓国・中央日報は「大宇(テウ)造船海洋が進めている対インドネシア潜水艦輸出計画が秒読みに入った」と報じた。総契約規模は12億ドル(約1329億円)に達するという。
    記事は、軍事安保専門ウェブメディア「HIS Jane’s 360」の報道を引用。インドネシア海軍が韓国海軍の「張保皐(チャン・ボゴ)」(1200トン級)を改良した1400トン級潜水艦3隻の導入を決め、交渉の最終段階に入ったと伝えている。防衛産業業界では来月中に契約がまとまるものと期待されている。大宇造船海洋は昨年10月インドネシア国営PT PAL造船所に技術協力センターを設置し、同造船所と企業連合組成の協約を結んでいるという。
    インドネシア2011年潜水艦導入事業でも、大宇造船海洋と11億ドル規模の契約を結んでいる。記事は「その点も今回の交渉で有利に作用した」としている。今回の事業を大宇造船海洋が受注すれば、インドネシア海軍が導入を決めた潜水艦12隻のうち半数の6隻を韓国製が占めることになる。政府関係者は「インドネシア防衛産業の輸入はロシアへの依存度が高いが、潜水艦は韓国の技術力が高く評価されている。政府レベルで防衛産業外交を後押していく」とコメントしている。
    この記事に、韓国のネットユーザーからは「これが韓国国防の力。誇らしい気分だよ!」「うれしいニュースだ。実現を祈ります」「防衛産業は国力の象徴だし、技術の波及も大きい。積極的に育成すべきだ」「日本は悔しいだろうな」「インドネシアやタイでは日本車が人気で7割以上を占めているはず。潜水艦航空機を輸出し協力して生産できれば快挙だよ。政府の外交的な後押しもあっただろうね」などの喜びの声が挙がっている。
    一方で、「既に取引があった件の追加注文なのに、政府の手柄みたいに(笑)。むしろ、政府は戦闘機事業をフイにしたよね」「雇用を創出すると言って54兆ウォンをつぎこんだのに、逆に雇用を減らした大統領。そのお金があったらこんな潜水艦がたくさん造れたよ」などとするコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    19日、韓国・中央日報は「大宇造船海洋が進めている12億ドル規模の対インドネシア潜水艦輸出計画が秒読みに入った」と報じた。写真はインドネシア。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【韓国がインドネシアに12億ドル規模の潜水艦輸出へ=韓国ネット「誇らしい」「日本は悔しいだろう」】の続きを読む



    2019年2月19日韓国ファイナンシャルニュースは、日本メディアの報道を基に「日本国民の10人に8人が韓国を信頼できないと考えている」と伝えた。
    記事は産経新聞FNNが16~17日に実施した世論調査の結果を伝えている。調査では77.2%が「韓国を信頼できない」と回答した。これは、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が天皇を「戦争犯罪の主犯の息子」と表現し「慰安婦問題解決には日本の天皇による謝罪が必要だ」と発言したことが影響を与えたとみられている。文議長のこの発言については、82.7%が「撤回するべき」と回答したという。また、慰安婦問題が収まらない理由については、67.7%が「韓国側にある」と回答、「日韓両国にある」との回答は26.7%、「日本側にある」との回答は3.7%だった。記事は「慰安婦問題をめぐる安倍晋三政権の韓国への批判攻撃が世論に受け入れられている」と分析している。
    これについて韓国のネットユーザーからは「文議長は正しいことを言っただけ」「韓国国民は10人中10人が日本を信頼できないと考えているよ」と反発する声が多数上がっている。中には「日韓の間に信頼関係が生まれることはない。過去を清算できていない加害者と被害者なのだから。今の日本の態度は正しくない。間違った歴史教育の結果だ。日本政府は自国の歴史歪曲(わいきょく)の結果を戦争被害国に転嫁してはならない」と主張する声も。
    一方、意外にも「私も韓国を信頼できないのだから、日本人が信頼できないのは当たり前(笑)」「韓国人の70%も韓国を信頼できず、自分を信じて生きているよ」と理解を示す声も寄せられている。
    その他「日韓が争ってもいいことはない!。日韓以外の国が得をするだけ」と訴える声も見られた。(翻訳・編集/堂本

    19日、韓国・ファイナンシャルニュースは、日本メディアの報道を基に「日本国民の10人に8人が韓国を信頼できないと考えている」と伝えた。写真は渋谷。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人の10人に8人が「韓国を信頼できない」、調査結果に韓国ネットは意外な反応?】の続きを読む


    (右田早希:ジャーナリスト

    JBpressですべての写真や図表を見る

     日韓の政治的対立が止まらない――。

     韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、「慰安婦問題天皇陛下が謝罪すれば収まる」と繰り返し述べている問題について、2月15日ミュンヘンで行われた日韓外相会談で、河野太郎外相が康京和(カン・ギョンホア)外相に抗議。ところが康外相は会談後、「日本との外相会談でその件についての言及はなかった」と発言し、火に油を注いで日韓関係はまた悪化した。

    政治的には対立でも文化交流は活発

     徴用工問題を巡っても、日本側の有罪判決を受けて、韓国の原告側は、差し押さえた日本企業の株式を、今月中にも売却する手続きに入るとしている。この件に関しても、河野外相が康外相に対して、問題の解決に向けて韓国政府が日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう求めたが、韓国側は回答を保留した。徴用工問題で日本企業に「実害」が出れば、安倍晋三政権としても看過できない問題になってくる。

     その他、昨年末に起こった韓国艦艇による自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件、「3・1運動100周年」での韓国政府を挙げた反日行事の数々、2月22日の「竹島の日」を巡る争い・・・。日韓の政治的対立は、もはやとどまるところを知らない。

     だが、私が今回、このコラムであえて強調したいのは、日韓関係には、政治的対立とは別の「友好的側面」も存在するということである。特に、文化交流の面では現在、あの15年前の「ヨン様ブーム」以来の韓流ブームが到来している。言ってみれば、いまの日韓関係は「政冷文熱」なのである。

    「そんなバカな」と思われる方に、いくつか実例を示したい。

     観光庁の発表によれば、昨年日本を訪れた韓国人観光客は、前年比5.6%増の752万6000人と、過去最高を記録した。消費額も5842億円と、「爆買い」の中国人に次ぐ額を、多くの消費を日本でしてくれている。

     同様に、韓国観光公社の発表によれば、昨年韓国を訪れた日本人観光客も、295万人に達した。これは前年比28%増である。こうした日韓交流の増加は、政治問題と関係なく、文化的関係が熱を帯びていることを意味している。

     また、この原稿を執筆している2月17日現在、日本のアマゾンの和書で「文芸作品」単行本の第1位は、日本の有名作家の作品ではなくて、韓国人女流作家のチョ・ナムジュが書いた小説『82年生まれ、キム・ジヨン』である。昨年12月7日日本語版が発売されて以来、すでに2カ月以上にわたってベストセラー街道を驀進している。日本人の反韓感情が文化面にまで浸透しているのだったら、こんな現象が起こるはずはない。

    原爆Tシャツ騒動のBTSもドーム公演で38万人動員

     読んでみると分かるが、この小説のストーリーは、多分に韓国的だ。34歳の専業主婦キム・ジヨン(1982年まれの韓国人女児で最も多かった名前をつけた)は、IT企業に勤める男性と2年間付き合った末、3年前に結婚し、現在は1歳の娘と3人暮らしだ。

     そんな中、彼女に他人の人格が瞬間的に乗り移る現象が見られるようになる。自分の母親になったり、親しかった先輩女性になったりするのだ。そして「秋夕」(チュソク=旧盆)の日、釜山の夫の実家に一族が集まっている席で、ジヨンに自分の母親が憑依して、夫の両親への不満をぶちまけてしまう。驚いた夫は、彼女を産後の鬱病ではないかと疑い、精神科に行かせる。

     精神科医は、彼女を解離性人格障害と診断する。病院通いを機にジヨンは、自分の人生が生まれてから現在まで、女性だということで、韓国社会の中でいかに差別を受けてきたかを振り返る・・・。

     この本は、2014年に韓国で発売されるや100万部を超えるベストセラーとなり、文在寅政権がたびたび、この本を取り上げて女性差別やセクハラ防止を訴えている。そのような「文在寅公認本」が、日本でバカ売れしているのである。

     K-pop部門でも、「防弾少年団」(BTS)をご存じだろうか? 2013年6月に韓国で結成された男性7人組のヒップホップアイドルグループで、言ってみれば「韓国版ジャニーズ」のような存在だ。アジア人初のビルボード1位を獲得し、この2月10日には、グラミー賞のプレゼンターも務めた。デビュー以来の経済効果は4兆1400億ウォン(約4060億円)に達すると、韓国経済研究院は発表している。

     彼らは2014年6月に日本デビューを果たし、「日本中の女性を虜にした」という意味では、あのヨン様以来の存在感を見せている。これまでオリコン週刊ランキングで1位になったシングル曲が4曲もあり、2017年6月には雑誌『an・an』の表紙を飾った。日本語バージョンのオフィシャルミュージックビデオユーチューブでの再生回数は、3331万850回にも上っている(2月17日現在)。


    「防弾少年団」は、昨年11月9日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に生出演する予定だったが、メンバーの一人(ジミン)が過去に着ていたTシャツに、原爆投下後のキノコ雲の写真と韓国人の万歳写真が印刷されていたことが発覚し、急遽出演を取りやめた(後に事務所が謝罪)。それでも同月から本日(2月17日)にかけて、東京ドーム、大阪京セラドームナゴヤドーム、福岡ヤフオク! ドームと、4都市9公演を行い、計38万人を動員したのである。

     韓流ドラマも、日本ではすっかり人気が定着した感がある。これだけ日韓関係が悪化している現在も、例えばNHK総合チャンネルでは、夜11時から1時間、『オクニョ 運命の女』(全51回)を放映している。

    「嫌韓」ムードの影響は皆無、絶好調の韓流ドラマ市場

     多くの韓国ドラマの買い付けを行っている日本企業のバイヤーが証言する。

    「この業界には『嫌韓』なんてありませんよ。逆に、ますます韓流ドラマの『爆買い』に拍車がかかっています。2015年には、1話あたり3万ドルが相場だったのですが、昨年から1話あたり20万ドルのドラマが続出するようになったのです。

     例えば、『100日の郎君様』は1話あたり23万ドル、このほど韓国で放映終了したばかりの『ボーイフレンド』は、韓流ドラマ史上最高額の1話あたり30万ドルで契約が決まりました。『ボーイフレンド』は全16話なので、計5億3000万円です。

     韓国側も、一時期は中国が最大の輸出市場でしたが、(2016年にTHAAD=終末高高度防衛ミサイルの配備を巡って)中国との関係が悪化してからは、日本が最大の輸出市場になっています。韓国側も、誰をキャスティングし、どんなストーリーに仕立てれば日本で人気が出るかを吟味して、ドラマ作りを行っているのです。その意味では、韓国のエンタメ業界にも、『反日』なんてありません」

     このように現在の日韓関係は、あくまでも「政冷文熱」なのである。

     日本から見ると、文在寅政権は看過できない面が多いのは確かだ。だがそうだからと言って、それが日韓関係のすべてではないことも知っておくべきである。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  もはや隠しようもない韓国・文在寅の「独裁気質」

    [関連記事]

    レーダー照射:中国のGPSを搭載していた可能性

    レーダー照射:韓国の強気の背景に軍事力

    2月10日、ロサンゼルスで開かれた第61回グラミー賞でプレゼンターを務めた韓国の人気グループ「防弾少年団」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本と韓国、実は文化面では「史上稀に見る蜜月」】の続きを読む


     2019年2月18日、日本に対し意固地に暴言野郎化する韓国文議長の狙いは、日韓関係崩壊を狙っているのかと思われる。この状況について専門家に聞いた。

     『ドンドンエスカレートする文議長の狙いは、日韓関係を崩壊させ、日本側からの制裁を誘発させることで、友好関係を終了させて、北朝鮮の反日に歩調を合わせることです。韓国大統領府は、バランス感覚が無く、北朝鮮との緩やかな統一に向けて進めるために、邪魔なスタッフは全て外し、大統領の考えを代弁するような人だけを要職に据えました。文議長は、大統領府の指示で意図的に、日本に喧嘩を売っているのです。失言ではなく確信犯です。アメリカの金融情報通信社ブルームバーグのインタビューで「天皇は戦犯の息子」発言も当初は誤魔化そうとしましたが、ブルームバーグが音声データを公開、文議長の「そんなことを言っていない」との嘘も直ぐにバレました。ブルームバーグは新興メディアで、日本では30年ぐらい前に、オレンジ画面のパソコン情報端末を利用した金融情報サービスを、銀行や証券会社などに販売を始めたメディアです。ブルームバーグ側が、無理やり文議長の暴言を引き出そうとしたとは考えられません。

     書籍「韓国人に生まれなくて良かった」の「第五章:融和がさらなる金正恩の暴挙を招く」との項目がありますが、韓国が進もうとしているロードマップはかなり危険な感じがします。

     韓国では、軍の元将軍450人が現役の軍人に対して、北朝鮮との融和政策に疑問を示し、大統領府や上官の指示に従わないようにとの文書を出しました。さらに、元大使など42人の元外交官は、徴用工の最高裁判決は間違っており、1965年日韓基本条約で解決済み、補償は日本政府や日本企業ではなく、韓国政府が行うのが常識だとの声明を出しているのです。

     上記のように、軍や外務省のOBが現政権を批判し行動を起こすことは異常事態ですが、大統領への忖度が大切な韓国のテレビや新聞ではほとんど報道されていません。日本では公益財団法人 国家基本問題研究所WEBページで、西岡力氏が詳しく伝えています。

     韓国大統領府は、南北共通の朝鮮民族の敵として、日本を位置付けたいのだと考えると、これまでには無かった韓国の異常性が少し理解できます」と指摘する。

    韓国のイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【意固地に暴言化する「韓国文議長」の狙いは、日韓関係崩壊か!】の続きを読む


     【ソウル時事】韓国の文喜相国会議長は18日付の韓国紙・朝鮮日報に掲載されたインタビューで、慰安婦問題天皇陛下の謝罪が望ましいと述べたことについて「(発言に関し)謝罪する考えはなく、そのようなことでもない」と断言した。また、「戦争や人倫(人道)に関連した犯罪には時効がない」と主張した。

     文氏は聯合ニュースとの会見では「謝罪すべき側(日本)がせずに、私に謝れとは何だ。盗っ人たけだけしい」と非難。慰安婦問題などをめぐる日韓摩擦の背景には、国内政治を意識した「安倍晋三首相の政略的な思考がある」と強調した。

     日本政府は謝罪と発言撤回を求めているが、文氏自身が拒否の意向を改めて明確にして反発したことで、早期の幕引きは極めて難しくなった。

     文氏は朝鮮日報に対し、日本国内で韓国へのビザ制限など報復措置を求める声が出ていることについても「小利を得て大利を失うことであり、子供のいたずらのような話だ」と批判した。

     問題となった自身の発言に関しては「韓日間の歴史問題に関する和解に向け、日本を代表する首相や国王(天皇)の誠意ある措置が必要だという次元からした話だった」と説明。「謝罪の主体としては、現職首相の安倍晋三首相が1位、その次が国王(天皇)になる」と語った。 

    〔写真説明〕韓国の文喜相国会議長=2018年12月ソウル

    韓国の文喜相国会議長=2018年12月、ソウル


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【天皇発言、謝罪拒否=「盗っ人たけだけしい」と反発-韓国議長】の続きを読む


     安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、韓国国会の文喜相議長が慰安婦問題天皇陛下の謝罪が望ましいとの見解を示したことについて、「本当に驚いた。甚だしく不適切な内容を含むもので極めて遺憾だ」と述べるとともに、外交ルートで強く抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。 

    〔写真説明〕記者会見する菅義偉官房長官=12日午前、首相官邸

    記者会見する菅義偉官房長官=12日午前、首相官邸


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【政府、韓国議長の発言に抗議=安倍首相「驚き、甚だ不適切」】の続きを読む


     【ソウル時事】韓国国会の文喜相議長は慰安婦問題について、解決のためには天皇が元慰安婦に直接、謝罪することが望ましいという見解を示した。米ブルームバーグ通信が8日、インタビューでの発言として伝えた。

     同通信によると、文氏は「天皇は近く退位するので、天皇が(謝罪)してくれれば(望ましい)と思う」と語った。その上で、天皇が元慰安婦の手を握り、「本当に申し訳ない」と述べれば、「その一言で問題は完全に解決する」と強調したという。

     文氏の発言について、韓国紙・中央日報(電子版)は「日本の国民感情を刺激しかねず、波紋が予想される」と伝えている。 

    〔写真説明〕韓国国会の文喜相議長=2018年12月ソウル

    韓国国会の文喜相議長=2018年12月、ソウル


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【慰安婦問題「天皇の謝罪望ましい」=韓国国会議長】の続きを読む

    このページのトップヘ