ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > 24Hテレビ


     毎年恒例、日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(25日 後6:30~26日 後8:54)で、チャリティーランナーを務め、史上初トライアスロンに挑戦したお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)が26日、東京・日本武道館にゴールし、最終種目ラン100キロを完走。スイム(1.55キロ)バイク(自転車/60.4キロ)と合わせ“161.55キロ”を笑顔でフィニッシュした。

    【写真】笑顔と涙で100キロマラソンをゴールしたみやぞん

     ゴール直前、120メートル手前では、母親からもらった「最後まで頑張れ」と書かれたサンバイザーを外して沿道に一礼、その後ガッツポーズし、再び一礼。そして、メインパーソナリティーのSexy Zone(中島健人・菊池風麿・佐藤勝利・松島聡・マリウス葉)、チャリティーパーソナリティーの木村佳乃、そして相方のあらぽん(32)らが待つ、武道館でついに、ゴール。

     テープを切ったみやぞんは、吹き出す汗をぬぐいながら「大変でしたけど、なんか、いろんな人に支えられて最高です。楽しかったです。ありがとうございました」と感謝。「どんなときでも、楽しく、笑顔でいたら人が、安心するかなと、一生懸命やりました。愚痴も言わず、やれることはやったと思います。楽しかったです」と充実した表情を浮かべた。

     みやぞんは、きのう25日正午過ぎに山梨県内の湖で1種目目のスイム1.55キロに挑み、55分後の午後1時5分頃に無事完泳。続けて、午後4時20分頃に都内近郊で2種目バイク(自転車/60キロ)をスタートさせ、午後8時18分すぎに60.4キロを4時間かけ走破した。

     そして最終種目ラン100キロを25日午後9時16分にスタート。ランのスタート前には、日本武道館で伝説の音楽ユニット・ポケットビスケッツが18年ぶりに一夜限りの復活を果たし、大ヒット曲「YELLOW YELLOW HAPPY」を演奏してみやぞんにエールを送り、スターターは相方のあらぽんが務めた。

     序盤、快調な走りを見せ、深夜には、スイム、バイクの疲労が蓄積するも、声援に応え、一歩一歩武道館へと向かったみやぞん。しかし、きょう26日には、関東では40度に迫る暑さになり、午前11時30分頃には、足元のアスファルトからの熱で、足の裏が痛みに耐えながらゴールを目指し続けた。

     しかし、昼を過ぎ(午後12時22分)に番組サイトでは「強い日差しに体力を奪われ、ほぼ歩いているような状況」とペースダウンを報告。だが、太陽が沈みはじめた午後5時30分頃には、再びペースアップ。一時は予定よりも1時間ほど遅れていたが、20分ほど遅れるだけとなった。

    ■過去10年の『24時間テレビ』マラソンランナー
    第31回(2008年)エド・はるみ
    第32回(2009年)イモトアヤコ
    第33回(2010年)はるな愛
    第34回(2011年)徳光和夫
    第35回(2012年)佐々木健介&北斗晶ファミリー
    第36回(2013年)大島美幸
    第37回(2014年)城島茂
    第38回(2015年)DAIGO
    第39回(2016年)林家たい平
    第40回(2017年)ブルゾンちえみ
    武道館でトライアスロンをフィニッシュさせたみやぞん (C)日本テレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【みやぞん、最終種目ラン100キロ完走 トライアスロン“161.55キロ「楽しかった」】の続きを読む


    ズボンを脱ぐ女性

    (VladimirFLoyd/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

    生放送では、予期せぬトラブルが発生してしまうことも…。

    26日放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)内にて、女性出演者が突然穿いていたズボンを脱ぎだし、下半身が露出してしまう放送事故が発生。インターネット上が騒然となっている。

    ■森三中・大島美幸が突然脱ぐ

    問題となっているのは、『しゃべくり007』(日本テレビ系)パートでの一幕。過去の放送で、モデルの鈴木奈々に「リアクション芸対決」で破れた森三中・大島美幸が、「足つぼマットの上で縄跳びを飛ぶ」というリベンジマッチを敢行した。

    今回は、鈴木がライバル視している「NGなしアイドル」こと、SKE48・須田亜香里も参戦し、三つ巴の戦いに。

    試合に入る前、鈴木が「これが邪魔、ちゃんと下に履いてるんで…」と、履いていたサロペットを脱ぎ、Tシャツとスパッツ姿になると、対抗心を燃やした大島が「私も」と、穿いていた黄色いゆったりとしたボトムスを脱ぎだした。

    しかし、一緒に脱げてしまったのか、ズボンの下から「スパッツ」ではなく、とてもキワドイ映像が飛び込む事態に。

    スタジオからは悲鳴があがり、応援に来ていた森三中の黒沢かずこ、村上知子らが「ダメー!」と叫びながら、大島のTシャツを引っ張り慌てて下半身を隠していた。

    ■「放送事故」「恥ずかしい」と騒然

    インターネット上では、突然の放送事故に騒然。大島による「意図的なもの」である可能性が否定できず、「面白くない」など、否定的な意見も相次ぐ事態となっている。





    今回のパフォーマンスは、視聴者にはあまり良い印象を持たれなかったようだ。

    ■熱湯風呂で鈴木の胸が…

    とんだ放送事故に見舞われた足つぼリアクション対決だったが、第2戦でもインターネット上が騒然となる事態に。

    3人は「熱湯風呂」に挑戦することとなり、胸元の開いたスポーツウェアに着替えた鈴木が先陣を切り、ここでも見事なリアクションを披露した。

    鈴木は計2回熱湯風呂に飛び込んだのだが、バスタブの縁で四つん這いのような「お決まりのフォーム」を取った際、カメラには、アクティブな動きで乱れてしまった鈴木の胸元が映り込んでしまった。

    さらに、3人の派手なアパフォーマンスによってスタジオは水浸しの状態となり、CM明けでは出演者とスタッフが総出で後始末に追われる様子も映し出された。

    ■モデルの「丸見えショット」にザワザワ

    鈴木のキワドイ映像に、「危ない」「怖い」といった声が相次ぐ。





    生放送での「ポロリ」を心配し、多くの人がヒヤヒヤ。とてもスリリングな企画となってしまったようだ。

    様々な企画やチャレンジが続く『24時間テレビ』。炎天下の中走り続けるみやぞんをはじめ、全ての関係者が無事にベストを尽くせることを願いたい。

    ・合わせて読みたい→放送休止に不満爆発? 『24時間テレビ』放送中に「#鉄腕DASH」がトレンド入り

    (文/しらべぇ編集部・もやこ

    『24時間テレビ』下半身露出の放送事故 鈴木奈々も「胸がもろ見え」と騒然


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『24時間テレビ』下半身露出の放送事故 鈴木奈々も「胸がもろ見え」と騒然】の続きを読む


    日本テレビ系の夏の名物番組『24時間テレビ』。「愛は地球を救う」をテーマに、さまざまな感動企画が放送されるが、ネット上では批判的な意見が寄せられることも多い。

    ■「感動の押し売り」と批判も

    今年のみやぞん161.55kmのトライアスロンをはじめ、過酷な企画に「お涙頂戴」「感動の押し売り」と揶揄されることも少なくない同番組。

    高額ギャラ報道なども相まって、「偽善番組」「何のためにやっているのか」と批判の声があがっている。




    ■そもそも感動しない?

    批判の声が相次ぐ同番組だが、そもそも感動している人はいるのだろうか。

    しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,136名に調査したところ、「感動したことがある」と回答したのは15.0%。6割以上が「感動したことがない」と答えている。


    ■障害者とのチャレンジに疑問も…

    また、同番組といえば、体が不自由な方々とタレントたちが協力する企画も人気のひとつ。公式ツイッターによれば、今年は「イッテQ温泉同好会でおなじみの女芸人軍団と女優・木村佳乃が、ろう学校に通う小学生14名と共にヲタ芸に挑戦!」という企画だ。

    こういったチャレンジに、「感動をもらえた」という声もある一方で、「なぜやるのか」「意味がわからない」という批判もある。

    そこで、編集部がツイッターユーザー331名に「障害者たちのチャレンジ企画」について調査したところ、「勇気をもらった」と答えたのは1割程度。


    多くの人は「勇気をもらったことはない」「興味がない」と考えているようだ。

    批判の声が相次ぐ『24時間テレビ』だが、視聴者に感動が届いていないことは受け止めなければいけないだろう。

    ・合わせて読みたい→『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】方法:Twitter調査
    調査期間:2018年8月22日〜8月23日/8月23日〜8月24日
    対象:Twitterユーザー男女1,136名/331名(有効回答数)

    『24時間テレビ』に「感動しない」「偽善」の声 障害者チャレンジに疑問も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『24時間テレビ』に「感動しない」「偽善」の声 障害者チャレンジに疑問も】の続きを読む


    日本テレビ系の夏の名物番組『24時間テレビ』。「愛は地球を救う」をテーマに、さまざまな感動企画が放送されるが、ネット上では批判的な意見が寄せられることも多い。

    ■「感動の押し売り」と批判も

    今年のみやぞん161.55kmのトライアスロンをはじめ、過酷な企画に「お涙頂戴」「感動の押し売り」と揶揄されることも少なくない同番組。

    高額ギャラ報道なども相まって、「偽善番組」「何のためにやっているのか」と批判の声があがっている。




    ■そもそも感動しない?

    批判の声が相次ぐ同番組だが、そもそも感動している人はいるのだろうか。

    しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,136名に調査したところ、「感動したことがある」と回答したのは15.0%。6割以上が「感動したことがない」と答えている。


    ■障害者とのチャレンジに疑問も…

    また、同番組といえば、体が不自由な方々とタレントたちが協力する企画も人気のひとつ。公式ツイッターによれば、今年は「イッテQ温泉同好会でおなじみの女芸人軍団と女優・木村佳乃が、ろう学校に通う小学生14名と共にヲタ芸に挑戦!」という企画だ。

    こういったチャレンジに、「感動をもらえた」という声もある一方で、「なぜやるのか」「意味がわからない」という批判もある。

    そこで、編集部がツイッターユーザー331名に「障害者たちのチャレンジ企画」について調査したところ、「勇気をもらった」と答えたのは1割程度。


    多くの人は「勇気をもらったことはない」「興味がない」と考えているようだ。

    批判の声が相次ぐ『24時間テレビ』だが、視聴者に感動が届いていないことは受け止めなければいけないだろう。

    ・合わせて読みたい→『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】方法:Twitter調査
    調査期間:2018年8月22日〜8月23日/8月23日〜8月24日
    対象:Twitterユーザー男女1,136名/331名(有効回答数)

    『24時間テレビ』に「感動しない」「偽善」の声 障害者チャレンジに疑問も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『24時間テレビ』に「感動しない」「偽善」の声 障害者チャレンジに疑問も】の続きを読む


    みやぞん

    (画像はみやぞん公式Instagramのスクリーンショット)

    25日から26日にかけて行われる日本テレビ系の夏の名物番組『24時間テレビ』。しらべぇ既報のとおり、今年はANZEN漫才・みやぞんが161.55kmのトライアスロンに挑戦する。

    これについて、ネット上では「かわいそう」という批判の声が寄せられている。

    ■「熱中症になったら…」「いじめに見える」

    水泳で1.55km、自転車で60km、マラソンで100kmの合計161.55kmもの距離のトライアスロンにチャレンジするみやぞん。

    同局放送の『世界の果てまでイッテQ!』などで見せる天然ぶりや肉体派な面から、チャレンジャーとして抜擢されたのだろう。

    これを受け、ネット上では「ヒドイことをさせている」「みやぞんがかわいそう」の声も。今年は熱中症で倒れるニュースが相次いだが、その影響もあって批判の声は多い。




    ■トライアスロン挑戦はかわいそう?

    物議を醸しているみやぞんのトライアスロンだが、しらべぇ編集部がツイッターユーザー853名に意識調査を実施したところ、4割が「かわいそう」と回答している。


    「かわいそうだと思わない」はわずか6%、半数以上は「興味がない」と考えていることがわかった。

    ■100kmマラソンをどう思う?

    トライアスロンの中には、同番組名物ともいえる「100kmマラソン」があるが、これについてもツイッターユーザー1,138名に意識調査を実施したところ、約半数が「走る意味がわからない」と回答。


    「感動する」はわずか4%。

    みやぞんが走ることについて、「走る意味がわからないし、かわいそう」と思っている人はかなり多いといえる。

    本人の明るいキャラクターもあって、残酷な映像になることは考えられないが、「暑い中を走るのはかわいそう」「何のために走っているか意味がわからない」と思っている人が多い以上、「時代遅れの企画」という印象は否めないか。

    ・合わせて読みたい→『24時間テレビ』で「本当のママじゃない」と5歳息子に告白 「全国放送で言うな」と非難殺到

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】方法:Twitter調査
    調査期間:2018年8月22日〜8月23日
    対象:Twitterユーザー男女853名/1,138名(有効回答数)

    『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」】の続きを読む

    このページのトップヘ