ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 疑問


     7割は課長になれないと言われて久しい。実際、40歳以上の未役職者は60え、多くの人が万年ヒラ社員の憂きに遭わされている。そこで今回はOVER40ヒラ社員500人にアンケート。“死ぬまでヒラ”のリアルに迫った。

    ◆なぜあなたは役職につけなかったか?

     減給やリストラに怯える中年ヒラ社員は、その不安から自信を喪失し、結婚や子づくりをためらわざるを得なくなる。では、なぜ中年ヒラに至ったのだろうか?

     まず、「社会人になってから出世したかったのか」(Q1)という問いに、「興味がなかった」が39、「どちらかと言えばなかった」が33.8と、70以上が出世自体に関心がなかった。

    =============
    《Q1 そもそも社会人になってから、「出世したい」と思っていましたか?》

    出世したかった 7.4
    出世には興味がなかった 39.0
    どちらかと言えば出世したかった 19.8
    どちらかと言えば出世には興味がなかった 33.8

    興味がなかった」が約4割。「仕事の責任や制限の増加が嫌な人が多いのでは」(人事コンサルタント西尾太氏)
    =============

    趣味や友人もいないので食いっぱぐれなければいい。その程度しか考えたことがない」(49歳・食品)や「責任を取りたくないので出世に興味がなかった」(52歳・SE)と、そもそも“勝負”する気がなければ、体のなくなった日本企業で役職数が減少傾向にあるなか、中年ヒラという末路は火を見るよりも明らかだ。

     では、出世欲のあった中年ヒラ社員は「いつ諦めたのか」(Q2)。最も多かったのが、30代で36.440代前半を含めると52.8と、まさに半数以上が人生を折り返す前に旗を掲げている。こうした背景を世代・トレン評論家恵氏はこう読み解く。

    30代前半は自分の同期に役が付き始める時期。その頃に出世ができず、ひと通り転職活動も検討や実践をしたが上手くいかなかった……という人は多いはずです。また既婚者は同時期に、子供の送り迎えなどめられることも増えてきます。そういった事情で30代~40代前半の頃に『もう出世をして会社に尽くすのはやめよう』と諦めた人もいるのでしょう」

    =============
    《Q2 「出世する≒役職につく」をいつ諦めましたか?》

    20代前半 5.6
    20代後半 7.9
    30代前半 14.4
    30代前半 22.0
    40代前半 16.4
    40代後半 10.8
    50代前半 2.6
    まだ諦めていない 20.3

    まだ諦めていない人が2割。「上のポストくのを待っている人もいるはずです」(氏)
    =============

     30代後半で諦めなくてもヒラの場合もある。だが40歳をえて「まだ諦めていない」と考えてもあとの祭りだ。

    働き方革で今後さらに高い生産性を突きつけられ、競争が化するというのに謀です」(経営学者の山本寛氏)

     西尾氏が「昇給や昇進は企業めるスキル把握し、正しい方向で努した結果にすぎない」と言うように、出世は降って湧きはしない。「貯があれば転職したいです」(49歳・貿易関連)や「自宅警備員よりマシ仕事なんてそのレベルです」(42歳・印刷)などと答えているうちは、勝負の帳の外。敗者にもなれないのだ。

    日本社会サラリーマンを量産

     また、現状に至った「原因」をどう見ているのか(Q3)。「上に好かれなかった」(20.4)、「社内政治に向いてなかった」(14.8)、「自分のを発揮できる部署につけなかった」(12%)と、45以上が環境や他人のせいにしている

    =============
    《Q3 「役職につけなかった」原因は何だと思いますか?(複数回答可)》

    102人 転職を繰り返した
    102人 上に好かれなかった
    100人 昇進を自ら断ってしまった
    86人  仕事で実績を上げられなかった
    74人  社内政治に向いていなかった
    60人  自分のを発揮できる部署につけなかった
    48人  社員数に対して役職が足りていない
    47人  部下を管理するがなかった
    43人  うつ病など心の病をわずらった
    37人  同期が自分より優れていた

    「上に好かれなかった」が同数で1位。「失敗を他者にめる人は出世しにくい」(西尾氏)
    =============

     回答者の中には「上よりスキルが高いと自負していたので、仕事示や摘をしてしまい反感を買った」(51歳・製造)、「もできそうもない業務ばかり押しつけられ、を発揮する機会に恵まれなかった」(43歳・物流)というが聞かれた。日本特有の人事評価を山本氏はこう話す。

    「年功序列や終身雇用が根強く残る日本社会では、社内の雰囲気や人間関係がこじれるのを恐れ、評価をフィードバックせず個人の成長機会を奪っているケースが多い。

     また、実績以外の客観的標が少なすぎるので、努駄に思え、サラリーマンを量産しやすいんです。一方、『自ら断る』(20)は、これまでにない新しい傾向。共働き世帯が増えたので昇進を諦め、家族の時間を優先した人が増えているのかもしれません」

     対して西尾氏は、他人任せの姿勢こそ「ヒラへの」と一する。

    仕事で成功する鍵は、結果に対して“自責”のスタンスを取れるかどうか。そう言っても過言ではありません。上がイヤ、社内政治がイヤと愚痴を言う前に、勤め先の人事評価制度を確認し、社内での評価と自己評価の溝を埋めることが先決です。また、『転職を繰り返した』(20.4)は最も高いですが、これが『居場所がない』、『会社に合わない』とか、環境のせいにしたネガティブ転職なら言断。身軽なのはヒラ社員の特権ですが、転職先でいきなり役職につくことは稀。よほどの戦でないと難しい。スキルや実績がないなら、年収ダウンは当たり前です。そこから這い上がっていかないと」

     “最強ヒラ社員”のように高い専門性があるなら話は別だが、「同会で仕事の話になるたびにトイレに逃げ込んでいます」(46歳・自動車製造)や「元部下が上になったのに敬語を使うので、いつも敗北感を覚えてしまう」(43歳・保険事務)と、中年ヒラ社員のデメリット(Q4)は多い。

    =============
    《Q4 ヒラ社員のデメリットは何ですか?(複数回答可)》

    356人 給料が低い
    71人  上が年下
    69人  仕事のやりがいがない
    46人  劣等感にさいなまれる
    44人  雑務が多い
    42人  仕事量が多い
    41人  リストラが不安
    35人  転職に不利
    29人  会社の居心地が悪い
    17人  若い頃と同じ現場仕事をさせられる

    給料の低さを大多数が懸念。「管理職も高められず転職面でも不利は大きいです」(山本氏)
    =============

     ファイナンシャルプランナーの藤川太氏は言う。

    「『給料が低い』(71.2%)、『上が年下』(14.2%)、『仕事のやりがいがない』(13.8)、『劣等感にさいなまれる』(9.2%)などは、モチベーションの低下やストレスに繫がりやすい。また、『リストラが不安』(8.2%)、『会社の居心地が悪い』(5.8)など、会社にしがみつけなくなる恐れもあります」

     西尾氏も「残り10~20年、何のスキルアップもせず、今のままで会社に居座ることが許される確率は、万馬券を的中させるのに等しい。薄氷の上を歩いていることを自覚すべき」と一蹴。他人任せを捨て、市場価値を高める努をしなくてはならないだろう。

     最後に、ヒラ社員のメリットは何かを聞いた結果が(Q5)だ。

    =============
    《Q5 ヒラ社員のメリットは何ですか?(複数回答可)》

    315人 仕事の責任が軽い
    130人 く帰れる
    126人 「出世しなくては」という気持ちにとらわれずに済む
    75人  部下がいない
    69人  雑務が少ない
    65人  若い頃と同じ現場仕事を続けられる
    58人  いつでも転職できる
    50人  人より仕事量が少ない
    50人  会社の居心地がいい
    12人  自虐で笑いが取れる

    気楽さを挙げるが多数。「裏を返せば会社ではお荷物扱いで、クビの危険性も」(西尾氏)
    =============

    西尾 太氏】
    人事コンサルタントフォーノーツ代表。「人事の学校」「人事プロデューサークラブ宰。著書に『人事の超プロが明かす評価基準』(三書房)など

    山本 寛氏】
    経営学者。青山学院大学経営学部経営学科教授。専門はキャリアデザイン論。近著に『昇進の研究-キャリア・プラトー現象の観点から』(創成社)

    藤川 太氏】
    ファイナンシャルプランナー。計の見直し相談センター東京代表。1万5000件以上の相談実績。著書に『お金の不安に答える本(男子用)』(日本経済新聞出版社)など

    恵氏】
    世代・トレン評論家テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。著書に『「男損」の時代「熟メン」が人生をソンしない18の知恵』(潮出版社)ほか多数

    アンケートエコンテ
    ― 死ぬまでヒラ社員の衝撃 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【40過ぎのヒラ社員500人に調査「なぜあなたは役職につけなかったか?」】の続きを読む


    男の子

    gtlv/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

    子供の成長は親が思っている以上にいもの。だからこそ「嬉しくも寂しい」気持ちになることがあるわけだが、中には一部の母親を「不安」にさせてしまう成長もあるようだ。

    女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックに注が集まっている。

    ■「少年誌のグラビア」に不安なママ

    小学4年生の息子が「週刊少年マガジン」や「週刊少年サンデー」を読しているという投稿者の女性

    しかし、「最近、少年誌でも過グラビアが増えている」と感じているそうで、「息子が思期に差し掛かり、少し不安に思っています」と告白息子への悪影を恐れる胸中を吐露した。

    そして、他のネットユーザーに対し、「少年誌にグラビアなんて必要なんでしょうか?」と尋ねたのだった。

    ■疑問・反論が相次ぐ

    この投稿に対し、「わかる」「正直いらないと思う」など、一定数の共感が集まる一方で、それよりはるか多くの疑問・反論のが集まることに。

    ・思期だからこそ、そういうの見て大人になってくんだと思うけどね。 急に大人になるわけじゃないよ

    普通なら性に興味でるし、蓋してもどこかで見るよ。 グラビアぐらい仕方ない

    ・自分もやることやって子供産んだくせに、が子が異性に興味もつのは許せない母親って何なんだろうw  性に関するもの全部取り上げて遮断して彼女作ったら烈火のごとく怒り狂い、そのくせ息子30過ぎて彼女なし独身だったら「結婚は? 孫はまだ?」って急かすんだよねー

    ■もっと過激なものも?

    また、「ロリに走るよりは健全」「ネットでもっと凄いの見るよりいいのでは?」など、世の中にあふれているエロコンテンツ較したとき、少年誌のグラビアはそこまで過ではないと摘するも。

    ロリに走るよりは健全

    規制したところで結局インターネットでもっと凄いの見るだろうね

    少年誌の表グラビアくらい、可愛いものだと思うけどね…

    少女コミックはもっと過だよ(中身が)


    ■エロ本の隠し場所は?

    ちなみに、しらべぇ編集部では過去に「少年と性欲」にまつわる調をいくつか実施済み。例えばそのうちのひとつに「エロ本の隠し場所はどこですか?」と尋ねたものがある。

    結果から言えば、「ベッド・布団の下」と答えた人が4分の1で最多。「机」が2割弱で、このふたつで半数近くを占めた。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    母親にとってはなにかと気がかりな、少年誌や青年誌、およびエロ本。しかし、トピック内でも摘されていた通り、異性に興味を持っていくのは多くの男子にとっては自然なことである。

    「これも成長のひとつ」と、大きな心で受け止めるのが良いのではないか。

    ・合わせて読みたい→「恋愛経験豊富なのに結婚できない」と悩む女性 「遊ばれてるだけ」の声が相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年4月22日2016年4月25日
    :全20代60代の男女487名(有効回答数)

    「少年誌のグラビア」が不安な母親 「性の目覚め」危惧に疑問の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「少年誌のグラビア」が不安な母親 「性の目覚め」危惧に疑問の声も】の続きを読む


    教室

    maroke/iStock/Getty Images Plus

    兵庫県宝塚教育委員会は31日、教育委員の男性72)が今年6月小学校を訪れた際、難病の4年生の女子児童の母親に「養護学校のほうが合っているんじゃないの」と差別的な発言をし、7月に辞職していたことを発表した。

    ■「養護学校のほうが合っているんじゃないの」

    報道によれば、女児は全身の筋が低下する脊髄性筋萎縮症のため、人工呼吸器を装着して通学。特別支援学級に所属し、看護師のケアを受けている。男性委員が6月に同小を訪れた際、女児母親の前で「環境の整っている養護学校のほうが合っているんじゃないの」と発言したという。

    母親は、女児本人が立小を希望していることを告げたが、男性委員は「本人はそうかもしれないけど、周りも大変だ」と話したようだ。

    この発言を受け、女児父親教委に抗議して問題が発覚。男性は発言を認めており、「家族の心情を傷つけた。申し訳ない」と話し、父親に謝罪した。その後、「批判を浴びたまま委員を続けられない」と7月25日に辞職願を提出し、翌日26日に受理された。

    ■「差別とは思わない」「本人のために」

    立小に通いたいという女児希望や、女児に対するケアの問題から、どちらの学校が適しているかは難しい問題だ。

    差別発言として認められた男性委員の発言だが、報道を受けて『Yahoo!ニュース』や女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』では、「差別とは思わない」「養護学校のほうがいいのでは…」とのが相次いだ。

    ・はぁーーー?? 差別じゃないし、事実養護学校じゃないとそんなケアできないでしょ なんでもかんでも差別差別騒ぐな!

    ・養護学校のほうが合ってるよ 周りがどうかとかじゃなく本人のために

    ・この親は周りが見えなさ過ぎでしょ。うちの子も障児だけどこんなには思えない。他の子に迷惑かけてしまうとか考えないのかな

    ■提訴したケースも

    重度の障病気を抱える子供が、立の学校に通いたいという事例は過去にもある。

    しらべぇ既報のとおり、川崎市に住む男児(当時6)とその両親が同神奈川県を相手取って通学を認めるよう提訴したケースも。男児は先性ミオパチーという難病で人工呼吸器を装着して生活し、たんの吸引をはじめとした医療的ケアが必要だが、小学校進学にあたって、母親父親が付き添うかたちで、地域の小学校に通いたいと希望していた。

    しかし、教委は「専門的な教育が適切」とし、県教委も3月に特別支援学校への就学を定。そこで、男児と両親は地元の小学校に通えないのは障差別解消法などに違反しているとして、県と教育委員会を相手取り、横浜地裁に提訴した。

    ■子供にとって何が最善か

    父親は「障があるから特別ではなく、障があっても同じクラスにいたから友達だっていう、そういう普通の今まで自分たちが成長してきたものと同じものを与えてあげたい」とる。

    また、男児が幼稚園では同年代の友達と接したことで笑顔が増えたとし、「大人導が中心の特別支援学校では地元の学校のような成長は望めない」と話しているという。

    こういったケースもあり、ネット上では「母親が付きっ切りでお世話して先生や他の児童に迷惑掛けない自信があるのならくらいはしていいと思う」とのも寄せられている。

    本人や家族の意思を尊重するか、障病気のケアを優先するか難しい問題だが、どちらにせよ子供にとって最善な選択をしてほしいものだ。

    ・合わせて読みたい→鳥栖・中1いじめを謝罪の市、「知らない」と態度一変 「クソすぎる」と怒号相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    教育委員が難病児に「養護学校が合っている」と差別発言 「差別と騒ぐな」と疑問も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【教育委員が難病児に「養護学校が合っている」と差別発言 「差別と騒ぐな」と疑問も】の続きを読む


     中国メディア東方網は29日、「韓国人日本人を嫌うのは分かるのだが、どうして日本人韓国人のことを嫌うのだろうか」とする記事を掲載した。

     記事は、このほど米国の質問掲示板サイト上で中国ユーザーが「韓国人日本人を嫌うのは不思議ではないのだが、どうして日本人韓国人を嫌悪するのか」との質問を書き込んだとしたうえで、これに対して日本人韓国人と思しきネットユーザーが寄せた回答を紹介している。

     まずは、日本人韓国人を嫌う理由についての回答として「韓国人は手前味噌を並べるのが好きなほか、共の場所で他人に対する配慮が足りない」というおそらく日本人から見た言い分と、「嫌悪するというより、見くびっているという表現の方が正確だろう。日本人は私たちを発展していない隣人だと見下している。文明的に開けていないと認識しているのだ」という韓国人サイドを取り上げた。

     また、「サムスンLG日本テレビ分野の導的地位を奪ったからだ。さらに、現代や起亜もホンダトヨタを追い上げている。不幸なことに、経済競争が双方の憎しみを生んだ原因なのだ」という分析も伝えている。

     その一方で、「そもそも韓国人日本人のことを嫌っていない」とする意見も紹介。この回答者は「韓国人に根深い被害者意識があるのは間違いないが、総じていえば韓国人は決して感情的に日本人を恨み憎んでいるわけではない。一部の日本人は、韓国が抗日プロパガンダ教育リキラムの一部に組み込んでいるから韓国人日本が嫌いなのだと言う。しかし、事実はそうではない。韓国歴史事実をカリキラムの一部にしているだけだ」としており、おそらく韓国ネットユーザーによる意見だろう。

     韓国・中央日報の30日付報道によれば、ジャカルタアジア大会日本と決勝を戦うことになった韓国男子サッカー代表選手が「日本に負ければ飛行機から飛び降りるという冗談をみんなで言い合った」という。日本戦に対する強い意気込みの表れなのだろうが、このような表現が「韓国人日本人を嫌悪し、日本人韓国人を嫌悪する」というイメージを増幅させる一因になっているのではないだろうか。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

    中国人の疑問「韓国人が日本を嫌うのは分かるが、日本人はなぜ韓国を嫌う?」=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国人の疑問「韓国人が日本を嫌うのは分かるが、日本人はなぜ韓国を嫌う?」=中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ