人気アニメけものフレンズ』の2期制作が発表されたものの、同時に開催が決定した新ユニットオーディションネット上で物議を醸している。

 2日に開催された「けものフレンズLIVE」終演後に明かされた2期制作発表。社会ともなったアニメなだけに、ファンからは喜びのが多く聞かれていたが、そんな中、公式ホームページ上には新ユニットオーディションの応募フォームが出現。一次審の書類審では、参加用とともに規定台詞および歌唱中の映像データ提出などがめられている。

 しかし、同日、声優支援ブログ運営するブロガーが、ツイッター上で自身のブログ開している台本がそのままオーディションに使われていると告発。そのブログ開されている台本は著作権を放棄していないことや、盗用の禁止、出典を明記することなどが注意点として記されているが、オーディションの台本には出典は明記されておらず、あたかも自作原稿のように扱われている。

けものフレンズ』といえば、昨年9月、1期で監督を務めたたつき監督が2期の制作が発表されていたのにも関わらず、「突然ですが、けものフレンズアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみませんもとても残念です」と事実上の降を発表。12月には正式に降が発表された。公式側は降理由について、「たつき監督が所属するアニメ制作会社ヤオヨロズ公式側に情報共有などがないままの作品利用をしたため、事前共有をめたところ条件を受け入れられないため制作会社側が2期の制作を辞退した」といった旨を記していたものの、ネット上では制作続投を望む署名運動が活発化するなどしていた。

 こうした経緯もあったため、今回の断使用疑惑にネット上からは、「作品使用でたつき監督をクビにしておいて自分たちは気で断使用って…」「ただでさえ信用ないのに酷すぎる」「公式側が作品に悪印与えていくってどういうアニメなのよ?」といった批判が多く上がる事態になっている。

 現在たつき監督YouTubeで短編アニメ開したり、NHK教育テレビの番組『よろしく!ファンファン』でメインキャラクターデザインCG制作をするなどアニメーション監督として精的に活動しているが、今年7月たつき監督が『けものフレンズ』の監督として星雲賞を受賞したものの、公式側がまったく反応しなかったことから、公式側の対応に不信感を覚える『けものフレンズファンも見受けられた。

 なお、公式ホームページから、新ユニットオーディションページ現在リンクできない状態になっている。オーディションの応募締め切りは9月10日までとなっているため、公式側には素い対応がめられるが、果たして騒動を収めることはできるのだろうか――。

記事内の引用について
たつき公式ツイッターアカウントより https://twitter.com/irodori7
けものフレンズ公式ホームページより https://kemono-friends.jp/



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【社会現象にもなった『けものフレンズ』、2期も早速炎上? オーディション課題台本にある疑惑が浮上】の続きを読む