ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > マナー


    ワット・パクナーム

    asxsoonxasiStock / Getty Images Plus写真イメージです)

    タイバンコクを訪れる日本人観光客のマナーの悪さについて、東スポwebが報じている。

    ■大人気の大寺院

    タイバンコク日本人旅行者が多いと言われているのは、シーロム地区。日中高層ビルが立ち並ぶオフィスネオンしい繁で、日本人旅行者が多いと言われる場所だ。

    シーロム地区からタクシー20分ほどの場所にある大寺院「ワット・パクナーム(ワット・パクナム)」もまた、日本人旅行者で溢れているという。

    ■迷わず、巨大仏塔の5階へ

    寺院はかなり広い敷地に、大のあるお寺の本堂のほか、瞑想修行に来た人の宿舎、図書館など、多くの建物がぎっしりと建ち並ぶ。運河沿いにある庭では、人々がハトに餌をあげて、のんびりと過ごしているような場所だ。

    しかし、日本人旅行者が群がる場所は決まっているらしい。それが、内にそびえる高さ80メートルの巨大「マハー・ラチャ・モンコン大」。5階まである内部は仏教美術品並ぶ博物館となっているが、問題は、最上階の5階。

    ■「インスタ映え」で人気スポットに

    エメラルド安置され、ドーム状の天井には画が描かれている。写真だけでも秘的なことがわかるが、じつはここが「インスタ映えスポット」として大人気のようだ。

    「マハー・ラチャ・モンコン大」は、6年前の2012年に建てられたもの。以降、話題になり観光客の増加は現地の人たちも喜ばしいことだろう。しかし、問題視されているのは写真動画)撮影時のマナーだ。

    ■神聖な場所であることを忘れずに

    画が描かれている天井と自分のショットを収めたいのだろう、静かな寺院で大騒ぎする若者が多いという。さらに、ジャンプを繰り返す、奇を上げる、動画配信のためか画面に向かって話しながらうろつく人…。

    外に出ると、非日常的な間にテンションが上がってしまうだろう。ただ、これから訪れる場所がどんな場所なのか…くらいは調べておくべきだろう。

    今回の場合、騒がないことは当たり前。装に関しても短パンサンダルノースリーブミニスカートなど、日本で遊ぶときと同じ格好はNG。なぜなら、本来は参拝者が静かにお祈りできるお寺であり、な場所だからだ。

    ■居合わせた日本人も「恥ずかしい」

    この場所で騒いでいるのはほとんどが日本人のようで、現地の人も呆れており、居合わせた日本人も「恥ずかしい」と漏らしているそうだ。

    ただ…ネットで「ワット・パクナーム」について調べようとすると、「インスタ映え」という文字がこれでもかというほど出てくる。キレイに撮影できるおすすめの時間や、撮影の仕方まで書かれているものもある。

    インスタ映えスポット」だけをゴリ押し紹介することを控えるか、おすすめの撮影時間ではなく、静かにすることと最低限のファッションマナーの記載も必要ではないだろうか。

    ・合わせて読みたい→バンコクの路上散髪屋で日本人がロッカー風の髪型に挑戦した

    (文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

    バンコクの寺院で「インスタ映え」求め… 神聖な場所で恥をさらす日本人観光客たち


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【バンコクの寺院で「インスタ映え」求め… 神聖な場所で恥をさらす日本人観光客たち】の続きを読む


    満員電車

    (chat9780iStock/Thinkstock)

    マナーとして、「電車バスでお年寄りを見かけると、さっと席を立って譲る」ことを心がけている人は多いだろう。しかし、すべての人にそれをめたり、強制することは難しい。

    女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックが注を集めている。

    ■老夫婦に席を譲らない人々

    通勤満員電車で、老夫婦を見かけたという女性。小さなスーツケースを持っているなど、ふたりは地方から来たんだろうなと思われる出で立ちで、ぎゅうぎゅう詰めの中、苦しそうにしていたという。

    しかし、の前に座っていた20代後半と思われる男性は見て見ぬ振り。その隣がくと、すかさず近くの若者が座り、一人として老夫婦に席を譲らなかったという。

    投稿者は何度も座っている人たちに「席譲ってあげてくれますか?」と言おうと思ったものの、結局勇気が出ず。な自分に涙を流したという。

    ■「口出しはやめとくべし」の声

    投稿に対し、他のネットユーザーからは「気持ちはわかる」など一定の共感の一方で、「優先席じゃないんだし」「しゃしゃり出ることではない」などのが相次いだ。

    ・優先席じゃないのなら仕方ないと思う

    ・気持ちは分かるけどしゃしゃり出て言う立場じゃないよ

    ・自分で譲るのはできるけど、譲ってあげてはなかなか言えないな

    ・最近は変な人多いしトラブルになりたくないから第3者の立場なら絶対口出ししない

    第三者である以上、変なトラブルに巻き込まれる可性も…と考える人も多いようだ。殺伐とした満員電車、とくに優先席でないのだとしたら、たしかにそのような危険性も十分にありそうだ。

    ■「若者のほうが疲れてる場合も」

    また、一方では「若者が疲れている場合もある」や「障の有は見たではわからない」という冷静なも。

    ・若いサラリーマン全員スペシャル元気な訳でもないしな

    ・義務ではない。 座っている若者のなかにも体調悪い人はいる。疲れはてているサラリーマンより元気な老人もいるし

    ・若くて元気そうでもには見えない障あるかもしれないし、座りたいから遠回りして乗ってるかもしれないし、昔に席を譲ろうとして嫌なにあったのかもだし、、他人には何も言わないかな

    ■「それでも若者は立つべき」の声も

    しらべぇ編集部では以前、全2060代の男女1,400名に「電車の座席について」の調を実施。「元気な老人より疲れた若者に利用して欲しい」と答えたのは、37.4%であった。

    電車の座席年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    性年代別にみていくと、年代が上にあがるにつれ、「たとえ疲れた若者がいたとしても、高齢者が席に座るべきだ」と考える人が多くなっていった。

    多くの人が集う場所では、お互いに思いやりの精を持つことはとても大切だが、一方でそれぞれにも事情があるのも事実。自分の価値感を人にもめることの意味を、投稿者はもう少し考えてもいいのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→中年がお年寄りに…電車内で高齢者に席を譲る年代がまるで「老老介護」

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年1月20日2017年1月22日
    :全20代60代のAKB48を知っている男女1,131名 (有効回答数)

    「電車で高齢者に席を譲らない人」に不満の女性 涙の主張も冷静な指摘が続出


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「電車で高齢者に席を譲らない人」に不満の女性 涙の主張も冷静な指摘が続出】の続きを読む


    中国人観光客をめぐる騒動がネットで注を集めている。9月2日スウェーデンのストックホルム内で、現地警察の対応に不満を抱く中国人観光客3人が路上で泣いたり叫ぶなどの騒ぎを起こした。中国大使館は「人権視」などの猛批判を展開している。の検察局長は、秩序な行為をする人物に対する対応とコメントを出している。

    中国○○から来た3人の親子は、予定時間より十数時間前に宿泊予定のホステルに入り、ロビーで就寝しようとした。ホテル側は追加料めたが、3人は拒んだ。通報を受け、駆け付けた警察数人が3人を追い出した。

    通行人らが動画で捉えており、ネットでは拡散された。3人は、警察官やホステル側の対応に不満を爆発させ、警察官らが自分たちに対して「ひどい扱いを受けた」と演出する様子が映っている。

    動画には、暴力を受けていないがばいになったままの父親、わざと自分から倒れこみ、女性警官が暴力ふるったかのように演技する息子、また母親は「殺人だ」「助けてくれ」と座り込みながら叫びをあげる母親が映っている。

    中国インターネット上では、「中国人観光客がスウェーデン警察いじめられた」と報じられた動画17日までに1億3000万回再生を記録している。一部のネットユーザからは「(在中国スウェーデン大使館を放火しよう」など過な意見も出ている。

    動画を閲覧したあるネットユーザは、ルールを破ったにもかかわらず、3人が大げさな「犠牲者のふるまい」をするのは、家族スウェーデン側への賠償請の正当性を高めるためではないかと摘した。

    スウェーデン中国大使館は16日になってから「中国人の命を危険にし、基本的人権を侵した」と明を発表し、スウェーデン側の対応を批判した。

    さらに、中国外交部(外務省)の報道官も17日に、警察が3人を追い出したことについて「外交ルール際的な判例にそぐわない」と糾弾した。

    トックホルムの検察庁メッツ・エリクソン長官は、現地アフトン・ブローデッドの取材に対して、警察対応は「何ら違法性はない」適切な判断だと述べた。同氏はまた、警察官は地で秩序な行為をする人物に対して、今回のような対応をしていると付け加えた。

    (編集・佐渡世)

    スェーデン警察はルール違反の中国人3人をホテルから追い出した。(ANDERS WIKLUND/AFP/Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ルール無視の中国人観光客をスウェーデン警察が追い出し】の続きを読む

    このページのトップヘ