ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > マナー


    電車(Tuayai/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

    電車内での飲食については、度々議論が巻き起こっている。

    Yahoo!知恵袋』に、電車内での飲食マナーに関するトピックが寄せられ、その内容が物議を醸している。

     

    ■電車内でフライドポテト

    「電車でフライドポテト食べるのってマナー違反ですよね?」と、自身が電車内で遭遇した出来事について打ち明けた投稿者。

    隣りに座っていた若い女性が、電車に乗る前からファーストフード店のフライドポテトを食べており、乗車して座ってからも食べ続けていたという。

     

    ■混雑する車内に臭いが充満

    女性が食べていたのはコンソメ味のフライドポテトだったようで、混雑する電車内にその臭いが充満。女性の手はコンソメフレーバーの粉や塩でまみれ、その指を舐める光景もかなり浮いていた様子。

    投稿者は、「きついです!」「これ、さすがにマナー悪いですよね?」と、他ユーザーに意見を求めている。


    ■「状況によって判断すべき」

    こちらのトピックには、電車内での飲食について様々な意見が寄せられている。

    満員電車で臭いのきついもの食べるのはどうかと…」

     

    「指をなめるのは飲食そのものの是非とは別の問題としてマナー違反ですし、満員で臭いもきつかったなら、やはりマナーが悪いと考えるべきだと思います」

     

    マナー違反だと思います」

     

    「お腹空いていたんじゃ? それくらい許してあげてよ」

     

    「混雑した車内で、臭いのキツいものは避けるべき」との意見が目立つ。

     

    ■電車内での飲食、どこまで許せる?

    しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,341名を対象に「電車内での飲食はどこまで許せるか」調査を実施したところ、「ペットボトルが全体で約7割、ファストフードは1割未満という結果に。

    「電車内での飲食は許せない」と答えた人は1割強で、あまり良く思われないことは確かなようだ。

    よほど空腹だったのか、はたまたとくに考えもなく食べていたのか…公共機関を利用する際、とくに混雑時にはお互いが気持ちよく利用できるよう配慮したい。

    ・合わせて読みたい→電車内で足を組むのはマナー違反? 住吉美紀に批判的な声が

    (文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年2月20日2016年2月24日
    対象:全国20代~60代の男女1341名

    電車内で女子が食べていたモノに絶句… 「これはキツい」「マナー違反」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【電車内で女子が食べていたモノに絶句… 「これはキツい」「マナー違反」】の続きを読む


    Jタウンネットでは、名物コーナー実録!ご近所トラブル」の派生企画として、読者の皆様が体験した「タバコトラブル」のエピソードを募集してきた。

    読者から届いたメールと、これまでの記事に付いたコメントを合計すると、その数はなんと600件以上。喫煙者・非喫煙者の双方から、体験談を中心にさまざまなメッセージが寄せられた。


    以前の記事では、主にタバコ臭が「ニガテ」な人の意見を紹介した。だが、改めて読者のご意見を振り返ってみると、意外(?)と目立っていたのが、喫煙者側からの「嘆き」の声だった。

    なぜ、私たちはここまで一方的に責められなくてはならないのか――。そんな投稿も多かったのだ。彼らの「言い分」はどこにあるのだろう。さっそく、いくつかの投稿を見ていこう。

    「嫌煙者の主張って、単に...」

    まずは、長年の愛煙家だという男性からの意見。かつて、非喫煙者から嫌がらせを受けたことがあるという。

    「私は喫煙者です。以前、あるファミレスの喫煙区画で上司とお昼を食べていました。ドリンクバーを取りに二人とも席を離れたのですが、その間に隣の中年女性から灰皿へ置いていたタバコに水をかけられていました。
    混む時間帯だから禁煙スペースに空席がなかったのかも知れませんが...、喫煙スペースを利用しているのに喫煙者に嫌がらせをするのは『?』です」

    さすがに、これはけっこう理不尽ではないか。

    そこまでタバコ臭が嫌ならば、並んででも禁煙スペースを利用するか、本人らに直接「やめてほしい」と言えばいいのでは...。当の男性もそう思ったようで、このエピソードに続けて、次のようにも訴えている。

    「なんだか嫌煙者の主張って、単に自分が嫌いだから、それを人に押し付けているだけのような気がしてしまいます」

    ――男性の主張をどう受け止めるかは読者次第。もちろん、男性の言う「嫌煙者」の側にも言いたいことはあるだろう。とはいえ、このように感じている喫煙者がいることは事実である。


    そのほか、タバコ臭がニガテだという人から届いたメールの中には、ちょっと過激な内容の意見も。例えば、マナーをきちんと守って喫煙所でタバコを吸っている人に対しても、「許せません!」と猛批判を展開するなどだ。

    タバコだけ異常に叩かれてる」?

    実際、タバコ臭がニガテだという人の意見を紹介した前回記事の配信先(ネタりか)で、もっとも読者の共感を集めたコメント2019年3月28日時点)は、次のようなものだった。

    タバコ嫌な人はとことん嫌なんでしょう。わかるけど、目の敵にしすぎ。香水も体臭もニンニク食った匂いも臭いしだめな人いるやろ。世の中が禁煙傾向なんはわかるけど、特に考えんと同調しすぎと思われますよ」

    確かに、タバコ臭と似たケースに挙げられるのが、香水や柔軟剤のニオイだろう。これで体調が悪くなるというのもよく聞く話だが、タバコほど「目の敵」にされている印象はない。そうした「差」について、

    「酒も臭いし酔っぱらいはうるさい・うざい。香水を過度につけてる人もくさい。ここ数年、タバコだけ異常に叩かれてる」

    と疑問を示す声もあった。

    とはいえ、全ての非喫煙者がタバコを全否定しているわけではない。例えば、こんなコメントも。

    タバコ吸わないですけど、喫煙者の人もお金払って買ってるし喫煙所は許してあげて欲しいなぁと。歩きたばこポイ捨ては飛びゲリしそうになりますけど、ちゃんとルールを守ってるのならわたしはいいかな」

    タバコトラブル体験談、引き続き募集します

    そのほか最近では、公益社団法人「受動喫煙撲滅機構」が、NHK大河ドラマいだてん」の喫煙シーンに抗議する騒動があった。これは、番組内での謝罪や、受動喫煙シーンの全廃などを団体側が求めたものだが、これが世間で賛否を呼ぶことに。

    団体側の強硬ともいえる姿勢に、「表現の自由」の観点から異論が相次いだのだ。なかには、同じ嗜好品の酒が野放しとも言える状態なのに、なぜタバコだけ厳しく規制されるのか、と疑問を抱くユーザーも出ていた。

    こういった世の中の風潮が、今後どう推移していくかは分からない。

    だが、これまで紹介してきたタバコトラブルのように、互いの「マナー」に関する部分については、歩み寄る余地があるはず。お互いがほんの少しでも相手に配慮することが、共存に向けた唯一の手段なのかもしれない。

    ※Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「タバコの臭いトラブル」体験談を募集しています。メールtoko@j-town.net)で、具体的なエピソード500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

    喫煙者の「主張」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ルール守っているのに、なぜ...」 過熱する「タバコ叩き」、喫煙者の本音は】の続きを読む


    コーヒーを軽々しく勧めないで!」――。インターネットの投稿をめぐり、「カフェインハラスメント(カフェハラ)」がにわかに注目を集めている。

    打ち合わせの場でコーヒーを出されるのは許せないといった主張だが、なぜ不快に感じるのか。

    望むのは「カフェインコントロール社会」

    投稿は2019年3月20日ブログサービスはてな匿名ダイアリー」に寄せられた。

    コーヒーを軽々しく勧めないで!『カフェハラ』ですよ」との題名通り、訪問先での打ち合わせでコーヒーを出すのは「カフェハラ」だと問題視している。

    投稿によれば、体質や健康面などからカフェインの摂取を控える人はいるにもかかわらず、問答無用で勧められると指摘。気心の知れた相手なら断ることもできるが、初対面であれば難しいとして「『アルハラ』(アルコールハラスメント)は社会問題として定着したが、『カフェハラ』は問題にもされていないのだ」と憤慨する。

    以上を踏まえ、(1)ノンカフェインまたは低カフェインの飲料を出してほしい(2)お湯を注いだカップスティック状のコーヒーやお茶のティーパックを添えて、カフェインの有無を選択できるようしてほしい――と要望した。

    最後は「私が望むのは、カフェイン摂取をセルフコントロールできるような社会である」と締めている。

    ナンシー関さん「コーヒーのファシズム」に警鐘

    「カフェハラ」をめぐっては、コラムニストナンシー関さんも自著『何の因果で』で「コーヒーファシズム」との言葉を使ってあげつらっている。

    「私はコーヒーが嫌いである。理由は、おいしくないと思うからだ。 単なる嗜好品の好き嫌いであるから、非難される筋合いのものではない。確かに非難はされない。しかしそれは、コーヒー好きの人たちの視野の中に『非コーヒー好き』が入っていないからである。 『よもやコーヒー嫌いなんて人がこの世に居るなんて』ということである。だから、いろんなところで『当然』のようにコーヒーを出される。もてなしという善意が前提にあるだけに、 我々コーヒー嫌いに残された選択肢は『手をつけない』だけである。これをコーヒーファシズムと言っては言いすぎだろうか」

    ニュースサイト「niftyニュース」の約4500人を対象にした調査では、コーヒーが苦手(「そんなに好きでもない」を含む)と回答した人は1割だった。苦手と答えた人の意見に「おなかを壊す!気を使ってコーヒーを出していただいたとき、飲まないわけにもいかず、後でおなか壊してトイレの中で、やっぱり飲むんじゃなかったと後悔」がある。

    マナーの基本は...

    仕事の来客でコーヒーを出すのはマナーの専門家にどう映るか。NPO法人「日本サービスマナー協会」の講師である森麻紀さんは3月22日J-CASTニュースの取材に「マナー違反にはあたりません」と話す。

    お茶出しでコーヒーが出される機会が多いのは、頭を活性化させるといった役割があり、マナーの基本である「相手をおもいやって心地よい状態にする」には背かないという。

    しかし、森さんは「ただ形通りのマナーを守るのではなく、臨機応変に対応するのも大切」と言及。コーヒーが苦手な人もいるため、相手の飲み物の好みを事前に把握すると一つ上のマナーになるとアドバイスした。

    なお、投稿者が提案した「お湯を注いだカップスティック状のコーヒーやお茶のティーパックを添えて、カフェインの有無を選択できるようしてほしい」との意見は、相手に手間をかけさせてしまうためマナーといえないとした。

    J-CASTニュース編集部 谷本陵)

    画像はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「来客にコーヒー提供」は「カフェハラ」? マナー講師の見解は...】の続きを読む


    スーパーの食品が別の棚に置きっ放しにされているのを見たとツイッターで告発され、反響を呼んでいる。

    マナーの悪い客もいるようで、各スーパーに話を聞いてみた。

    常温の商品が冷凍庫、生魚が日用品コーナーのケースも

    かつお節や焼きのりなどのパックが並べられた乾物用の棚に、青果コーナーにあるはずの袋詰めのほうれん草が無造作に置かれている。

    盛岡市在住の50代の主婦「にょに紫@242murasaki」さんは2019年2月23日ツイッターにこんな写真を投稿し、平気でマナー違反をする人がいるのかと疑問をぶつけた。「乾物のほうれん草? 一瞬目を疑いました(笑)」とそのときのことを振り返る。

    最初のツイートは、大きな反響を呼び、26日夕現在で「いいね」が8万件以上も付いている。

    特に、スーパー関係者からは、マナーの悪さを嘆く声が続々寄せられている。

    それによると、常温の商品を冷凍庫に入れていったり、生魚を日用品コーナーに置いていったりする客がいるという。その影響で、ほかの商品がダメになるケースのほか、炭酸飲料が冷凍庫に入れられてあわや爆発といった事態もあったそうだ。

    「にょに紫」さんは26日、J-CASTニュースの取材に対し、地元のスーパーであったことだとし、「置去りにした人は見ていません」と答えた。

    「当日の特売だったので店頭にも置かれていましたが冷蔵ケースの方の置き場所に戻しました」とする一方、「このくらいなら店員さんの手を煩わせるまでもないと軽い気持ちで戻しましたが、イタズラされている場合もあるそうなので店員さんに話すのが良いようです」ともしている。

    「生鮮食品なら、衛生上よくないので廃棄される」

    商品を別の棚に置きっ放しにし、知らんぷりをするといったマナーの悪い客は増えているのだろうか。

    東京都内のあるスーパーの店長は2月26日、「毎日ではありませんが、週1回は見つけますね」と取材に明かした。

    「戻すのが面倒くさいなどと、冷凍食品や生鮮食品を常温の棚に置いたままにしたりするケースです。温度帯が違いますので、生鮮食品なら衛生上よくありませんので廃棄することになります。ほかのお客さまが見つけた場合も、自分で元の売り場に戻すのではなく、従業員に言っていただきたいですね」

    また、大阪府内の生鮮食品スーパーの店長は、「野菜が普通の棚に置かれたり、冷凍庫で凍らせてダメにされたりすることなどは、たまにありますね」と話す。

    「ほかに置くところがなくて、忘れてしまったりするケースもあるようですね。ジャガイモなどの土物などなら元の売り場に戻せますので、お客さまが気付いてそうしてくれるのはありがたいと思っています」

    全国スーパーマーケット協会の広報担当者は、こう話す。

    「買い物途中でいらなくなったりなど、前々から多い話ですね。SNSの時代ですので、注目されたのでしょう。各スーパーで対策を実際にするのは、難しいでしょう。商品は元に戻して下さいなどとアナウンスすれば、クレームが付いて客離れにつながることもありますから。客商売なので、あまり注意もできないのではないですか。今回のことで、少しでも商品を置きっ放しにする人が減ってくれればありがたいと思っています」

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    商品を別の棚に置きっ放しは多いのか(写真はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【乾物売り場に「ほうれん草」放置 スーパー客のマナー悪化に苦言多数】の続きを読む


    ゴミUser2547783c_812/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    なにかと厄介なご近所トラブル。そのなかでも、揉めやすいことのひとつに「ゴミ捨て」がある。

    この件について、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

     

    ■回収日前日にゴミを捨てる…

    分譲地の、ごみ捨て場の後ろに家があるという投稿者の女性は、最近引っ越してきた家のママさんの行動に悩んでいるという。それは、回収日の前日に、彼女がゴミを出してしまうということ。

    ゴミを入れておく場所はシャッター付きなものの、音の開け締めがそれなりに響く上、そのママさんは生ゴミも前日のうちに捨ててしまうんだとか。

    しかし、関係を悪化させたくないため、「できれば直接は注意したくない」という投稿者。そして、他のネットユーザーに対し、「何か解決策はないでしょうか?」と投げかけたのだった。

     

    ■注意書きや回覧板を勧める声

    この投稿に対し、回覧板や注意書きなどで対応すべきと述べる人が。

    ・自治会長に言って回覧板回してもらう

     

    ・ゴミ捨て場に貼り紙とか? 直接言えないなら注意書きとかしか出来ないよね

     

    ・賃貸から越してきたなら戸建てのルール知らないんじゃない? 回覧板とかチラシとかでお知らせしてあげれば?


    ■「我慢すべき」との声も

    しかし、一方では「違法ではないのだから我慢すべき」「人には色んな事情がある」などの声も。

    ・違法ではないのなら主がガマンすべき。人にはいろいろな事情がある

     

    ・ゴミ守りババアうざっ

     

    ・え、夜に出したらダメなの? 私も夜に出してる。朝だとバタバタしてて忙しい

     

    ・でも朝逃したら、、、ってなるよね

     

    ■4分の1が「ゴミの回収ルールが複雑」

    しらべぇ編集部では以前、全国の20代〜60代の男女1,363名に、住んでいる地域の分別ルールについて調査を実施。その結果、「複雑だと思う」と答えたのは27.4%だった。

    sirabee170406gomi3

    しかし、投稿からもわかるとおり、ゴミ出しのルールには地域のものだけでなく、ご近所間でのものもある。

    なにが正しいか正しくないかではなく、話し合って歩み寄って行くのが大切なのではないだろうか。

    ・合わせて読みたい→クレームの謝罪に向かった女性店長 44歳男の家で起きた「想像を絶する悲劇」に絶句

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日2017年2月26日
    対象:全国20代~60代の男女1363名(有効回答数)

    回収日前日に隣人が生ゴミを出す…女性の不満に「ダメなの?」「我慢しな」と賛否


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【回収日前日に隣人が生ゴミを出す…女性の不満に「ダメなの?」「我慢しな」と賛否】の続きを読む


    親子GOLFX/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

    多くの人が集まる公共の場では、なにかとマナーが問題になりがち。例えばトイレは、その代表的なもののひとつだろう。

    女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

     

    ■トイレ行列、子供の割り込みはアリ?

    投稿者が先日、行列のトイレに並んでいたところ、後ろから来た子連れの親が、「子供が漏らしてしまいそうなので入れてやってもらえませんか?」と、投稿者よりもずっと前に勝手に割り込もうとしたという。

    しかし、後ろにも待っている人が何人もいたため、投稿者はその親に「他の皆さんもちゃんと並んでいるのに勝手に譲らないでください」と忠告。しかし、親は「子供は我慢できないのでお願いします」と繰り返し、投稿者の前に並んでいた人も「子供だし仕方がないでしょう」と、結局割り込みさせてしまったんだとか。

    これに対し、投稿者は「そもそも譲れと言いだした親も非常識ですが、子供だからといって割り込みさせた人にも怒りが湧きました」とコメント。そして他のネットユーザーに対し、「皆さんはトイレの行列で子供の割り込みは許せますか?」と尋ねたのだった。

     

    ■「許せない」派

    この投稿に対し、当然ながら「許せない」という声が多く集まった。緊急事態になれば、大人も子供も関係ないと考えるようだ。

    ・漏れそうなのに大人も子供も関係ない

     

    ・並んでた人がその子供に列の位置譲って後ろに並び直すならいいけど勝手に列に入れるのはマナー違反。漏れそうな人他にもいるかもしれないじゃん

     

    ・許せないかな。こっちだって漏れそうで大変だったりするときあるからね。大人子供関係ない


    ■「状況による」派

    しかし、一方では「緊急度による」「子供の年齢による」など、状況次第だと答える人も。

    ・自分の緊急度による

     

    ・私は子供の年齢によるかな。小学校高学年とかなら並べよって思う

     

    ・自分が漏れそうじゃなかったら大人でも子供でも漏れそうな人に譲る

     

    ■親のモラルは低下している?

    コメントの中には親のモラルを疑うとの意見も見受けられたが、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,342名を対象に「親のモラル」について調査を実施したところ、全体で約7割の人が「低下していると思う」と回答した。

    sirabee20170731oyamoraru2(©ニュースサイトしらべぇ)

    男女・年代別で比較しても、全年代で半数以上の結果となった。

     

    自分ひとりしか並んでいなければ、譲るのはなんの問題もないが、後ろにも人がいた場合は彼らにも影響が出てしまう。みなが気持ちよくトイレを使えるよう、臨機応変な対応ができるといいのだが。

    ・合わせて読みたい→「社内不倫」で好き放題する上司 生々しい「1時間の謎外出」にドン引きの声

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日2017年7月17日
    対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)

    行列のトイレで「子連れの親」が割り込み…居合わせた人の「まさかの一言」が物議を醸す


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【行列のトイレで「子連れの親」が割り込み…居合わせた人の「まさかの一言」が物議を醸す】の続きを読む


    社会人として身に着けておきたいビジネスマナー。気になる人も多いだろうが、情報の出所によっては、真偽不明のマナーを教え込まれることもある。

    そんな状況を逆手に取った「嘘マナー」が、ツイッターブームになっている。ありとあらゆる事に、縁起が悪い理由をこじつけて、「マナー違反」と認定する内容だ。

    「始業前の出社は『死を早める』」

    きっかけとなったのは、2018年11月25日ごろから話題になっている「徳利(とっくり)のマナー」についてだ。先がとがっている「注ぎ口」から日本酒を注ぐのは、「縁(円)の切れ目」につながるためマナー違反だとする情報サイトが注目され、その真偽が話題になった。J-CASTニュースも27日、「徳利は『注ぎ口使ってはいけない』 ネット拡散の日本酒作法、本当に『マナー』として存在するのか」と題して、この話題を伝えたが、真偽のほどは判然としなかった。

    こうした話題の盛り上がりを受け、それらのパロディーとして「○○していませんか? 実はそれマナー違反です」の文面がテンプレ化され、大喜利のような状況になっている。

    ツイッターで「マナー違反です」と検索すると、多くのパロディーネタが出てくる。要約して、いくつかピックアップすると、

    「始業前の出社は『始(死)を早める』からマナー違反」
    「服を着るのは『福を切る』となるからマナー違反」
    「話すのは『離す』、縁を切るからマナー違反」
    「出勤は『出金』につながるからマナー違反」

    といった具合だ。なかには1万以上リツイートされている投稿もある。

    「嘘マナー」だと明示しない投稿も多く、苦言も出ている

    また、マナー違反を避けるための代替案を紹介するものも。

    Windowsパソコンは『窓際族』の意味があるから、Linuxを使うべき」
    「大学は『死』を意味する4年より、末広がりの8年で卒業するべき」
    メールは『滅入る』につながるから、伝書鳩を飛ばすべき」

    一方で、これらの投稿の多くには、「#嘘マナー大喜利」などのハッシュタグや、創作のネタである旨は書かれていない。もっとも、ほとんどは常識的に考えればわかるレベルではあるが、パロディーだと明示しないことについては、

    「そのうちそれっぽい奴を信じるひとが出そうで怖い」
    大喜利と明言しないで嘘マナー増やすのはマジでやめたほうがいいよ」
    「嘘の情報流して故意じゃ無かろうと人を騙してる時点で詐欺師がやってることと変わんねぇぞ」

    といった苦言も一部出ている。

    何が正しいマナーなのか(画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【服を着るのも、出勤するのもマナー違反? ツイッターで「嘘マナー大喜利」が話題に】の続きを読む


    日本酒に使う徳利(とっくり)は、先がとがっている「注ぎ口」から「注いではいけない」――。酒席にはこんなマナーが存在するとして、真偽をめぐってインターネット上で注目されている。

    発端となったツイッターへの投稿が拡散されると、「知らない」「くだらない」と否定的な声が相次いだ。一方で、情報サイトの中にも「注ぎ口を上にして反対側から注ぐ」のがマナーだと紹介しているものがある。実際のところ、守るべきマナーなのか。複数の専門家に見解を聞いた。

    「注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」?

    ツイッターで話題を集めたのは2018年11月25日のあるユーザーの投稿だ。徳利のマナーを紹介した情報サイトスクリーンショットアップしており、記事には「徳利の注ぎ口には絞ってある(編注:とがっている)部分がありますが、注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」と書かれている。画像が2枚あり、絞ってある方から注いでいるものを「間違い」、絞ってない方から注いだ画像は「正解」と明記していた。

    サイトのこうした説明は聞き慣れなかったのか、「なんでこんなくだらないマナーが」「ソースも信憑性も不確か」「注ぎ口って、お酒を注ぎやすいように付けてあるんじゃないのかな?」と疑問の声が相次いだ。投稿は2万以上リツイートされるなど拡散している。

    サイトに限らず、徳利の使い方として「細くとがった場所を上に向けて注ぐのが正解です」「注ぎ口を上にして反対側から注ぐのが正しい注ぎ方です」などと同様の紹介をしている情報サイトの記事が複数見つかる。総合すると、そうすべきとされている理由は3つあるようだ。

    (1)注ぎ口を上に向けた形が仏教の「宝珠」の形に近く美しく見えるため
    (2)注ぎ口は「円(縁)の切れ目」という語呂から縁起が悪いため
    (3)戦国武将を暗殺するため注ぎ口に毒を塗ることがあったため

    本当に酒席のマナーとして守るべきことなのだろうか。1673年創業の日本酒の老舗・玉乃光酒造(本社・京都市)は、公式サイトで「お酒を嗜むときのマナーについて」というコラム記事を4月に掲載していた。「日本酒の注ぎ方」という項目もあるが、今回話題になった「注ぎ口から注いではいけない」旨は書かれていない。

    J-CASTニュース11月27日、同社を取材すると、「丸い方から注ぐのがマナーとされているというのは、聞いたことがあります」としながら、

    「ダメな理由は諸説あるようですが、詳しくは存じません。出元なども分かりませんし、当社としてもそれがマナーであるという啓蒙活動はしていません」

    と話していた。

    「徳利の作り手としての常識とは考えていません」

    美濃焼の老舗窯元で徳利のラインナップが豊富なあるメーカーの担当者は、取材に対し「注ぎ口から注いではいけないという話自体は聞いたことがあります」とする一方で、

    「徳利の作り手としての常識とは考えていませんし、お客様にご案内することもありません。ただ、酒席で『話のネタ』として用いられることはあるようです。私どもが存じ上げていないだけで、でっち上げのマナーだとも言い切れません」

    と話す。また、インターネット上でも「マナー」だとする情報が出回っていることを伝えると、

    「もし本当にマナーだとしたら、日本酒の普及団体や酒造組合が啓蒙すると思います。そうなれば当社でも柔軟に対応します。注ぎ口がとがった徳利も製造しておりますので、デザインを微調整しないといけないでしょう。お客様に、反対側の丸い方から注いでくださいとご案内することも必要かもしれません」

    との考えを述べた。

    徳利自体は「切れが良くなく、とがっている方、丸い方のどちらから注いでも基本的に垂れます。日本酒は水より粘性があり、物を伝いやすいのです」という。それでも口の一部をとがらせているのは「方向性を持って細く流れるようになりますし、シズル感のあるデザインにもなるからではないかと思います」としていた。

    「『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

    では、マナーの専門家はどう見るのか。ヒロコマナーグループ(本部・東京都港区)代表でマナーコンサルタントの西出博子さんはJ-CASTニュースの取材に、注ぎ口から注いではいけないという話について、「インターネット上の情報として耳にしたことはありますし、否定はしません」と話す。ただ、マナーとして教えてはいないという。

    西出さんは、「マナーというのは、必ずこうしなければいけないという決まり事ではありません。時、場所、相手の立場、状況などによってマナーの形は変わります」とし、

    「最も大事なのは、相手を尊重し、みんなが気持ち良く過ごせること。人も物も『相手』です。徳利であれば、作り手の方はなぜ絞った注ぎ口を作ったのか。おそらく注ぎやすくするためではないでしょうか。そして、お酒を飲む方々もそう思って徳利を使う方が多いでしょう。このように考えると、注ぎ口を使って注ぐことが『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

    と話していた。

    徳利はとがっているところから注いではいけないのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【徳利は「注ぎ口使ってはいけない」 ネット拡散の日本酒作法、本当に「マナー」として存在するのか】の続きを読む


    日本酒に使う徳利(とっくり)は、先がとがっている「注ぎ口」から「注いではいけない」――。酒席にはこんなマナーが存在するとして、真偽をめぐってインターネット上で注目されている。

    発端となったツイッターへの投稿が拡散されると、「知らない」「くだらない」と否定的な声が相次いだ。一方で、情報サイトの中にも「注ぎ口を上にして反対側から注ぐ」のがマナーだと紹介しているものがある。実際のところ、守るべきマナーなのか。複数の専門家に見解を聞いた。

    「注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」?

    ツイッターで話題を集めたのは2018年11月25日のあるユーザーの投稿だ。徳利のマナーを紹介した情報サイトスクリーンショットアップしており、記事には「徳利の注ぎ口には絞ってある(編注:とがっている)部分がありますが、注ぐ際は上を向けた状態にするのがマナーです」と書かれている。画像が2枚あり、絞ってある方から注いでいるものを「間違い」、絞ってない方から注いだ画像は「正解」と明記していた。

    サイトのこうした説明は聞き慣れなかったのか、「なんでこんなくだらないマナーが」「ソースも信憑性も不確か」「注ぎ口って、お酒を注ぎやすいように付けてあるんじゃないのかな?」と疑問の声が相次いだ。投稿は2万以上リツイートされるなど拡散している。

    サイトに限らず、徳利の使い方として「細くとがった場所を上に向けて注ぐのが正解です」「注ぎ口を上にして反対側から注ぐのが正しい注ぎ方です」などと同様の紹介をしている情報サイトの記事が複数見つかる。総合すると、そうすべきとされている理由は3つあるようだ。

    (1)注ぎ口を上に向けた形が仏教の「宝珠」の形に近く美しく見えるため
    (2)注ぎ口は「円(縁)の切れ目」という語呂から縁起が悪いため
    (3)戦国武将を暗殺するため注ぎ口に毒を塗ることがあったため

    本当に酒席のマナーとして守るべきことなのだろうか。1673年創業の日本酒の老舗・玉乃光酒造(本社・京都市)は、公式サイトで「お酒を嗜むときのマナーについて」というコラム記事を4月に掲載していた。「日本酒の注ぎ方」という項目もあるが、今回話題になった「注ぎ口から注いではいけない」旨は書かれていない。

    J-CASTニュース11月27日、同社を取材すると、「丸い方から注ぐのがマナーとされているというのは、聞いたことがあります」としながら、

    「ダメな理由は諸説あるようですが、詳しくは存じません。出元なども分かりませんし、当社としてもそれがマナーであるという啓蒙活動はしていません」

    と話していた。

    「徳利の作り手としての常識とは考えていません」

    美濃焼の老舗窯元で徳利のラインナップが豊富なあるメーカーの担当者は、取材に対し「注ぎ口から注いではいけないという話自体は聞いたことがあります」とする一方で、

    「徳利の作り手としての常識とは考えていませんし、お客様にご案内することもありません。ただ、酒席で『話のネタ』として用いられることはあるようです。私どもが存じ上げていないだけで、でっち上げのマナーだとも言い切れません」

    と話す。また、インターネット上でも「マナー」だとする情報が出回っていることを伝えると、

    「もし本当にマナーだとしたら、日本酒の普及団体や酒造組合が啓蒙すると思います。そうなれば当社でも柔軟に対応します。注ぎ口がとがった徳利も製造しておりますので、デザインを微調整しないといけないでしょう。お客様に、反対側の丸い方から注いでくださいとご案内することも必要かもしれません」

    との考えを述べた。

    徳利自体は「切れが良くなく、とがっている方、丸い方のどちらから注いでも基本的に垂れます。日本酒は水より粘性があり、物を伝いやすいのです」という。それでも口の一部をとがらせているのは「方向性を持って細く流れるようになりますし、シズル感のあるデザインにもなるからではないかと思います」としていた。

    「『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

    では、マナーの専門家はどう見るのか。ヒロコマナーグループ(本部・東京都港区)代表でマナーコンサルタントの西出博子さんはJ-CASTニュースの取材に、注ぎ口から注いではいけないという話について、「インターネット上の情報として耳にしたことはありますし、否定はしません」と話す。ただ、マナーとして教えてはいないという。

    西出さんは、「マナーというのは、必ずこうしなければいけないという決まり事ではありません。時、場所、相手の立場、状況などによってマナーの形は変わります」とし、

    「最も大事なのは、相手を尊重し、みんなが気持ち良く過ごせること。人も物も『相手』です。徳利であれば、作り手の方はなぜ絞った注ぎ口を作ったのか。おそらく注ぎやすくするためではないでしょうか。そして、お酒を飲む方々もそう思って徳利を使う方が多いでしょう。このように考えると、注ぎ口を使って注ぐことが『マナー違反』とは言えないのではないでしょうか」

    と話していた。

    徳利はとがっているところから注いではいけないのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【徳利は「注ぎ口使ってはいけない」 ネット拡散の日本酒作法、本当に「マナー」として存在するのか】の続きを読む


    ワット・パクナーム

    asxsoonxasiStock / Getty Images Plus写真イメージです)

    タイバンコクを訪れる日本人観光客のマナーの悪さについて、東スポwebが報じている。

    ■大人気の大寺院

    タイバンコク日本人旅行者が多いと言われているのは、シーロム地区。日中高層ビルが立ち並ぶオフィスネオンしい繁で、日本人旅行者が多いと言われる場所だ。

    シーロム地区からタクシー20分ほどの場所にある大寺院「ワット・パクナーム(ワット・パクナム)」もまた、日本人旅行者で溢れているという。

    ■迷わず、巨大仏塔の5階へ

    寺院はかなり広い敷地に、大のあるお寺の本堂のほか、瞑想修行に来た人の宿舎、図書館など、多くの建物がぎっしりと建ち並ぶ。運河沿いにある庭では、人々がハトに餌をあげて、のんびりと過ごしているような場所だ。

    しかし、日本人旅行者が群がる場所は決まっているらしい。それが、内にそびえる高さ80メートルの巨大「マハー・ラチャ・モンコン大」。5階まである内部は仏教美術品並ぶ博物館となっているが、問題は、最上階の5階。

    ■「インスタ映え」で人気スポットに

    エメラルド安置され、ドーム状の天井には画が描かれている。写真だけでも秘的なことがわかるが、じつはここが「インスタ映えスポット」として大人気のようだ。

    「マハー・ラチャ・モンコン大」は、6年前の2012年に建てられたもの。以降、話題になり観光客の増加は現地の人たちも喜ばしいことだろう。しかし、問題視されているのは写真動画)撮影時のマナーだ。

    ■神聖な場所であることを忘れずに

    画が描かれている天井と自分のショットを収めたいのだろう、静かな寺院で大騒ぎする若者が多いという。さらに、ジャンプを繰り返す、奇を上げる、動画配信のためか画面に向かって話しながらうろつく人…。

    外に出ると、非日常的な間にテンションが上がってしまうだろう。ただ、これから訪れる場所がどんな場所なのか…くらいは調べておくべきだろう。

    今回の場合、騒がないことは当たり前。装に関しても短パンサンダルノースリーブミニスカートなど、日本で遊ぶときと同じ格好はNG。なぜなら、本来は参拝者が静かにお祈りできるお寺であり、な場所だからだ。

    ■居合わせた日本人も「恥ずかしい」

    この場所で騒いでいるのはほとんどが日本人のようで、現地の人も呆れており、居合わせた日本人も「恥ずかしい」と漏らしているそうだ。

    ただ…ネットで「ワット・パクナーム」について調べようとすると、「インスタ映え」という文字がこれでもかというほど出てくる。キレイに撮影できるおすすめの時間や、撮影の仕方まで書かれているものもある。

    インスタ映えスポット」だけをゴリ押し紹介することを控えるか、おすすめの撮影時間ではなく、静かにすることと最低限のファッションマナーの記載も必要ではないだろうか。

    ・合わせて読みたい→バンコクの路上散髪屋で日本人がロッカー風の髪型に挑戦した

    (文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

    バンコクの寺院で「インスタ映え」求め… 神聖な場所で恥をさらす日本人観光客たち


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【バンコクの寺院で「インスタ映え」求め… 神聖な場所で恥をさらす日本人観光客たち】の続きを読む

    このページのトップヘ