ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ユーチューバー


    HIKAKIN(©ニュースサイトしらべぇ)

    ユーチューバーHIKAKIN(ヒカキン)が23日、自身のYouTubeチャンネル更新

    発売されたばかりのiPhone XSとiPhone XS MAXビールオレンジジュース没させ、物議を醸している。

    ■ビールとオレンジジュースで水没

    ヒカキン

    (画像はHikakinTV公式YouTubeチャンネルスクリーンショット

    iPhoneそれぞれを発売日のイチに購入したというヒカキン。向上したカメラなどをレビューし、購入を検討しているであろうユーザーが気になっている情報を次々に紹介する。

    そして、iPhoneを購入するたびに恒例行事になっている「お風呂没」を試し、その性を確かめた。

    しかし、今回はそれだけで終わらない。Apple公式ムービーでさまざまな液体をiPhoneに「ぶっかけている」動画を見たというヒカキンは、「ネクストレベル」のチャレンジとして、2つのジョッキにそれぞれiPhoneを入れてそこにビールオレンジジュースを注いでいくという実験を試す。

    ジョッキいっぱいに注がれたドリンクを飲み干し、iPhoneが壊れていないことを確認して「いやぁ〜すばらしい! 絶対に真似しないでね。マジもったいない…」と感想をった。

    ■「尊敬しちゃう」と喜びの声

    ユーザーがなかなか試すことの出来ない実験重だといえる。体をった新iPhoneレビューに、ネット上では「究極のiPhoneレビュー」と感があがった。

    「究極のiPhoneレビューだわ。本当、最強YouTuberやと思う。尊敬します」

    お湯とかジュース携帯いれる勇気ないからまじでヒカキンさん尊敬するもぉなんでも尊敬しちゃうねんけど!」

    「年一回のhikakinが風呂iphone落とすやつユーチューブで一番好きだわ」

    ■「バカにしてる」「金持ちの道楽動画」

    しかし一方で批判的なコメントも数多く寄せられている。

    iPhone没させたこと、iPhoneが入ったジョッキに飲み物を注いだこと、そして一般人には到底チャレンジできないようなお金駄にするようなことから「最悪」「バカにしてる」とのがあがった。

    動画の中で「めちゃくちゃ大切にします」とったヒカキンだったが、この批判するユーザーにはのように思えてかなかったのかもしれない。

    「ヒカキン最悪や こんなん別にする必要ないやんね? なに? ちょっと小銭持ってるからってiPhone欲しくても買えない人をバカにしてるん?

    「ヒカキンのこの動画どうなの? 飲食物って最後に食べきれば遊んでも良いって思ってる人多くない?」

    「ヒカキンの動画は昔は好きだったけど、どうせ使わないのにiPhone駄に買って動画のために何十万とする物をビールジュースに入れるのを見るとただの持ちの動画にしか見えなくなってきた。大切にしますって言う言葉が虚しい」

    ■ネットの炎上経験は…

    しらべぇ編集部が全2060代の男女1,365名に「ネットでの炎上経験」について調したところ、全体の4.4%が「経験アリ」と回答。収入があがるにつれ、炎上経験も増加する傾向がみられた。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    カキンのように、ふんだんにお金を使った企画だと炎上リスクも大きいのかもしれない。

    物議を醸したヒカキンの新iPhoneレビューだが、この動画を機にiPhoneの性向上を確認できたと喜ぶユーザーがいるのも事実だ。そういう意味では、やはりヒカキンは重な存在だといえるだろう。

    ・合わせて読みたい→「元気な自分を見てもらう」 ヒカキンの徹底したプロ魂と優しさに称賛の声

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年4月22日2016年4月25日
    :全20代60代の男女1365名(有効回答数)

    ヒカキン、新型iPhoneをビールに水没させる動画公開 「バカにしてる」と批判続出


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヒカキン、新型iPhoneをビールに水没させる動画公開 「バカにしてる」と批判続出】の続きを読む



    おもにテレビなどで活躍する「芸能人」とYouTubeを主戦場とする「YouTuber」のどちらが偉いのか──。そんな問いに対するひとつの回答が話題となっている。

    サラリーマンにして『週刊SPA!』などでも連載する著述家の真実一郎氏は、8月28日の22時1分にTwitterでこんな投稿をした。

    真実氏が、小学生の息子に対し「テレビに出ている芸能人とYouTuber、どっちが偉いと思う?」と質問したところ、「YouTuber」と即答されたというのだ。息子が言うには、芸能人はテレビに出れば有名になれるが、YouTuberは多くの動画を投稿し、視聴者を増やさないと有名になれないので“経験値が高い”とのこと。この回答に対し、真実氏は“芸能界と違うピラミッドが出来てる”と感想を述べている。

    このやりとりを真実氏が投稿したところ、約2日間で8万3000件以上の「いいね」がつき、2万5000件以上リツイートされるなど、Twitterで大きく拡散した。

    この投稿に対しTwitterでは、真実氏の息子の言葉に納得するという意見もあれば、努力をしている芸能人も少なくない、といった声も。また、YouTubeであればすぐに動画を投稿できるが、テレビの場合は出るまでのハードルがものすごく高く、テレビに出られている時点でその裏には努力がある、といった意見もあった。

    たしかに、YouTuberの場合、面白い動画を毎日のように投稿しないと視聴数が伸びないのは間違いない。また、動画の企画や撮影、編集も自ら行っているケースも多く、そういう意味でも“経験値が高い”と見えるのかもしれない。

    一方の芸能人については、撮影や編集を担うことはほとんどなく、企画に携わるのは一部のみ。しかし、そもそもテレビに出演するまでに時間がかかっているという芸能人も多く、それを“経験値”と捉えれば話は変わってくる。また、必ずしも“テレビに出れば有名になれる”というわけでもないだろう。

    そういった現実を踏まえて、真実氏の息子の意見に対し、有名になる過程が見えるか見えないかで「偉い」かどうかが判断されたのではないかとの指摘もあった。

    YouTuberの場合は、投稿した動画がアーカイブ化されており、それを見返すことで、動画が面白くなっていく過程や、視聴者が増えていく過程を知ることができる。しかし、芸能人はテレビに出る前にどれだけ努力していたかを確認することが難しく、経験を積んできた過程が見えていないから、“経験値が低い”と思われてしまう──という解釈をしたネットユーザーも多かったようだ。

    基本的には、今放送されている番組をその場で見るのがテレビで、膨大なアーカイブの中から自分で好きなものを選んで好きな時間に見るのがYouTubeを含むインターネット。当然、どちらのメディアに慣れ親しんでいるかで、物事の見方も変わってくるだろう。あらゆるものが可視化されるネットに慣れている世代にとっては、番組を見ているだけでは分からない、芸能人がテレビに出るまでの苦労を評価することは簡単ではないのかもしれない。
    (小浦大生)

    ■関連リンク
    ・真実一郎@サラリーマン漫画展7/12~さんのツイート
    https://twitter.com/shinjitsuichiro/status/1034425656879116288



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【小学生の「YouTuberは芸能人より偉い」論が話題】の続きを読む

    このページのトップヘ