ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ユーチューバー


    人気バーチャルユーチューバー(VTuber)を運営する事務所に対し、声優2人が抗議する内容の漫画がツイッター上に投稿され、波紋が広がっている。

    VTuber担当に決まって所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えたという内容だが、やり玉に挙げられたとみられる事務所側は、こうした事実関係をツイッター上で否定している。

    「所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えた」

    漫画を投稿したのは、「実話やぞ読んでくれ」というアカウント名のツイッターで、2018年11月に入って開設された。

    「とある人気企業のVtuberに決まっていた声優2人に実際に起こった出来事を漫画にしました。彼女たちと同じ被害にあう方が出ないように描きました」と、19日に拡散希望だとして漫画をアップした。

    漫画によると、5月のオーディションで誘われた声優は、仲間とともに2人組 のVTuberとして夏休みごろにデビューすると「ゲップランド」なる事務所から言われた。8月中旬には、翌月にデビューするため所属先も辞めるように迫られたという。その前に、イベント出演も断るよう言われたとして、事務所名などを伏せてメールのやり取りの写真も貼り付けてある。

    2人は、契約したいと言ったがはぐらかされ、所属先を辞めることに従った。しかし、その後は1か月も連絡がなく、また会っても、契約していないので他社を受けてもいいと言われるなどした。そして、11月上旬になって、この事務所は、VTuberの公開オーディションを行うと告知した。一体どうなっているのかとメールしたが、また連絡が来ないままだという。

    この漫画投稿には、しばらく反応がなかったが、20日ぐらいになって反響を呼び、21日夕現在で3万件ほどもリツイートされている。漫画での名前に近い事務所ではないかと憶測が流れる中で、「電脳少女シロ」といった人気VTuberの事務所アップランドが20日夜、長文の釈明文をツイッター上で公開し、これまでの経緯を明かした。

    「事務所を辞めることの強制は一切しておりません」

    その釈明文によると、アップランドでは、条件などが合意してから所属事務所を辞めることでいいと言ったといい、「こちらが条件確定前に事務所を辞めることの強制は一切しておりません」と反論した。

    声優2人が以前の所属先を辞めた理由は、信頼しているマネージャーが退職したり、もともと辞める予定であったりしたからだと聞いているとした。

    また、11月14日にはメールに返信したので、連絡がないというのは納得できないと言っている。

    そして、「明らかに悪意ある漫画が何者かによって描かれ拡散された」「弊社としても著しく企業イメージを傷つけられた」と憤りを示し、弁護士と相談のうえ対応することを明らかにした。

    とはいえ、VTuber担当になかなかならなかったことなどについては、2人に再度謝罪したいとしている。

    ツイッターネット掲示板などでは、今回の騒ぎについて、様々な意見が書き込まれている。

    声優2人に対しては、「酷い話ですね」「泣き寝入りはしない方が良い」「負けるな、頑張れ」といったエールが次々に送られた。その一方で、「口約束だけで事務所やめる方もどうかと思うぞ」「仕事は契約書交わしてナンボだから脇が甘い」といった指摘もあった。

    事務所側に対しても、「こういったすれ違いを起こさないのも企業側の務め」「認めるところはしっかり認めるのは誠実だ」などと様々な声が出ている。アップランド11月21日J-CASTニュースの取材に対し、「事情確認を進めていますので、取材はすべてお断りしています」と答えた。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    声優漫画に反論する事務所のツイート


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【声優がVTuber運営に抗議する漫画拡散 事務所「著しく企業イメージを傷つけられた」】の続きを読む


    キングコング・梶原雄太

    芸人とユーチューバー、2足の草鞋を履くキングコング・梶原雄太(38)が、17日放送『さんまお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場した。

    カジサック名義でユーチューバーとして活躍し始めた梶原を周囲の芸人は厳しく追及。そのやりとりに注目が集まっている。

     

    ■10月にユーチューバーデビュー

    YouTubeに動画を投稿、再生数に応じた収益を得るユーチューバー。多くの芸能人も参戦している中で、梶原は「2019年末までに登録者数100万人を達成しなければ芸人引退」を掲げ、2018年10月にユーチューバー・カジサックとしてデビュー

    11月現在ですでに40万人を超える登録者を獲得、累計2000万再生を達成するなど目覚ましい活躍をみせている。

     

    ■「サック」ってなに?

    梶原の突然のユーチューバデビューに「周囲の芸人が困惑している」と語ったコロコロチキチキペッパーズナダル(33)は「目を覚ましてください」と苦言を呈する。

    「まずカジサックってなに?」と名前について疑問をぶつけると、梶原はYouTube視聴者層が子供たちだと前置きし「子供たちにはカジサックさんのほうが呼ばれやすい」と持論を展開。

    「カジでいい。サックってなに?」と指摘されると、梶原は「カジだとわけわからない、カジさんってなりますよ」とどうにも的を得ない反論をし「サックのほうがわけわからん」と一蹴された。


    ■ユーチューバー転身の背景

    明石家さんま(63)は、若い世代のテレビ離れが深刻化する現状を嘆き、「テレビからすればYouTubeは敵」とテレビで生きてきた芸人としての矜持を熱弁する。

    それに梶原は「だからYouTubeで活躍してスターになってテレビに戻って、小中高生をテレビに戻したい」と理想を語ったものの、周囲からは「ならテレビで頑張れ」と厳しい意見が飛び交う。

    それに対して、「テレビに(出演する)隙間がない」「テレビコンプライアンスが厳しい」「ネットなら世界にも届けられる」と梶原なりの理由を明かし必死の反論を続けた。

     

    ■フジモン「金欲しいからやろ?」

    自身の正当性を主張し、どこかキレイごとにも聞こえる説明を繰り返した梶原に対して、フジモンことFUJIWARA・藤本敏史(47)がキレ気味に噛みつく。

    カッコつけんなよ、金欲しいからやろ? それ言うたらええやん。『金稼ぎたいです』って言うたほうが気持ちいい」と一刀両断する。

    周囲の芸人らの追求に梶原は終始押され気味。芸人引退をかけたユーチューバー活動に対してナダルから「辞めてどうするんですか?」と疑問が投げかけられると、苦笑いを浮かべるのがやっとだった。


    ■視聴者からは厳しい意見

    ユーチューバーとしての熱意と覚悟はのぞかせたものの、テレビの一線で活躍する芸人には太刀打ちできなかった梶原。

    さらに後輩のチョコレートプラネットが考案した「USAゲーム」をパクって動画投稿している点も指摘されるなど、ユーチューバーの「悪い部分」が出てしまった今回の放送を観た視聴者から厳しい意見が寄せられている。





     

    ■支持する声も

    批判的な目立ったが、ユーチューバー・カジサックを支持する層も多かった。




     

    ■2割は「ユーチューバーになりたい」

    しらべぇ編集部で全国20~60代男女1,358名を対象に調査したところ、全体の約2割が「生活できるならユーチューバーになりたい」と回答した。

    子供たちの「人気の職業」としてあがりがちなユーチューバー。生活できるならやりたいという人は少なくないようだ。

    テレビではできない笑いを追求できるネットの世界だけに、YouTubeに活躍の場を求めた梶原の気持ちを理解できる芸人も実際は多いのではないだろうか。

    梶原の挑戦が成功し、テレビを中心とした活動より豊かな生活ができるようになれば、ユーチューバデビューしたいと望む芸人はますます増えそうだ。

    ・合わせて読みたい→東野幸治、キンコン西野をイジり倒す 「新世界の創造主」「発想が斬新」

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年6月24日2016年6月27日
    対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

    ユーチューバーになったキンコン梶原にナダル・フジモン激ギレ 「金欲しいだけやろ」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ユーチューバーになったキンコン梶原にナダル・フジモン激ギレ 「金欲しいだけやろ」】の続きを読む


     人気VTuber「アズマリム」が11月8日、運営企業のCyberVについてTwitterで「望まないことを無理矢理押し付けられることになった」「センパイ(視聴者)を数字や金としか見ていない」などと告発し、ファンの間で波紋を呼んだ。CyberVは13日、「本人の意向を尊重できていなかった」として謝罪し、アズマリムの活動はこれまで通り続けると明らかにした。

    【その他の画像】

     架空のキャラであるはずのVTuberが、明確な意思を持って運営企業を告発するという異例の事態に、VTuberファンや関係者の間では、「一般的なキャラクターと違い、VTuberは生きている」「利益が出せないなら、人気キャラであっても企業は切り捨てるのか」といった議論が巻き起こった。

     アズマリムは、今年3月に活動を始めた女子高生YouTuberだ。視聴者を「センパイ」と呼ぶ後輩キャラで、ハイテンションだがスタミナ不足でいつも息切れしていたり、やたらと水を飲んでたびたび尿意に襲われたりする。チャンネル登録者は16万人と、5000人いると言われるVTuberの中で上位20位以内に入っている。

     11月8日アズマリムTwitterアカウントから「最近、こんさる?とか会社?の人がきて、どこかの学園に入れようとしたり、転生して性格を変えたことにしようとされていたり、アズリムが望まないことを無理矢理押し付けられることになりました」「『あなたの気持ちなんてどうでもいい』と言われたり、センパイたちのことを数字やお金としかみていなくて、何も同意できることがなくてすごく苦しいです」などの告発が発信され、ファンの間で衝撃が走った。

     運営企業のCyberVは13日、この告発を受け、謝罪するコメントを発表。「今後の活動などの話し合いを行うなかで、本人の意向を尊重できていなかったことが原因と考え、深く反省している。アズマリム本人と話し合い、これまで通りアズマリムとして活動を継続することで合意した。他組織への移動や転生は一切行われない」などと説明した。

     アズマリムは12日、謝罪動画を公開し、「全員が納得いくまで話し合うことができ、改めて、アズマリムらしく生きていくことができるようになった」「正直なところ、もうダメなんだと思って行動した」「発言がきっかけでネットで名前が挙がってしまっている方々は、今回の件には全く関係ない」などと話している。

    CyberVの謝罪文


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人気VTuberが運営企業を告発、「視聴者を数字や金としか見てない」 企業側が謝罪】の続きを読む


    行く女性をかけて、「ブス」などと言って笑うシーンもある動画ユーチューバーグループ投稿し、やり過ぎではと疑問のが出ている。

    動画では、「きっとマスクしてただけ」と注釈も加えるなど、一定の「フォロー」はしているものの、コメント欄には否定的な反応が相次いだ。

    後ろから肩に手を叩くと、若い女性は「やっ!」と驚く

    このグループは、若い男性3人組「へきトラハウス」。破りな内容の動画を次々に手がけており、ユーチューブチャンネル登録者数は、約150万人にも及ぶ。今回の動画は、2018年10月16日アップした。

    メンバーの1人が後ろから肩に手をくと、若い女性は、「やっ!」と驚いてを上げる。

    すると、「ただいま、ブスにつき、映像が乱れております」とのテロップが画面に現れた。

    このメンバーは、別のメンバーのところに戻って、「本当にダメ。本当にダメだった。本当に出しちゃいけないレベルブス」と言って一緒に笑った。「あれは、ドボン」「マスクしてたから」と会話を交わし、先のメンバーがもう一度女性を見に行くような様子をした。

    その合間に、「※ブスなのはきっとマスクしてただけです」とテロップが大映しになった。しかし、先のメンバーは、「すいません動画は撮れない」と女性のマネをするように話しながら、鼻を押さえる仕をした。

    これは、5分強にわたる動画の1シーンだ。動画は、「第2回振り返りブスババ抜きゲーム!!!」と題し、女性を見るを鍛えるとの設定で、メンバー3人のうち2人が参加してスタートした。

    「本人たちと話し合った結果、コメントは避けたい」

    通行人の一般女性をかけて回り、「振り返り美人」「ギリ美人」などと紹介する内容だ。しかし、をかける前に、「これ、信じられないブスじゃないか?」と言ったり、後ろから肩をかれた別の女性が「あー、びっくりした」とを上げたりしていた。

    動画開後には、ツイッター上や動画コメント欄で、疑問のが次々に出て炎上状態になった。10月19日現在で、30万回以上も再生されるほどになっている。

    「2人は悪気ないのかもしれない」「笑って流せる明るい子ならいい」などとファンらから擁護するも出た。しかし、批判や疑問の方が多く、「失礼にもほどがある」「人の顔で笑うなよ。全然笑えない」「これブスって言われた子後から動画見た時めちゃめちゃ傷つくだろうなぁ...」などと書き込まれている。

    所属事務所のKiiiキー)は10月19日J-CASTニュースの取材に対し、「本人たちと話し合った結果、コメントは避けさせて下さい。リスナーから低評価され、ネガティブに考えているからです」と答えた。

    後ろから女性の肩を叩いていた(写真はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人気ユーチューバー「ブスババ抜きゲーム」動画が波紋 「やり過ぎでは」「全然笑えない」】の続きを読む


    HIKAKIN(©ニュースサイトしらべぇ)

    ユーチューバーHIKAKIN(ヒカキン)が23日、自身のYouTubeチャンネル更新

    発売されたばかりのiPhone XSとiPhone XS MAXビールオレンジジュース没させ、物議を醸している。

    ■ビールとオレンジジュースで水没

    ヒカキン

    (画像はHikakinTV公式YouTubeチャンネルスクリーンショット

    iPhoneそれぞれを発売日のイチに購入したというヒカキン。向上したカメラなどをレビューし、購入を検討しているであろうユーザーが気になっている情報を次々に紹介する。

    そして、iPhoneを購入するたびに恒例行事になっている「お風呂没」を試し、その性を確かめた。

    しかし、今回はそれだけで終わらない。Apple公式ムービーでさまざまな液体をiPhoneに「ぶっかけている」動画を見たというヒカキンは、「ネクストレベル」のチャレンジとして、2つのジョッキにそれぞれiPhoneを入れてそこにビールオレンジジュースを注いでいくという実験を試す。

    ジョッキいっぱいに注がれたドリンクを飲み干し、iPhoneが壊れていないことを確認して「いやぁ〜すばらしい! 絶対に真似しないでね。マジもったいない…」と感想をった。

    ■「尊敬しちゃう」と喜びの声

    ユーザーがなかなか試すことの出来ない実験重だといえる。体をった新iPhoneレビューに、ネット上では「究極のiPhoneレビュー」と感があがった。

    「究極のiPhoneレビューだわ。本当、最強YouTuberやと思う。尊敬します」

    お湯とかジュース携帯いれる勇気ないからまじでヒカキンさん尊敬するもぉなんでも尊敬しちゃうねんけど!」

    「年一回のhikakinが風呂iphone落とすやつユーチューブで一番好きだわ」

    ■「バカにしてる」「金持ちの道楽動画」

    しかし一方で批判的なコメントも数多く寄せられている。

    iPhone没させたこと、iPhoneが入ったジョッキに飲み物を注いだこと、そして一般人には到底チャレンジできないようなお金駄にするようなことから「最悪」「バカにしてる」とのがあがった。

    動画の中で「めちゃくちゃ大切にします」とったヒカキンだったが、この批判するユーザーにはのように思えてかなかったのかもしれない。

    「ヒカキン最悪や こんなん別にする必要ないやんね? なに? ちょっと小銭持ってるからってiPhone欲しくても買えない人をバカにしてるん?

    「ヒカキンのこの動画どうなの? 飲食物って最後に食べきれば遊んでも良いって思ってる人多くない?」

    「ヒカキンの動画は昔は好きだったけど、どうせ使わないのにiPhone駄に買って動画のために何十万とする物をビールジュースに入れるのを見るとただの持ちの動画にしか見えなくなってきた。大切にしますって言う言葉が虚しい」

    ■ネットの炎上経験は…

    しらべぇ編集部が全2060代の男女1,365名に「ネットでの炎上経験」について調したところ、全体の4.4%が「経験アリ」と回答。収入があがるにつれ、炎上経験も増加する傾向がみられた。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    カキンのように、ふんだんにお金を使った企画だと炎上リスクも大きいのかもしれない。

    物議を醸したヒカキンの新iPhoneレビューだが、この動画を機にiPhoneの性向上を確認できたと喜ぶユーザーがいるのも事実だ。そういう意味では、やはりヒカキンは重な存在だといえるだろう。

    ・合わせて読みたい→「元気な自分を見てもらう」 ヒカキンの徹底したプロ魂と優しさに称賛の声

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年4月22日2016年4月25日
    :全20代60代の男女1365名(有効回答数)

    ヒカキン、新型iPhoneをビールに水没させる動画公開 「バカにしてる」と批判続出


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヒカキン、新型iPhoneをビールに水没させる動画公開 「バカにしてる」と批判続出】の続きを読む



    おもにテレビなどで活躍する「芸能人」とYouTubeを主戦場とする「YouTuber」のどちらが偉いのか──。そんな問いに対するひとつの回答が話題となっている。

    サラリーマンにして『週刊SPA!』などでも連載する著述家の真実一郎氏は、8月28日の22時1分にTwitterでこんな投稿をした。

    真実氏が、小学生の息子に対し「テレビに出ている芸能人とYouTuber、どっちが偉いと思う?」と質問したところ、「YouTuber」と即答されたというのだ。息子が言うには、芸能人はテレビに出れば有名になれるが、YouTuberは多くの動画を投稿し、視聴者を増やさないと有名になれないので“経験値が高い”とのこと。この回答に対し、真実氏は“芸能界と違うピラミッドが出来てる”と感想を述べている。

    このやりとりを真実氏が投稿したところ、約2日間で8万3000件以上の「いいね」がつき、2万5000件以上リツイートされるなど、Twitterで大きく拡散した。

    この投稿に対しTwitterでは、真実氏の息子の言葉に納得するという意見もあれば、努力をしている芸能人も少なくない、といった声も。また、YouTubeであればすぐに動画を投稿できるが、テレビの場合は出るまでのハードルがものすごく高く、テレビに出られている時点でその裏には努力がある、といった意見もあった。

    たしかに、YouTuberの場合、面白い動画を毎日のように投稿しないと視聴数が伸びないのは間違いない。また、動画の企画や撮影、編集も自ら行っているケースも多く、そういう意味でも“経験値が高い”と見えるのかもしれない。

    一方の芸能人については、撮影や編集を担うことはほとんどなく、企画に携わるのは一部のみ。しかし、そもそもテレビに出演するまでに時間がかかっているという芸能人も多く、それを“経験値”と捉えれば話は変わってくる。また、必ずしも“テレビに出れば有名になれる”というわけでもないだろう。

    そういった現実を踏まえて、真実氏の息子の意見に対し、有名になる過程が見えるか見えないかで「偉い」かどうかが判断されたのではないかとの指摘もあった。

    YouTuberの場合は、投稿した動画がアーカイブ化されており、それを見返すことで、動画が面白くなっていく過程や、視聴者が増えていく過程を知ることができる。しかし、芸能人はテレビに出る前にどれだけ努力していたかを確認することが難しく、経験を積んできた過程が見えていないから、“経験値が低い”と思われてしまう──という解釈をしたネットユーザーも多かったようだ。

    基本的には、今放送されている番組をその場で見るのがテレビで、膨大なアーカイブの中から自分で好きなものを選んで好きな時間に見るのがYouTubeを含むインターネット。当然、どちらのメディアに慣れ親しんでいるかで、物事の見方も変わってくるだろう。あらゆるものが可視化されるネットに慣れている世代にとっては、番組を見ているだけでは分からない、芸能人がテレビに出るまでの苦労を評価することは簡単ではないのかもしれない。
    (小浦大生)

    ■関連リンク
    ・真実一郎@サラリーマン漫画展7/12~さんのツイート
    https://twitter.com/shinjitsuichiro/status/1034425656879116288



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【小学生の「YouTuberは芸能人より偉い」論が話題】の続きを読む

    このページのトップヘ