身体の部分を意味する漢字には、例えば「胸」や「腹」など、「月」がついていることが多いですよね。しかし、お月さまと身体に関連があるとは思えません。

【その他の画像】

 ではなぜ「月」なのかというと、これは「肉」という字が変形したものなのです。いわれてみれば、「肉」を横から圧縮したら……ほら、「月」に見えてきませんか?

●呼び方は「にくづき」

 この「肉」から変化した「月」は「にくづき」と呼ばれ、お月さまの「月」とは区別されます。漢字辞典でも別の部首になっていることが多いですね。

 実はこの2つ、もともとは区別して書かれていました。「にくづき」は現在使われている「月」ですが、お月さまの「月」は、3画目と4画目は2画目にくっつけずに書いたのです。

●「月」でも「肉」でもない「月」がまだある!

 実は「月」には、もう1つ種類があるのです。それは比喩の「喩」などに含まれる、横棒が点になっているもの。これは「舟」からできた「ふなづき」というもの。今となっては由来が分かりにくいですが、「服」や「朝」はもともとこの「ふなづき」だったとされています。

 漢字の由来はややこしいもので、はっきりしたことが分かっていないことも多いです。私たちが普段使っている文字が、実は謎にまみれていると考えると、ワクワクしませんか?

=======

◆参考文献

・へんには3つの「月」がある|漢検

◆制作協力

QuizKnock



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「胸」とか「腹」の漢字には、なんで「月」がつくの?】の続きを読む