ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 生活


     15%を超える貧困率(等価可処分所得が中央値の半分を下回る相対的貧困者の割合)が社会問題となっている日本だが、その予備軍の増加も深刻化している。“ほぼ貧困”状態にあるアラフォー単身者のリアルに迫った――

    ◆年収100万円未満、高学歴プアの絶望と諦観

     養う家族がいないから気楽だと思われがちな単身者。しかし、面倒を見る親や子供がいなくても、悩みが尽きない人もいる。現在、首都圏の某国公立大学の研究員として働くのが、大阪府在住の高橋守さん(仮名・36歳)だ。

    早稲田大学卒業後、研究者の道を目指して博士課程に進みました。でも、文系は研究職の需要が少なくて、勤め先がない。結局、大学の研究室に籍を置かせてもらい、名ばかりの研究員になりました」

     とはいえ、たまにリサーチなどの仕事がある程度で、研究員としての収入は年間十数万円ほど。それ以外の時間に治験や着ぐるみバイトを入れて、生活費を捻出。昨年の年収は96万円だったという。

    「これではとても生活できないので、数年前に大阪にある実家に戻りました。大学に用があるときだけ、格安の深夜バスで大阪から東京まで通っています

     実家暮らしのため、通信費や交通費以外の支出は親頼みだ。

    「ふがいないな……と思います。タクシー運転手の父親の収入と合わせてもせいぜい年300万円程度。研究で身を立てたいと思ってここまできましたが、最近は就職を考えるようになりました。でも、年齢的にもう難しいですよね

     そんな彼を追い詰めるのが、まったく返納できていない奨学金だ。

    「学生時代に借りた奨学金が500万円近く。現在は、収入がないことを理由に返納を猶予してもらっています。いざ働き始めたら、奨学金の返済にも苦労するのは目に見えています……」

     自身の年齢に奨学金の返済、老いていく親。いずれも猶予はない。

    ― 年収300万円家族の苦悩 ―

    東京に宿泊する際にはもっぱら漫画喫茶を利用。節約が第一だが、最近ではいろいろな店舗を試すことがささやかな楽しみだという


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【早大院卒36歳で年収96万円の絶望…独身・実家暮らし、奨学金500万円が返せない】の続きを読む


    認知症は、加齢によって多くの人がなり得る病気です。神戸市では、平成28年9月にG7保健大臣会合が開催され、認知症対策を盛り込んだ「神戸宣言」が出されました。この「神戸宣言」を踏まえ、「神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例」を制定し、平成304月より施行しています。

    認知症の人への更なる支援として、認知症期受診を推進するための診断助成制度や、認知症の方が外出時などで事故に遭われた場合に救済する事故救済制度の創設を内容とする全に先駆けた神戸発のモデル(以下「神戸モデル」という)を実現したいと考えています。
    また、これらの取り組みのために必要な「神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例」等の一部正について、市民の皆さまの意見を募集します

    認知症高齢者(神戸市での推計値)」
    2015年厚生労働省調べより算出
     認知症の全有病率推計値
     MCIの全有病率推計値
    認知症高齢者割合(全)」
    2013年厚生労働省研究班推計より

    1.「神戸モデル」について
    (1) 新たな診断助成制度(案)(平成311月開始予定)
    認知症に関する市民の悩みを気軽に相談できる口を開設し、期受診ができるよう、新たな診断助成制度の創設を検討しています。
    以下のとおり、2段階方式の診断を予定しています。

    1. 認知機検診(「認知症の疑い」の有
    ・地域の医療機関で、認知症の疑いが「ある」か「ない」かを診るための検診です。
                    ↓
    2. 認知機精密検(「認知症」の有の確定)
    認知症の疑いが「ある」方に、専門の医療機関で受診いただく精密検です。
     認知症の有と、病名の診断を行います。

    (2) 新たな事故救済制度(案)(平成314月開始予定)
    認知症と診断された方が対

    1. 賠償責任保険が加入します
    認知症と診断後、事前に登録された方の保険料をが負担します。
    認知症と診断された方(ご家族監督責任を負った場合も含みます)が、事故で賠償責任を負った場合、
     最高2億円(予定)を支給します。

    2. 事故があれば、24時間365日相談を受け付けます
    ・専用のコールセンターを設置し、事故が起こった際、速に相談に応じます。

    3. 所在が分からなくなったら、かけつけます
    ・非常時のかけつけ(捜索)サービスを含むGPS衛星利用測位システム)の導入費用を負担します。
     *額利用料は別途発生します

    <全神戸市民が対
    4. 認知症の人が起こした火災や傷などの事故に遭われた方に、見舞を支給します 

    (案)
    ・外出中の事故などで死亡された場合:最高3千万円(予定)
    ・入院された場合:最高10万円(予定)
    ・持ち物が壊れた場合:最高10万円(予定)
    火事の場合:最高40万円(予定)など

    (3) 神戸モデルの費用と財
    神戸モデルの実現に必要な費用を、市民の皆さまに薄く広くご負担いただく仕組みを検討しています。神戸モデルスタートする平成31年度から、市民税均等割(現行3,500円)に1人あたり年間400円(案)を上乗せすることを検討しています。
    *(3ヵ年<平成31年度~33年度>の年均)

    2.市民意見の募集について
    詳細については、下記URLよりご覧ください。
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/09/20180920132002.html

    配信元企業神戸市

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【~認知症になっても安心して暮らしていけるまちへ~全国初! 認知症対策「神戸モデル」の実現に向けて】の続きを読む

    このページのトップヘ