ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ツィッター


     お笑いコンビウーマンラッシュアワー村本大輔10月5日ツイッター更新に衣着せぬ発言で怖いもの知らずの村本だが、ビビってツイート削除した疑いが浮上した。

     問題となったツイートを見た週刊誌記者はこう話す。

    「どうやら有名作誹謗中傷したようです。彼の政治思想や頭髪を揶揄し、沖縄歴史についてもデマを流していたらしい、とっていました。人気テレビ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)に依頼して、ちゃんと調べてほしいとまでり、まったく納得がいかないようでした」

     ところが、ほどなくして当該ツイート削除。村本は「汚い言葉を使ってしまい、同類になるので削除」と、削除理由を明かした。この“言い訳ツイート”に対して、返信欄は荒れに荒れた。「ビビって消した…ただそれだけですよね?」「ツイ消し逃亡www」「何を今さら、いつもキタネーだろ?」など、村本批判が止まらない。しかも村本が攻撃したと思われる相手からも「ビビって削除するくらいなら、最初から書くな、という話」とツイッターでバッサリられる始末。

    「さすがの村本も今回は分が悪いと思ったのでしょう。それでも汚い言葉を使ってしまったことに対して謝罪すればいいものを、“汚い言葉を使って自分も同類になる”と、ここでも相手を見下しています。村本のプライドの高さが鼻についた読者も多かったはずです」(前出・週刊誌記者

     現在ニューヨークに滞在中の村本は「20時半。飲んでいい感じでSNSさわると熱いこと書いてしまう」とツイート。今度は、素面での投稿をお願いしたい。

    石田英明)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大物にビビったか?ウーマン村本がツイートを削除して大炎上!】の続きを読む



    ツイッター社は9月25日サービスのポリシープロセスについてブログ更新した。今後同社は、人間性を否定するような内容の投稿を、暴言や差別と同等に扱う方針で、これについてユーザーアンケートを取ることも発表された。

    日本ツイッター社のブログにも、「ポリシー作成における新たな変更」という案内が掲載されたのだが、ここで注を集めたのが、掲載された「人間以下」という言葉だ。

    同社の定義では、人間性を否定するような投稿とは「他人を人間以下に扱う言葉。(中略)例えば、集団を動物ウイルスに例えたり、集団を性別で分類したりする場合」だという。これには「人間以下がだめと…ならになるしかない」など、ネットツッコミが相次いでいる。


    相手を特定していなくても、人間性を否定するような投稿は規約違反とみなす方針



    日本ツイッター社のブログに掲載されたお知らせのキャプチャ

    ツイッター社ではこれまでも、人種民族宗教、性的向などによる差別的な発言を禁止している。今回のポリシー変更案ですのは、ルール違反とは言えないが多くのユーザーが嫌がらせだと感じるツイートへの対処だ。

    「直接的なターゲットを含まない場合でも、特定の集団のメンバーかの人間性の否定をする項を、暴言や脅迫差別的言動に対するツイッターのポリシーに含め拡大」したいとしている。

    つまり、特定かに向けて書かれた差別的な投稿でなくても、今後は内容によっては、禁止行為とみなす、というのが変更の趣旨だ。人間性の否定を「他人を人間以下に扱う言葉」と定義してはいるものの、以下や未満といった言葉の厳密さは、それほど重視されていない。

    ただ、ツイッターでは表現が気になる人が多いようで、「人間以下ってことは人間も含んでるってことで人扱いしかだめってこと…」などの投稿が多々見られる。

    「『人間以下』ってなんだろ…?動物に例える?みたいなのもダメらしいけれど、 動物って『人間以下』の存在なのかな?人間ってそんなに偉いのかなー」

    といった疑問も出ていた。


    「ツイッターのせいでデモが起きた」と言われるのを防ぐため?

    ツイッター社は発表の中で、オンラインでの差別的な言論がオフラインでのに繋がる可性を摘していた。ネット上のヘイトスピーチ現実差別的な言動を引き起こすのではないかと危惧していると読めるが、ITジャーナリスト井上トシユキさんは、本当の狙いは別にあるのではないかと見る。

    ツイッターの言論が現実世界に悪影を及ぼすというのは、何かしらはあるでしょう。ですがそれよりも、大規模なデモに発展した時に『ツイッターのせいでデモが起きた』と言われないための変更案ではないかと思います。価などへの影を避けるためでしょう」

    では、「移民仕事を奪っている」といった排外的なヘイトスピーチが問題になっている。ツイッター社のジャックCEOはこうした差別に対し、折に触れて反対姿勢を取ってきた。

    「好き勝手言わせて、『やっぱりヘイトってよくないね』と思わせるか、プラットフォーム側で先にある程度コントロールしていくか。色んな運営の方法がありますが、ツイッター社は後者を選択したということです」

    井上さんはっていた。ツイッターでは今回のポリシー変更案について、10月9日までユーザーアンケートを行っている。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ツイッター「人を人間以下に扱う投稿禁止」ポリシー改定案でネットざわつく 本当の目的はどこにある?】の続きを読む

    このページのトップヘ