ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > ツィッター


    「はじめまして、テレビ信州です。突然ではありますが、きょうから公式ツイッターをはじめます!」――。2019年2月7日日本テレビ系列テレビ信州長野県長野市)公式ツイッターがこう宣言した。

    投稿を見ると、地元・長野の風景をバックに公式キャラクター「マイチャン。」を映した写真や、同局が放送する番組情報などを紹介している。ただ、プロフィール欄にあるアカウント取得年は「2010年4月」。なぜ9年も経った今、アカウントを始動させたのか。

    「つぶやき始める機会を失っていました」

    J-CASTトレンドはテレビ信州メール取材を試み、編成部社員と公式ツイッターアカウントの配信担当者から、2月16日に回答を得た。

    「(ツイッターが)今後重要なツールになるという予測のもと、まずアカウントを取得し、その後良いタイミングで始めていくつもりだったらしいのですが...、気付けば1度もつぶやくことなく早9年。全国のテレビ局や他企業がツイッターを始めて話題になっているのを横目に見つつ、つぶやき始める機会を失っていました」

    編成部社員は、9年間の「沈黙」の背景についてこのように説明した。ただ、日本テレビをはじめ系列局によるユニークSNS展開がここ数年ますます目立つようになったこと、一昨年テレビ信州スタートさせた「LINE@」公式アカウントの運用が軌道に乗ったことを受け、「今後の総合的な広報展開を考えるうえで、公式ツイッターアカウントは不可欠」だと、運用を始めるタイミングを本格的にうかがっていたという。

    そんな折、昨春の人事で編成部に、プライベートでツイッター利用経験のある若手30代社員が入った。そこで、2月9日に放送されたテレビ信州の年に1度の大型イベント連動番組「冬の祭典2019」に合わせ、この社員を担当者として運用を任せてアカウントを始動させることにしたのだ。

    注目するのは「テレビ金沢」

    担当者本人は取材に対し、フォロワー数の増え方やインプレッション(ユーザーツイートを見た回数)が私用のツイッターアカウントとは全く違い、少し戸惑いも感じている心境を明かした。ただ一方で、嬉しい変化もあったと話す。

    「番組・イベントに関する発信もさることながら、長野県に根差す放送局としては、ツイッターを通じて『信州の魅力』を県内外に発信していきたいと考えています。そのためには文章だけでなく写真も重要です。最近は、購入したてのデジタル一眼(レフカメラ)と『マイチャン。』ぬいぐるみを持って出かけていますが、これまで以上にまわりの風景を意識するようになっており、自分でも信州の魅力を再発見するきっかけになったと感じています」

    また、既存の全国の系列局アカウントの投稿を参考に運用しており、同じ日本テレビ系列の「テレビ金沢」を注目アカウントとして挙げた。「とても個性的だと感じています。最近でも企業川柳や漢字の抜き打ちテストなど、ユニークな発想が刺激的で勉強になります」。

    今後は「系列局アカウントコラボ企画が実現できたら面白いと思っている」と希望を述べた。<J-CASTトレンド>

    信州の山々の雪景色と公式キャラクター「マイチャン。」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【テレビ信州「9年越し」公式ツイッター始動 どうして今?明かされた「内幕」】の続きを読む


     救急車は映えスポットではありません。命の現場です―― 医療関係者による注意喚起のツイートが、Twitter上で話題になっています。

    【画像】「よくある救急車内で撮影された写真」の一例

     産婦人科医・高橋怜奈さんは先日、患者を搬送する救急車内で「写真を撮るのは避けて下さい」とツイート。その写真がSNS上に公開されることで、「軽症だけど、写真撮影したいから救急車を呼ぶ人」が現れる可能性もある、と注意を促しています。

     この投稿に、Twitter上では「そんな人がいることに衝撃」「余裕があるなら、歩いて病院まで行けばいいのに」といった反応が。“救急車を呼ぶほどの緊急事態なのに写真撮影”という行動が、あまりにも意外で「信じられない」との声が相次いでいます。

     高橋さんに話を伺ったところ、自身が同乗した救急車でそのような人を見たことはないものの、車内で撮影された写真は、SNS上で散見されるとのこと。

     撮影者は同行者、本人どちらの場合もあり、よくあるのは「点滴されている様子」「車内の様子」「ストレッチャーに乗っている様子」などを写した写真。一般人が珍しがって投稿するほか、高橋さんがプロボクサーとしても活動していることから、試合後あるいは減量中に搬送された格闘家が掲載するケースも見掛けるといいます。

     こういった行動が現れるようになった時期については、「携帯に写真機能がついてSNSが普及したころから多くなったと思います」としており、比較的新しい問題のようです。ちなみに、高橋さんの投稿には「酔っぱらった同乗者が撮り始めることが多い」「後輩が写真撮っていて怒った」といった声もチラホラ。信じ難い話ではありますが、救急車内で撮影したくなってしまう人、状況は少なからず存在するもよう。

    ツイート提供:高橋怜奈さん

    ネット上では「緊急時にそんな余裕があるのか」と驚きの声。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「救急車は“映えスポット”ではありません」「搬送中の写真撮影はやめて」 医師の注意喚起ツイートが話題に】の続きを読む


    風邪(Milatas/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

    普段は大したことではなくても、時と場合によっては腹立たしく感じるような言葉があるだろう。女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』では、風邪をひいているときに夫に言われて腹が立つことについてのトピックが話題になっている。

     

    ■風邪でしんどいときに夫が…

    投稿者は「風邪をひいたとき、旦那から言われたカチンと来る言葉」と題して、掲示板スレッドを作成。風邪をひいているときに、「元気なくて、つまんなーい」と言われ、腹が立ったようだ。

    新婚夫婦ということもあり、「夫はラブラブしているつもりなのでしょう」と投稿者は分析する。しかし、共働きで家事を自分に任せきりにしているにもかかわらず、体調が悪いときに「つまらない」と言われる本人はたまったものではない様子だ。

    その言い草に呆れてしまった投稿者は「アホみたいで早くも離婚したくなっている」と掲示板に、現在の気持ちを吐露している。

     

    ■掲示板には「カチンとくる言葉」が多数

    今回の投稿を受け、掲示板には、実際に「風邪をひいているときに、旦那に言われてカチンと来る言葉」が多数寄せられている。

    「お腹すいた~。ご飯は?」

     

    「はあ…、明日の朝ご飯は作ってくれるんだよね?」

     

    「俺ものどが痛くてしんどいわ。風邪ひいたかも」

     

    「メシは簡単なものでいいよ! チャーハンみそ汁くらいでいいから。洗い物も今日は水につけておいて、明日体調が落ち着いたら、ゆっくり洗ってくれればいいから。無理するなよ」

     

    コメントの中には、一見妻の体調を気遣っているように見せながらも、自分は何も手伝わずに最低限のことをさせようとする夫を持つ女性もいることがわかるものも。


    ■度を越えた嫌味を言われた経験談も

    また、掲示板には、具体的なエピソードを付けて、夫から言われたひどい言葉を書き込む人も。

    「『いつまでせきしてんねん! 医者変えろや! 俺に迷惑かけんな!』って言われて、お医者さんに『家族からいつまでせきしてるんだって言われた』と暗い顔で相談すると、精神安定剤を渡された」

     

    「『そういえば、俺の母さんが風邪ひいたり体調悪そうにしてたとこ見たことないなあ』と言われたときにカチンと来た。自分の体調管理もできない上に、子供の目の前であからさまに具合悪そうにして、ろくにご飯も作れない意識の低い嫁で悪かったですね」

     

    ■風邪では病院に行かない人が約6割

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,357名を対象に、「風邪」について調査したところ、全体のおよそ6割が「風邪くらいでは病院に行かないほうだ」と回答した。

    風邪くらいで病院に行かない性年代別グラフ

    風邪をひいたと思ったとき、病院には行かずに家でゆっくりとして治すという人も多いはず。そんなときに、夫から「ご飯を作って」などと言われるとしたら、カチンと来るのも無理はないだろう。

    ・合わせて読みたい→病弱な夫に将来の不安… 悩みを訴える妻に「無責任」の声が相次ぐワケ

    (文/しらべぇ編集部・音無 まりも

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年7月13日2018年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

    風邪で寝込んでしまった女性 夫から言われた「まさかの一言」に怒りの声が相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【風邪で寝込んでしまった女性 夫から言われた「まさかの一言」に怒りの声が相次ぐ】の続きを読む


     ZOZOTOWN前澤友作社長が1月5日に投稿した、「100人に100万プレゼント」のツイートが日本のRT数記録を塗り替えたことが分かりました。記事執筆時点(1月6日14時)で、RT数は約166万回、いいね数は36万回となっています。

    【画像:これまでのRT数最高記録】

     前澤社長は1月5日、「ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破」したとして、前沢社長個人から日ごろの感謝を込めて、「100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします」とツイート。前澤社長らしい豪快なプレゼントに、たちまちツイートはすさまじい勢いで拡散されていきました。

     これまでのRT数記録は、YouTuberヒカルさんが2017年8月に投稿した「プレイステーション4」のプレゼントツイートが国内最大(約54万回)とされていましたが、前澤社長のツイートはこれを3倍以上上回る形に。応募方法は前澤社長のアカウントをフォローし、当該ツイートをRTすること。受付期間は1月7日までとしており、どこまで伸びるか注目が集まりそうです。

    前澤社長のTwitterアカウント


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ZOZOTOWN前澤社長「総額1億円のお年玉」ツイートがTwitter日本記録更新】の続きを読む


    立憲民主党に所属する横浜市議の男性を名乗るツイッターアカウントが、不適切な内容の投稿を繰り返して、物議をかもしている。この市議の事務所12月13日弁護士ドットコムニュースの取材に対して「なりすまされている」と投稿そのものを否定した。

    問題になっているのは、立憲民主党の山浦英太・横浜市議を名乗るアカウントだ。2018年7月に開設されて、山浦市議の顔写真も使われているが、12月12日に「今からうんこしますが、今までの歴史上SNSに自分のうんこアップした政治家はいますか?」などと投稿していた。

    山浦市議の事務所は、弁護士ドットコムニュースに対して「本人はツイッターアカウントを持っていない。なりすまされてる」と説明。現在のところ市民から苦情は寄せられていないが、ツイッター社に「なりすまされている」と報告して、対応をもとめているという。

    これまでも、ツイッターなどSNS上で政治家になりすます行為は横行している。別の人になりすまして、社会的評価が低下するような投稿をおこなうと、名誉毀損にあたる可能性がある。本人から精神的苦痛を受けたとして、損害賠償を請求されるケースもある。

    山浦市議は12月13日フェイスブックページ上で、ツイッターの使用を否定したうえで、「警察には報告しました。皆様にご迷惑おかけして、大変申し訳ありません」と投稿している。

    弁護士ドットコムニュース

    横浜市議名乗るツイッター「今からうんこします」、事務所は「なりすまし」と否定


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【横浜市議名乗るツイッター「今からうんこします」、事務所は「なりすまし」と否定】の続きを読む


     Twitterアイコン著作権をめぐり裁判所が新たな判断を示し、注を集めている。

     自身が撮影した写真断でTwitterアイコンに使われていたとして、プロ写真投稿情報開示めていた裁判で、東京地方裁判所は10月16日Twitter社に対してツイート投稿者の発信者情報開示するよう仮処分を下したのだ。

     注されているのは、東京地裁の判断の根拠。東京地裁では、「断使用した画像をTwitterアイコンに設定している場合、ツイート投稿するたびに画像が丸くトリミングされることになり、これは同一性保持権の侵にあたる」としたのである。

     Twitterを使用している人ならばわかると思うが、Twitterアイコン写真は丸くトリミングされるように設定されている。これが、著作者の意に反する変を禁止する同一性保持権を侵するものとする判断が優先されたのである。これは、断で画像を使用したアイコンツイートを繰り返した場合には、さらに権利侵も繰り返されるというもの。

     Twitter著作権をめぐっては、4月にも無断転載された画像をリツイートした場合にも同一性保持権の侵となるとの判断が下されているが、さらに踏み込んだ判断がなされた形だ。

     日々、Twitterを利用していれば一瞭然だが、アイコンに他人の著作物を用いている事例はかなり多い。写真風景はもちろんのこと、アニメマンガキャラクターも当たり前に存在する。

     もちろん、アニメマンガキャラクターを用いて、作品へのったりしているのであれば権利者もおこぼしはするだろう。けれども他人のキャラクターアイコンに使いながら、他人を厳しく罵ったり、政治的なを始めるアカウントというのは多いもの。

     今回の判断によって、多くの権利者たちがそうした意にそぐわないアカウントの一掃へと動き出すことは、容易に想像ができる。

     実際、アニメアイコンでひたすら嘲笑や罵倒を繰り返しているアカウントを見ていると、次第にその作品自体に対してヘイト値がたまるもの。そうした人が一掃されて、平和ネット間が訪れることを願ってやまない。
    (文=是枝了以)

    日本語版Twitter公式アカウント(@TwitterJP)より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Twitterからアニメアイコンが一掃される? 東京地裁の判断に注目が集まる】の続きを読む


     お笑いコンビウーマンラッシュアワー村本大輔10月5日ツイッター更新に衣着せぬ発言で怖いもの知らずの村本だが、ビビってツイート削除した疑いが浮上した。

     問題となったツイートを見た週刊誌記者はこう話す。

    「どうやら有名作誹謗中傷したようです。彼の政治思想や頭髪を揶揄し、沖縄歴史についてもデマを流していたらしい、とっていました。人気テレビ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)に依頼して、ちゃんと調べてほしいとまでり、まったく納得がいかないようでした」

     ところが、ほどなくして当該ツイート削除。村本は「汚い言葉を使ってしまい、同類になるので削除」と、削除理由を明かした。この“言い訳ツイート”に対して、返信欄は荒れに荒れた。「ビビって消した…ただそれだけですよね?」「ツイ消し逃亡www」「何を今さら、いつもキタネーだろ?」など、村本批判が止まらない。しかも村本が攻撃したと思われる相手からも「ビビって削除するくらいなら、最初から書くな、という話」とツイッターでバッサリられる始末。

    「さすがの村本も今回は分が悪いと思ったのでしょう。それでも汚い言葉を使ってしまったことに対して謝罪すればいいものを、“汚い言葉を使って自分も同類になる”と、ここでも相手を見下しています。村本のプライドの高さが鼻についた読者も多かったはずです」(前出・週刊誌記者

     現在ニューヨークに滞在中の村本は「20時半。飲んでいい感じでSNSさわると熱いこと書いてしまう」とツイート。今度は、素面での投稿をお願いしたい。

    石田英明)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大物にビビったか?ウーマン村本がツイートを削除して大炎上!】の続きを読む



    ツイッター社は9月25日サービスのポリシープロセスについてブログ更新した。今後同社は、人間性を否定するような内容の投稿を、暴言や差別と同等に扱う方針で、これについてユーザーアンケートを取ることも発表された。

    日本ツイッター社のブログにも、「ポリシー作成における新たな変更」という案内が掲載されたのだが、ここで注を集めたのが、掲載された「人間以下」という言葉だ。

    同社の定義では、人間性を否定するような投稿とは「他人を人間以下に扱う言葉。(中略)例えば、集団を動物ウイルスに例えたり、集団を性別で分類したりする場合」だという。これには「人間以下がだめと…ならになるしかない」など、ネットツッコミが相次いでいる。


    相手を特定していなくても、人間性を否定するような投稿は規約違反とみなす方針



    日本ツイッター社のブログに掲載されたお知らせのキャプチャ

    ツイッター社ではこれまでも、人種民族宗教、性的向などによる差別的な発言を禁止している。今回のポリシー変更案ですのは、ルール違反とは言えないが多くのユーザーが嫌がらせだと感じるツイートへの対処だ。

    「直接的なターゲットを含まない場合でも、特定の集団のメンバーかの人間性の否定をする項を、暴言や脅迫差別的言動に対するツイッターのポリシーに含め拡大」したいとしている。

    つまり、特定かに向けて書かれた差別的な投稿でなくても、今後は内容によっては、禁止行為とみなす、というのが変更の趣旨だ。人間性の否定を「他人を人間以下に扱う言葉」と定義してはいるものの、以下や未満といった言葉の厳密さは、それほど重視されていない。

    ただ、ツイッターでは表現が気になる人が多いようで、「人間以下ってことは人間も含んでるってことで人扱いしかだめってこと…」などの投稿が多々見られる。

    「『人間以下』ってなんだろ…?動物に例える?みたいなのもダメらしいけれど、 動物って『人間以下』の存在なのかな?人間ってそんなに偉いのかなー」

    といった疑問も出ていた。


    「ツイッターのせいでデモが起きた」と言われるのを防ぐため?

    ツイッター社は発表の中で、オンラインでの差別的な言論がオフラインでのに繋がる可性を摘していた。ネット上のヘイトスピーチ現実差別的な言動を引き起こすのではないかと危惧していると読めるが、ITジャーナリスト井上トシユキさんは、本当の狙いは別にあるのではないかと見る。

    ツイッターの言論が現実世界に悪影を及ぼすというのは、何かしらはあるでしょう。ですがそれよりも、大規模なデモに発展した時に『ツイッターのせいでデモが起きた』と言われないための変更案ではないかと思います。価などへの影を避けるためでしょう」

    では、「移民仕事を奪っている」といった排外的なヘイトスピーチが問題になっている。ツイッター社のジャックCEOはこうした差別に対し、折に触れて反対姿勢を取ってきた。

    「好き勝手言わせて、『やっぱりヘイトってよくないね』と思わせるか、プラットフォーム側で先にある程度コントロールしていくか。色んな運営の方法がありますが、ツイッター社は後者を選択したということです」

    井上さんはっていた。ツイッターでは今回のポリシー変更案について、10月9日までユーザーアンケートを行っている。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ツイッター「人を人間以下に扱う投稿禁止」ポリシー改定案でネットざわつく 本当の目的はどこにある?】の続きを読む

    このページのトップヘ