Bitcoin.comが報じたところによると、世界で仮想通貨ATMの台数が順調に増え続けており、ATMの運営企業や製造メーカーの動向から推測すると、しばらくはこの増加傾向が続くという。

【その他の画像】

 Coinatmradar.comデータでは、11月14日時点で世界中で稼働している仮想通貨ATMの台数は3963台あるという。ATMの71%は米国、次いで欧州(23.5%)、アジア(2.5%)、オセアニア(1.3%)――と、ほとんどが欧米に集中。日本には東京都に6台、福岡県に2台、広島県に1台、茨城県に1台の計10台だけだった。

 ただ、仮想通貨の売却と購入の両方の取引が可能な仮想通貨ATMは全体の38.2%だけで、61.7%では仮想通貨の売却しかできないようだ。

 現在も1日におよそ5.6台のペース仮想通貨ATMが増え続けており、米調査会社Marketsandmarketsの調査では年間の増加率は54%を超える見通しという。

世界で仮想通貨ATMが急増中(=Coinatmradar.com調べ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【もうすぐ4000台、世界で仮想通貨ATMが急増中 日本には10台のみ】の続きを読む