ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > SNS


    ヤマト運輸で働いていると名乗る人物が、クール宅急便の荷物の取い扱いがずさんだとSNS上で告発し、物議を醸している。ヤマト運輸は、乱雑に置かれた荷物に謝罪する一方、告発内容の一部には間違いがあると取材に答えた。


    クロネコヤマト中の人”だという人物は、乱雑に荷物が積まれた作業場とみられる写真を添え、冷蔵や冷凍が必要なクール宅急便の荷物が、「常温に近い状態で放置されてる」と暴露。慢性的な人不足により、「ベルトコンベアで流れてくる荷物を冷凍や冷蔵の配送BOXに詰め込む作業が追いつかず」荷物があふれていると明かしている。


    また、配送のトラックまで荷物を詰めたBOXを運ぶ作業では、「何キロもあるBOXを人で引っるんだ。何往復もする必要があるから相当過酷な労働で、さながら古代の奴隷労働みたいだよ」と説明。また、人手が足りないと「下請け配送トラック」のドライバーにも償で運ばせていると訴えている。この人物によると、現場で働く従業員は頑っており「糾弾されるべきは、この状況を放置し続けているヤマトの上層部、役員たち」とのこと。一連の投稿は、12万回以上リツイートされるなど拡散している。


    ヤマト運輸に話を聞いたところ、SNS投稿された写真は、同社ターミナル内のクール仕分け室の様子と思われると回答。配送用のコールドボックスに詰め替える場所だが、クール仕分け室は温度管理されているため「常温に近い状態は明らかに間違い」で、「そういった報告もない」と告発の内容を否定した。また、ボックスは作業員が理なく移動できる重さと認識しており、「古代の奴隷労働みたい」との表現は誇されているように思われるとした。


    一方、写真で荷物が乱雑に置かれていることについては、「ご心配やご不快に感じられるお客様もいらっしゃり、大変申し訳なく思っております。さらなる品質向上に努めたい」と謝罪。パートナー会社のドライバー契約範囲をえた作業があったかどうかについては、把握できていないとのことで「遵守・徹底するよう導を行う」とした。

    画像は告発者のTwitterスクリーンショット


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【冷凍の荷物を「常温に近い状態で放置」…SNSで内部告発 ヤマト運輸は一部否定「明らかな間違いがある」】の続きを読む


    絶望する女性

    monzenmachi/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

    日々仕事をこなし、休日それなりに余暇を楽しむ。しかし、ふと「自分は何のために生きているのだろう」と絶望したことはないだろうか。

    このことについて、『はてな匿名ダイアリー』に投稿されたトピックが話題になっている。

    ■「みんな何のために生きてるの?」

    「生きる意味が本気でわからなくなってきた」と悩みを訴える投稿者。結婚子供にも興味がなく、仕事でも成し遂げたいことがないことからほどほどに働いているという。「自分はこういう人間になりたい」といったような理想もなく、生きることに対して「そこそこ楽しいしそこそこつらい」と感じているようだ。

    それでも自殺をしていないのは親が生きているからだとし、「自分の子供に先立たれるのはつらい」と親を気遣う気持ちがあるからだという。

    なぜ、つらい思いをしてまで生きているかわからないとし、「みんな何のために生きてるの?」と意見をめた。

    ■「自分もわからない」「理由なく生きてる」

    何のために生きているのかがわからないという投稿者の悩みに対し、トピックコメントや『はてなブックマーク』からは共感のがあがった。

    ・わかるー。今は子どもを育てるためだけど。結局この日々を乗り越えた先は死なのかぁ…ゴール遠いなぁ…って思う

    ビビって飛び降りたり電車に飛び込んだりできないだけで、理由なく生きてる。 死ぬ度胸がないのって本当惨め。なんで死にたい時に死なないんだろうな

    ・ほんと自分もわからない 前ほど結婚願望もなくなり、仕事もできるやつとそうでもないの差がガバッと開いて後者になりかけてるし、想と勢いで乗り越えられる若さがなくなりどうしたらいいか に出たい

    ■「美味しいものを食べるため」「暇つぶしで良いじゃん」

    一方で、「○○のため」と明確に生きる意味を見出している人も。

    ・私は美味しいものを食べるために生きてる。 寝ることも好きだ。 自由に好きな事をして過ごせるように働いてる

    スプラトゥーン2やるために決まってんじゃん

    また、「意味なんてない」「考える必要もない」とのも。

    暇つぶしで良いじゃん。 生まれた事に意味なんていよ、かの都合で勝手に発生させられちゃっただけなんだから、 消え去るまで出来るだけ面おかしく時間を潰してけば?

    ・命は生かされてるんだよ。それだけ。 自分がどーにかしていいってものじゃないと思う

    ■人生とは何か考えたことがある人は…

    しらべぇ編集部が全2060代の男女1,332名に「人生」について調したところ、およそ6割が「人生とはなにかと考えたことがある」と回答。

    人生とはなにか性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    2030女性にその傾向が見られた。

    一度きりの人生、意味を見出すか見出さないかは自分次第。ただひとつ言えるのは、「意味がある」と思って生きるか、「意味なんてない」と開き直って好きなことをするほうが楽しいということだ。

    ・合わせて読みたい→「付き合ってない男からの呼び捨て」に不満な女子 その主張に賛否の声

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年3月24日2017年3月26日
    :全20代60代の男女1,332名 (有効回答数)

    生きる意味がわからないと訴える匿名投稿が話題 「理由なく生きてる」と共感の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【生きる意味がわからないと訴える匿名投稿が話題 「理由なく生きてる」と共感の声も】の続きを読む


     今や、「わかんない」「知らない」では日常生活にも支障が出るようになったSNS。これまで躊躇していたおじさんでもおそるおそる使う人が増えてきている。使いこなせる人はいいが、そこはやっぱりおじさん。自分はイケてるつもりでも、周りの若者からみればイタい行動が少なくない。つまり、SNSには明確なルールこそ決まっていないが、「それをやっちゃイケてない」という暗黙知も存在するのだ。

     それがわからず、情弱なあまりにイケてるつもりでひんしゅくを買ってしまうおじさんが絶えない。なかでも最近、若者たちからクレームの声が相次いでいるのが、自分で投稿して自分で“いいね!”を押す「セルフいいね!おじさん」だ。

    ◆SNS上で「セルフいいね!おじさん」が増加中

    「自意識が高いのかなんなのか知りませんが、恥ずかしいと思わないんですかね。もはや理解不能です」

     こう苦笑いをするのはフリーターの鈴木拓郎さん(仮名・23歳)。SNSでの投稿にどれだけいいね!が付いたのか気にする人は多いかもしれない。どれだけ友達が多くて人気があるのか、影響力があるのか……。

     都内の飲食店でホール係として働く鈴木さんは、最近40代の店長がインスタグラムを始めて友達申請を受け入れた。

    「店長は初めは普通に風景とか投稿してたんですけど、途中から『B級グルメのトップインスタグラマーを目指す』とか言って、チェーン店のさば味噌定食とかをさもグルメかのようにガツガツ投稿し始めたんですよ。そんな簡単じゃねえって呆れちゃいましたね。初めはお愛想で押してあげてたんですけど、毎回タイムラインのトップに出てきてウザいんで、もうミュートにしてます」

     このように意味不明な投稿を繰り返し、まったくいいね!が付かないおじさんは珍しくない。そこで店長が次にとった行動とは……。

    自分で自分の投稿にいいね!を押し始めたんです。いいね!の数は、“セルフいいね!”のひとつだけ。ああ、この人はマジで友達いないんだろうなあってかわいそうに思いました」

     そんな、自分でいいね!を押すことがダサいということに気づかない例は少なくないらしい。会社員の松本洋介さん(仮名・25歳)も、職場のセルフいいね!おじさんに悩まされている。

    「上司の趣味がボディビルなんですけど、インスタとフェイスブックで洗面台の前でタイマーで自撮りしてる写真を上げて、自分でいいね!押してるのが本当にイタくて。しかも投稿した次の日に『オレの昨日の上腕二頭筋どう?』とか聞かれてもねえ。本人いわく、インスタやってるとナンパしやすいらしいんですが。まあ、ビルダーはナルシストですから、いいね!押したくなるのはわかるんですけど……」

    ◆もはや“ソーシャル不審者”と化す40代おじさんたち…

     港区OLの安原みゆきさん(26歳・仮名)は、過去にナンパされた40代の男性がセルフいいね!おじさんだった経験があり、もはや失笑気味。

    「よく行く飲み屋さんで隣に座ってたおじさんから『インスタだったらいいでしょ?』とか言われて友達になったんですけど、毎回いいね!が1人だけで変だなと思ってたら、まさかのセルフいいね!……。それどころか、フォロワーが奥さんと娘さんと職場の同僚とスナックのママとか、20人くらいしかいなくて全然イケてない(笑)。500人くらいフォロワーがいたらまだしも、それだとなんかむなしさ5倍増ですよね。インスタで時代に乗って若者ぶっているつもりなのかもしれませんが、無理してる感が出ちゃってますね」

     自分で自分の投稿にいいね!を押すことがどれだけ恥ずべきことなのか。そんな若者たちなら自然に身につけているSNS上の振る舞いがわからず、もはや“ソーシャル不審者”と化しつつあるおじさんたち。

     では、彼らにはどんな心理があるのか。メーカー勤務の高山一郎さん(43歳・仮名)が自身の投稿をこう振り返る。

    「初めは会社の宣伝になればと思ってFacebookを始めたんですけど、商品紹介の投稿でいいね!数が多いと自社の商品がすごいっぽく見えるじゃないですか。取引先とかが付けてくれるとうれしくて」

     だが、仕事関係のいいね!は、取引先からのご祝儀みたいなものでもある。勘違いしてはいけない。

    「ラーメンとかプライベートな投稿もしてみたら、あんまりいいね!が付かないこともあって。数をかさ増しするために、とりあえず自分でいいね!を押してますけど。ダメなんですかね?」

     流行に乗ろうとする姿勢は悪くないが、SNSならではの空気感が読めないと、若者からは冷ややかな目で見られてしまうこともある。しばらくは、セルフいいね!おじさんの熱狂が冷めるのを見守るしかないのか……。今後、彼らがプライベートはもちろん、仕事面の評判を落とすなど大事に至らないことを願うばかりだ。<取材・文/青井喜三郎>



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【SNSで増殖中“セルフいいね!おじさん”に若者たちから「イタすぎる」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ