ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > 中国


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・中国のマラソン大会で258人が不正行為
    コースショートカットや代走参加者
    ・2年間の大会出場禁止措置

    ショートカット場所

    中国のマラソン大会で参加者の内258人が不正行為を行っていたことが判明した。

    11月25日、中国の深センで市で開催されたハーフマラソン大会で、参加者258人の不正行為が発覚。大会主催者側はこれら参加者を処分する予定。

    具体的な不正行為の内容は折り返し区間で発生。交通取り締まりカメラに映っている映像を見ると、一部の参加者は折り返し地点まで走らずに、手前約1kmの道路の茂みを通過してショートカット。このように近道を行った参加者は237人で、全長21kmの内2~3kmを短縮できることになる。

    これら参加者は今後2年間の大会出場禁止措置が下された。

    そのほかにも不正行為が発覚しており、参加者3人が代打参加者で、18人は偽番号札をつけて走った。同じ番号を付けた別の人物が記者により撮影されその事実が発覚。ショートカットと代打参加者あわせて258人の不正行為となる。

    このハーフマラソン大会は毎年1万6000人が参加する大規模な大会。

    代走



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国のマラソン大会で258人が一斉に不正行為 近道を使いショートカット】の続きを読む


    Credit: Alamy Stock
    Point
    中国の代わりとなる「人工」が打ち上げられる予定
    ・人工には太陽を反射させるパネルが取り付けられており、その度を変化させて照射位置を調整する
    ・その明るさは本物のの「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可

    中国歴史都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工」を打ち上げて、の代わりにを照らしてもらおうというのです。

    打ち上げの予定は2年後の2020年。そのきは本物のの「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国宇宙開発企業中国科技集団」がこの計画を発表しています。

    打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は了しています。また、中国科技集団は中国宇宙開発を請け負う企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

    この「人工」には太陽を反射させられるパネルが取り付けられており、その度を変化させることで、照射位置を調整します。

    世界を見渡すと、過去にも同じように太陽を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない」として有名であったノルウェー底の、リューカンに「3つの」が設置されました。コンピューター制御されたそのは、間接的ではありますが、に待望の「日光」を届けることに成功しています。

    また、1990年台にはロシア人工衛星Znamya” を打ち上げ、太陽地球間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

    「人工」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影ですが、学の専門は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物ルーティーンに影が出ることは考えにくいと説明しています。

     

    宇宙に打ち上げ予定の「アート作品」が、すでに宇宙飛行士たちの不評を買っている


     

    via: theguardian, independent / translated & text by なかしー

     

    中国が2020年に「人工月」を打ち上げると発表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国が2020年に「人工月」を打ち上げると発表】の続きを読む


     10月1日中華人民共和国の建記念日に当たる祝日となり、多くの企業学校は1週間の休みとなる。中国メディアの捜は2日、慶節の大連休中に中国人旅行客が大量に訪れることを見込んだ日本観光業界が行った準備について紹介する記事を掲載し、「日本中が慶節ムードになっていて、まるで中国に戻ってきたかのような錯覚すら抱く」と驚きを示す記事を掲載した。

     中国では2018年慶節に出する旅行者が過去最高の700万人に達すると予想されており、特に日本渡航ランキング人気1位となった。記事は、こうした予測を受けて、日本では慶節に来日する中国人旅行客に対応する準備がなされたことを伝えた。

     続けて、日本を訪れた中国人旅行客はの構内やデパートなど至る場所で、中国語で書かれた「慶祝慶」という慶節をお祝いする文字にし、「まるで中国に帰したかのような感覚になった」と驚きを示すと紹介。賑やかなお祝いムードを好む中国人は、中国でもこの時期にい提の飾り付けをしたり、慶節を祝うポスターを至る所に大きく掲げるゆえ、日本の飾り付けを見て驚きを感じると同時に「日本人中国の建記念日を歓迎しているようにも見える」と摘した。

     他にも、日本で買い物をする際の支払い方法にも変化が見られるとし、過去は現の他にデビットカードでの支払い方法しか選択できなかったのが、近年ではコンビニエンスストアでも中国で普及しているモバイル決済が使えるようになったと摘し、日本中国人旅行客の消費を取り込もうと躍起になっていると論じた。

     一方で記事は慶節の日本の祝い方について、「販売促進効果を狙った宣伝であり、2月11日日本の建記念日はこうした祝い方はしない」と摘した。また、日中にはお互いを快く思わない人が一部いることを認めつつも、偏見を持たずに見ると「日本人中国祝日慶節を歓迎しているというのは意義深いことだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

    中国の建国記念日を祝う日本、中国人客は「まるで中国にいるかのような錯覚」=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国の建国記念日を祝う日本、中国人客は「まるで中国にいるかのような錯覚」=中国メディア】の続きを読む


     中国で連日のように放送されている抗日ドラマ。近年は中国人からも内容が「デタラメすぎる」と批判の対となっている。中国人としてはこうした抗日ドラマ日本でどのように受け止められているのか、気になるところがあるようだ。

     中国メディア今日頭条はこのほど、中国の抗日ドラマは「まるでファンタジーのようで、歴史をわい曲している」と批判を招いていると摘する一方、日本人は抗日ドラマの荒唐稽さを楽しんでいると論じる記事を掲載した。

     記事は、日本の一部のネット上では中国の抗日ドラマ翻訳しながら、その内容を楽しんでいると紹介。抗日ドラマの内容は中国人ですら「怒りを覚えるほど」だが、日本人が怒らないのは「抗日ドラマに登場する日本人が本当の日本人とかけ離れていて、日本人としては全く感情移入できない存在」だからではないかとした。

     さらに、日本では中国で放送された抗日ドラマを特集した書籍まで存在することを強調する一方、中国の抗日ドラマの内容を考えれば「日本人にからかわれても仕方がない」と中国人としては抗日ドラマによって悲劇的な歴史真実が「塗りつぶされてしまう」ことが心配であると伝えている。

     抗日ドラマが「デタラメ」だと批判されているのは、たとえば中国人兵が日本兵を手で切り裂くといった演出や、その時代には存在しなかった兵器が登場するといった時代錯誤な演出だ。また、日本兵を極端に弱く描くことは「日本兵と戦って死んだ中国人を冒涜すること」だという批判も見られ、実際に抗日戦争に参加した中国の高齢者のなかには「抗日ドラマデタラメだから見ない」という人も存在する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

    中国人ですら「怒りを覚える」抗日ドラマ、日本人が怒りを示さない理由=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国人ですら「怒りを覚える」抗日ドラマ、日本人が怒りを示さない理由=中国メディア】の続きを読む


    no title

     中国ハルビンにある店の監視カメラがとらえた衝撃映像だ。

     店員と思われる男性は、お湯を注いで出来上がったカップラーメンを商品ケースの上に置いていた。

     男性パソコンで作業を行っていた最中、突如カップラーメンジャンプ!宙に舞い上がり、そのまま落ちてきたのだ。

     カップラーメンロケットになりうることなどあるのだろうか?

    ―あわせて読みたい―

    1930年代のニュージーランドで頻繁に起きた突然ズボンが自然発火し爆発するという奇妙な現象。その謎を探る。
    無人のオフィスで突如ノートパソコンが爆発炎上。その一部始終を監視カメラがとらえていた(イギリス)
    これぞスイカ爆弾。スイカが爆発する瞬間のスローモーション映像
    海外で拡散された「暑い日にガソリンを満タンにした車は爆発する」は本当なのか?その真実を検証
    テルミット反応を利用しての大爆発炎上をスローモーションで


    Exploding lighter launches cup of noodles

     ショーケースの上に出来上がったカップラーメンを置きながら、パソコンで作業を行っていた男性

    1

     すると突然カップラーメンが宙に向かって発射!そのまま宇宙に行くことはできず、グチャっとショーケースの上に戻ってきた。

    2

     一体何が起きたというのだろう?

     超常現象なのか?霊の仕業なのか?
     最近のカップラーメンには、ロケットが搭載されている、
     とでもいうのだろうか?

     どうやら店員は、お湯を注いで暑くなっているカップラーメンの容器の下にライターを置いていたらしい。その熱によりライター爆発し、カップラーメンが発射されたというのが相だというが、カップラーメンの容器の熱でライター爆発することってあるのだろうか?元々爆発しがちなところのあるライターの種類だったのか?

     いろいろだが、突然カップラーメンが上に発射されちゃうのもしい現の1つではある。

    こちらもオススメ!

    動画の紹介記事―

    猛毒を持つクリオネを誘拐し、背中に装着して生物兵器として利用する2種の端脚類(南極)
    「何すんねん、ざけんなゴルァ、しばいたろかワレ(意訳)!」ヒョウV.S.犬、勝つのはどっち?
    演技力のクセが凄い!ハリケーン「フローレンス」の現場で、今にも吹き飛ばされそうなお天気レポーターの後ろには...
    それでも人を信じたいの。ひどい虐待を受けていた犬が、保護された直後に見せた人間への愛(アメリカ)
    そこに魚があるから登るんじゃ!宙づりの魚に食らいついて離れない猫

    料理健康・暮らしについての記事―

    肉体を酷使しているわけではないのに...なぜデスクワークは疲れるのか?
    他人にどう思われようと気にしない人ほどSNSで政治を語りたがる(スウェーデン研究)
    イギリスのレストランやスーパーで扱っている肉の5分の1以上に別の動物の肉が混じっているという調査結果
    億万長者ならマストバイ。人里離れた山奥にある「世界で最も豪華な洞窟」が約3億円でナウオンセール!
    イギリスで1ヶ月間「SNSの利用を止めよう」キャンペーンがスタート
    え?なんで?お湯を入れたカップラーメンが発射!突如宙に舞い上がるという珍事が勃発(中国)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【え?なんで?お湯を入れたカップラーメンが発射!突如宙に舞い上がるという珍事が勃発(中国)】の続きを読む


    china2


     中国有数のビーチリゾートとして知られる海南三亜のビーチで、思わぬ悲劇に見舞われた男性がいるようだ。

     ハプニングが起こったのは9月1日男性浴を楽しんでいたところ息子スティック痛が走った。

     耐えられないほどの痛みに襲われつつ股間を見ると、そこにいたのはエイだ。

     よりによって息子スティックエイに刺されてしまったのである。

    ―あわせて読みたい―

    人をも殺す毒を持つ、オニダルマオコゼの毒の噴射をとらえた映像
    地球上最強レベルの猛毒を持つ殺人クラゲ「キロネックス」
    痛点ライフハック、痛みをごまかす簡単な5つの方法
    科学者が体を張って実験。刺されたら痛い虫ランキング10(昆虫出演中)
    痛みは脳内で作られる。その強さを左右するものは感情であり、コントロールすることができる。(米研究)

    息子スティックをエイに刺されて悶絶する男性


    Man Stung on His Willy by Stingray at the Beach

     エイの種類によっては尾にトゲ(尾)を持ち、刺されると毒針のごとくが注入されてしく痛むのだとか。

     この男性が遭遇したエイも尾にトゲがあるタイプだったらしく、しかも息子スティックを刺されたということでその痛ぶりも相当なものだったようだ。

     あまりの痛みのため砂の上を這うようにして進み、助けをめる男性エイ毒針男性息子スティックにがっちりと刺さったまま抜けなかったようだ。

    china1


    消防隊と緊急医療チームが息子スティックを救助


     連絡を受けた消防隊員が男性を救うべくやってきたが、残念ながら人間の息子スティックからエイトゲ抜くのに必要な器具を持っていなかった。

     そこで緊急医療チームが呼ばれ、事に息子スティックからエイトゲが抜かれ、男性自由を取り戻したのだった。

     男性はすぐに歩けるようになったが、念のため消防隊員らとともに病院へ向かったという。

    china3


    珍しいハプニングに襲われた男性を撮影しまくる人々


     ちなみにこの日、三亜のビーチは大勢の海水浴客で賑わっていたそうだ。

     そこで事が発生したということで、苦しむ男性の姿をスマホで撮影する人々が続出。

     男性は「息子スティックエイに刺された人」として中国ネット民を中心に話題の人となったのであった。

     ネット民からは「痛みは取り除いて欲しいが大きさ的には腫れたままでいい」などのがあがったようだが・・・まあそういうわけにもいかないだろうな。

    References: Lad bible / Lost at e minor / written by usagi / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    ―人類についての記事―

    なぜ人は人を傷つけようとするのか?「嫌がらせ」に関する10の科学的事実
    脳の前頭前皮質の領域が大きい人ほど、ストレスから身を守れるよう楽観的な考え方ができるという研究結果(米研究)
    幼少期、鶏小屋でニワトリと一緒に育てられる。チキンガールと呼ばれた少女の悲劇とその真相(ポルトガル)
    37年越しの殺人事件の謎がFacebookで解明。兄とその恋人を殺害した犯人を発見するまでの軌跡(イギリス)
    雨にも負けず風にも負けず。暴風雨の中、律儀にショッピングカートをカート置き場に戻すおばあさんの姿

    動画の紹介記事―

    パンダは双子のうち1頭しか育てない……それならば!ニンゲンが思いついた驚きの方法
    すごいだろ、これレゴブロックでできてるんだぜ。しかも走る!スーパーカー「ブガッティ・シロン」を実物大で完全再現!
    学習に余念のない猫。犬がお手をしておやつをもらっている様子をシミュレーション、からの~ 大変良くできました!
    魚の雨が降りまくり!大量の魚を飛行機から湖へ空中散布。ダイナミックな放流映像(アメリカ)
    15頭ものライオンが一挙に押し寄せてきたよ!国立公園で最大のライオンの群れに遭遇(南アフリカ)
    そんなにヤバイのか!男性が海で息子スティックをエイに刺されるという悲劇。救急隊が出動(中国)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【そんなにヤバイのか!男性が海で息子スティックをエイに刺されるという悲劇。救急隊が出動(中国)】の続きを読む


     2018年10月からミャンマーは、日本人観光客のビザ免除を実施することになった。ミャンマーの観光産業を一層促進していくことを目的とし、今回は日本と韓国の2カ国が対象となっている。まずは試行期間として1年間実施し、一定の効果が見られた場合は継続してビザ免除を行う方針だという。

     これにより、日本人にとってミャンマー旅行はより身近になると思われるが、中国人にとっては面白くないことのようだ。今回中国人には、ビザ免除ではなくアライバルビザが与えられることになった。中国メディアの快資訊は13日、「ミャンマーは恩を忘れたのか」とミャンマーを非難する記事を掲載した。

     記事の言う「恩」とは、近年において「多くの支援をしてきた」ことだという。記事は「非常に貧しくて経済が遅れているミャンマーは、中国がなければ立ち行かない」と主張。ミャンマー経済は観光と貿易頼みだが、観光客の多くは中国人であり、主な輸出品目であるヒスイ、木材、果物の輸出先もほとんどが中国で、「中国人が旅行に行かなかったらどうなるか分かっているのか」、それとも「ヒスイを売らない準備ができたのか」と強い調子で批判した。

     そのうえ、戦時中は侵略してきた日本軍からミャンマーを守るのに10万の軍を派遣した「恩」もあると主張。かつて侵略した日本に対してビザ免除をするのに、恩人である中国にはしないというのはどういうことかと怒りを露わにし、ネットでも同様のコメントが見られることから、これはただの個人的意見ではないとしている。

     記事では、同時にビザ免除になった韓国人には触れていない理由は分からないが、いずれにせよ日本寄りの国や地域に敏感になっている中国の傾向が感じられる。ミャンマーは、ただでさえ国民感情が親日であり、ここ数年さらに日本との距離が縮まり中国離れが進んでいる。記事からは、中国人のミャンマーに対する相手を見下した恩着せがましい態度が色濃く感じられるが、本当に距離を縮めたいなら、脅迫めいた言動はむしろ慎むべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    日本人を歓迎するなんて! 「ミャンマーは中国の恩を忘れたのか」=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人を歓迎するなんて! 「ミャンマーは中国の恩を忘れたのか」=中国メディア】の続きを読む


     経済の発展を背景に、多くの中国人が海外旅行を楽しむようになってきているが、同時に海外へ行く中国人が増えれば増えるほど、現地の住民との軋轢も生じているのが現状と言えるだろう。

     日本や韓国は中国人の人気渡航先だが、日韓両国では中国語で注意喚起する看板を目にする機会が増えているという。たとえば「使用済みのトイレットペーパーは流してください」といったものだ。こうした中国語による注意書きは中国人旅行客によるトラブルが増えていることを示す存在と言えるだろう。

     中国メディアの快資訊は11日、「日韓で見かける中国語表記の注意喚起」について論じる記事を掲載し、その看板を見た中国人旅行者が何を思うのかを紹介している。

     中国人旅行客は消費意欲が旺盛であり、その消費を歓迎する声があるのも事実だ。だが記事は、歓迎の標語と共に、「中国人の皆さんは公衆衛生に気を配ってください」といった注意書きを日韓で見かけると紹介し、こうした標語を見た中国人は気分を害すと主張。なかには「侮辱されている」と感じる中国人もいるはずだと伝えつつ、中国語による注意喚起は不愉快な気持ちになると論じた。

     確かに渡航先で自分達へ向けられたこうした注意書きを見るのは気分の良いことではないだろう。だが、こうした注意書きが掲げられている背後にはそれなりの理由があってのことだということを理解すべきだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    侮辱しているのか? 日韓で「中国語表記の注意喚起」を見た中国人は何を思う=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【侮辱しているのか? 日韓で「中国語表記の注意喚起」を見た中国人は何を思う=中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ