ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: > あおり運転


     神奈川県内の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の初公判が3日、横浜地裁であった。危険運転致死傷罪を巡り、停車後の事故に適用できず無罪とする弁護側と、検察側の主張が真っ向から対立した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東名あおり2人死亡事故初公判  弁護側は無罪主張】の続きを読む


     神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車が追突され、萩山嘉久さんと妻友香さんが死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁で始まった。初公判で弁護側は、危険運転致死傷罪については無罪を主張した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    東名高速事故の状況


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東名あおり事故:弁護側、危険運転致死傷は無罪を主張】の続きを読む


     神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、乗用車にトラックが追突し、夫婦が死亡した事故をめぐり、あおり運転で無理やり停車させ事故を引き起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の初公判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、弁護側は同罪について無罪を主張した。

     罪状認否で、同被告は起訴内容を大筋で認め、弁護側は事実関係は認める一方、同罪と予備的訴因の監禁致死傷罪はいずれも成立しないと指摘した。判決は14日の予定。

     起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。

     危険運転致死傷罪は運転、走行行為が対象だが、検察側は直前のあおり運転と停車後の事故に明白な因果関係があるとして、適用に踏み切った。冒頭陳述では、事故当時、高速上を計約150台が平均時速70~100キロで走行していたと指摘。被告が萩山さんの車の前で停車したことは「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たると主張した。

     一方、公判前整理手続きでの同地裁の指摘を踏まえたとみられる予備的訴因の監禁致死傷罪については、被告が謝罪する萩山さんの胸ぐらをつかんで車外に引きずり出そうとし、再発進を困難にさせたなどの行為が監禁に当たるとした。

     弁護側は、被告の行為と停車から約2分後の追突による死傷とは因果関係がなく、危険運転致死傷罪は適用できないと反論。監禁致死傷罪も、時間が短く、監禁の故意もなかったとして成立しないと訴えた。

     公判は7回予定され、10日に検察側の論告求刑と弁護側最終弁論が行われる。 

    〔写真説明〕石橋和歩被告(中央)=2017年10月10日夜、横浜市中区・神奈川県警本部

    石橋和歩被告(中央)=2017年10月10日夜、横浜市中区・神奈川県警本部


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【危険運転は無罪主張=あおり運転の男、初公判-東名夫婦死亡事故・横浜地裁】の続きを読む


    (C)Ilya Kirillov / Shutterstock

    身内に甘い警察の体質がまたまた露呈した。

    長崎県警の50代の男性警視が女性の運転するにあおり運転をし、軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで今年1月に書類送検されていたのだが、8月10日付で不起訴処分になった。

    県警は書類送検したことや内部処分の有を発表していない理由を、「任意捜だったため必要がないと判断した」と不可解な釈明をしている。

    そんな折、オートバイ大学生にあおり運転をした末、乗用に接触させて死亡させたとして、大阪の警備員、中村精寛被告(40)が殺人罪で起訴された。テレビでも報道されたように、追突した後「はい、終わり」と満足したような音ドライブレコーダーに残っていたあの事件だ。

    中村被告はバイクに追い抜かれた直後に急加速し、約1キロにわたりクラクションを鳴らしたり、パッシングしたりするあおり運転を継続させ、追突時の速度は時速100キロ前後で、基準値以下ながら呼気からアルコールが検出されたという。悪質極まりないとはまさにこのことだ。

    ただ、これまでもあおり運転が原因で相手を死に至らしめたケースは多々あった。今回は何が殺人罪を適用させたのか。

     

    止まらない「あおり運転」加害者への怒り。遂に殺人罪が適用!

    自身のドライブレコーダーが決め手となる皮肉

    「実は『殺人罪』に問うためには、捜当局は方法を問わず“殺す”意思があったことを立しなければなりません。このには見えない人間の心を具体的にひもとくのは、とても難易度が高いのです。それで『危険運転致死傷罪』(負傷させた場合15年以下の懲役、死亡させた場合1年以上20年以下の懲役)にとどめられてきたのです」(交通事故に詳しいジャーナリスト

    この事件での特異性は2つある。大阪府警交通捜課が7月2日中村被告を自動車運転処罰法違反(過失傷)容疑で現行犯逮捕したものの、翌3日に容疑を殺人道路交通法違反(ひき逃げ)に切り替えて再逮捕に踏み切った。通常、殺人罪は捜1課の担当だ。

    第2にドライブレコーダー逮捕・起訴の決め手となったことだ。一般的にドラレコは事故に巻き込まれた場合、相手が自分に有利なようにウソ言をしたときに備え、拠として残しておくためのものだ。が、今回の事件では、そのドラレコに自分の悪質な運転や発言が拠としてバッチリ記録されていた。残っていた発言は「しまった。やっちまった」ではなく、明確な「やってやったぜ」というイントネーションだったという。

    悪質ドライバーは徹底的に駆逐すべき社会のガンだ。しかし、警視までがやっていたとなると、その病巣は相当に根深い。

     


    (C)Ilya Kirillov / Shutterstock


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【止まらない「あおり運転」加害者への怒り。遂に殺人罪が適用!】の続きを読む

    このページのトップヘ