ハムスター

(Lyubov Demus/iStock/Getty Images Plus

知人や友人、会社の同僚などからふとしたアドバイスを受け、趣味人生の幅が拡がることがある。しかし、もしそれが「強制」だっったとしたら、どうだろう? 「プライベートに口を出すな!」と不快に感じる人が多いのではないだろうか。

GPSを使って残業時間の拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガネットワーク社には、ブラック企業先輩から受けた、業務に関係ないとんでもない命令についてのエピソードが寄せられた。

■「残業100時間超え」のブラックぶり

anonymousさんが働いていた会社は、勤務時間においてもかなり厳しいものだったという。

平日は9時〜26時が普通休日出勤は当たり前で、休日だからといって過ぎに帰ろうとすると、引き止められる。 残業時間は100時間えが普通

基本的に新卒採用しかしておらず、10人以上は採用します。 が、1年の間に先輩社員も含めて10人以上は退職します。 つまり±0の社員数が毎年続いています」

■ジム通いとペット飼育を強制

さらに、上先輩から「ジム通い」を強制され、同僚は「ペットの飼育」までも強いられたという。

「自分はぽっちゃりということがあり、 いつまでに○○kgを切らないと、ジムに通えと言われ、 自ジムに通わされコミットさせられました。

また、 とある社員の話で、 『お前は人間の気持ちがわからない、それならまずはペットの気持ちがわかるようになれ!』とのことで、 ハムスターを2匹飼うはめになりました。

メスを2匹にしたから増殖することはないと言われていましたが、実際はオスとメス1匹ずつであり、 数週間で10匹をえるハムスターを飼うはめに…。 餌代やゲージ代はすべて自で飼育をしていました」

anonymousさん自身も、増えすぎてしまったハムスターを1匹貰い受けることとなった。

■弁護士の見解は…

ジムに通うのも、ペットを飼って癒やされるのも、自分の趣味でやるのは好ましいこと。しかし、やりたくもないのに会社にやらされるというのは、なかなかしい。

こうした強制に法的な問題はあるのだろうか。総合法律事務所の南泰史弁護士に聞いたところ…

弁護士新卒を10人以上採用しているにもかかわらず、同じ人数が中途退職していく離職率の高さに、この会社のブラックさが現れているように思います。

まず、平日9時から深夜2時まで勤務していた点については、このような勤務は一日だけであっても、36協定がない限り労基法32条違反です。

また残業代支払い義務が発生しますので、残業代が支払われていなければ労基法37条違反となります(法律を守っていたとしても、特別な理由もなく1日15時間も勤務させるのはいかがなものかと思いますが)。

さらに、長時間労働を当然のように続けさせていたことも問題だという。

弁護士さらに、このような長時間労働が日常的であったこと、休日出勤も頻繁に発生していたこと、結果としての残業時間が100時間を頻繁にえていたことについては、会社の安全配慮義務違反の問題が発生します。

100時間の残業は、いわゆる過労死ラインを越えていることから、長時間労働の結果、社員が病気になった場合、会社は安全配慮義務違反に基づき、その社員に対して損賠償責任を負う可性があります。

■ジムやペット強制はパワハラ

また、仕事と関係のないジム通いやハムスター飼育の強制は、明らかパワハラだと南弁護士摘。

弁護士次に、anonymousさんの意思に反して、ジムの利用やハムスターの飼育を強制させられていた点は、パワーハラスメントの問題の一種と捉えることができます。

ジムの利用やハムスターの飼育が業務と関係であることは明らかです(モデル等、スリムな体形の維持が必要な特別な職業である場合は除きます。)。

そのため、仕事上の地位関係を利用して、業務の適正な範囲をえて、精的苦痛を与えるものといえ、パワーハラスメントに該当します。

その上先輩に対して、不法行為に基づき、anonymousさんが払った費用や慰謝料等の損賠償を請することができるでしょう。また、会社に対しても、職場環境配慮義務違反に基づき、同様の損賠償を請できる可性があります。

・合わせて読みたい→新入社員の給与を天引きして全社員が飲み会 ブラック企業のあきれた非常識ルール

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協日本リーガルネットワーク

ペット飼育を強制されてハムスターが10匹に… ブラック企業のトンデモ命令がヤバすぎる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【ペット飼育を強制されてハムスターが10匹に… ブラック企業のトンデモ命令がヤバすぎる】の続きを読む