NHK関連団体の旧公式ウェブサイトドメインインターネット上の住所)が、大手IT企業運営する中古ドメインオークションサイトに出品されていることが15日、分かった。NHKは同日、関係サイトに残っていたリンク削除を始めたが、第三者がドメインを取得し、悪用される恐れがある。

 売りに出されているのは、NHK関連団体が運営していた公式ポータルサイトNHKグループネット」のドメインnhkgrp.jp」。サイト自体は2月閉鎖されているが、今1日に大手IT企業GMOインターネット運営するドメインオークションに出品された。

 同社によると、オークションは18日午後7時が入札期限で、15日時点で応札は23件に上り、最高額は3万円となっている。複数ユーザーからの取得希望を受け、同社が入手して出品したという。

 15日午後6時半時点で、少なくともNHK関連7団体のサイトに、出品中のドメインを使ったNHKグループネットの旧サイトへのリンクが残っていた。落札した第三者がこのドメインを使い、正規のNHK関連サイトと判別しづらい偽サイトを構築するなどして、悪用される可性もある。

 NHK広報局は時事通信の取材に対し、「ドメイン名サイト閉鎖にあわせて利用を停止し、取得代行業者に権利を返した」と回答。その後、リンク削除を始めた。

 情報セキュリティー対策の普及啓発を行う独立行政法人情報処理推進機構は「ドメインを手放すのであれば、管理している範囲内でリンク削除するのがあるべき対応だ」と摘している。

 GMOインターネットの担当者は「基本的にドメイン名文字列には永続的な権利があるものではない。ブランド保護を懸念する場合は長く保持するべきだと思う」と話した。 

写真説明〕中古ドメインオークションサイトに出品されたNHK関連団体の旧公式ウェブサイトドメイン

中古ドメインのオークションサイトに出品されたNHK関連団体の旧公式ウェブサイトのドメイン


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【NHK関連ドメイン競売に=サイト閉鎖後も悪用の恐れ-グループ7団体にリンク】の続きを読む