ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 東京五輪


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    東京五輪ボランティア不足が深刻に
    ・命を預かる医者にまで償で依頼
    ・役員は200万円とも言われている

    東京五輪 無償で医者を依頼

    2020年に開催される東京オリンピックボランティアスタッフが集まらず問題となっている。「ブラックボランティア」と呼ばれ東京オリンピックは開催期間が7月24日8月9日パラリンピック8月25日9月6日と最も暑い期間に行われる。

    また巨額のスポンサー収入があるにも関わらず、交通費まで負担して猛暑の中ボランティアをやりたいと手を挙げる人は少ないだろう。

    一方、五輪組織委員会の役員報酬にを向けると200万円という巨額な報酬を得ていることがわかる。これらはスポンサー収入やの税から賄われている。
    役員報酬が支払われるのは当然として、ボランティアに一切の報酬を与えず交通費まで支給しないという冷遇。

    そればかりか、今度はスポーツドクター償でやってほしいという仕事の依頼が来たとツイートが話題になっている。高尾美穂氏が自身のTwitterに次の様に投稿

    東京オリンピック2020の仕事依頼が来た
    もちろんスポーツドクターとしての仕事ですが、軽くお話し聞いてみたところ案の定

    本気でこれでいいのか? これでは日本スポーツ界は変わっていかない

    好きな人が好きなことやってるんだからいいでしょ?じゃない、資格持って責任持ってする仕事なんだよ”

    このツイートは大拡散し3万7000リツイート、5万3000のいいねがされまた「全で断って下さい」、「オファーしてきた人はいくら貰ってその仕事をしているのか聞いてみたいです」、「は払わないけど、全責任を取れですね」、「JOCの役員は報酬がでて、責任がなくて。責任有る仕事償ですと」と批判が挙がっている。

    通常のボランティアと異なり、場合によっては患者の命も預かることになる医者という重要なものまで償でやらせ、その責任所在はどうなるのだろうか。





    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【2020東京五輪 ボランティア不足や無報酬運転手だけでなく命を預かる医者まで無償で依頼】の続きを読む


    2020年東京オリンピック・パラリンピックの、とある公式ライセンス商品がインターネット上で注目を集めている。

    マスコットキャラクター「ミライトワ」「ソメイティ」をぬいぐるみにした商品で、価格は「14万円」する。なぜ、それほど高額なのか。

    グッズの中心価格帯は数百円~数千円

    大会組織委員会は16年6月から、公式ライセンス商品を店舗や通販で発売している。商品は衣類や雑貨、文具と幅広く、中心価格帯は数百円~数千円だ。比較的値段が高い商品だと、通販サイトでは浴衣(3万2400円、以下税込)や銀製ピンバッジ(1万2960円)、有田焼の皿(9450円)が見つかる。

    ネット上で話題となっているのは、「ミライトワ」「ソメイティ」の巨大ぬいぐるみだ。価格はそれぞれ14万400円と、ほかと比べて破格。サイズは全長130センチ、重さ6キロと大型だ。

    「14万?!」「ゼロ一個多いな」「ぼったくりやろこれ!」と驚きの声が上がっているが、それなりのコストがかかっているようだ。

    1体1体手作業で制作

    商品ページには「1体1体、手作業にてお作りしております為、表情などに個体差がございます」とある。そのため受注生産となり、8月20日現在の注文で11月下旬以降の発送になる。

    ネット上では、高額な点に否定的な声が多いが、

    「このぬいぐるみ、いいなって思った」
    「受注生産の公式グッズだし、しっかり保管しておけば将来的にプレミアで値段つくかもよ」

    と、購入に意欲的な向きもあった。

    組織委は、グッズ売り上げによるライセンス収入を140億円と見積もっている。ロイヤルティー(手数料)は5~7%なので、2000億円以上の売り上げが必要だ。<J-CASTトレンド>

    東京五輪通販サイトから


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東京五輪公式ぬいぐるみ、なんと14万円 飛びぬけて高額になったワケを探る】の続きを読む

    このページのトップヘ