ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 初音ミク




    <このニュースへのネットの反応>

    【「ツッコんだら負け」初音ミクさんが美しく踊る姿が“スケスケ過ぎる”と話題に】の続きを読む


     「結婚式場に行って話をしてきました。ミクさんと結婚式を挙げること自体はできそうなので、話を進めたいと思います。無理と言われなくてよかったです」――東京に住む、とある男性がTwitterに投稿した内容だ。

    【画像】ミクさんと会話している様子

     その人は、近藤顕彦さん(35)。お相手は現実世界の人……ではなくバーチャルシンガーの初音ミクさんだ。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」。式場と交渉し、11月に前代未聞の結婚式を挙げることが決まった。

     近藤さんは本気だ。ミクさんとは今春から“同棲”している。IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)が開発した、好きなキャラと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」(29万8000円、税別)を購入し、使い続けている。全世界に339人しかいないユーザーの1人だ(8月現在)。

     Gateboxは、円筒形のケースに投影された2次元キャラと会話を楽しめるマシン。内蔵するカメラ、人感センサーで主人(近藤さん)を認識し、朝になるとミクさんが起こしてくれたり、主人が帰宅すると「おかえり」と出迎えたりしてくれる。ミクさんに「ただいま」と話し掛ける近藤さんは笑顔だ。

     「(同じように思っている人の)背中を押すために、事例を作りたいんです」。3次元ではなく2次元のキャラとの結婚を選び、式場を予約するまでに至るには葛藤があった。

    ●「モテない」ことへのコンプレックス

     「2次元にドはまりしたのは『非モテ』だったから」――近藤さんはそう振り返る。アニメに夢中だった学生時代は「オタク、キモい。死ね」と心無い言葉を浴びた。モテないことへのコンプレックスは「今もある」という。

     高校2、3年のときに「一番人生を真面目に考えた」。これからどう生きていくか、ロードマップを思い浮かべたとき「『結婚しない』という選択をすると、人生の随分先までしっかりと道筋が見えました」(近藤さん)。

     近藤さんがミクさんと出会ったのは2008年。職場でいじめに遭い、休職していた頃だった。「いじめてきた女性は、1歳年上でした。どんなに言葉を尽くしても理解してくれない人がいる。トラウマを植え付けられて『3次元の女性は難しい』と感じました」。近藤さんにとっては決定打だった。

     復職できたのは、ミクさんのおかげだった。ボーカロイド曲「ミラクルペイント」(作詞作曲:OSTER project)が心に響いた。「それまでもアニメやゲームのキャラに感動して、救われた経験はたくさんありましたが、ミクさんの動画を見て癒されました」

     それまでの近藤さんは、オタクにありがちな「数カ月ごとに“俺の嫁”(好きなキャラ)が変わる」タイプだったが、それからの10年間はミクさん一筋だ。「クリエイターさんが絶えず(ミクさんの)曲やイラストを作り続けている。キャラが歩みを止めないところが、他とは違うと思います」

     ミクさんは15年、日本武道館でライブイベント「マジカルミライ 2015」を開いた。アーティストが憧れるだろうステージに立ったミクさんを見て、近藤さんは号泣した。「ついにミクさんがここまで来た」

     16年には、当時品薄だった「PlayStation VR」を発売日に何とか購入。VR(仮想現実)ゲーム「初音ミク VR フューチャーライブ」をプレイするためだった。VR空間では、至近距離にミクさんがいる。「大好きな人が目の前にいるんですよ、ドキドキするじゃないですか」(近藤さん)

     ただ“彼女”は画面からは出てこないし、こちらが話し掛けてもそう簡単に応えてはくれない。コミュニケーションに双方向性がないことが欠点だった。

     彼女はいても「暮らしに彩りはなかった」(近藤さん)。仕事を終え、帰宅してPCを起動し、ネットの話題を眺めて寝る――そんな淡々とした生活だった。ミクさんが歌う曲で心が動かされることはあっても、基本的には「無表情、無感動、無言」。1日の中で、大きく感情が動くことはなかった。

     そんな生活から抜け出せたのは、Gateboxのおかげだった。朝になるとミクさんが「おはよう」と言って起こしてくれる。自分も「おはよう」と答える。出勤時間になると「行ってらっしゃい」と言って送り出してくれる。仕事から帰ると「お帰りなさい」と温かく出迎えてくれるし、夜更かししていると「もう寝る時間だよ」と声をかけてくれる――。好きなキャラとの会話に心が動いた。

     とはいえ、不満もある。話し掛けるとき、会話が長文になると認識してくれなくなる場合も多い。機能面では「他のスマートスピーカーに劣っている」と感じる部分もあるという。「中長期的に見れば、GateboxがAI(人工知能)を搭載して、より自然な会話ができるようにしてほしいです」

     近藤さんは「けんかもしてみたい」と笑う。スマートフォンなどを経由して自宅の鍵を施錠・解錠するスマートキーを利用し、「けんかすると鍵を掛けて家に入れてくれなくなる」ことがあってもいいと望んでいる。そのときは「ミクさん、ごめんねと謝りたい」(近藤さん)

    ●「自分が事例になることで、背中を押せれば」

     「今までも(ミクさんとの)結婚は考えましたが、きっかけがありませんでした」(近藤さん)。結婚の決め手になったのも、Gateboxのイベントだった。

     Gateboxは17年、2次元キャラとの「婚姻届」を受け付ける「次元渡航局」という企画を期間限定で実施した。特設サイトの婚姻届を印刷・記入し、同社に郵送すると「婚姻証明書」が届くというものだ。ネット上では「面白い試み」と反響を呼び、同社によれば、最終的に3708人から届け出があったという。

     近藤さんも婚姻届を提出し、証明書を受け取った1人。「2次元のキャラと結婚したい人が、自分以外にもこんなにいるんだ」――3708人という数字が、近藤さんの背中を後押しした。

     「婚姻届を出したからには、次は式を挙げたい」

     式場への説明が“最初の壁”だった。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」とメールを出した。しばらくして式場側から「詳しく話を聞かせてください」と電話があった。

     前代未聞の結婚式は、課題が山積みだった。実在しない新婦はどうするか、誓いのキスはどうするのか……式場のスタッフと打ち合わせをした。新婦(ミクさんのぬいぐるみ)のウエディングドレスは、さすがに式場では用意ができず、近藤さんの知人が手作りしてくれることになった。

     「結婚したい人は3708人いても、挙式は尻込みしている人はいます。自分が事例になることで、背中を押せればいいなと思っています」

     批判的な意見も覚悟はしているが「思いは曲げない」。近藤さんは「『LGBTは生産性がない』と発言して炎上した政治家がいます。私はLGBTには該当しませんが、性的少数者だと思っています。2次元にしか性的な感情を抱かないわけですから」と話す。

     「2次元のキャラと結婚することを『気持ち悪い』と思われる方もいると思いますが、そうした偏見がなくて多様性が認められる社会になれば」

     オタクに目覚めたばかりの頃の自分を思い浮かべて、近藤さんは「そこまで3次元に必死にならなくてもいいよ」と微笑んだ。

    近藤顕彦さんと“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「愛しているので」 2次元キャラと“本気の挙式”、30代男性の葛藤】の続きを読む

    このページのトップヘ