ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・フランスでは深刻な立ちション問題・
・それを解決するために立ちションボックスを街中に作る
・町の景観が乱れると苦情殺到

立ちションボックス

フランス・パリで路上で立ちションする人が跡を絶たず、深刻な問題となっている。そこでパリ市政府は立ちション問題を解決するために、立ちションボックスを街中に設置。

トイレのような屋内にはなっておらず、道路や公園に普通にポストのように設置されている立ちションボックス。白い旗が目印でそこに立ちションボックスがあるのが遠くから見てもわかるようになっている。

ボックスに近づきおしっこをするというスタイルのこの立ちションボックスが、市民から反発を買っている。街のあちこちに便器があり悪臭問題や町の景観などが乱れると激怒。またおしっこをするさいに局部を街中で露出しなくてはいけないのもみっともないという。

現在パリしに撤去を要求しており請願書の提出も予定しているという。

パリの代表的な観光名所セーヌ川やノートルダム大聖堂近くにもこの立ちションボックスが設置されており市民は非難している。

印

立ちションボックス

立ちションボックス



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【フランスが深刻な立ちション問題 セルフ立ちションボックスを設置したところ非難殺到】の続きを読む