ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が20日、女性を買春したとしてJOCから選手認定の取り消し処分を受け、帰国した。同日夜、記者会見した4選手は女性との間に金銭のやり取りがあったことを認め、「浮ついた気持ちだった。日の丸に泥を塗り本当に申し訳ありません」などと謝罪した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

記者会見で謝罪する(手前から)バスケ男子日本代表の永吉佑也選手、橋本拓哉選手、日本バスケットボール協会の三屋裕子会長、東野智弥技術委員長、佐藤卓磨選手、今村佳太選手=東京都港区で2018年8月20日午後8時7分、藤井達也撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【アジア大会:「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪】の続きを読む