ニュース(総合)のblog

ニュースをジャンルを問わずに発信するブログです。

    カテゴリ: 暴力




    責任を持って飼いましょう

    世の中には、悲しい事件が山のように存在している。ここ最近は我が子を虐待の末に殺した父親と、それを見過ごした母親が逮捕されるニュースが大々的に報じられたばかりである。自分よりもか弱い存在に暴力を振るうのは、最低の人間のやることだ。

    被害は子供たちだけが受けているわけではない。ペットたちもまた、心無い人間によって虐待の標的となっている。(文:松本ミゾレ)


    自分の愛犬は家族ではないのか? 非道な仕打ちを躾と話す飼い主に失望


    2月8日ごろ、ツイッターで信じられない動画が拡散されていた。女性が飼い犬との散歩中、何度も犬を強く蹴り上げているという動画。思い出したくもないが、目にした瞬間から憤りを隠せなくなり、強い不快感に見舞われた。

    僕は犬が2度蹴られ、アスファルトにへたり込んで飼い主を見上げるところまでしか見ることができなかったが、とにかくこの動画は瞬く間に多くの人々の目に留まった。

    不幸中の幸いか、これが奏功して件の犬は、愛護団体の方と警察の介入によって助けられ、現在は安心できる環境に移された。

    動画の反響は大きかったようで、11日の「スッキリ!」(日本テレビ)取り上げられていた。問題の元飼い主は、虐待疑惑について「躾です」と話しているというが、ペットとは家族である。家族を思いっきり何度も蹴り上げるような躾なんて、僕は恐ろしくてとても認められるものではない。

    暴行に至ったきっかけは、犬が家の中でおしっこをしたことだと話していたが、虐待を受けていたラブラドール16歳。もう年寄りで老い先も短い。この年齢になれば粗相もする。人間と同じなのだ。それを蹴り上げて、躾だなんて到底許される話ではない。


    虐待しても罰則は「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」

    それにしても、か弱い命に、なぜ虐待行為を振るうことができるのだろうか。先日も用水路に猫を投げ込む動画を撮影していた福島県在住の31歳派遣社員が逮捕されたばかりだ。

    昨年は捕獲したアライグマを赤いスプレーで塗装し、逆さ吊りにして虐待していた枚方市の大工も書類送検されている。他にも、言語に絶する虐待の事例は枚挙に暇もない。他にも、逮捕には至らないものの、残酷な仕打ちを動物に行っている動画がしばしばSNSで拡散されてくる。

    こういった状況を改善するには、法の整備も必要ではないだろうか。動物愛護法というものはあるにはあるが、ほとんどまともに機能していないのが実情だ。愛護動物をみだりに殺したり傷つけたりしても、罰則は「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」しかない。刑が軽ければ、虐待をする人間の心に枷は出来ないのではないだろうか。動物愛護法については、見直すべき時代に差し掛かっているのではないかと強く訴えたい。

    とにかく例の動画は、実に多くの人々の心にトラウマを残すものとなった。あの光景は当分目に焼きついて離れそうもない。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【老犬を容赦なく蹴り上げる虐待動画に震撼 動物愛護法を見直して厳罰化した方がいいのでは】の続きを読む


    親を殴る

    (©ぱくたそ)

    親が子供暴力を振るう虐待が問題になっているが、一方でその逆もニュースで見聞きする。成長した子供が、親に暴力を振るうパターンだ。

    しらべぇ編集部では、全2060代の男女1,357名に「親との関係について」の調を実施。

    「親を殴ったことがある」と答えた人は、全体で8.8%と1割を切る少なさだ。親に暴力を振るう人が少ないのは、安心できる結果といえるだろう。

    ■小さい頃から暴力を振るわれてきた復讐で…

    性年代別では、30男性が一番多い割合になっている。

    親を殴る性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    もともと親が暴力的なため、その復讐として殴り返した人も。

    「うちの暴力子供を押さえつけるタイプで、今振り返ると虐待されてたなと思う。そして自分が大きくなり体がついてきたときに、日頃の慢が限界えて殴り返した。

    『親に向かって、その態度はなんだ』と強がるので、さらに気持ちがヒートアップし殴り続けてしまい…。が泣いて止め、その場は終了。

    その日からは手を出すと反撃されることを学び、口うるさいだけになった。乱暴な方法だけど、手を出すのをやめさせられたのはよかったと思う」(30代・男性

    ■女性が父親の腕をビール瓶で

    女性にも、父親を殴った人がいる。

    お酒を飲んでは暴言を吐き、時には手を出す。そんな中で育ったため、小さい頃はかなり情緒不安定だった。ある日、がいつもと変わらずとやかく言ってくるので、私もイラッときて反抗。

    ビール瓶を振り上げると、は『殴れるもんなら、殴ってみろ』と挑発。許しが出てので、腕に軽くぶつけてみた。かなり痛がっていたので、本気で殴ってたらやばかったと思う」(30代・女性

    ■親が暴力的だと子供が真似る

    親が暴力的であればあるほど、子供も同じような感情表現しかできなくなる。

    「私が若い頃には、父親息子の殴り合いが美談で紹介されるようなこともあった。ヤンキー全盛期だから、暴力さえも美化する時代だったのだろう。

    ただ時代は大きく変化し、親から子への暴力虐待だとちゃんと理解する世の中になった。暴力で支配すれば、子供も喧くなるのは当たり前。子供を殴っていた親は、殴り返されても文句は言えない」(50代・男性

    親も子も暴力を振るわずに、仲良く暮らしていければいいのだが…。

    ・合わせて読みたい→暴力は連鎖する?親から殴られるといじめっ子になる可能性が…

    (文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2018年7月13日2018年7月17日
    :全20代60代の男女1,357名(有効回答数)

    我慢も限界だ! 親を殴ってしまった人たちの理由が悲しすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【我慢も限界だ! 親を殴ってしまった人たちの理由が悲しすぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ