クロス・マーケティングは9月18日たばこに関する調結果を発表した。調は、今年9月インターネットで実施。一都三県(埼玉千葉東京神奈川)に在住する20歳~69歳の男女2000人から回答を得た。

現在喫煙状況を聞くと、「喫煙習慣があったことは一度もない」(58.1)が最多で、半数をえた。以降、「現在喫煙習慣がある」(22.3)、「過去喫煙習慣があったが現在はない」(19.7)と続く。

喫煙する理由1位は「気分転換」(52.4)、2位は「リラックス」(45.1)、3位は「生活の習慣」(44.5)だった。次いで、「ストレス解消」(40.4)、「口寂しい」(24.1)、「喫煙者同士のコミュニケーション」(14.7)がランクイン喫煙は気らしやリフレッシュの効果があるようだ。


非喫煙者「増税した分で分煙の設備を沢山作って欲しい」



増税まであとわずかですが、喫煙習慣を改める人は少ない模様

現在喫煙習慣がある人に今後の禁煙意向を聞くと、「禁煙予定はない」(52.8)が最多だった。次いで多かったのは「禁煙の意思があり時期は未定」(40.4)。

過去喫煙習慣があったが現在はない人に、禁煙した理由を聞いたところ、最も多かったのは「病気や体調不良」(38.6)だった。以降、「お金の節約」(26.4)、「値上がり」(22.8)、「子どもや孫の誕生」(14.7)、「喫煙場所の減少」(10.2%)と続く。禁煙の理由は健康面や経済面などの内部要因が多く、値上がりなど外部要因は少なめだった。

たばこ税10月から増税される。増税に賛成と答えたのは全体の73.8で、女性(78.8)は男性68.8)より多く、非喫煙者(89.2%)は喫煙者(25.4)を圧倒的に上回った。

賛成理由には、

健康を考えると、吸わない方が良い。を掛けても吸いたいと思う人は吸えばよい」(男性・69歳 喫煙経験者)
「その税で分煙の設備を沢山作って欲しい」(女性49歳 非喫煙者)

といった意見が寄せられた。


「安易にたばこだけ値上げするのはおかしい」「価格を上げても喫煙の抑制につながらない」

一方、反対理由としては

「生活費の切迫になる。非喫煙者より税を納めてるのに、まだ取るのかと思う」(女性45歳 喫煙者)
「安易にたばこだけ、値上げするのはおかしい」(男性25歳 喫煙経験者)
「値上げすれば良いというものではない。やめたくない人はいくらになってもやめられないと思う」(女性54歳 喫煙経験者)
「価格を上げても喫煙の抑制にはつながらないと思うから」(女性22歳 非喫煙者)

といったコメントが挙がった。

喫煙者に、増税後の喫煙習慣をどうする予定か聞くと、「禁煙する」と答えた人はわずか12.1。「特になにも変えない」(44)、「吸う本数を減らす」(40.7)が多かった。将来的な医療費削減や受動喫煙の防止を見込んだ「たばこ税増税」だが、急速な変化をもたらす可性は低いようだ。




(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【10月のたばこ増税・値上げで「禁煙する」わずか1割「やめたくない人はいくらになってもやめられない」】の続きを読む