プールで子供2人を救助するも…

今年6月イギリスに住む2児のスティーブン・タートさん(32)が訪れていたのは、地中海レアス諸に浮かぶメノルカ

ホテルプールサイドリラックスしていたスティーブンさんだが、7歳の男の子と6歳の女の子プールで溺れているのを発見。すぐさまプールに飛び込み、幼い2人の子供の命を救ったのである。

と、ここまでならスティーブンさんは英雄としてり継がれたことだろう。

しかし、このアクシデントに見舞われたことによってトラウマが残った彼は、旅行会社に損賠償を請しているというのだ!!!

トラウマに悩まされ損害賠償金を請求

事故があった日から、彼はずっと悪夢にうなされたという。溺れる子供たちを助けようとするも、助けることができなかったという夢を毎のように見続けたというのだ。

休暇が終わってからも、さらに1週間仕事を休み静養しなければならないほどだった。自営業の彼にとって、これは大きな損失につながったという。

利用した旅行会社『TUI』を相手どり、TUI契約をしていたホテルスタッフライフガードとしての役割を果たさなかったことが事故につながり、結果スティーブンさんにトラウマが残ったとして損賠償を請したのである。

英雄に非難殺到する事態に

一方、TUIスティーブンさんの行為に感謝の意を述べつつも、会社としてできることは無料カウンセリングを受けてもらう口を提供することだと銭面での要には応じない方針だ。

この件を本人がTwitterでつぶやいたものだから、事態は予期せぬ方向へ。

「せっかく英雄だったのに台し」「自分の意思で助けたんでしょ。それを誇りに思うべきでは?」「トラウマになったのは理解できるけど、お金を請するのは筋が違う」「救助された子供の親はこれを聞いてどう思うかしら」とスティーブンさんに非難が殺到したのである。

トラウマが残ったスティーブンさんに同情するところもあるかもしれないが、人命救助という立な行いをした後にこのような事態に陥ったのはなんだか残念な気がしてならない。

参照元:TwitterthinkSPAIN

【英雄じゃないの?】旅先のプールで溺れていた子供2人を救った男性に非難が殺到する理由とは!?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【英雄じゃないの?】旅先のプールで溺れていた子供2人を救った男性に非難が殺到する理由とは!?】の続きを読む