バージニア州で、突然変異により頭を2つ持つ野生の「双頭のヘビ」が見つかりました。爬虫類学者であるJohn D Kleopfer氏のFacebookページには「双頭のヘビ」の写真の他、重な動く様子が開されています。

【画像:双頭のヘビ】

 今回みつかった双頭のヘビの種類はアメリカマムシ。一般女性が発見したヘビヴァージニア野生動物センターに移送され、調によって「左側の頭が導権をにぎっており、外部からの刺に対してより積極的な反応を見せる」「2つの食を持ち、右側の頭の食の方が発達している」「1つの心臓と1組の肺を共有している」「右側の頭の方が食べるのに適しているが、左側の頭が導権をにぎっているので、右側の頭が食べるのは難しい可性がある」ことなどが判明しました。

 野生の「双頭のヘビ」は、通常長くは生きられないため発見される可性が大変低く、今回捕獲されたヘビ世界的にも重な個体となります。現在このヘビは、ヘビの飼育経験が豊富なブリーダーによって保護されているとのこと。John D Kleopfer氏は自身のFacebookページに「最終的にはこのヘビ動物園などに寄付し、展示されることを望んでいる」と投稿しています。今後はどこかの動物園で、「双頭のヘビ」が一般開されるかもしれません。 

全長約15センチ、生後約2週間程度だとみられています


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【米バージニア州で珍しい野生の「双頭のヘビ」を発見 貴重な動く姿が公開中】の続きを読む